トヨタノア新型ビックマイナーチェンジで価格や燃費は?サイズ、内装や評価は?

新型トヨタ・ノアビックマイナーチェンジ情報が入ってきています。大家族には、もってこいの5ドアミニバンとして人気を得ました。ヴォクシーとエスクァイアの長兄として、今でも第一線を走っている車でもあります。最近では、ヴォクシーとエスクァイアに人気をすこし取られているようですが、実用車としてはシンプルで使いやすく飽きに来ない外観でとても重宝されていますね。

では、新型トヨタ・ノアの価格燃費外装内装評判安全性能CMなど、今わかってる情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

トヨタ・ノアの歴史

初代 R60G型 (2001年 – 2007年)

前期型 X(2001年11月 – 2004年8月)

image

後期型 X(2005年8月- 2007年6月)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・ノア

管理人のワンポイント説明

初代のトヨタ・ノアですね。5ドアのミニバンとして新しくできた車です。駆動方式は2WD/4WD。排気量は2.0Lのみ。トランスミッションは、4AT(前期型)/CVT(後期型)と変わっています。

2006年8月まで、マイナーチェンジと特別仕様車を出しています。

Sponsored Links

2代目 ZRR7#G/W/R型 (2007年 – 2014年)

前期型 X(2007年6月 – 2010年4月)

image

後期型 X(2010年4月 – 2014年1月)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・ノア

管理人のワンポイント説明

2代目のトヨタ・ノアです。ボディーがいくらかごつくなったのか、箱型の近い外観となっていますね。排気量は2.0Lで駆動方式は2WD/4WDです。トランスミッションは、CVTのみとなりました。

新型トヨタ・ノアの発売日

新型トヨタ・ノアは、実はヴォクシーとエスクァイアのお兄さんにあたります。ですから、当然他の車がモデルチェンジをすれば、ノアもチェンジしますね。

2017年の7月3日にビックマイナーチェンジをしました。内外装や安全性能の見直しやグレ―ドの追加などしました。

新型トヨタ・ノアの特徴

プラットフォーム

トヨタ・ノアのプラットフォームは、先代のタウンエース・ライトエース・デルタワゴン/ノアの後輪駆動方式か引継いだのですが、トヨタ・イプサムのプラットフォームで使われていた前輪駆動方式に変換したものを使用しています。前輪駆動になりましたので、新規のプラットフォームとなりました。名前はありません。

エンジン

エンジンT・
ノア/
1.8L
2.0L
T・ヴォクシー/
1.8L
2.0L
T・エスクァイア/
1.8L
2.0L
パワートレイン直列
4気筒
DOHC
+モーター
同じ同じ
最高出力H:73
[99]/
5200
G:112
[152]/
6100
同じ同じ
最大トルクH:142
[14.5]/
4000
G:193
[19.7]/
3800
同じ同じ
最高出力(モーター用)60[82]同じ同じ
最大トルク(モーター用)207[21.1]同じ同じ
トランスミッションH:電気式
無段変速機
G:Super
CVT-i
同じ同じ
駆動方式H:2WD
G:2WD
/4WD
同じ同じ

*最高出力単位:kw[PS]/rpm
*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm
*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm
*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

エンジン表です。エンジン部分は、さすがに同じものを使っています。エンジンの型番も同じなので馬力的には、横並びってところでしょうか。あとは、やはり名前や外観や内装といったところで、選択して検討するといいですね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズT・
ノア/
1.8L
2.0L
T・ヴォクシー/
1.8L
2.0L
T・エスクァイア/
1.8L
2.0L
全長4695:
(5ナンバー)4710:(3ナンバー)
同じ4695

(5ナンバー)

全幅1695:

(5ナンバー)

1730:

(3ナンバー)

同じ1695
全高1825~
1870
同じ1825

65
ホイールベース2850同じ同じ
室内長2930同じ同じ
室内幅1540同じ同じ
室内高1400同じ同じ
重量1560

1730
1570

1620
1570

1730
乗員7~8同じ同じ

*単位:mm/kg

ボディーサイズです。ボディーサイズの数値は、各車で微妙に違いがあります。ノア(Si)とヴォクシー(ZS)は、3ナンバーです。エスクァイアは5ナンバーのみとなっていますので注意が必要ですね。あとは、ほぼ同じ数字となります。

燃費

燃費2WD4WD
T・
ノア
/1.8L
2.0L
H:23.8
G:16.0
G:14.8~
15.0
T・ヴォクシー/
1.8L
2.0L
同じ同じ
T・エスクァイア/
1.8L
2.0L
同じ同じ

