【トヨタ新型カムリ】ハイブリッドで価格や燃費は?内装外装や評価は?

2017年1月10日にデトロイドモーターショー(北米国際自動車ショー)が行われました。そこでトヨタ新型カムリフルモデルチェンジのお披露目を世界に向けてしました。特に海外では人気が高く、なんでも盗難される率が一番高いそうです。軽量で作りがしっかりとして重心が低く、運転しやすいトヨタ・カムリです。

では、新型トヨタ・カムリの特徴や日本での発売日ハイブリッドで燃費価格装備評判ライバル車など、今わかっている情報をもとにお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

トヨタ・カムリの歴史

初代 A40/50型(1980年 – 1982年)

A40/50型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

元々は、セリカのセダンで生まれて、正式名「セリカ・カムリ」となります。カムリ自体の初代ではなく、あくまでも2代目セリカと2代目カリーナの末っ子です。不人気だったのか、2年で販売が終わります

Sponsored Links

2代目 V10型(1982年 – 1986年)

セダン(前期型)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

2代目のカムリです。2代目よりセリカの名前がとれて、カムリ1本となります。これにより、カムリというブラントの初代が正式に決まったと言えます。

海外へも輸出されてとりわけ、米国には大人気だったようです。排気量も2.0Lで小回りは効きますし、何よりも面長なスタイルで室内は品のあるつくりになっていますから、外国の方には当然受けますよね。また、ディーゼルターボ車が追加されています。

3代目 V20型(1986年 – 1990年)

セダン(前期型)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

3代目のカムリです。当時の上級車マークⅡのようなラインですね。クレスタにも似ている感じがあります。これにステーションワゴンが設定されます。

4代目 V30型(1990年 – 1994年)

前期型(1990年-1992年)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

4代目のカムリです。日本専用の車になります。海外仕様は、3ナンバーと大きくなります。角ばったラインはなりを潜めて、なだらかな形にデザインが仕上がってますね。

5代目 V40型(1994年 – 1998年)

前期型

image

後期型 日本仕様

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

5代目のカムリです。どこにでもある普通の車に見えますが、このシンプルさがカムリのいいところです。排気量はガソリンエンジンが、1.8Lと2.0L、ディーゼルターボエンジンは2.2L

6代目 XV20型(1996年 – 2001年)

グラシアセダン

image

後期型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

6代目のカムリです。海外仕様は大きさが違うということでXV20型変更。日本仕様のエンジンはそのままV40型へ。実質6代目はこの海外仕様ととなります。V6エンジン搭載車のグレード名「プロミネント」の名前をカムリ・グラシアの名前で変更し登場させたがその後のマイナーチェンジでグラシアの名前がなくなります。

7代目(6代目) XV30型(2001年 – 2006年)

日本仕様・後期型(2004年7月-2006年1月)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

7代目のカムリです。日本仕様ではV6エンジン廃止。直列4気筒2.4Lのみとなります。このころから、また海外生産の幅が広がります。「フィリピン・マレーシア・インドネシア・台湾」などで行われるようになりました。

8代目 XV40型(2006年 – 2011年 )

前期型

image

後期型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

8代目にカムリです。日本仕様2.4Lと北米仕様2.5Lと3.5Lとなりハイブリッド搭載車が登場。2007年4月には北米スバルの工場ラインを借りて北米向け生産を開始。同じ12月には、ロシアでも工場を立ち上げで生産開始。2009年には韓国トヨタでもカムリを販売と世界展開が頻繁に行われました。

9代目 XV50型(2011年 – 2017年)

前期型

image

後期型 ハイブリッド”Gパッケージ”

image

出典:ウィキペディア トヨタ・カムリ

管理人のワンポイント説明

9代目のカムリです。8代目と違ってフロント部分が重厚な趣となっています。これは北米用でデザイン的にアピールするための車を作りました。

日本での人気はデザイン的には、あまり評価をされていません。ここで日本専用のハイブリッド車THS-IIを搭載し、中身で勝負する形をとりました。マイナーチェンジを繰り返しながら、2017年にトヨタ・カムリ10代目へ移行していきます。

