【トヨタヴィッツ・RS&G’s】ビッグマイナーチェンジでハイブリッド?燃費・価格は?

1999年に発売されたトヨタ・ヴィッツは、日本のコンパクトカーの存在をアピールしその市場に多大なる影響を示した車です。これを元の次々と対抗車・ホンダフィットや日産マーチが生まれてきました。まさに日本の小型車のイメージを変えた高品質の車なのです。

昨今、トヨタのハイブリッド車である「アクア」にコンパクトカーの称号を譲ってしまい、存在感が無くなってしまいました。そんなトヨタのヴィッツにビッグマイナーチェンジしようという話が出ています。フルモデルチェンジの噂が出ていますが、その前に一度トヨタはヴィッツをてこ入れしてみようと考えているようです。しかもハイブリッド(HV)を搭載する話もあります。

では、トヨタ・ヴィッツのビックマイナーチェンジと発売日特徴燃費価格評判などお話したいと思います。

Sponsored Links

トヨタ・ヴィッツの歴史

初代 SCP/NCP1#型(1999年 – 2005年)

3ドア(欧州仕様・前期型)

image

5ドア(後期型)2001年12月 – 2005年2月

image

RS(前期型)

image

RS(後期型)

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

コンパクトで丸っとした形のヴィッツですね。小回りがきいて狭い道でもすいすいと走っていきそうです。

1.0Lと1.3L・1.5L直4 DOHCと1.4L 直4 SOHCディーゼルターボ(欧州仕様)があります。トランスミッションはCVT・4速AT・ 5速MTです。バリエーションがいっぱいありますね。

スポーツグレードRSを追加。走り屋さんにも対応しています。ちなみに欧州仕様の名前はヤリスといいます。

Sponsored Links

2代目 KSP/SCP/NCP9#型(2005年 – 2010年)

5ドア(前期型)2005年2月 – 2007年8月

image

5ドア(後期型)2007年8月 – 2010年12月

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

ちょっと、日産マーチの形に似ていますね。二代目は1.8L 直4 DOHC(欧州仕様)・1.4LSOHC ディーゼル ターボ(欧州仕様)を追加しています。段々と欧州へ力を入れているのがわかりますね。

3代目 KSP/NSP/NCP13#/NSP15#型(XP130型:2010年-、XP150型:2013年-)

前期型 5ドア 1.3 FSMART STOP パッケージ2010年12月 – 2014年4月

image

後期型 5ドア 1.3F 2014年4月 –

image

前期型 1.5RS

image

後期型 RS

image

後期型 RS “G’s”

image

出典:ウィキペディア・トヨタヴィッツ

管理人のワンポイント説明

三代目からは、ちょっと大人びたデザインでとても高級感が漂っています。日本仕様・北米仕様・欧州仕様・アジア仕様と全世界を基準に展開していきます。

RSの派生車でスポーツコンバージョン車「G’s」があります。RSもよりスポーティな顔立ちになっていますね。RSをベースにした車で、MT仕様です。

Sponsored Links

ビックマイナーチェンジのヴィッツの発売日

image

出典:トヨタ公式・ヴィッツ *現行車です。

現行車のヴィッツが作られたのが、2010年からですので、今現在2016年で6年の月日が流れています

本来ならフルモデルチェンジをしてもいいはずだったのですが、他車(特にアクア)とのバランスを考えながらとりあえず2017年中には体制を整えて販売する方向になったんだと思います。

一部マイナーチェンジをして、その後大幅なフルモデルチェンジは2018年以降ということで話が進んでいるようです。

新型ヴィッツの特徴(ハイブリッド?)

