ステップワゴン新型(ホンダ)ハイブリッドで価格や燃費は?発売日と評判は?

ホンダステップワゴンは、1996年に登場しました。当時は、商用車用のワゴンではなく乗用車で作られた画期的なワゴンだったので、とても人気を得ました。そこから20年と月日が流れて、今ではすっかりとその人気を他車に取られてしまいました。そこで、この状況を打開しようとハイブリッド化の話が進んでいる模様です。

では、新型ホンダステップワゴンの発売日特徴燃費価格内装外装安全性能ライバル車評判などを現時点でわかっている情報をお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

ホンダステップワゴンの歴史

初代 RF1/2型(1996年 – 2001年)

前期型(1996年5月 – 1999年5月)

image

後期型(1999年5月 – 2001年4月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

1996年の5月に発表されたステップワゴン。2.0L 直4 DOHCで、トランスミッションは4速ATでした。当時は商用車ベースで乗用車のワゴンを作りました。とても画期的なことだったので、かなり人気を得ました。

乗員は5~8名。4ドア ミニバンです。

Sponsored Links

2代目 RF3/4/5/6/7/8型(2001年 – 2005年)

前期型(2001年4月 – 2003年6月)

image

スパーダ(2003年6月 – 2005年5月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

2001年に2代目フルモデルチェンジをしました。数々にマイナーチェンジを繰り返しながら、2.0L・ 2.4L 直4 DOHC i-VTECの2種類となりました。トランスミッションは、5速と4速AT。乗員は8名です。4ドア ミニバンです。

3代目 RG1/2/3/4型(2005年 – 2009年)

前期型 (2005年5月 – 2007年10月)

image

後期型(2007年11月 – 2009年10月)

image

スパーダ(2007年11月 – 2009年10月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

3代目です。2005年5月にフルモデルチェンジをしました。エンジンは2代目と同じで4ドア ミニバンから5ドア ミニバンへ変更しています。

トランスミッションは、5速と4速ATにCVTを追加。乗員は、7~8名です。フロントのデザインが丸びを帯びていますね。なだらかなラインになっています。

4代目 RK1/2/3/4/5/6/7型(2009年 – 2015年)

前期型(2009年10月 – 2012年4月)

image

前期型スパーダ(2009年10月 – 2012年4月)

image

後期型スパーダ(2012年4月 – 2015年4月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

4代目です。排気量設定が一つになりました。2.0L 直4 SOHC i-VTECのみです。

トランスミッションもCVT/5速AT2種類のみとなっています。5ドアミニバンで乗員7~8名です。フロントの顔がごつくなっていますね。

5代目 RP1/2/3/4型(2015年 – )

SPADA・Cool Spirit(2015年4月 – 2016年5月)

image

G・EX(2015年4月 – 2016年5月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

5代目は、3年でフルモデルチェンジをしました。1.5L直4DOHCVTECターボへ変更

乗員は7~8名。5ドア・ミニバンでトランスミッションはCVTのみとなりました。エンジンが小さくなりましたから、幾分か車体も小さくなった気がしますね。

私としては、1.5Lターボで7~8人で機敏に走るのかな?と思いますが・・・。馬力がでないような気がしますね。

新型ステップワゴンの発売日

実は2015年、5代目が4月にフルモデルチェンジをしています。周期的には、5~6年先なんです。

本当はフルモデルチェンジなんてありえない話なんですが、どうもこの5代目の販売があまり思わしくはないようなんですね。それで、焦ったホンダは水面下で新型を作らないと他社に遅れをとってしまう恐れがあると判断して、密かに新型を作るのではないか?という話が出ています。

もし、新型ステップワゴンを出す場合は、今なら2020年の東京オリンピックの前あたりです。ですから、新型ステップワゴンを是が非でも成功させなくてはいけないんですが・・・。

2017年9月28日にはマイナーチェンジをし、ハイブリッドを搭載、その上、安全性能の「Honda SENSING」が全グレード標準装備されました。一応、次のフルモデルチェンジへの布石となる一手を打った感じですね。

Sponsored Links

新型ステップワゴンの特徴

プラットフォーム

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン ボディ構造モデル

現行車のプラットフォームです。ステップワゴンのプラットフォームは、モデルチェンジするたびに新しく作るようです。これといった名前はなく、その都度の低床・低重心をベースにして、プラットフォームを考えてるようです。

ホンダにもトヨタのようなTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という理念のようなものを掲げ、プラットフォームを作るといいのですが、一応匹敵するものがあります。

