【新型フォルクスワーゲン・ティグアン】フルモデルチェンジで価格や燃費は?ディーゼル車?

海外輸入車として、昔から人気があったフォルクス・ワーゲンが2017年1月17日、(発売は1/21以降)東京国際フォーラムで正式にフォルクスワーゲン・ティグアンをお披露目しました。このティグアンは、クロスオーバーSUVとして生まれました。どちらかといいますと、街中用のSUV車ですね。コンパクトなSUV車として人気を博しています。今回は、2回目のフルモデルチェンジです。

では、新型フォルクスワーゲン・ティグアンの特徴価格燃費エンジン装備内装外装安全性能ライバル車評判、ディーゼル車情報など今、わかっている情報をもとのお話したいと思います。

Sponsored Links

フォルクスワーゲン・ティグアンの歴史

初代(2008年-2017年)

前期

image

後期

image

出典:ウィキペディア フォルクスワーゲン・ティグアン

管理人のワンポイント説明

VW・ティグアンの初代です。1.4Lと2.0Lのターボ車で乗員は5人の4ドアクロスオーバーSUV車として販売されました。駆動方式は、FF/4WD。トランスミッションは、ティプトロニック付6速AT・6速DSG・7速DSG・6速MTです。

フォルクスワーゲンは、ドイツ車で元々は左ハンドルだったのを右ハンドルにして販売している会社です。日本でもフォルクスワーゲン・ビートルなど人気がありますね。デザインもカワかっこよくて個人的にはかなり好きな車です。

2代目VW・ティグアンが今回フルモデルチェンジした車になります。

Sponsored Links

新型フォルクスワーゲン・ティグアンの特徴

エンジン

エンジンティグアン/1.4LT・ハリアー/
2.0L・2.5L
N・エクストレイル/
2.0L
S・フォレスター/2.0L
パワートレイン直列4気筒+ターボ直列4気筒噴射直列4気筒水平対向4気筒
最高出力110[150]/
5000‐6,000
111~112[151~152]/
5700~6100
108[147]/
6000
109~
206[148]/
5700~6200
最大トルク250[25.5]/
1500‐3500
193~206「19.7」/
3800~4800
207[21.1]/
4400
196~
350[20.0]/
2000-5600
最高出力(モーター用)なし前:105[143]
後:50[68]
30[41]/
省略
なし
最大トルク(モーター用)なし前:270[27.5]
後:139[142]
160[16.3]/
省略
なし
トランスミッション6ATG:Super CVT-i
H:電気式無段変速機
エクストロニックCVTリニアトロニック/
6MT
駆動方式2WD2WD/4WD
H:電気式4輪駆動
2WD/4WDAWD(常時全輪駆動)

*最高出力単位:kw[PS]/rpm
*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm
*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm
*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

新型2代目VW・ティグアンのエンジン表です。排気量は1.4Lのターボ車のみです。駆動方式は2WDで、前は4WDがありましたが今回は搭載なしですね。

フォルクスワーゲン車の人気は、理由があります。

それは徹底的に日本仕様にこだわったところです。小型で1.4L、税金も安く走りもよく、車体価格も日本車と同じように設定して買いやすくしているところが魅力的なのです。

今のところ、ターボ車のみですが、ディーゼル車も2017年後半には搭載かと言われていますが、今のところ未定です。いずれゴルフに積んでいるPHVが搭載されるかもしれません。SUV車でPHVだとかなり画期的ではないでしょうか。

ボディーサイズ

ボディーサイズティグアン/
1.4L
T・ハリアー/
2.0L・2.5L
N・エクストレイル/
2.0L
S・フォレスター/
2.0L
全長4500472046404595
~4610
全幅1840~60183518201795
全高1675169017151715
~1735
ホイールベース2675266027052640
室内長不明196520052095
室内幅不明148015351540
室内高不明122012701280
重量15401560~
1800
1440~
1640
1450~1610

*単位:mm/kg

新型2代目VW・ティグアンのボディーサイズ表です。全体としてこじんまりとした車体ですね。トヨタ・ハリアーと比較しますとかなり小型化していますので、小回りが効きますし、ターボ車なので瞬発力もあります。車体も他車と比べてやや軽いので走りもいいと思います。

燃費

燃費2WD4WD
ティグアンG:16.3
D:17.5~21.0
(欧州仕様)
なし
T・ハリアー
/2.0L・2.5L
G:16.0G:14.8~15.2
H:21.4~21.8
N・エクストレイル/2.0LG:16.4
H:20.6
G:16.0
H:20.0
S・フォレスター/2.0LなしG:13.2~16.0

*単位:JC08モード・km/L

新型2代目VW・ティグアンの燃費表です。欧州仕様では、ディーゼル車がありますが、とりあえず、ガソリン車のみの販売となります。

実は、2015年フォルクスワーゲンも排気ガス問題を起こしました。おもにディーゼルでの排ガスの数値をソフトで操作して、規制から逃れていたのです。今では、しっかりと運用してるようですが、この問題のおかげで、ディーゼル車の規制がますます厳しくなり、ディーゼル車は販売禁止というところまで来ています。日本のマツダ車のディーゼル車にじわじわとその影響が出ている模様です。