トヨタ新型カムリの発売日

image

出典 オートックワン トヨタの挑戦!新型カムリが初の“フルTNGA”モデルだ!保守的クルマから脱却へ

管理人のワンポイント説明

2017年1月9日、アメリカ・デトロイト北米国際自動車ショーでお披露目された新型カムリで、一段とスポーティな感じのデザインとなっています。北米仕様として発表された車です。

日本での発売は、2017年7月10日から販売を始めました。契約済でも売れ行きがよければ、納期が遅れるようですね。2017年末になる話もあります。

Sponsored Links

トヨタ新型カムリの特徴

プラットフォーム

image

出典:トヨタ公式 プリウス TNGA

管理人のワンポイント説明

トヨタ新型カムリのプラットフォームは、あのTNGA(Toyota New Global Architecture)仕様となります。トヨタの車に対する理念を明確化したものです。

運転する人や乗り降りなどの機能性の充実、車の運転のしやすさ乗り心地、車の低重心化によるコスト削減な柔軟な対応ができて総合的な視点から車を作ります。その元になるのがTNGAで、名前はGA-Kプラットフォームでカムリ専用となります。

Sponsored Links

エンジン

エンジンT・カムリ/2.5LT・SAI/2.4Lアテンザセダン/2.0L・2.2LH・アコードハイブリッド/2.0L
パワーユニット直列4気筒DOHC

+モーター

冷直列4気筒DOHC+モーター冷直列4気筒DOHC16バルブ(直噴ターボ)直4気筒横置+モーター
最高出力118→131

[160→178]/
5700

110[150]/
6000
G:114~138[155~188]/
6000
D:129[175]/
4500
107[145]/
6200
最大トルク213→221

[21.7→22.5]/
4500→3600 ~ 5200

187[19.1]/
4400
G:196~250[20.0~25.5]/
4000
175[17.8]/
4000
最高出力(モーター用)105→88

[143→120]/不明

105[143]/不明なし135[184]/
5000-6000
最大トルク(モーター用)270→202

[27.5→20.6]/不明

270[27.5]/不明なし315[32.1]/
0-2000
トランスミッション電気式

無段変速機

新型トランスミッション“Direct Shift-8AT”

電気式

無段変速機

6EC-AT

/6MT

エレクトリックギアセレクター(ボタン式)
駆動方式2WD2WD2WD/4WD2WD
電池リチウムイオン ニッケル水素 なし リチウムイオン

*最高出力単位:kW[PS]/rpm

*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm

*最高出力(モーター用)単位:kW[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

Direct Shift-8AT

出典 You Tube Direct Shift-8AT

管理人のワンポイント説明

新型フルモデルチェンジをしたエンジン比較表です。今回の新型トヨタカムリのエンジンは、2.5Lの直列4気筒とハイブリッドです。ほかにも2.0Lのダウンサイジングターボ搭載予定という話でしたが、見送られました。

ハイブリッドシステムはTHSⅡを搭載、新設計の「Dynamic Force Engine」と組み合わせで、走りと燃費向上が実現できました。モーターの出力とトルクの数字が下がっていますね。おそらくエンジンの性能が高くなったぶん、モーターの力を借りなくても走りがいい、燃費がいいということでモーターの数字を抑えられてると思われます。

またトランスミッションでは、新型の“Direct Shift-8AT”を採用。新エンジンとともに燃費向上へ一役かっていますね。

ボディーサイズ

ボディーサイズT・カムリ/
2.5Lハイブリッド
T・SAI/
2.4L
M・アテンザセダン/
2.0L・2.2L
H・アコードハイブリッド/
2.0L
全長4850→4885469548654945
全幅1825→1840177018401850
全高1470→1445148514501465
ホイールベース2775→2825270028302775
室内長2080→2030204019602050
室内幅1525→1535150515501595
室内高1210→1185121011701195
重量1540~1550→16001570~15901450~16101580~1600

単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

新型フルモデルチェンジ後のボディーサイズ比較表です。旧サイズと比較しますと若干大きくなっていますね。ただ、やや流線型になったデザインの影響もあり、全高は低くなっています。

燃費(ハイブリッド進化?!)

