ダイハツタント(TANTO)新型&カスタムの価格や燃費は?発売日や評判は?

ダイハツで大人気の軽ハイトワゴンタント。特に大家族で小さい子供さんがいるところでは、とても助かっている車です。しかもお財布にもやさしく低燃費で、JC08燃費28km/Lとお得感がたまりません。今回、新型タント(TANTO)がなんとフルモデルチェンジをします。

では、現地点での新型タントの気になる特徴性能発売日価格ライバル車などの予想を踏まえて、お伝えします。

Sponsored Links

ダイハツ・タントの歴史

初代「Tanto」(L350S/L360S型 2003年-2007年)

前期型 X(2003年11月 – 2005年6月)

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

カスタム VS(特別仕様車)

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

管理人のワンポイント説明

タントの歴史は、2003年の11月から初代モデルを販売し始めました。当初のグレード設定は、NAエンジン車の「L」・「X」・「X Limited」、ターボエンジン車の「R」・「RS」の合計5個です。トランスミッションはすべてのグレードでATでした。

2005年の6月にはスポーティタイプのタントカスタムを追加しました。グレードは3つです。NAエンジン搭載の「L」・「X」とターボエンジン搭載の「RS」となります。11月には福祉車両車「「フレンドシップシリーズ」をタントのラインナップに入れました。

Sponsored Links

2代目「TANTO」(L375S/L385S型 2007年-2013年)

前期型(2007年12月 – 2010年9月)

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

後期型(2010年9月 – 2013年10月)

image

後期型 カスタムRS

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

管理人のワンポイント説明

2007年12月17日に2代目が就任しました。ロゴも「Tanto」から全て大文字の「TANTO」に変更しました。たぶん、大文字なら認識しやすく、しかもなんだか背丈が高く見える感じなんでしょうね。4代目ムーヴのプラットフォームを使って高さを生み出し、パワースライドドアが付けられました

3代目「TanTo」(LA600S/LA610S型 2013年- )

タント G “SA”(前期型)

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

カスタム RS”トップエディション SA Ⅱ”(後期型)

image

出典:ウイキペディア・ダイハツタント

管理人のワンポイント説明

3代目からまた名前が変更になっています。「T」を強調して「TanTo」です。高さをもっとアピールするために名前を変更しているのですね。2015年の4月から、スマートアシストIIを搭載しました。元々は、スマートアシストから進化した安全性能です。レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてカメラを付けたものです。

Sponsored Links

新型ダイハツ・タントの発売日

image

出典:ダイハツ公式・タント

噂ではタントのフルモデルチェンジの時期が5年周期だと言われています。現行車の発売が2013年10月からなので、それから数えますと、2018年10月と推測されます。

ライバル車はホンダN-BOXですね。燃費はN-BOXで25.6km/L、タントが28.km/Lで劣ってはいるのですが、なんとN-BOXの方の室内が広いのです。それで連続2回も販売台数NO1を勝ち取っています。つまり、燃費よりも車の使いやすさを選んだんでしょう。

そのホンダN-BOXが2017年8月31日、フルモデルチェンジを実施。これで、ダイハツタントも5年周期だと言ってられません。タントも新型を開発しておかないとこの先、ホンダN-BOXに遅れを取ります

そのことを考えますと、ホンダN-BOXと同じ頃の2017年から2018年の間に発売されるのではないかと思わましたが、N-BOXに先を越されましたね。

Sponsored Links

新型タントの特徴

エンジン

エンジンKF型・NAKF型・ターボ
パワーユニット水冷直列3気筒 12バルブDOHC水冷直列3気筒12 バルブDOHC インタークーラーターボ
最大出力38[52]PS/6,800回転47[64]PS/6,400回転
最大トルク60[6.1]kgf.m/5,200回転92[9.4]kgf.m/3,200回転
トランスミッションCVTCVT
駆動方式2WD・4WD2WD・4WD

現行車のタント表です。現地点では新型タントのエンジン自体は変更がないようです。実は、スズキではワゴンRに対してSエネチャージを搭載しています。つまりハイブリッドですね。

今のところタントにハイブリットをという話は聞きませんが、ダイハツは2016年8月からトヨタの完全子会社となっています。もしかしたら、水面下でハイブリッドシステムを小型化して、搭載するかもしれませんね。

【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?

新型スズキワゴンRは、背が高い(トールワゴン)軽自動車として人気を得ました。居心地がよい空間を演出して、トールワゴンという車を一大の流れに押...

