【新型スバルWRX/S4/STI】フルモデルチェンジで発売は?価格・燃費やPHVは?

新型スバルWRXは、インプレッサの派生車として生まれました。日本では、まれにみるスポーツセダンで走りに特化した車だといえます。2016年、10月にスバル・インプレッサがフルモデルチェンジをしたことで、にわかにスバルWRX/S4/STIの新型フルモデルチェンの噂が流れています。

では、新型スバルWRX/S4/STIの発売日特徴エンジン燃費装備内装外装安全性能や、ライバル車CMなど今、わかっている情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

新型スバルWRX/S4/STIの歴史

スバル・WRX STI(インプレッサ3代目)2007年10月~2014年8月

WRX STI 5door

image

WRX STI 4door

image

出典 ウィキペディア スバル・インプレッサ

管理人のワンポイント説明

スバル・WRX STI(インプレッサ名では3代目)と書いていますが、元はスバル・インプレッサから派生した車です。

2007年10月よりインプレッサ・WRX STIとして販売されました。4ドアセダンと5ドアパッチバッグとグレード分けをしています。エンジンは、水平対向4気筒。排気量は、2.0Lと2.5L。駆動方式は、四輪駆動(DCCD方式4WDとVTD-4WD)。

トランスミッションは、6速MT・E-5速ATです。インプレッサの名前がなくなり、スバル・WRX STIとなりましたが、正式な名前はまだインプレッサの冠は取っていません。2014年8月まで、生産・販売されました。

Sponsored Links

スバル・WRX STI/S4(2014年~)

S4 2.0GT EyeSight

image

STI Type S

image

出典 ウィキペディア スバル・WRX VA

管理人のワンポイント説明

スバル・WRX STI(インプレッサ名では3代目)の生産終了まで、インプレッサとは2014年から別に作られていたスバル・WRX STI/S4です。やっと初代と言えますね。

2014年8月から本格的スバル・WRX STIとして販売されるようになりました。S4は、日本専用車です。4ドアセダンとなります。排気量は、2.0Lと2.5L(北米仕様・欧州仕様・豪州仕様)。エンジンは水平対向エンジン。駆動方式は四輪駆動。6速MT(STI・WRX北米仕様)CVT(S4・日本仕様)。なぜだか、海外ではMTが人気なんですね。

STIとは?スバルテクニカインターナショナル株式会社(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.、略称STI)で、スバルの連結子会社となります。主にモータースポーツの参戦や部品開発・販売を行っています。いわば、スバル・WRX STI/S4はこのSTIのもので作られたことになります。

新型スバルWRX/S4/STIの発売日

新型スバルWRX/S4/STIの発売日が気になりますよね。発売時期としては2018年8月という話があります。これは、ビックマイナーチェンジではないかと思います。スバルWRXは2014年8月で本格的に販売されました。この時期から考えますとまだ4年しか月日が経っていません。新型の周期は5~6年と言われていますので、まだ新型は早い気もします。

新型スバル・インプレッサが2016年10月に2.0L車を発売。同年、12月には1.6L車を発売したということは、この2年後となります。いくらインプレッサが新型になったからといっても、新型スバルWRX/S4/STIがすぐに新型モデルチェンジは早急すぎますね。

今にところ、2016年日本仕様でSTIによる「WRX S4」特別仕様車「tS」を販売しています。スバルWRX/S4/STIはスポーツセダンです。走りを重視した車なので、かなりのコアなお客様に支持されています。特にSTIですね。もう少し、マイナーチェンジや特別仕様車で様子見ではないでしょうか。

新型フルモデルチェンジの時期は?