*単位:JC08モード・km/L

燃費表です。兄弟なのですべて同じ数字となっています。実燃費では、購入予定者の環境によって変わってきます。あくまでも測定値ですので、注意が必要です。

例えば、大家族で週末頻繁にお出かけするとか、使う頻度が高ければおのずとガソリンが早くなくなります。それらを考慮してからハイブリッド車にするか、ガソリン車にするかを検討してみてくださいね。

ボディー色

ホワイトパールクリスタルシャイン
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
ブラック
ブラキッシュアゲハガラスフレーク
ボルドーマイカメタリック
シルバーメタリック
アバンギャルトブロンズメタリック

ノア

出典 トヨタ公式 ノア ボディー色

ボディー色です。普通のノアではラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークですが、ヴォクシーではイナズマスパーキングブラックガラスフレーク(深緑系)エスクァイアでは、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(紫黒系)と各変更となります。それぞれの個性がでますね。

装備

内装

ノア室内

出典 トヨタ公式 ノア 内装

内装です。シートは消臭機能付シート表皮を採用していますので、車の嫌なにおいを軽減します。たばこのにおいの消臭に期待できます。

ちなみに、ヴォクシーとエスクァイアとも同じ内装となりますが、内装色で差別化しています。エスクァイアの内装色は、黒中心。ヴォクシーの内装色は、黒・深い青・オレンジが中心となっています。選択する際には注意が必要です。

Sponsored Links

外装

ノア外装

出典:トヨタ公式 ノア 外装

出典:You Tube2017 新型 トヨタ ノア Si 4WD 内外装

外装ですね。ノア・ヴォクシー・エスクァイアのフロントマスク/エンブレムが違うだけです。ノアとヴォクシーには3ナンバー/5ナンバーがあります。エスクァイアは5ナンバーだけとなっています。ボディー規格では、一つでも範囲(長・幅・高)が広がればサイズアップ(エアロパーツなどで)とされるので注意が必要です。

安全性能

出典 You Tube 【シエンタ】安全機能解説(Toyota Safety Sense C)

安全性能です。toyota Safety Sense Cは、X・X“サイドリフトアップシート装着車”では、メーカー・オプションとなります。SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)+SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンド・サードシート)は全車、メーカーオプションです。

さすがにtoyota Safety Sense Cは全車装備とはなりませんでしたね。ですが、これもいずれ次期新型がでれば、全車装備となるかもしれませんし、Pの搭載となるかもしれません。ヴォクシーとエスクァイアもグレード名が違いますが、内容は同じです。

Sponsored Links

新型トヨタ・ノアの価格

価格2WD4WD
HYBRID
Si/1.8L
7人:
326万円~
なし
HYBRID
G/1.8L
7人:
314万円~
なし
HYBRID
X/1.8L
7人:
301万円~
なし
Si
/2.0L
7人:
277
万円~
8人:
274万円~
7人:
297
万円~
8人:
293万円~
G
/2.0L
7人:
272
万円~
8人:
269万円~
7人:
293万円~
8人:
290万円~
X
/2.0L
7人:
249万円~
8人:
246万円~
7人:
270万円~
8人:
267万円~
X“
サイドリフト
アップ
シート
装着車”
/2.0L
7人:
267万円~
7人:
286万円~
Si”GR”SPORT
/2.0L
7人:
325
万円~
なし

価格表です。ヴォクシー・エスクァイアはグレード設定が違いますので、若干の金額に差があります。基本的には、メーカーオプションやディーラープションで装備を追加しますと価格が跳ね上がります。しっかりと検討の上、販売店へ行ってどんな装備があるのかを確認してみましょう。

トヨタ・ノアの評判

CM

出典:You Tube【ノア】TVCM「新しいスタイル」篇

 【新型トヨタヴォクシー】ビッグマイナーチェンジ、ハイブリッドの価格は?煌2の評判は?

新型トヨタ・ヴォクシーは、トヨタ・ノアと兄弟車となります。簡単に比較しますとヴォクシーは、ノアよりも少しおしゃれをした感じの車となります。ま...

 【新型トヨタ エスクァイア】ハイブリッド搭載で価格や燃費は?口コミ・評判は?

新型トヨタ・エスクァイアは、中型ミニバンとして2014年から発売されました。まだ、フルモデルチェンジという話はありませんが、マイナーチェンジ...

まとめ

新型トヨタ・ノアはいかがったでしょうか。

けっこう、シンプルでしかもハイブリッド搭載で、内装や外装が変わりました。

中型ミニバンは激戦区だと言われています。ライバルでは、日産のセレナ・ホンダ/ステップワゴンがいます。これらの車も改良があったりするかもしれませんね。

今後のトヨタ三兄弟(ノア・ヴォクシー・エスクァイア)の動向が楽しみです。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links