燃費について

車名2WD4WD重量
タント26.0~28.024.6~25.8920~1040
タントカスタムタントと同じタントと同じ940~1010
ムーヴ27.4~31.025.8~27.6820~880
ムーヴ キャンバス28.627.4910~970
N-BOX23.8~25.621.4~23.6950~1030

*単位はkm/L・重量はkgです。

この中での燃費の1番は、ムーブで31.0km/L(JC08燃費)ですね。タントは、28.0km/L(JC08燃費)と30を超えてはいません。N-BOXは今のところ、最高でも25.6km/L(JC08燃費)です。かなり遅れととっています。

実は、ダイハツには「e:S(イース)テクノロジー」という理念があり、車の軽量化や軽く・強く・空気抵抗の少ない・エンジン内の熱処理の行なうなどの技術を採用して低燃費と加速のよさを両立しました。

「e:S(イース)テクノロジー」のよって、のちにミライースに採用されて燃費が30.km/L(JC08燃費)を達成しています。新型タントでは、この低燃費技術の「e:S(イース)テクノロジー」の元で作られるのではないかと噂があります。

【ダイハツ新型ミライース】フルモデルチェンジの価格や燃費は?発売日や評判は?

第三のエコカーの名のおいて誰でも気軽に乗れる車。それがダイハツのミライースです。ダイハツ軽自動車のノウハウを集約し徹底的な数値の見直し、軽量...

もし、実現ともなれば燃費は申し分はないと思います。ただしタントは、トールワゴンであります。天上が高ければ、カーブを曲がるときに遠心力が車にかかります。人体の負荷をかけないような安全装備を標準でつけてくれるとありがたいですね。

Sponsored Links

プラットフォーム

image

出典:ダイハツ公式 コンセプトカー HINATA

image

出典:ダイハツ公式・ムーブキャンバス

ホンダの特許・センタータンクレイアウト

image

出典:ホンダ公式・N-BOX インテリア

ダイハツ・タントにはこれといったプラットフォームの名前はありませんが、原型といいますかコンセプトカーがあります。それが「HINATA」です。「HINATA」の原型をアレンジして作られたのが、「ムーブキャンバス」です。ダイハツの開発部はこのモデルをタントへと思っていたようですが、どうもかぶってしまいますので、新型フルモデルチェンジの場合、HINATA案は、難しいのではないかと思われます

あとは、問題の室内空間ですね。ホンダの特許でありますセンタータンクレイアウトというプラットフォームがあります。画像の通り燃料タンクが車の真ん中に設置して、室内空間を広げました

おそらくタントも燃料タンクの位置を変えたりして室内空間を拡大しておきませんと、燃費がいくらよくても使い勝手のよい車ではないとこれから先は苦戦を強いられそうです。けっこう、プラットフォームって重要なんですね。

Sponsored Links

ボディ―サイズ

タントムーブ・キャンバスN-BOX
全長339533953395
全幅147514751475
全高175016551780
ホイールベース245524552520
室内長220021152180
室内幅135013451350
室内高136512851400

現行車の数字で比較しています。室内の高さは、ホンダのN-BOXが35mm勝っていますね。ムーブ・キャンバスは思ったより高さがないです。これでは、ムーブキャンバスのプラットフォームは使えません。やはりホンダのセンタータンクレイアウトのような形でひねって新しいプラットホームを作るしかないようです。

どちらかといいますとムーブキャンバスは若者向きな感じを受けます。タントは実用的感じの印象があります。それを元に特化車にしていくのもいいかもしれませんね。特に高さはタントの命です。ダイハツ・開発部踏ん張りところです。

ボディ―色

単色

image

出典:ダイハツ公式・タントカラー・ライトローズマイカメタリックⅡ

ホワイト
ディープブルークリスタルマイカ
シルキーブルーパール
コットンアイボリー
ライトローズマイカメタリックⅡ
ファイアークォーツレッドメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ
ブラックマイカメタリック
ブライトシルバーメタリック
パールホワイトⅢ
タントカラー
出典:ダイハツ公式・タント カラー
2トーン色

image

出典:ダイハツ公式・タント2トーン ホワイト×シルキーグリーンパール

ホワイト×ライトローズマイカメタリックⅡ
ホワイト×シルキーブルーパール
タント2トーン
出典:ダイハツ公式 タント 2トンカラー

現行車の色です。タントの11色と2トーン3色タントは家族向きの色の爽やかな感じに色が多く、華やかな気分にさせてくれますね。

ボディ―色は、かなりのラインナップがありますが、新型フルモデルチェンジは1個や2個くらい色を変えてくるでしょう。例えば、コンセプトカーの「HINATA」のような蛍光色あたりが出てきますと、けっこう受けるかもしれませんね。

タント・カスタム用の単色

image

出典:ダイハツ公式・タントカスタムカラー・ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック

パールホワイトⅢ
ブライトシルバーメタリック
メテオライトグレーイリュージョナルパール
ブラックマイカメタリック
ディープブルークリスタルマイカ
ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック
ファイアークォーツレッドメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカタント
出典:ダイハツ公式・タントカスタムカラー

