ヴィッツ新型(トヨタ)ハイブリッド化で燃費・価格は?アクアとのすみ分け考察!

1999年に発売されたトヨタ・ヴィッツは、日本のコンパクトカーの存在をアピールしその市場に多大なる影響を示した車です。これを元に次々と対抗車・ホンダフィットや日産マーチが生まれてきました。まさに日本の小型車のイメージを変えた高品質の車なのです。

昨今、トヨタのハイブリッド車である「アクア」にコンパクトカーの称号を譲ってしまい、存在感が無くなってしまいました。そんなトヨタのヴィッツがハイブリッド(HV)を搭載してビッグマイナーチェンジ。フルモデルチェンジの噂が出ていますが、その前に一度トヨタはヴィッツをてこ入れしてみようと考えているようです。

では、トヨタ・ヴィッツのビックマイナーチェンジと発売日特徴燃費価格評判、アクアとのすみ分け考察も含めてお話したいと思います。

Sponsored Links

トヨタ・ヴィッツの歴史

初代 SCP/NCP1#型(1999年 – 2005年)

3ドア(欧州仕様・前期型)

image

5ドア(後期型)2001年12月 – 2005年2月

image

RS(前期型)

image

RS(後期型)

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

コンパクトで丸っとした形のヴィッツですね。小回りがきいて狭い道でもすいすいと走っていきそうです。

1.0Lと1.3L・1.5L直4 DOHCと1.4L 直4 SOHCディーゼルターボ(欧州仕様)があります。トランスミッションはCVT・4速AT・ 5速MTで、バリエーションがいっぱいあります。

スポーツグレードRSを追加。走り屋さんにも対応しています。ちなみに欧州仕様の名前はヤリスといいます。

Sponsored Links

2代目 KSP/SCP/NCP9#型(2005年 – 2010年)

5ドア(前期型)2005年2月 – 2007年8月

image

5ドア(後期型)2007年8月 – 2010年12月

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

ちょっと、日産マーチの形に似ています。二代目は1.8L 直4 DOHC(欧州仕様)・1.4LSOHC ディーゼル ターボ(欧州仕様)を追加しています。段々と欧州へ力を入れているのがわかりますね。

3代目 KSP/NSP/NCP13#/NSP15#型(XP130型:2010年-、XP150型:2013年-)

前期型 5ドア 1.3 FSMART STOP パッケージ2010年12月 – 2014年4月

image

後期型 5ドア 1.3F 2014年4月 –

image

前期型 1.5RS

image

後期型 RS

image

後期型 RS “G’s”

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

三代目からは、ちょっと大人びたデザインでとても高級感が漂っています。日本仕様・北米仕様・欧州仕様・アジア仕様と全世界を基準に展開していきます。

RSの派生車でスポーツコンバージョン車「G’s」があります。RSもよりスポーティな顔立ちになっていますね。RSをベースにした車で、MT仕様です。

ビックマイナーチェンジのヴィッツの発売日

現行車のヴィッツが作られたのが、2010年からですので、今現在2017年で7年の月日が流れています

本来ならフルモデルチェンジをしてもいいはずだったのですが、他車(特にアクア)とのバランスを考えながらとりあえず2017年中には体制を整えて販売する方向で考えてはいたようです。が、かなり遅れているようですね。

2017年1月12日、ビッグマイナーチェンジを行い、ハイブリッドを追加しています。その後大幅なフルモデルチェンジは2018年以降ということで話になりそうですね。

Sponsored Links

新型ヴィッツの特徴(ハイブリッド)

プラットフォーム

ヴィッツのビックマイナーチェンジでのプラットフォームの変更はないようです。プラットフォームは、車の屋台骨です。これを変更ともなりますとフルモデルチェンジってことになります。

ちなみにフルモデルチェンジのプラットフォーム予想はTNGA(Toyota New Global Architecture)の採用ですね。新しく開発されたコンパクトー車用TNGA-Bプラットフォームが使われる予定です。

ボデイ―サイズ

 ボディサイズヴィッツ(ハイブリッドとガソリン)
全長3945
全幅1695
全高1500~1530
ホイールベース2510

*単位はmmです。

マイナーチェンジ後のボディーサイズ表です。全長が4000mmと近くなっていますので、かなり大きくなっています。ハイブリットでは排気量が1.5Lですので、それに合わせた感じですね。またガソリン車は1.3L・1.0Lで、若干ボディーが前車の室内と比べて広く大きくなりました。