燃費2WD4WD
T・カムリ/2.5L

ハイブリッド

H:23.4→

28.4~33.4

なし
T・SAI/2.4LH:22.4なし
M・アテンザセダン/2.0L・2.2LG:16.0~17.4
D:19.6~22.4
D:18.2~20.4
H・アコードハイブリッド/2.0LH:30.0~31.6なし

*単位:JC08モード・km/L

管理人のワンポイント説明

新型フルモデルチェンジ後の各燃費比較表です。実は、カムリハイブリッドの後輪にもモーターをつけると推測をしました。なぜなら燃費向上には、モーターを増やすことが不可欠と思ったからです。例えば、トヨタ・プリウス1.8Lはフロントとリアの二か所で電池を載せています。そのため、カムリも燃費向上のため電池を増やすと思ったのですが、実際に新しくなったカムリのHPを見てみますとモーターの数字がひとつしか載ってはいませんでした。

新型フルモデルチェンジではエンジンが新しくなっています。ということは、一応ハイブリッドとはいえ、エンジンの性能が上がったことで燃費JC08モード・28.4~33.4km/Lが向上していることになります。電池はフロント一か所のみ搭載しています。ハイブリッドを意識しつつもエンジン性能をあげることにうまく対応ができたんだと思いますね。

Sponsored Links

ボディー色

★ホワイトパールクリスタルシャイン→プラチナホワイトパールマイカ(MO:32,400円)

★シルバーメタリック(据え置き)

グレーマイカメタリック(廃版)

ダークスチールマイカ(廃版)

★アティチュードブラックマイカ(据え置き)

★レッドマイカメタリック→エモーショナルレッド

★スティールブロンドメタリック(新色)

★グラファイトメタリック(新色)

トゥルーブルーマイカメタリック(廃版)

★ダークブルーマイカメタリック(据え置き)

カムリボディ色

出典:トヨタ公式 カムリ ボディー色

管理人のワンポイント説明

新型フルモデルチェンジのボディー色です。新色は、スティールブロンドメタリックとグラファイトメタリックですね。廃版も3色ありますね。全体的落ち着いた雰囲気の大人の色使いに変わっています。

装備

内装

デトロイドモーターショー

image

image

出典 オートックワン トヨタの挑戦!新型カムリが初の“フルTNGA”モデルだ!保守的クルマから脱却へ

日本仕様

室内カムリ1

シート色

ブラックXタイガーアイ調本革シート

*一部人工皮革

ファブリック(布ような質感)

ベージュXタイガーアイ調本革シート

*一部人工皮革

ブラックX寄木調ファブリック(布ような質感)

カムリシート色

出典 トヨタ公式 カムリ 内装&シート色

管理人のワンポイント説明

下が新型フルモデルチェンジの内装で上がデトロイドモーターショー(北米国際自動車ショー)で公開された画像です。北米仕様なのでハンドルは左ですね。日本仕様はもちろん右です。

日本仕様でのシート色は、黒か茶色あたりではないではないかと予測したところ見事あたってました。さすがにシートの赤はないですね。日本仕様の方がしっとりと大人の雰囲気があり落ち着きがあります。

あとは、マルチインフォメーションディスプレイ (7.0インチTFTカラー)計器類を充実させています。

Sponsored Links

外装

image

image

出典 オートックワン トヨタの挑戦!新型カムリが初の“フルTNGA”モデルだ!保守的クルマから脱却へ

カムリ外観1

出典 トヨタ公式 カムリ 外観

管理人のワンポイント説明

下が日本仕様の新型フルモデルチェンジのものです。上がデトロイドモーターショー(北米国際自動車ショー)ですね。リアがきゅっと上がっています。フロントマスクは、トヨタのシンボルの「キーンルック」です。

最近の傾向として、フロントマスクに時間をかける会社が増えつつあります。トヨタの「キーンルック」というフロントマスクを筆頭に日産がVモーショングリルと言ってV字の形をしたフロントマスクにしています。また、ロアグリルでは、横線状で立体感を表しています。

ボディーサイズの全高を見てみますと、旧車よりも低くなっています。TNGAで走りを重視した関係で低くしたのではないかと思われます。

あとは、ベッドライトがLEDクリアランスランプで夜の視界を明るくします。

Sponsored Links

安全性能

Toyota Safety Sense P

出典:You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】

ITS Connect

出典:You Tube 【クラウン】機能紹介 / ITS Connect【技術】

管理人のワンポイント説明

トヨタ新型カムリの安全性能です。Toyota Safety Sense Pを搭載しました。トヨタの中では一番安全性能が高いです。

クラウンクラスでは、ITS Connectを搭載しています。これは通信によって、車の位置を把握し先の情報を素早くキャッチするシステムです。まだ、GPSの設備や通信網が整っていませんので、先の搭載となるでしょうね。