ホンダ・グローバルライトトラックプラットフォームと言います。これは、ホンダの大型ミニバン車用のプラットフォームなんですね。

残念ながら、このプラットフォームは、海外用みたいですね。これを使ってステップワゴンのプラットフォームを考えればけっこう面白いと思うのですが・・・。ここらへんの決まりごとが中途半端な気がします。

エンジン

エンジン現行車ハイブリッド
パワーユニット1.5L直列4気筒

VTEC TURBO

2.0L直列4気筒

DOHC i
-VTE C+i-MM
最大出力110[150]

/5500

107[145]/6200

モ:135[184]

/5000-6000

最大トルク203[20.7]

/1600~5000

175[17.8]

/4800

モ:315[32.1]

/0-2000

トランスミッションCVT 電気式無段変速機
駆動方式2WD/4WD 2WD

現行車のエンジン表です。2015年にフルモデルチェンをしています。数えて5代目となります。エンジンを1.5L直列4気筒VTEC TURBOに変更しています。

2017年9月のマイナーチェンジで、ステップワゴンでは初となる「SPORT HYBRID i-MMD」を採用した車を追加しました。今頃、ハイブリッドを搭載したんですね。ステップワゴンユーザーから見れば、待望の1台となります。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ現行車4代目
全長4690~
4760
4690
全幅16951695
全高1840~
55
1815~30
ホイールべース28902855
室内長32203095
室内幅15001500
室内高14051395

現行車のボディーサイズです。4代目と比較しています。5代目のほうがすこし大きくなっています。ハイブリッドシステム導入を投入したからでしょうね。

ホイールベースもすこし長くなっていますので、室内空間が広くなっていると思われます。

燃費

燃費JC08モードWLTCモード
現行車
/1.5L
15.0~17.0なし
ハイブリッド
/2.0L
25.0市街地:18.8
郊外:21.7
高速道路:19.5
平均:20.0

*単位:km/L

現行車の燃費表です。さすがに、2.0Lから1.5Lへダウンサイズターボ化していますので、いくらか燃費の向上はしています。

ハイブリッド燃費は、WLTCモードを採用してます。カタログ燃費と実燃費の差があまりにも激しいものだったので、国土交通省の指導のもと、世界基準のあわせたはかり方で、計測しています。

コンパクトカーのトヨタのアクアが33.8km/Lなので、ステップワゴンの燃費は、新計測でも20.0km/Lです。ハイブリッドならもうすこし燃費がほしいところでした。

Sponsored Links

ボディー色

ステップ ワゴン SPADA
フォレストグリーン・パール(ハイブリッド車専用)
プレミアムスパイスパープル・パール(ガソリン車専用)
オブジタンブルー・パール
プレミアムスパークルブラック・パール
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナ・メタリック
モダンスティール・メタリック
プレミアムディープロッソ・パール
スパーダ色
ステップワゴン
ブルーホライゾン・メタリック
ミルクグラス・パール
クリスタルブラック・パール
プラチナホワイト・パール
スーパープラチナ・メタリック
モダンスティール・メタリック
プレミアムデイーププロッソ・パール
ステップワゴン2
ステップ ワゴン Modulo X
プレミアムスパイスパープル・パール
プレミアムスパークルブラック・パール
プラチナホワイト・パール
ステップワゴン3

出典 ホンダ公式 ステップワゴン 色

マイナーチェンジ後のボディー色です。ハイブリッド専用ですが、フォレストグリーン・パールが追加されています。久々のグリーン系のパールで、シックで落ち着いた色合いがよく限定色ですが、結構ステップワゴンに似合っています。

全体的渋めの色ですが、バランスがいい感じで、私的にはワクワクする色たちです。

装備

内装

ステップ運転

ステップシート

出典 ホンダ公式 ステップワゴン 内装

マイナーチェンジ後の内装です。大人数で入れる空間ですね。プラットフォーム次第ではまだ室内空間を広げることができそうな感じです。

また、ステップワゴン(ブラウン系)・SPADA(ブラック系の2トーンなど)・Modulo X(ブラック系)で各シート色が違いますの、汚れなどを考慮して考えるとやはり、ブラック系が落ち着く感じがあります。

Sponsored Links

外装

出典:You Tube ホンダ 新型ステップワゴン、「わくわくゲート」「マジックシート」の使い方を解説!