プラットフォーム

ヴィッツのビックマイナーチェンジでのプラットフォームの変更はないようです。プラットフォームは、車の屋台骨です。これを変更ともなりますとフルモデルチェンジってことになります。

ちなみにフルモデルチェンジのプラットフォーム予想はTNGA(Toyota New Global Architecture)の採用ですね。新しく開発されたコンパクトー車用TNGA-Bプラットフォームが使われる予定です。

ボデイ―サイズ

マイナー ヴィッツ(現行車) RS(現行車)
全長 3880~3950 3885 3930
全幅 1695 1695 1695
全高 1460~1550 1500~1530 1500
ホイールベース 2510 2510 2510

*単位はmmです。

管理人のワンポイント説明

現行車の数値を基準にあくまでも予想です。ビックマイナーチェンジなので大幅な変更はないようです。若干数字が変更になるだけでしょう。

エンジン

日本仕様 ビックマイナー ヴィッツ(現行車) RS・G’s(現行車)
パワーユニット 直3~4気筒+
電気モーター(1.5Lに搭載予定)
直3~4気筒 直4気筒
最高出力 不明 51~80(69~109)/6000 80(109)/6000
最大トルク 不明 92~121(9.4~12.3)/4300 136~138(13.9~14.1)4400~4800
排気量 1L~1.5Lまで 1L~1.5Lまで 1.5Lのみ
トランスミッシ
ョン
super CVT-i+5速MT super CVT-i super CVT-i+5速MT
駆動方式 2WD・4WD 2WD・4WD 2WDのみ

*出力単位:kW(PS)/r.p.m

*トルク単位:N・m(kgf/m)/r.p.m

image

出典:motor1.com 欧州仕様「ヤリス」

管理人のワンポイント説明

1.5L直列4気筒DOHC+電気モーターでハイブリッド搭載という話が出ています。

主な点は、欧州で販売されているヤリスハイブリッドのシステムを日本仕様にして、元のヴィッツに合わせて改良する点ですね。

これが、今のところビッグマイナーチェンジと言われてるところです。ほかは、あまり変化はないようです。数字はあくまでも予測です。

燃費について

燃費 JC08
ビックマイナー 40(目標数値)
ヴィッツ(現行車) 18.0~25.0
RS・G’s(現行車) 19.6~21.6
アクア(現行車) 33.8~37.0

*単位はkm/Lです。

*ビックマイナー、アクアはハイブリッドのみの数字です。

管理人のワンポイント説明

現行車と比較しています。今回のヴィッツビッグマイナーチェンジではハイブリッドの話が出ています。

現行車のアクアは燃費33.8~37.0km/L(JC08)です。ヴィッツビッグマイナーチェンジで改良して、せめて次のフルモデルチェンジまでの布石として目標燃費40km/L(JC08)はいきたいものですね。

因みに47.0km/L(JC08)という話がありますが、難しいと思います。まずは、身近な数字としては40km/Lが妥当な線ですね。

ボディーカラー

ヴィッツ&RS&G’sカラー

image

image

出典:トヨタ公式・ヴィッツカラー

image

出典:motor1.com 欧州仕様「ヤリス」

管理人のワンポイント説明

現行車17種類で、色に対してヤリスハイブリッド配色の2トーンルーフを採用予定です。これによりカラーはさらなる選択肢が生まれますね。あのスズキのハスラーやトヨタシエンタなどではおなじみの配色です。かなり人気があるようです。

装備について

内装

image

image

image

出典:トヨタ公式・室内 インテリア

管理人のワンポイント説明

現行車の画像です。内装もあまり変わらないと思います、あくまでもハイブリッドがメインだと推測します。おしゃれな内装でとても使いやすいく作られています。ちょっと都会的な雰囲気ですね。

外装

image

出典:トヨタ 公式 安全装備

管理人のワンポイント説明

もし、ヤリスハイブリッドを元に外装を考えるならフロントがシャープな感じになるでしょうね。

フロントマスクがかなり大きく主張しています。それ以外のたとえば、ヘッドランプ系統も変化はないと思います。ちょって寂しい気がしますが、ビックマイナーチェンジなのでしかたがありません。フルモデルチェンジまで待ってみるのもいいかもしれませんね。

安全性能

トヨタセーフティーセンス C

image

出典:YouTube トヨタ公式・【シエンタ】安全機能解説(Toyota Safety Sense C)