ティグアン日本仕様の1.4Lのディーゼル車の話が出ていますが、今後のディーゼルエンジン自体がどうなるかわかりませんので、おそらく投入は難しいと思われます。

Sponsored Links

ボディ―色

Tiguan TSI Comfortline /Tiguan TSI Highline
ティグアンカラー1

Tiguan TSI R-Line

ティグアンカラー2

出典:フォルクスワーゲン公式・ティグアン ボディー色

新型2代目VW・ティグアンのボディ―色です。残念なことに赤系がありません。フォルクス・ワーゲンって赤のイメージがあります(ゴルフでは、赤をよく見かけます)。そして深くて濃い青もなくがっかりです。

車種が違いますので仕方がないですが、シブい赤でも1色あればいいですね女性の方でもぜひ手ごろなSUV車を乗りたいときっと考えてますよ

装備

内装

image

image

出典:フォルクスワーゲン公式・ティグアン 内装

新型2代目フォルクスワーゲン・ティグアンの内装です。シートの色は選択できます。ちょっと、ごつごつとした感じの内装です。いかにもドイツ車らしいといいますか・・・。今後これが、すこしこじゃれた感じになるといいですね。

なぜがといいますと、やはりフォルクスワーゲン・ビートルの影響です。ビートルの内装が実にかわいいのです。ビートルとティグアンとでは車種が違いますので、あまり比較ができませんが、せめてお洒落にしなくてもこじゃれた感じになってくれたなら、女性もきっと喜ぶでしょう。

Sponsored Links

外装

image

image

出典:フォルクスワーゲン公式・ティグアン 外装

新型2代目フォルクスワーゲン・ティグアンの外装です。スポーティな感じでとてもかっこいいです。これが1.4Lですからちょっとびっくりします。ゴルフを一回り大きくしたイメージです。フロントマスクとVWのエンブレムが目立ってかなりいいですね。

安全性能

出典 You Tube Volkswagen オールイン・セーフティ 概要/魅力紹介

新型2代目フォルクスワーゲン・ティグアンの安全性能です。オールイン・セーフティです。日本車でいいますと、トヨタのトヨタ・セーフティ・センスP、ホンダではホンダ・センシングのような安全思想に基づいたものなので、なじみやすいです。

日本仕様用の動画説明もわかりやすく作っていますので、さすがフォルクスワーゲンですね。他車と同じような基本的安全性能は、完備されていますので安心です。

新型フォルクスワーゲン・ティグアンの価格

グレード価格
TSI /
Comfortline
360万円~
TSI /
Highline
433万円~
TSI /
R-line
463万円~

新型2代目フォルクスワーゲン・ティグアンの価格表です。最低価格が360万円~です。長い目でみれば1.4Lですから税金は当然安いですし、維持費も安くつきます。

初期投資として、考えればかなり納得するのではないでしょうか

ただし、外国車なので修理がどのようになっているかがわかりません。これは、しっかりとVWの販売店で聞いてみましょう。

ライバル車について

トヨタ・ハリアー

image

出典 トヨタ公式 ハリアー

トヨタ・ハリアーです。2.5L+モーターと2.0Lがあり価格は279万円~459万円~2009年には海外ブランド名レスサスRXとして投入。その時に絶版車となるはずだったのですが、2代目以降も日本仕様専用で販売されています。かなり高級な日本専用SUV車として人気があります。

排気量が若干大きいのでライバルまではいきませんが、同じSUV車としては今後のVWのSUV車に影響があると思いますね。

【新型トヨタハリアー&G’s】マイナーチェンジで価格や燃費は?安全性能やハイブリッド評判は?

新型トヨタ・ハリアーは、トヨタの中での最高のSUV車として君臨しています。そのハリアーがマイナーチェンジをするという話が出てきて、2017年...

日産エクストレイル

image

出典 日産公式 エクストレイル

日産エクストレイル2.0L、ハイブリッドとガソリン車で、価格は、223万円~330万円~です。VWティグアンは、日本寄りの唯一のSUV車なので海外車のライバル(サイズが大きい)は今のところないので、当然、日本のSUV車がライバルになるわけです。この日産エクストレイルもライバルの1台です。

 【日産新型エクストレイル】マイナーチェンジでディーゼル復活?価格や評価は?

日産が開発したSUV車のエクストレイルは、売上にも貢献した人気の車です。2013年には、3回目にフルモデルチェンジを行ないました。その日産エ...

スバル・フォレスター

image

出典 スバル公式 フォレスター 2.0i

スバル・フォレスター2.0Lです。価格は214万円~312万円~。実は2017年1月22日付でフォレスターの注文が終わっています。理由は、2017年~2018年かけて新型を出す準備が整ったので、いわば在庫処分的な感じですね。

【スバル新型フォレスター】フルモデルチェンジ価格・評判は?発売日・燃費は?

最近の日本では、ミドルサイズのSUV車をよく見かけるようになりました。国内外で今人気なのがSUV車のスバル・フォレスターですね。普通は車体が...

フォルクスワーゲン・ティグアンの評価

こちらの記事もチェック!

【VWフォルクスワーゲン新型ティグアン・オールスペース】価格や特徴は?比較や違いは?

2017年1月17日より、東京国際フォーラムにてフォルクス・ワーゲンティグアン(日本仕様)を発表、21日から納車開始。実は、2017年1月8...

まとめ

フォルクス・ワーゲンティグアンはいかがだったでしょうか。

ドイツの輸入車でもありますが、排気量や車体も日本に合わせて作っています。まさに企業努力の賜物です。特にSUV車での外国版はあまり見かけないそうです。

外国車だと普通車でも大きく感じますが、このフォルクス・ワーゲンティグアンのサイズ感は、こじんまりとした車です。排気量も他車とくらべて低いですから、これはかなりお買い得なSUV車といえるでしょうね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links