わくわくゲートがあります。普段は下から上に上げるバックドアですが、なんと家のドアのように横から開けることができます。しかも、両方に兼ねていますので、実に画期的です。

今回のマイナーチェンジでも、このゲートは残っています。次期新型ステップワゴンでも残してくれるといいですね。

安全性能

安全運転支援システム『Honda SENSING』

出典 You Tube 安全運転支援システム『Honda SENSING』

安全性能としてホンダセンシングを搭載しています。新型ステップワゴンでは、そのまま搭載でしょうね

2017年5月より、国土交通省などからセーフティ・サポートカー(略称:サポカー)という肩書ができました。ステップワゴンの振り分けは、セーフティ・サポートカー S〈ワイド〉とセーフティ・サポートカー S〈ベーシック+〉で、各とも自動ブレーキがついています。

あくまでも運転者の安全運転が基本ですので、自動ブレーキは、支援で補助的な装備だと考えましょう。

新型ステップワゴンの価格

ハイブリッド
SPADA HYBRID B・Honda SENSING:2WD/330万円-
SPADA HYBRID G・Honda SENSING:2WD/335万円-
SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING:2WD/355万円-
ガソリン
B・Honda SENSING:2WD/245万円- 4WD/271万円-
G・Honda SENSING:2WD/266万円- 4WD/289万円-
G・EX Honda SENSING:2WD/286万円- 4WD/307万円-
SPADA・Honda SENSING:2WD/285万円- 4WD/308万円-
SPADA・Cool Spirit Honda SENSING:2WD/305万円- 4WD/324万円-
Modulo(モデューロ) X Honda SENSING:2WD/366万円-

価格表です。ホンダセンシング付きですが、装備しないこともできるそうです。これにより価格が若干下がります。

あとはメーカーオプションとディーラーオプションがありますので好みの装備を選んでみましょう

ちなみにモデューロXは特別仕様車です。ちょっとスポーティ―な感じの仕上がりです。いわば外見だけマイナーチェンジしてる感じですね。

Sponsored Links

ライバル車について

ニッサン・セレナ

image

出典:日産公式 セレナ

2016年8月24日に新型セレナを発売しています。2.0Lのハイブリッド車(Sを除く)です。燃費はJC08モードで15.0~17.2km/Lです。ステップワゴンの燃費はJC08モードで15.0~16.2km/Lなので、たぶんセレナの車体が重いから燃費が低いんでしょうね。

なんと2018年の1月にはEV車セレナe-POWERが発売されるという話が出てきています。ホンダは、おちおちとしてられませんね。

【日産セレナ2016】フルモデルチェンジ!特徴・スペック・燃費・色・装備・発売日・価格の徹底解説!

思い起こせば、1991年日産セレナは登場しました。7~8人乗りのミニバンで、大家族や大勢の友達たちがドライブを楽しめるようにと開発された車で...

【日産新型セレナe-POWER&NISMO】発売日や燃費・価格は?ライバル車比較!

2016年11月2日から販売が始まったばかりの日産新型ノートがレンジエクステンダー型EVとなるe-POWERを搭載。さらに日産は追い打ちをか...

トヨタ・ヴォクシー

image

出典:トヨタ公式 ヴォクシー

トヨタ・ヴォクシーですね。1.8Lのハイブリッド車と2.0Lガソリン車です。排気量は、現行車のステップワゴンと比べるとヴォクシーの方が上です。燃費はハイブリッド車でJC08モードで23.8km/Lです。やはり燃費はダントツですね。

【新型トヨタヴォクシー】ビッグマイナーチェンジ、ハイブリッドの価格は?煌2の評判は?

新型トヨタ・ヴォクシーは、トヨタ・ノアと兄弟車となります。簡単に比較しますとヴォクシーは、ノアよりも少しおしゃれをした感じの車となります。ま...

トヨタ・エスティマ

image

出典:トヨタ公式 エスティマ

トヨタ・エスティマですね。ロングセラーの天才タマゴで有名なミニバンですね。2.4Lのハイブリッド車とガソリン車です。

排気量は、現行車のステップワゴンが1.5Lなので比較にはならないと思いますが、燃費JC08モードが18.0km/Lといい勝負をしています。エスティマも新型を出すという話もありますね。

エスティマ新型(トヨタ)PHV(プラグインハイブリッド)搭載?価格・燃費や発売日は?

トヨタエスティマと言えば、丸びを帯びたフロントが有名ですね。しかもトヨタの中ではかなりの古株でありながら長年人気の絶えないミニバンとして君臨...

ステップワゴンの評判

まとめ

新型ホンダステップワゴンは、いかがだったでしょうか?

やっと、ステップワゴンにハイブリッドを搭載しましたが、名のあるステップワゴンが今頃になって・・・という感じです。

大家族でドライブを楽しむ機会を作ってくれた車ですが、ただ、アピールしていることが一点しかないのも事実です。ほかにもステップワゴンのような車がたくさんありますし、それと比較してもどこか物足りない車でもあります。

遅らせながらハイブリッド搭載で様子見だと思われますので、今後さらに燃費をあげて、乗りやすい車へと変貌していくかどうか、楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links