私としては、新型フルモデルチェンジは2014年より5~6年と考えて、2019年か2020年が妥当だと推測します。

ちなみにスバルでは、年次改良というシステムで型の名前をつけています。1年目がA型・2年目がB型というふうに名前を付けます。毎年、新型が出るわけでなくいわば、マイナーチェンジや特別仕様車に位置づけだと私は解釈しています。例えば、新車Zが出れば、1年目でZ-A型ですね。2年目でマイナー、もしくは特別仕様車が発売されれば、新型ZのB型となります。

今回のスバルWRX/S4/STIは、2014年から考えますと、D型(2018年)もしくはE型(2019年)・新型フルモデルチェンジになればまたA型(2020年)となります。購入予定者から見ますと、あまり気にしなくていいですね。年次改良はいわばスバル車の管理用の名前です。やはり、自分の感性で車は購入したいものです。

Sponsored Links

新型スバルWRX/S4/STIの特徴

プラットフォーム

出典 You Tube 新型インプレッサ:スバルグローバルプラットフォーム【テクノロジー篇】

出典 You Tube 新型インプレッサ:スバルグローバルプラットフォーム【メリット篇】

新型スバルWRX/S4/STIのプラットフォームは、次世代プラットフォーム スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を使用するといいます。

軽量化や車体の強度・安全性能などの問題点を総合的に考えていこうとする理念みたいなものです。新型インプレッサにも採用されています。今後、スバルWRXを初め、レガシー・フォレスター・レヴォーグ・XVなど新型フルモデルチェンジとなった場合、このSGPによってプラットフォームが作られていきます。

エンジン

エンジン S4 STI
パワートレイン 水平
対向
4気筒+
デュアル
AVCS
直噴
ターボ“DIT”
/2.0L
水平
対向
4気筒+
ツイン
スクロール
ターボ
/2.0L
最高出力 221[300]
/5600
227[308]/6400
最大トルク 400[40.8]
/2000-4800
422[43.0]/4400
トランスミッション スポーツ
リニア
トロニック
[マニュアルモード付]
注:AT車
6MT
駆動方式 AWD[常時全輪駆動] AWD
[常時全輪駆動]

*最高出力単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm

出典 You Tube SUBARUテクノロジームービー 「水平対向エンジン篇」

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。プラットフォームがSGPへ切り替えとなります。今のところハイブリッドの搭載していませんので、可能性が高いと思われます。

噂では、トヨタから新型プリウスPHVのハイブリッドシステムをもらい、ボクサーエンジン(水平対向エンジン)に取り付けるという話です。

企画的には面白いですね。実現すれば、けっこうすごいことです。

ただ、スバルのボクサーエンジンは、他車と違って構造に違いがあります。けっこう複雑な構造しているようなので、ハイブリッドとの相性がいいか?ですね。実現するには、相当な努力が必要だと思います。いずれにせよ、ハイブリッドシステムは投入する可能性がありますね。STIは、主に海外向けですから6MTは据え置きとなるでしょう。日本仕様もいずれ出ます。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ S4
/2.0L
STI
/2.0L
全長 4595 4595
全幅 1795 1795
全高 1475 1475
ホイールベース 2650 2650
室内長 2005 2005
室内幅 1490 1490
室内高 1205 1205
重量 1540 1480~
90
乗員 5 5

*単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズ表です。STIは、エアロパーツがついたりしてますので、重量が重くなります。あとは、ほとんど変わりません。

新型スバルWRX/S4/STIでは、SGPでボディーを作りますので、すこし大きくなる可能性があります。要は、ボディを先に作るか、エンジンとハイブリッドでの構成を先に作るかです。もしハイブリッドならバッテリーを搭載しますからね。それによって、ボディーサイズが決まります。デザイン性も考えないといけませんので、このさじ加減が難しいのではないかと思います。いずれにせよ、ボデイーサイズの変更はありそうです。

燃費

燃費 AWD(常時全輪駆動)
/6MT
S4 T:12.4~
13.2
STI&
Type S
T:9.4

*単位:JC08モード・km/L

*T:ターボ付

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。新型WRX/S4でもし、ハイブリッドやPHVになれば、飛躍的燃費が向上することは間違いはありません

新型プリウスPHV1.8L・HV燃費37.2km/L・EV走行で68.2km/Lとなります。新型WRX/S4にハイブリッド搭載しただけでも、軽く30.0km/Lは出せると推測します。

Sponsored Links

ボディー色

S4&STI&Type S 共通

クリスタルホワイト・パール

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ピュアレッド

WRブルー・パール

image

出典 スバル公式 新型スバルWRX/STI&Type S

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。WRブルー・パールの色は、絶対に外せないですね。これは、インプレッサが世界ラリーで走っていた時の色なのです。スバルといえば、この青い色です。

