マツダアテンザ新型(セダン/ワゴン)はディーゼルハイブリッド化?燃費や装備・評判は?

マツダ・アテンザは、2016年8月25日に一部改良しました。近い将来、新型フルモデルチェンジへの布石だと思われます。マツダは、これからどのように展開していくか。ディーゼルハイブリッド化は本当に実現するのか?

では、新型マツダ・アテンザの特徴発売日エンジン燃費や、装備内装外装安全性能価格評判など、今わかってる情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

マツダ・アテンザの歴史

初代 GG/GY系(2002年 – 2008年)

アテンザスポーツ

image

アテンザスポーツワゴン

image

出典 ウィキペディア マツダ・アテンザ

管理人のワンポイント説明

初代のアテンザです。排気量は、2.0L/2.3L。直4とターボとなります。タイプは、セダン・ハッチバッグ・ステーションワゴンの3種類です。駆動方式はFF/4WD(SWのみ)。トランスミッションは5速AT/6速MT。先代がマツダ・カペラ(7代目)ですね。カペラといえば、昔、自動車教習所の練習車で、警察のパトカーとして使われていたこともあります。見るからに、走りを重視した車です。

Sponsored Links

2代目 GH系(2008年 – 2012年)

セダン(前期型)

image

スポーツ(前期型)

image

スポーツワゴン

image

出典 ウィキペディア マツダ・アテンザ

管理人のワンポイント説明

2代目のマツダ・アテンザです。排気量は、2.0L/2.3L→2.5L直4と3.7L V6(北米仕様)と分かれます。タイプは、初代と同じです。駆動方式はFF/4WD(SWのみ)。トランスミッションは5速AT/6速AT(4WD)/6MT。エンジンが2.3Lから2.5Lへ変更されています。2代目の方がより流線型の車体になってますね。洗練された感じのものとなっています。

3代目 GJ系(2012年 -)

前期型 ワゴン

image

セダン(国内仕様・後期型)

image

ワゴン(国内仕様・後期型)

image

出典 ウィキペディア マツダ・アテンザ

管理人のワンポイント説明

3代目のマツダ・アテンザです。排気量は、2.0L/2.5Lと2.2Lを追加。直4でディーゼルターボとガソリン車です。駆動方式は、FF/4WD。トランスミッションは、6速AT/6速MT(デイーゼル車のみ設定)。3代目からがらりとデザインが変わります。マツダの新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマの「魂動(こどう)- Soul of Motion」をもとに作られた車です、よりダイナミックでより走りを重視した車です。今後、マツダの生産や販売がどのようになっていくか検証していこうと思います。

Sponsored Links

新型マツダ・アテンザの発売日

出典 You Tube Mazda unveiled the new design theme of ‘KODO-Soul of Motion’/魂動(こどう) with Shinari (Sep. 2010)

管理人のワンポイント説明

新型マツダ・アテンザの3代目が2012年にフルモデルチェンジをしています。その後、2016年8月には、一部改良しています。と言うことは、4代目のフルモデルチェンジでは、5~6年の周期で考えますとおそらく2018年~2019年あたりで行なわれると推測します。

さらに、新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマの「魂動(こどう)- Soul of Motion」に力を入れた車となるに違いないですね。

新型マツダ・アテンザの特徴

プラットフォーム

出典 You Tube Mazda RX-VISION Concept – Exterior and Interior Walkaround

管理人のワンポイント説明

新型マツダ・アテンザのプラットフォームは、RX-VISIONコンセプトカーが採用されます。動画を見る限り、かなり大きな車体です。おそらく、すこし改良してアテンザ用にすると思います。