エンジン

ヴィッツ(ハイブリッドとガソリン)RS(現行車)
パワートレイン直3気筒(ガソリンのみ)

/1.3L・1.0L

直4気筒(ガソリンもあり)+
電気モーター

/1.5L

直4気筒
最高出力H:54[74]

/4800

NA:51-73[69-99]

/6000

80(109)/6000
最大トルクH:111[11.3]

/3600-4400

NA:92-121[9.4-12.3]

/4300-4400

136~138(13.9~14.1)4400~4800
排気量H:1.5L

NA:1.3L

1.0L

1.5Lのみ
トランスミッシ
ョン
H:電気式無段変速機

NA:自動無段変速機[Super CVT-i]

super CVT-i+5速MT
駆動方式2WD・4WD2WDのみ

*出力単位:kW(PS)/r.p.m

*トルク単位:N・m(kgf/m)/r.p.m

2017年1月12日、1.5L直列4気筒DOHC+電気モーターでハイブリッドを搭載しました。このおかげでヴィッツ・RSは、販売終了になりました。結構味のあるスポーティタイプの車だったんですがね。

燃費について(アクアとの比較)

ヴィッツ燃費
ハイブリッド:1.5L 34.4km/L 2WD
ガソリン:1.3L 25.0km/L 2WD 18.0KM/L 4WD
1.0L 21.6-24.0km/L 2WD
アクア燃費
ハイブリッドのみ:34.4-38.0km/L

ヴィッツビッグマイナーチェンジではハイブリッドを追加燃費は34.4km/L現行車アクアの燃費は34.4~38.0km/L(JC08)で、比較してみますと同じとなっています。

燃費が同じ数字になることは大変珍しく、燃費以外での比較、例えば車体のデザインなど比較しながら車を選ぶことになりますね。やはり購入予定者の車のセンスが問われそうです。

Sponsored Links

ボディーカラー

ヴィッツ・単色
スーパーホワイトⅡ
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
グレーメタリック
ブラックマイカ
スーパーレッドV
チェリーパールクリスタルジャパン
オレンジメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック
ルミナスイエロー
ブルーメタリック
クリアブルークリスタルシャイン
ヴィッツ
出典 トヨタ公式 ヴィッツ ボディー色
ヴィッツ・Jewela用
ダークレッドマイカメタリック
ボルドーマイカメタリック
オリーブマイカメタリック
ジェイドグリーンメタリック
ダークブルーマイカ
リミテッド
出典 トヨタ公式 ヴィッツ Jewela

GRカラー
スーパーホワイトⅡ
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
グレーメタリック
ブラックマイカ
スーパーレッドV
ルミナスイエロー
ブルーメタリック
GR
出典 トヨタ公式 ヴィッツ・GRカラー

ビッグマイナーチェンジ後のボディー色です。全17種類があり、特にJewela用カラーがステキで、私もオリーブ系やジェイド系などのグリーン系が好きなんですよ。

他車のボディー色でのグリーン系は、あまり見たことがありませんが、軽のスズキ・ハスラーでは、クールカーキパールメタリックくらいです。ほんとシブいグリーン系が見当たらないですが、ヴィッツ・Jewelaでは、2種類ありますのでけっこう人気なのではないでしょうか。

GRカラーとは、G’sシリーズが廃版になりましたので、新しく若者向けのスポーツモデルブランドとしてGRシリーズを立ち上げたトヨタブランドです。他にもプリウスPHV/マークX/ハリアー/ノア/ヴォクシー、小型車代表でヴィッツがGR SPORTの冠をもらっています。

Sponsored Links

装備について

内装

内装1

出典:トヨタ公式 ヴィッツ 内装

シート色&生地
ブラック:ハイグレードファブリック
バレルブラウン:ハイグレードファブリック
ブラック:ファブリック
アイボリー:ファブリック
ブラック:Jewela用ファブリック
マルサラ:かなしファブリック

マイナーチェンジ後の内装です。おしゃれな内装でとても使いやすく作られています。ちょっと都会的な雰囲気ですね。

特にマルサラの色がとても印象的で、どんな色かといいますとワインレッドに茶色みかかった色です。シチリア島で生まれた伝統的なワインの名前でもあります。だから、どことなく品のある色だったので、かっこいいなと思いました。ただ、Jewela用のみなので、標準車のヴィッツでもマルサラ色を入れてほしかったですね。

Sponsored Links

外装

ヴィッツ外観

出典:トヨタ 公式 ヴィッツ 外装

フロントマスクがかなり大きく主張しています。それ以外のたとえば、ヘッドランプ系統も変化はないと思います。ちょって寂しい気がしますが、ビックマイナーチェンジなのでしかたがありません。フルモデルチェンジまで待ってみるのもいいかもしれませんね。