ですから、今後の特別仕様車の限定色みたいな形では色を追加されるかもしれませんね。新型フルモデルチェンジもたぶん、色の変更はあまりないと推測します。

装備

内装

S4

image

image

出典 スバル公式 WRX S4 インテリア

STI&Type S

image

image

出典 スバル公式 WRX STI&Type S インテリア

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。この内装の画像を見ただけでも完成されているようなものです。S4でも、いくら大衆車に近付けたとはいえ、シンプルで飽きの来ない内装となっています。

新型フルモデルチェンジではどんなふうになるかの情報はまだありませんが、ごつい中でもおしゃれ感のある内装になるといいと思いますね。

外装

S4

image

image

出典 スバル公式 WRX S4

STI

image

出典 スバル公式 WRX STI

STI Type S

image

出典 スバル公式 WRX STI Type S

管理人のワンポイント説明

現行車の外装ですね。特にSTI Type Sに目を奪われますね。これは、スポーティセダンでエアロパーツがついた車です。大型リヤスポイラー(翼のようなパーツ)がついています。

機能的には空気抵抗を抑制させる効果とそれによって出来た力が下へ路面に加わることで後輪のグリップ力を高める機能があります。新型フルモデルチェンジではどうなるか楽しみですね。

安全性能

S4

出典 You Tube WRX S4 プロダクトムービー 「アドバンスド セイフティパッケージ篇」

出典 You Tube WRX S4 プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

image

出典 スバル公式 スバルWRX/S4の安全装備

STI&TypeS

出典:You Tube WRX STI プロダクトムービー 「アドバンスド セイフティパッケージ篇」

image

出典 スバル公式 スバルWRX/STI&TypeS 安全性能

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。S4にはプリクラッシュブレーキとアクティブレーンキープが搭載(アイサイトVer3)されていますが、STI&TypeSには搭載されていません。これはSTIの方はMT車からなんですね。クラッチをきりながらの運転となりますので、自動ブレ―キは必要はありません。

新型フルモデルチェンジの時には、このアイサイトのVer3から4になると言われています。ただし、STI関係には搭載しないようです。ということはMT車が残るってことになるでしょうか。走り屋さんに朗報ですね。

新型スバルWRX/S4/STI&TypeSの価格

スバルWRX/S4/STI&TypeS

価格 AWD
(常時全輪駆動)
2.0GT EyeSight/
2.0L
334万円~
2.0GT-S EyeSight 356万円~
S4↑ ↓STI&TypeS
STI
(ターボ付)
/2.0L
379万円~
STI
Type
S
(ターボ付)
/2.0L
411万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。新型スバルWRX/S4の安全性能アイサイトVer4になれば価格が若干高くなると思います。

STIの方は、価格が据え置きのようですが、ただ新型ですので少しは高くなるかもしれませんね。あまり価格が高くなりますとちょっと手が出ない気がします。せっかくスポーツセダンなので、価格は抑えてくれると新しい購入者ができそうな気がしますね。

Sponsored Links

ライバル車について

ポルシェ911

image

出典 ポルシェ公式 911 ターボ

管理人のワンポイント説明

現行車のポルシェ911・ターボです。カレラ・ダルガなどざっと31種類のグレードがあります。その中の一つの911・ターボです。

価格は2230万円~。排気量3.8L。ライバルというよりもスバルがイメージにしている憧れのスポーツカーの意味合いですね。こんな車を作りたいとスバルが思ってきっとスバルWRX/S4/STIを作ったんだと思います。私も、昔のスーパーカーブームの時は、ポルシェにあこがれた記憶があります。

新型スバルWRX/S4/STIの評判

CM

出典 You Tube SUBARU / スバル WRX S4 CM『再会篇』 30秒

まとめ

新型スバルWRX・S4・STI&TypeSはいかがだったでしょうか

無骨でスポーティタイプの車です。ほんとあまり路上では見かけない車です。エンジンの音も静かな上にスタイリッシュなデザインとなっています。

新型フルモデルチェンジが出る可能性もありますが、現行車でも十分に魅力のある車です。確かに実用車で使えることはいいのですが、このスバルWRX・S4・STI&TypeSでは、本物の走る喜びを感じられるではないでしょうか。ぜひ、体感してみましょう。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links