エンジン

エンジン マツダ・アテンザ
/セダン
/ワゴン2.0L・2.2L・2.5L
ワゴン系 スバル レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
セダン系 クラウン
マジェスタ
/3.5L
/2.5L
ロイヤル
/2.5L
アスリート
/3.5L
/2.5L
/2.0L(ターボ)
パワートレイン 直列4気筒DOHC16バルブ
+直噴ターボ
水平
対向
4気筒
16
バルブ デュアル
AVCS
直噴
ターボ
“DIT”
マ(H):
V6気筒
(3.5L)
直列
4気筒(2.5L)ロ(H):
直列4気筒
DOHC
ロ(NA):
V型6気筒
DOHCア(H):
直列4気筒
DOHCア(NA):
V型6気筒
DOHC(3.5L/2.5L)
直列4気筒
DOHC(2.0L)
最高出力 NA:
114-138[155-188]
/5700-6000D/t:
129[175]
/4500
1.6L:
125[170]
/4800-56002.0L:
221[300]
/5600
マ(H):
131-215
[178-292]
/6000ロ(H):
131[178]
/6000
ロ(NA):
149
[203]/
6400ア(H):
131[178]
/6000ア(NA):
232[315]
/6400(3.5L)
149[203]/6400(2.5L)173[235]/5200-5800(2.0L)
最大トルク NA:
196-250[20.0-25.5]
/3250-4000D/t:
420[42.8]
/2000
1.6L:
250[25.5]
/1800-48002.0L:
400[40.8]
/2000-4800
マ(H):
221
-354
[22.5-
36.1]
/4200
-4800ロ(H):
221[22.5]
/4200-4800
ロ(NA):
243[24.8]
/4800ア(H):
221[22.5]/
4200-4800ア(NA):
377[38.4]
/4800(3.5L)
243[24.8]
/4800(2.5L)350[35.7]/1650-4400(2.0L)
最高出力(馬力・モーター用) なし なし マ(H):
105-
147
[143
-200]ロ(H):
105[143]ア(H):
105[143]
最大トルク(回転数モーター用) なし なし マ(H):
275-300
[28.0-30.6]ロ(H):
300[30.6]ア(H):
300[30.6]
トランスミッション 6EC-AT
/6MT
1.6L:
リニア
トロニック[マニュアル
モード付]2.0L:
スポーツ
リニア
トロニック
マ(H):
電気式無段変速機ロ(H):
電気式無段変速機ロ(H):
6 Super ECTア(H):
電気式
無段変速機ア(NA):8 Super ECT(3.5L/2.0L)6 Super ECT(2.0L)
駆動方式 2WD
/4WD
AWD
(全輪
駆動)
マ(H):
FR・4WD
ロ(H):
FR・4WD
電池 なし なし ニッケル水素電池
個数 なし なし マ(H):40
ロ(H):32

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*16バルブ:一気筒当たり4つの吸排気弁(バルブ)X4気筒

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド・D/t:ディーゼルターボ

燃費

燃費 2WD 4WD
マツダ・アテンザ
/セダン
/ワゴン2.0L・2.2L・2.5L
NA:
16.0-17.4D/t:
19.6-22.2
D/t:
18.2-
20.4
ワゴン系
スバル レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
なし 1.6L:
16.02.0L:
13.2
セダン系 クラウン
マジェスタ
/3.5L
/2.5L
ロイヤル
/2.5L
アスリート
/3.5L
/2.5L
/2.0L
マ(H):
18.2ロ(H):
23.2
ロ(NA):
11.4ア(H):
23.2ア(H):
13.4(2.0L)
マ(H):
19.0ロ(H):
21.0
ロ(NA):
10.2ア(H):
21.0ア(NA):
10.2(2.5L)

* 単位:JC08モード・km/L

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン&燃費です。マツダ・アテンザでは、ガソリン車とデイーゼル車の2種類のエンジンがあります。他車と比較しても、少し数字が落ちるだけで走行には問題がありません。

実は、マツダはとんでもないことを考えてるようですね。ガソリン車はそのままなのですが、ディーゼル車に動きがあります。それは、デイーゼルとマツダが独自にハイブリッドを開発し、合わせてエンジンを作るようなのです。トヨタとの提携もありますので、あり得る話です。

Sponsored Links

問題はエンジン音?!

ただ、問題があります。ディーゼル車では、低速時にエンジン音がドドドと響きます。現行車ではナチュラル・サウンド・スムーザーという仕組みでいくぶんか抑えていますが、あまり評判はよくないようですね。このエンジン音を消すためにも、ハイブリッドの電気の力で帳消しにするようです。ただ、開発の技術的なことで遅れているようです。

けっこう噂だけが先行していますので、実際にプロトタイプで走行実験してるところでもあるといいのですが、今のところはまだ出ていません。また、FR(後輪駆動)化の話も出ています。まさに、スポーツカーを目指してる節がありますね。

今度、行われる新型フルモデルチェンジの発表の時に、ディーゼルハイブリッドが発売されたら車業界が腰を抜かします。燃費も現行車よりも上がると思われますしね。

ボディ―サイズ

ボディ―サイズ マツダ・アテンザ
/セダン
/ワゴン2.0L・2.2L・2.5L
ワゴン系 スバル レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
セダン系 クラウン
マジェスタ
/3.5L
/2.5L
ロイヤル
/2.5L
アスリート
/3.5L
/2.5L
/2.0L
全長 4805 4690 マ(H):
4970
ロ/ア:
4895
全幅 1840 1780 マ(H):
1800
ロ/ア:
1800
全高 1480 1495-
1500
マ(H):
1460-1475
ロ/ア:
1460-1475
ホイールベース 2750 2650 マ(H):
2925
ロ/ア:
2850
室内長 1930 2005 マ(H):
2050
ロ/ア:
1975
室内幅 1550 1490 マ(H):
1510
ロ/ア:
1510
室内高 1170 1205 マ(H):
1190
ロ/ア:
1190
重量 1450-
1630
1540-
1570
マ(H):
1810-1830
ロ/ア:
1540-1760
乗員 5 5 5
最小回転半径 5.6 1.6L:
5.42.0L:
5.5
マ(H):
5.3-5.5
ロ/ア:
5.2-5.4