安全性能

トヨタセーフティーセンス C
自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)

車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)
自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)

出典:YouTube トヨタ公式・【シエンタ】安全機能解説(Toyota Safety Sense C)

ビックマイナーチェンジはしましたが、安全性能のトヨタセーフティーセンス Cは据え置活きでした。今度行われるであろうフルモデルチェンジのときは、トヨタセーフティーセンス CではなくPを搭載するかもしれません。

ちなみに、ヴィッツはセーフティサポートカーの認定を受けていますが、サポカーはあくまでもどんな安全性能がついているかをわかりやすくしたものです。サポカーは、おもに自動ブレーキが主で、サポカーSは、自動ブレーキにプラス踏み間違い事故防止など高齢者の運転に優しい機能を搭載した車となっています。

ヴィッツのターゲットは、どちらかといいますと若者向きに作られた車なので、サポカー認定となります。

ヴィッツの価格

ビッグマイナーチェンジ後の価格は、ハイブリッドでは181万円~208万円-。ガソリン車では、118万円-。ハイブリッドJewelaでは、198万円-で、ガソリンJewelaでは、147万円となっています。

あとは、GRSPORTガソリンでは、208万円-230万円-で、ハイブリッドGRでは、232万円-からとなっています。やはり、少し価格が高く感じますが、安全性能やハイブリッドも搭載していますので、しかたがないかと思います。安く乗りたいのであれば、やはりガソリン仕様の118万円ーからとなります。

Sponsored Links

ヴィッツのライバル車

日産マーチ

image

出典:ビジョン自動車

2017年の春ごろに、日本仕様の新型日産マーチが出ますと予測しましたが、今のところ出てきてないようです。上の画像は、2016年9月29日、パリモーターショーで新型マーチのワールドプレミアでお披露目となった欧州仕様の新型マーチで、名前をマイクラ Gen5といいます。

今、日産では、2017年9月末に大規模なリコールが発生し、そのおかげで一部の生産が止まっています。新型マーチを生産している場合ではありませんので、日産ブラントがどうなるかですね。

日産マーチ新型(マイクラ)フルモデルチェンジ情報!発売日や価格、ライバル車比較!

日産マーチと言えば、コンパクトカーで大人気を得た日本の国産車ですね。人気の理由は、日本の道は狭いところが多く、それに適した車が求められてきま...

ホンダ・フィット

image

出典:ホンダ公式 ホンダ・フィット

2017年6月30日、ホンダ・フィットもビックマイナーチェンジしました。内容は、「ホンダセンシング」という最新の運転支援システムが採用されました。今では安全性能向上は、当たり前の時代になりましたね。

フィット新型(ホンダ)マイナーチェンジで燃費と不具合は?価格・発売日は?

2016年の現行車ホンダ・フィットは、数えて3代目に当たります。名前をフィット3といいます。けっこう売れ行きもよくホンダの主力車として根強い...

トヨタ・アクア(すみわけ考察含む)

image

出典:トヨタ公式 アクア

2017年にフルモデルチェンジをするようでしたが、どうやらまだで、2018年になるようです。セーフティセンスPの搭載と決まっているみたいですね。ですから、さらにヴィッツのフルモデルチェンジは、先になる感じがします。

しかも、アクアはトヨタの中で稼ぎかしらですから、優先的にアクアを作ります。どうしてもヴィッツが後回しになることは、仕方がないです。ヴィッツの出方次第では今後、アクアとの差別化がうまくいかせないとアクアに吸収される可能性もあります。最大のライバルは、身内にありですね。

新型アクア(トヨタ)の燃費、価格や発売日は?プリウス比較と評判は?

トヨタプリウスの弟分のトヨタアクアは2011年から発売して早5年、目立ったフルモデルチェンジもしないまま今日まできました。アクアの燃...

ヴィッツの評判

まとめ

ビックマイナーチェンジのヴィッツは、どうでしたか?

主なところでは、ハイブリッド搭載が目玉です。他にも燃費もしっかりと出していますし、価格もいい値段です。

ハイブリッド搭載しましたので、アクアとの差別化をどのくらいできるか?ですね。ヴィッツの価値をどのくらい高められるか。どうも、トヨタの車を見ますと車種の共食いをしている様で、ひやひやします。

ヴィッツのデザインは、かわいらしいので私としては生き残ってほしい車です。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links