【日産新型セレナe-POWER&NISMO】発売日や燃費・価格は?ライバル車比較!

2016年11月2日から販売が始まったばかりの日産新型ノートがレンジエクステンダー型EVとなるe-POWERを搭載。さらに日産は追い打ちをかけるように、今度は日産新型セレナにもこのe-POWERを搭載をすると言います。日産の技術進歩が飛びぬけていますね。

では、日産新型セレナe-POWER特徴発売日燃費価格ライバル車など現時点で入手した情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

日産新型セレナe-POWERの特徴

トヨタHV・スプリット方式

image

出典:ウイキペティア スプリットハイブリッド(トヨタハイブリッドシステムの例)

管理人のワンポイント説明

2016年8月24日に日産セレナ4回目のフルモデルチェンジを行っています。5代目にあたる一部の車には、自動運転プロパイロットを搭載

日産のハイブリッドシステムのS-HYBRIDを一部の車を除き搭載。やっと、トヨタのハイブリッド車に対抗できる車の準備ができました。トヨタ以外の他車は大きい声では言えませんが、トヨタのハイブリッドを真似してるふしがあります。

トヨタのハイブリッドを意識?!

トヨタには、THS (Toyota Hybrid System) →THS-II (Toyota Hybrid System II) というストロングハイブリッドTHS-C(Toyota Hybrid System-CVT )・THS-M(Mild)というマイルドハイブリッドがあります。大体、他車は、比べる時にもトヨタのハイブリッドの燃費を意識します。

そうですよね。一応トヨタは先にハイブリッドプリウスを出して、日本中をいや世界を席巻させたのですから。嫌でも他社は、ハイブリットシステムを入れなきゃ取り残されると考えますよね。

その思考は日産も同じです。日産のハイブリッドシステムのS-HYBRIDにあたるのが、マイルドハイブリッドに該当します。

マイルドハイブリッドは、エンジン+小型電池+小型モーターとを搭載しています。規模が小さいのであくまでもエンジンの駆動サポートの意味合いが強いですね。いわばエンジンを止める止めないだけのシステムです。

Sponsored Links

日産セレナe-POWER・シリーズ方式

image

出典:ウイキペティア シリーズハイブリッド

管理人のワンポイント説明

今回の日産新型セレナでは、搭載されていたS-HYBRIDをe-POWERに変更します。

トヨタスプリット方式でストロングハイブリッドを作りましたが、日産シリーズ方式でストロングハイブリッドを作りました。ストロングハイブリッドは、エンジン+大型電池+大型モーターなどで構成されています。各部品の大型によってエンジンによってできた電気がバッテリー内で充電され、その充電された電気によってガソリンを使わず車を動かします。

比較してもわかるようにシリーズ方式は実にシンプルなシステムです。発電機とモーターがインバーターでジョイントしています。これによりエンジンで発電した電力を一旦、発電機に収めインバーターで変換してバッテリーに蓄積します。蓄積した電力を今度はインバーターを通して、モーターへつなぎ車輪を動かすというシステムです。

車体的な例えば大きさなどの問題もありますので、電池などの大型化はあまりできないと思います。それで、日産はあえてトヨタのスプリット方式のハイブリッドではなくシリーズ方式でハイブリッドを作ったのでしょうね。

ハイブリッドの技術は日々進歩しています。また新しいハイブリッドシステムが出てくるかはわかりません。あくまでもこの画像は参考程度にしてくださいね。

Sponsored Links

日産新型セレナe-POWER発売日

image

出典:日産公式・セレナ(現行車)

管理人のワンポイント説明

日産セレナは、今5代目にあたり2016年8月24日にフルモデルチェンジをしています。

ですから普通なら周期的に見ますと、5~6年間が空くのですが、e-POWER搭載ということで急遽、2017年の早くて3月か夏頃にビッグマイナーチェンジを行なう予定です。すでに日産ノートにすでに搭載済ですので、あとはセレナ用に改良するだけですね。

Sponsored Links

日産新型セレナe-POWERの燃費

燃費JC08モード
トヨタ・ノア・ヴォクシー(各1.8L)HV:23.8
ホンダ・ステップワゴン1.5LG:17.0
HV:27.0(発売前)
ホンダ・オデッセイ2.0LHV:26.0
日産セレナ2.0L(予想)S-HYBRID:16.6(現行車)
e-POWER:30.0(予想)
日産ノート1.2Le-POWER:34.0

*単位:JC08モード km/L

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費です。他車のも載せています。一番びっくりなのが日産ノートですね。1.2Lで最新のe-POWERを載せて34.0km/Lですから、e-POWER恐るべしです。

日産セレナにe-POWERを搭載して、燃費の目標を立てるとしたらせめて30km/Lは行きたいですよね。

セレナの場合2.0Lなので、車体がノートよりも少し重たくなります。その分、車に負担がかかり燃費が下がります。これをなんとかすればもうすこし燃費がさらに向上する可能性があります。