VSC&TRC

image

出典:トヨタ公式・予防安全

SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

image

出典:トヨタ公式 衝突安全

管理人のワンポイント説明

今のところ、安全性能も据え置きですね。フルモデルチェンジのときは、トヨタセーフティーセンス CではなくPが搭載されるかもしれません。まずはマイナーチェンジで様子見です。

ヴィッツの価格

価格表

グレード 2WD 4WD
F“Mパッケージ”(1.0L) 115万円~ なし
F(1.0L~1.3L) 129万円~144万円~ 155万円~(1.3L)
F“SMART STOPパッケージ”(1.0L) 137万円~ なし
U(1.3L~1.5L) 175万円~179万円 185万円~U(1.3L)
U“SMART STOPパッケージ”(1.5L) 187万円~ なし
Jewela(1.0L~1.3L) 141万円~164万円 175万円~
Jewela“SMART STOPパッケージ”(1.0L) 149万円~ なし
RS(1.5L・5速) 188万円~ なし
RS(1.5L・CVT) 196万円~ なし
RS“SMART STOPパッケージ”(1.5L・CVT) 204万円~ なし
RS“Gʼs”(1.5L・5速・CVT) 209万円~ なし
RS“Gʼs・スマートパッケジ””(1.5L・5速・CVT) 219万円~ なし
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。1.5Lにハイブリッドが搭載される予定なので、価格は20~30万円上乗せですね。あくまでも推測なので参考だけにしてくださいね。

ヴィッツのライバル車

日産マーチ

image

出典:ビジョン自動車

管理人のワンポイント説明

2017年の春ごろに、日本仕様の新型日産マーチが出ます。9月29日、パリモーターショーで新型マーチのワールドプレミアでお披露目となった新型マーチです。これは欧州仕様なので、名前をマイクラ Gen5といいます。ヴィッツのマイナーチェンジの発売と重なりますね。できれば、日産マーチよりも早く出したいところですが・・。どうですかね

ホンダ・フィット

image

出典:ホンダ公式 ホンダ・フィット

管理人のワンポイント説明

ホンダ・フィットもビックマイナーチェンジがするようですね。しかも「ホンダセンシング」という最新の運転支援システムが採用される見込みです。今では安全性能向上は、当たり前の時代になりましたね。

トヨタ・アクア

image

出典:トヨタ公式 アクア

管理人のワンポイント説明

どうやら、2017年にフルモデルチェンジをするようです。しかもセーフティセンスPを搭載と決まっているようなのです。ビックマイナーチェンジのヴィッツは、やっとモデルチェンジができる状態になりました。

ヴィッツとしてはうかうかしてられませね。アクアは今ではトヨタの中で稼ぎかしらですから。仕方がない部分もあります。ヴィッツの今後、アクアとの差別化がうまくいかせないとアクアに吸収される可能性もありますね。最大のライバルは、身内にありですね。

ヴィッツの評判

管理人のワンポイント説明

5MT車で燃費が20km/Lなんて、すごいですね。確かに車体を重くするよりも運転操作の改善も一理ありますね。でもトヨタの考えもありますから、どうでしょうか?

RSのアクセル全開です。しかも160km出しています。それだけレスポンスがよいってことですね。だだし、この運転は真似しないでくださいね。とても危険な運転です。

オーナーさん、ヴィッツのデザインにべた褒めですね。そうなんですよね。やはり車は、見た目気に入らないともう駄目です。やはり自分の好みが出ますからね。

Sponsored Links

まとめ

ビックマイナーチェンジのヴィッツは、どうでしたか?

主なところでは、ハイブリッド搭載が目玉ですね。他にも燃費や価格が気になるところですね。

まずはハイブリッド搭載をしてみて、アクアとの差別化をどのくらいできるか?価値を高められるかですね。どうも、トヨタの車を見ますと車種の共食いをしている様で、ひやひやします。

ヴィッツのデザインは、かわいらしので今回のビックマイナーチェンジはぜひ頑張ってほしいと思います。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links