*単位:mm/kg

ボディー色

ソウルレッドプレミアムメタリック(メーカーオプション54000円)

マシーングレープレミアムメタリック(メーカーオプション54000円)

ブルーリフレックスマイカ

チタニウムフラッシュマイカ

ジェットブラックマイカ

スノーフレイクホワイトパールマイカ(メーカーオプション32400円)

ディープクリスタルブルーマイカ

ソニックシルバーメタリック

image

出典 マツダ公式 アテンザ ボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズとボディー色です。アテンザの全長は一番長いです。新型フルモデルチェンジでは、そう数字の変更がないと思われます。ただし、ディーゼルハイブリッドともなりますと、電池を置く場所やエンジンルームの変更やかなりボディの数字を変更しなくてはいけませんよね。その上で、デザイン性も走りも追及するのですから大変だと思います。

装備

内装

image

image

出典 マツダ公式 アテンザ 内装

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。運転席は、洗練されたデザインでまとめられています。シート色では、ブラックとピュアブラッグと選択できます。新型フルモデルチェンジでは、もっと、洗練された内装となると推測しますね。

Sponsored Links

外装

セダン

image

ワゴン

image

出典 マツダ公式 アテンザ セダン&ワゴン 外観

出典 You Tube Mazda Shinari Concept (HD)

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。今のところ、セダンとワゴンと2種類ですね。見るからに、2台とも流線型でなだらかなデザインとなっています。新型フルモデルチェンジでは、デザイン性もさらに高みへと進化をするはずです。今後のマツダの動向を楽しみにしておきましょう。

安全性能

image

image

出典 マツダ公式 アテンザ 安全性能

走行性能

G-ベクタリング コントロール(GVC)

image

image

出典 マツダ公式 アテンザ G-ベクタリング コントロール(GVC)

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能と走行性能です。まさに、操作性の向上と走りを追求したものになっています。新型フルモデルチェンジでは、これを継続しつつ改良と品質をあげていくと思われます。他社との競争の中で独自路線をゆくマツダの心意気が感じられる車となると推測します。

新型マツダ・アテンザの価格

価格 2WD 4WD
20S
/2.0L
AT:
276万円~
なし
20S
PROACTIVE
/2.0L
AT:
286万円~
なし
25S
L Package
/2.5L
AT:
336
万円~
なし
XD
/2.2L
AT:
317
万円~MT:
322
万円~
AT:
340
万円~MT:
345万円~
XD
PROACTIVE
/2.2L
AT:
327
万円~MT:
333万円~
AT:
350
万円~MT:
355万円~
XD
L Package
/2.2L
377
万円~
400
万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。新型フルモデルチェンジでは、おそらく少し値段があがるかもしれませんね。デイーゼル+ハイブリッドになれば、なおさら金額が上がるのではないかと推測します。個人的には価格は据え置きでお願いしたいものですね。

Sponsored Links

ライバル車

ワゴン系 スバル レヴォーグ

image

出典 スバル公式 レヴォーグ

管理人のワンポイント説明

ワゴン系スバルレヴォーグですね。排気量は1.6L/2.0Lです。価格は、1.6Lで282万円-307万円-/2.0Lで356万円-405万円-。マツダといえば、対抗馬としてはスバルですね。洗練されたデザインと水平対向エンジンがありますね。2017年8月には、D型のマイナーチェンジの予定があり、アイサイトが進化するようです。

セダン系 クラウン

image

出典 トヨタ公式 クラウン マジェスタ

管理人のワンポイント説明

トヨタ・クラウンですね。グレードはマジェスタ・アスリート・ロイヤルです。マジェスタ(ハイブリッドのみ)3.5L/2.5Lの価格は698万円-。ロイヤル2.5Lの価格が577万円-。アスリート3.5L/2.5L/2.0Lの価格は、398万円-584万円-となります。2016年8月には、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車「J-FRONTIER」を発売。クラウンは、まさにセダンの中のセダンと言われています。アテンザとは、ちょっと別格かもしれませんね。

【新型トヨタクラウン】フルモデルチェンジの発売日は?ハイブリッドの価格や評判は?

トヨタの高級車として、トヨタ・クラウンがあります。レクサスブランドが出てくる前では、トヨタの中では一番の人気車でもありました。最近ではすっか...

マツダ・アテンザの評判

https://twitter.com/miz0521/status/876770015814471680

まとめ

新型マツダ・アテンザは、いかがだったですか。

マツダ・アテンザもいろいろな情報が出ています。予測もありますが、マツダが独自路線で車を生産・販売する意気込みは、すばらしいことです。

ただ、顧客が限定されるのではないかという懸念があります。お金があって、車で走りを楽しむ人がくらいしか反応しないのではないかと思います。マツダではミニバンからの撤退という話もあります。かっこいい車を作るのはいいですが、まずは顧客ありきです。さて、どのようにマツダは勝負をかけていくかは、売れ上げ次第だと思われますね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links