日産新型セレナe-POWER価格

現行車2WD4WD
S(ガソリン)243万円~なし
X(ハイビリッド)248万円~273万円~
G(ハイビリッド)284万円~313万円~
ハイウェイスター(ハイビリッド)267万円~296万円~
ハイウェイスターG(ハイビリッド)301万円~なし
ハイウェイスタープロパイトエディション(ハイビリッド)291万円~317万円~
ハイウェイスターGプロパイトエディション(ハイビリッド)318万円~なし
ライダー(ハイビリッド)294万円~318万円~
ライダープロパイトエディション(ハイビリッド)309万円~332万円~
ライダー[オーテック30周年特別仕様車](ハイビリッド)348万円~371万円~
ライダー[オーテック30周年特別仕様車]プロパイトエディション(ハイビリッド)361万円~385万円~
管理人のワンポイント説明

現行車のセレナの価格表です。プロパイトエディションは日産が総力して作った自動運転システムです。約300万円します。

日産ノートがe-POWER搭載した金額は195万円~、e-POWER搭載する前は、139万円~約55万円の開きがあります。

現行車のセレナがe-POWER搭載の際には、価格に約55万円~上乗せということになります。ちょっとお高くなります。他車でも、260万~400万円ですので、あまり金額はあてにならないかと思います。日産新型セレナe-POWERの燃費がかなり向上しそうなので、どの車がいいかは選択するには価格の面も考えたほうがいいですね。

Sponsored Links

ライバル車について

トヨタ・ノア

image

出典:トヨタ公式・ノア

管理人のワンポイント説明

現行車です。ハイブリッド1.8Lとガソリン2.0Lです。2001年から発売。2014年3代目にフルモデルチェンジしました。2016年の1月にはマイナーチェンジをしています。その後は、特別仕様車を出しています。安全性能はToyota Safety Sense Cを搭載。

3代目のフルモデルチェンジからまだ3年なので、モデルチェンジはしない模様です。今なら、2017年中に日産新型セレナe-POWER車を出したら、けっこうトヨタに出し抜けます。燃費では負けられませんから。

トヨタ・ヴォクシー

image

出典:トヨタ公式・ヴォクシー

管理人のワンポイント説明

現行車です。実は、2001年から発売でトヨタ・ノアとトヨタ・ヴォクシーは姉妹車なんです。販売店はトヨタカローラとネッツ店に分かれています。トヨタ内のOEM車って感じですね。雰囲気はおっとり姉さんとおしゃれな妹って感じです 笑

特に妹のヴォクシーは特別仕様車・煌シリーズが人気です。この車も今のところフルモデルチェンジの気配がありませんので、2017年は日産セレナe-POWER車がひとり勝ちするかもしれません。

ホンダ・ステップワゴン

image

出典:ホンダ公式 ステップ ワゴン

管理人のワンポイント説明

現行車です。1996年からのロングセラーのステップワゴンですね。2015年の3月には5代目になりました。ですから、フルモデルチェンジするのにちょっと時間がかかると思います。安全性能のホンダセンシングは搭載してるのですが、この5代目には2016年11月現在、なぜだかハイブリッドシステムがまだ搭載されていません

ということはおそらく日産新型セレナe-POWER車が2017年に発売されたら、ステップワゴンが燃費の上でも遅れを取ります

日産からみれば、もうホンダのステップワゴンはライバルではなくなるかもしれません。ただし、このステップワゴンでもハイブリッド搭載か?という話もあります

【新型ホンダステップワゴン&スパーダ】ハイブリッドで価格や燃費は?発売日と評判は?

ホンダステップワゴンは、1996年に登場しました。当時は、商用車用のワゴンではなく乗用車で作られた画期的なワゴンだったので、とても人気を得ま...

ホンダ・オデッセイ

image

出典:ホンダ公式 オデッセイ

管理人のワンポイント説明

現行車です。ホンダ・オデッセイは、2016年2月にハイブリッドを出したばかり

他車では早々とハイブリッドを搭載しています。日産ノート1.2Lでも搭載しているですよね。ホンダはすこし戦略的に遅れを取っている感じです。まさに日産にとってはチャンスかもしれません。

日産セレナ・NISMO(ニスモ)

image

出典:日産公式 セレナ・Nismo

管理人のワンポイント説明

日産には、NISMOシリーズがあります。日産セレナがe-POWER車になるということは、このセレナ・ニスモも当然e-POWER搭載となります。

発売日は、日産新型セレナe-POWER車として3月か夏ごろお披露目・販売のあと、2017年10月以降発売する予定です。

もちろん、ガソリン車も同じくモデルチェンジをします。

Sponsored Links

まとめ

日産新型セレナは、いかがだったでしょうか。

日産ノートに続いてのe-POWER搭載となります。セレナの燃費も向上し、自動運転機能プロパイロットがつけば、ミニバンの中ではけっこう最強ではないでしょうか。

日産の仕掛ける車技術は、トヨタを意識したものです。これからもどんな形で車を表現していくか楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links

コメント

  1. ゆうがたまさや より:

    最近のセレナクラスのミニバンって、セレナの一人勝ちが続いてますね。
    ノア3姉妹はマイナーチェンジでトヨタセーフティーセンスPとガズーレーシングみたいなやつを発売し、ステップワゴンはハイブリッドを追加していくんですね。
    是非、もっと盛り上げてほしいです。

    • yukari3 より:

      まさやさん
      コメント、ありがとうございます。

      そうですね。
      最新情報では
      日産セレナはプロパイロット
      (単一車線運転支援技術)を搭載して
      一歩リードってとこですね。

      各車ミニバン戦国時代となりますが、
      購入する側とっては選択が増えて楽しいですし、
      きっともっと盛り上がっていくと思いますね。