タント・カスタムの8色のうちパールホワイトⅢ・ブライトシルバーメタリック・ブラックマイカメタリック・ディープブルークリスタルマイカ・ファイアークォーツレッドメタリック・プラムブラウンクリスタルマイカは、タントと同じです。

タント・カスタムは走り屋さんか若者向きに色で渋く暗めですね。私は好きですよ。特にナイトシャドーパープルクリスタルメタリックがいいですね。キレがありますしスタイリッシュです。

Sponsored Links

装備について

内装

image

出典:ダイハツ公式 タント室内空間・荷室

image

出典:ダイハツ公式 タント・カスタム室内空間・荷室

現行車の内装です。フルモデルチェンジでは、シートアレンジが現行車よりもさらに使いやすくするのではないかと言われています。言葉に例えるなら多彩になるようです。

タントでは、家族層を意識してシートなど動かしやすいようにする、タント・カスタムでは、都会的な雰囲気のアレンジしたゴージャスな内装となると思いますね。

外装

現地点での外装も、詳しい内容の情報は入ってきてはいません現行車とあまり変わらない感じがします。変わるとしたら、ヘッドライト・イルミネーション関係はLEDを使用したりします。その程度くらいでしょうか?

Sponsored Links

安全性能

スマートアシストⅢ
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
衝突警報機能(対車両・対歩行者)
車線逸脱警報機能
誤発進抑制制御機能(前方)
誤発進抑制制御機能(後方)
先行車発進お知らせ機能
オートハイビーム
出典:ダイハツ公式・安全性能

2016年11月30日、スマートアシストⅢを搭載し、標準装備をしました(L/X以外)。以前のスマートアシストⅡとⅢとの違いですが、衝突回避支援ブレーキ機能が(対車両・対歩行者)になったこととオートハイビームを追加しました。

オートハイビームは、夜道で対向車に出逢ったとき、相手の車のヘッドライトの光を察知し、自動的にハイビームやロービームへ切り替わるようになっています。これなら、夜道も前方車のライトを気にせず、運転ができますね。

Sponsored Links

新型タントの価格

タントの価格表

タント2WD4WD
L122万円~135万円~
L”SAⅢ”128万円~141万円~
X135万円~147万円~
X”SAⅢ”142万円~154万円~
G”SAⅢ”153万円~165万円~
X”ホワイトアクセントSAⅢ”148万円~160万円~
Xターボ”SAⅢ”150万円~162万円~

タント・カスタムの価格表

タント・カスタム2WD4WD
X152万円~165万円~
X”SAⅢ”159万円~171万円~
X”トップエディションSAⅡ”165万円~177万円~
RS”SAⅢ”

ターボ

170万円~183万円~
RS”トップエディションSAⅢ”ターボ174万円~187万円~

寒冷仕様では1万5千円ほど高くなります。最低ラインでも「L」で122万円からになります。

今度の新型タントの場合、プラットフォームや安全装備など強化する予定なので、若干高くなるのではないかと考えます。ましてや標準装備ともなりますと、その分込みでの価格となります。最低価格は130万円~が妥当だと推測します。

Sponsored Links

ライバル車の動向

N-BOX

image

出典:ホンダ公式・N-BOX

燃費で争うことがないのであれば、人気のホンダN-BOXですね。室内高1400mm・タントは1365mmと35mmの差があります。

N-BOXが売れているわけは、大家族層には、燃費よりも室内空間の広さが気に入っているからです。主にお子さんの送り迎えや買い物など実用的な車がほしいと考えています。

そんな理由でないと燃費が悪いにも関わらず、販売台数NO1は獲得できませんからね。これを新型タントがどのように対抗していくのかが楽しみになります。

新型N-BOX(ホンダ)フルモデルチェンジの価格と燃費や評判は?販売台数は?

ホンダの軽自動車といえば、やはりN-BOXが有名ですね。2011年11月から発売されて背の高いハイト軽自動車として人気を得ました。それからの...

ダイハツ・タントの評判

https://twitter.com/KMourinrin/status/917343960820940800

まとめ

新型ダイハツ・タントはいかがだったでしょうか?

タントの周りにはライバル車としてN-BOXが立ちはだかっています。先にN-BOXの新型フルモデルチェンジが行われましたが、タントは、2018年以降となるようです。

あとは、気になるのが燃費と高さと室内の広さですね。安全装備もどこまで突っ込んでくれるか?もちろん価格もしっかりと確認していかないといけませんね。

各自動車会社の軽自動車は、まさに戦国時代です。どこの車が生き残るか、購入する側は比較検討できますので断然面白いですよね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links