ホンダインサイト新型フルモデルチェンジで復活?発売日やPHV、価格情報は?

ホンダ・インサイトの販売が2014年に終わりました。発売当初はホンダのハイブリッドということで人気がありました。売れなくなり消滅してしまった車です。1番の理由は、トヨタ・プリウスが売れたからですね。そのホンダ・インサイトが3代目フルモデルチェンジで復活するという話が出てきました。

では、新型ホンダ・インサイトの特徴発売日装備内装外装価格安全性能や、ライバル車など、今わかっている情報をもとにお話ししたいと思います。

Sponsored Links

ホンダ・インサイトの歴史

初代 ZE1型(1999 – 2006年)

image

出典 ウィキペディア ホンダ・インサイト

管理人のワンポイント説明

初代のホンダ・インサイトですね。排気量は、1.0Lで直3で12バブル。駆動方式はFF。トランスミッションは、CVT/5MT。ホンダのハッチバッグ型のハイブリッドです。2回マイナーチェンジをして2006年7月に生産を終了。2代目インサイトが販売されるまで3年の月日が流れます。

ちなみにこの間のホンダのハイブリッドは、シビックハイブリッドのみとなります。当時としては、まだハイブリッドという言葉は耳慣れないものでしたね。

Sponsored Links

2代目 ZE2/3型(2009年 – 2014年)

image

出典 ウィキペディア ホンダ・インサイト

管理人のワンポイント説明

2代目ホンダ・インサイトです。2ドアハッチバッグクーペから5ドアハッチバッグセダンへ移行。初代より排気量は、1.3Lと1.5Lが大きくなりハイブリッドで箱型っぽくなりました。駆動方式はFF。トランスミッションは、CVTのみとなります。2014年3月に販売終了。理由は、HVシステムが古くなったことと、ホンダ・グレイスへ継承と言う形で、ホンダ・インサイトの販売が終わりました。

新型ホンダ・インサイトの特徴

プラットフォーム

image

出典 ホンダ公式 シビック ハッチバッグ

管理人のワンポイント説明

3代目新型ホンダ・インサイトのプラットフォームは、ホンダ・シビックのプラットフォームが使われる模様です。一回りサイズが大きくなり3ナンバーとなります。ホンダ・シビックはガソリン車のみです。まずはインサイトでシビックのプラットフォームも試して、ゆくゆくはシビックへ吸収ということもありえますね。車種が同じになりますので、インサイトの名前が変わる可能性もあります。

Sponsored Links

エンジン

エンジンH・インサイト(2代目)
/1.3L
/1.5L
T・プリウス
/1.8L
パワートレイン直列4気筒SOHC8バルブ+モーター直列4気筒DOHC
+モーター
最高出力1.3L:
65[88]
/58001.5L:
82[111]
/6000
72[98]
/5200
最大トルク1.3L:
121[12.3]
/45001.5L:
142[14.5]
/4800
142[14.5]
/3600
最高出力(馬力・モーター用)10[14]
/1500
前:
53[72]後:
5.3[7.2]
最大トルク(回転数モーター用)78[8.0]
/1000
前:
163[16.6]後:
55[5.6]*E-Four(4WD)用
トランスミッションCVT電気式
無段
変速機
駆動方式FF2WD/
4WD(E-Four)
電池ニッケル水素ニッケル水素/リチウムイオン
個数728/56

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*SOHC(Single OverHead Camshaft):1本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

燃費&実燃費

燃費2WD4WD実燃費(e燃費調べ)
H・インサイト
/1.3L
/1.5L
(2代目)
1.3L:
27.21.5L:
22.2-23.2
なし1.3L:
19.711.5L:
18.18
T・プリウス
/1.8L
37.2-
40.8
37.22WD:
27.134WD:
23.94

* 単位:JC08モード・km/L

管理人のワンポイント説明

2代目インサイトのエンジンと燃費表です。インサイトの数字は2014年のものです。プリウスと比較してみますと、軽くJC08モード・10km/Lの差があります。

この差を縮めるべくホンダが出したエンジンとは、ホンダ・フィットでも使われているエンジン、仕組みは日産ノートe-powerと同じエンジンを使用。つまりほぼEV車ですね。

簡単に説明しますと、ホンダのエンジンは主に発電用として使い、トヨタのエンジンは、走行用として使用。その上でPHVを投入かといわれています。トヨタでもプリウスPHVが発売されましたからね。一応排気量が1.5Lです。エンジンの負担を考えますともしかしたら2.0Lクラスで出てくるかもしれませんね。

燃費では、トヨタ・プリウスを同じくらい目指しているようです。PHVになれば、EV走行距離で考えますと70kmは超えるとの話があります。これは楽しみですね。

Sponsored Links

ボディ―サイズ

ボディ―サイズN・インサイト
/1.3L
/1.5L
(2代目)
T・プリウス
/1.8L
全長4390-
4395
4540
全幅16951760
全高1425-
1435
1470-
1475
ホイールベース25502700
室内長19352110
室内幅14301490
室内高11501195
重量1190-
1210
1360-
1440
乗員55
最小回転半径5.05.1
5.4