トヨタ新型カムリの価格

価格2WD
ハイブリッド

G

”レザーパッケージ”

402万円→

419万円~

ハイブリッド

G

342万円→349万円~
ハイブリッド

X

322万円→329万円~
管理人のワンポイント説明

新型フルモデルチェンジの価格表です。新エンジンや安全性能のToyota Safety Sense Pを搭載しましたので、7万円~17万円~くらい価格が上がっています。

北米仕様では、スポーツタイプ車があります。日本では未発表ですが、もし新型トヨタ・カムリの売り上げがよければ、スポーツタイプ車の追加があるようです。楽しみですね。

Sponsored Links

ライバル車について

トヨタ・SAI

image

出典:トヨタ公式 SAI

管理人のワンポイント説明

トヨタ・SAIの価格は、330万円~433万円~排気量は2.4L。THSⅡを搭載しています。

このSAIは、ちょっとライバルとしてはどうなのかなと思います。排気量も2.4Lと差がありませんし、なぜSAIを作ったのか、実はプリウスの上位クラスなんですね。しかも、レクサスHS250と姉妹車です。このHS250は、アメリカでの販売不振により販売終了し、その後名前をSAIとして日本専用の車となっています。生まれがレクサスで先祖がプリウスなんです。その差だけですね。

最新情報では、トヨタ・マークXとSAIがカムリに吸収されるという話が出ています。トヨタの車は似てる車が多いですね。カムリもそうですが、中型セダンとして3台もありますと、開発や生産ともなりますと、コストの面であまりよくないですね。しかも、今人気があって、売れているのはミニバンやSUV車です。セダンの人気が落ちているふしがあります。まだ詳しい話は来ていませんが、あり得る話ですね。

【新型トヨタマークX・G’s】フルモデルチェンジなしで販売終了?マイナーの燃費や評価は?

新型トヨタ・マークXは、伝統ある車として長年頑張ってきました。2016年11月にはマイナーチェンジをし新たなグレードの250RDS・350R...

アテンザセダン

image

出典:マツダ公式 アテンザ・セダン

管理人のワンポイント説明

マツダ・アテンザの価格は、276万円~377万円~2.0Lガソリン車と2.2Lのディーゼル車。スカイアクティブテクノロジーですね。マツダもトヨタのTNGA(Toyota New Global Architecture)ようなスカイアクティブテクノロジーという理念を作っています。こういった道しるべがありますと、車の開発も生産も明確になります。

マツダアテンザ新型(セダン/ワゴン)はディーゼルハイブリッド化?燃費や装備・評判は?

マツダ・アテンザは、2016年8月25日に一部改良しました。近い将来、新型フルモデルチェンジへの布石だと思われます。マツダは、これからどのよ...

ホンダ アコードHYBRID

image

出典:ホンダ公式 アコード・ハイブリッド

image

出典:ホンダ公式 アコード・ハイブリッド トランスミッション

管理人のワンポイント説明

ホンダ アコードHYBRIDの価格は、385万円~410万円~。とうとう、トランスミッションは、ボタンで変速時代へ突入ですね。名前はエレクトリックギアセレクターといいます。エンジンはSPORT HYBRID i-MMDです排気量は2.0L。差があるとすればやはり外装ですね。デザインは平凡すぎるような気がします。

Sponsored Links

トヨタ・カムリの評判

まとめ

新型トヨタ・カムリはいかがだったでしょうか。

2017年1月10日にデトロイドモーターショー(北米国際自動車ショー)でお披露目となった新型カムリです。今、わかってる情報のみと画像ですが、見た目とてもいい顔立ちをしています。価格も据え置きであれば、かなり売れるのではないかと思います。

ファミリーカー風でもあり、スポーティさを兼ね備えた感じの車です。今後、2017年の夏には日本仕様が販売されると言われています。さてどんな仕上がりで日本でデビューするのか?楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links