*単位:mm/kg

ボディー色

プレミアムホワイト・パール (31,500円)

プレミアムブロンズ・パール (31,500円)

プレミアムゴールドパープル・パール (31,500円)

アラバスターシルバー・メタリック

ポリッシュドメタル・メタリック

クリスタルブラック・パール

image

出典 ホンダ公式 インサイト ボディー色

管理人のワンポイント説明

2代目インサイトのボディ―サイズ表とボディー色です。新型フルモデルチェンジのボディーサイズは一回り大きくなります。

推測では、シビックハッチバッグサイズで4,520X1,800X1,435X2,700(全長X全幅X全高Xホイールベース)に近いサイズではないでしょうか。

ボディー色は、レッド系が新色として入るといいですね。シビックもレッド系がありますからね。トヨタ・プリウスでは、サーモテクトライムグリーンといってグリーンかかったイエローが出ています。いわば蛍光色に近い色合いですね。インサイトでは、このような色は入れないと思われます。あくまでもシックで落ち着いた色で勝負するでしょうね。

Sponsored Links

装備

内装

image

image

インテリアカラー

image

image

出典 ホンダ公式 インサイト 内装

管理人のワンポイント説明

2代目インサイトの内装ですね。3代目フルモデルチェンジでの内装の情報は今のところ出ていません。インサイトの内装は、タコメーターを大きくしたりとてもスマートないいイメージがあります。

すっきりとした感じでスポーティな操作性を感じさせてくれます。ボディーサイズが広く大きくなるということなので、運転性の向上と室内空間の充実が図られる模様です。リアシートもスペースが広くなる分、ゆったりとできるのではないかと推測しますね。

外装

image

image

出典 ホンダ公式 インサイト 外装

管理人のワンポイント説明

2代目インサイトの外装です。フォルムをみてわかると思うのですが、後ろ姿がプリウスに似てますね。インサイトの方が、より全体的に丸くおびた形となっています。空気抵抗を極力なくして走りをよくするための流線型です。3代目フルモデルチェンジでもこのフォルムは継承されると思われます。

Sponsored Links

安全性能

image

出典 ホンダ公式 インサイト 安全性能

ホンダセンシング

出典 You Tube 安全運転支援システム『Honda SENSING』

管理人のワンポイント説明

2代目インサイトの安全性能です。車の衝突の回避の操作性とボディの衝突を最小限にします。あと室内のエアバックですね。

3代目フルモデルチェンジでは、ホンダの唯一の安全性能のホンダセンシングが搭載されるようですね。標準かメーカーオプションになるかはわかりませんが安全性はより高くなると推測します。

新型ホンダ・インサイトの価格

価格2WD
XL
”インサイトエクスクルーシブ”
インターナビセレクト
/1.5L
255万円-
XL
”インサイトエクスクルーシブ”
/1.5L
225万円-
XG
”インサイトエクスクルーシブ”
/1.5L
208万円-
Lインサイト
/1.3L
213万円-
Gインサイト
/1.3L
193万円-
管理人のワンポイント説明

2代目インサイトの価格表です。3代目フルモデルチェンジではできればトヨタ・プリウスと近い値段で販売したいところです。PHVともなりますと300万円~となります。また2代目の価格よりもすこし高くなると思われます。安全性能のホンダ・センシングも搭載したらその分も金額が高くなりますね。

Sponsored Links

新型ホンダ・インサイトの発売日

新型ホンダ・インサイト3代目の発売日が気になりますよね。話によれば、2017年10月27日~11月5日に開催の東京モーターショーで全貌が明らかになると言われています。また、同じ時期のLAショーでもお披露目をするという話ですので、かなりに気合が入っているようです。年明けの2018年の2月~3月にかけて、インサイトが発売される模様です。2018年8月ごろにインサイトPHVが、遅れて発売となるようですね。

Sponsored Links

ライバル車

トヨタ・プリウス

image

出典 トヨタ公式 プリウス 外観

管理人のワンポイント説明

トヨタ・プリウスですね。排気量は1.8Lハイブリッドで価格は242万円~339万円~。インサイトの排気量1.5Lと1.3Lなので差がありますが、ハイブリッドと言えばプリウスと言われています。それだけ浸透している車です。燃費は40km/Lですからね。インサイトの燃費がどのくらいプリウスに近付くかですね。

【新型プリウスPHV】価格や発売日は?燃費、走行距離や充電は?

トヨタ・プリウスは HVの王者として君臨していますが、その上にはモンスター級のヤバいHVが存在します。それが新型トヨタプリウスPHVなのです...

まとめ

新型ホンダ・インサイドは、いかがだったでしょうか

ひさびさのインサイトの復活というべきなんでしょうか。果たして、トヨタの頂上までたどり着けるか。今後のホンダが生き残るための羅針盤となりうるのか。ましてやPHVまで搭載しようとしています。ホンダには、フィットやヴェゼルといった人気の車があります。新しくなるホンダ・インサイトがどこまで販売台数を出せるかがとても楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links