スバルレヴォーグ新型マイナーチェンジで価格や燃費は?内装外装や評判は?

新型スバル・レヴォーグは、まだ若い車ですが、2017年8月にマイナーチェンジをします。では、新型スバル・レヴォーグの特徴や、新型フルモデルチェンジの発売予想、マイナーチェンジで価格燃費は?

装備内装外装安全性走行性能評判ライバル車など、今わかってる情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

スバル・レヴォ―グの歴史

前期型 1.6GT EyeSight

image

出典 ウィキペディア スバル・レヴォーグ

管理人のワンポイント説明

初代のスバル・レヴォーグです。2014年6月から発売開始。生まれたてほやほやの車ですね。排気量は1.6L/2.0Lです。2017年7月3日に正式発表。D型マイナーチェンジをします。今後の動向次第では、新型フルモデルチェンジへ移行すると推測します。

Sponsored Links

新型スバル・レヴォーグの発売日

新型スバル・レヴォーグのマイナーチェンジの発売日が気になりますよね2017年7月3日、マイナーチェンジを行うことを正式に発表しています。発売は2017年8月7日です。かなり、大掛かりなマイナーチェンジとなる模様です。

まだ、新型フルモデルチェンジの話は遠いようです。発売が2014年です。早くても2019年ころになりそうです。マイナーチェンジといっても、グレードの追加や、一部の内装や外装にてこ入れをしています。スバル車の客層は、当初に出た車よりもブラッシュアップした車を買い求めるファンがいるそうです。出逢ってひとめぼれってありますが、そういう買い方もあるんですね。

新型スバル・レヴォーグの特徴

エンジン

エンジン S・レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
M・アテンザ/
ワゴン
/2.0L(NA)
/2.2L(D)
/2.5L(NA)
T・
アベンシス
ワゴン
/2.0L
パワートレイン 水平
対向
4気筒
DOHC
16
バルブ
直噴ターボ
直列4気筒
DOHC
16バルブ+
直噴ターボ
(Dのみ)
直列4気筒
DOHC
最高出力 1.6L:
125[170]
/4800-56002.0L:
221[300]
/5600
2.0L:
114
[155]
/60002.5L:
138
[188]
/57002.2L:
129[175]
/4500
112
[152]
/6200
最大トルク 1.6L:
250[25.5]
/1800-48002.0L:
400[40.8]
/2000-4800
2.0L:
196
[20.0]
/40002.5L:
250
[25.5]
/32502.2L:
420[42.8]
/2000
196
[20.0]
/3800
トランスミッション 1.6L:
リニア
トロニック[マニュアルモード付]2.0L:
スポーツリニア
トロニック[マニュアルモード付]
2.0L
2.5L:
6EC-AT2.2L:
6EC-AT
6MT
Super
CTV-i
(自動無段変速機[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック])
駆動方式 AWD[常時全輪駆動] 2WD
4WD
2WD

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*NA:自然吸気・D/t:ディーゼルターボ

燃費

燃費 2WD 4WD
S・レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
なし 1.6L:
16.02.0L:
13.2
M・アテンザワゴン
/2.0L(NA)
/2.2L(D)
/2.5L(NA)
2.0L:
17.42.5L:
16.02.2L:
19.6-22.2
2.2L:
18.2-20.4
T・アベンシス NA:
14.6
なし

* 単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・D/t:ディーゼルターボ

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジンと燃費表です。今回のマイナーチェンジではエンジンの変更や追加はないですが、エンジンの1.6Lに制御最適化を施しています。

D型となります。エンジンの型は同じなのですが、1年ごとにマイナーチェンジをした場合、A型から名前をつけていきます。フルモデルチェンジになるまで続きます。

新しいエンジンの型A型となります。燃費もエンジンが変わりませんので、数値はほぼ横ばいとなると思います。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ S・
レヴォーグ
/1.6L
/2.0L
M・アテンザワゴン
/2.0L(NA)
/2.2L(D)
/2.5L(NA)
T・アベンシス
/2.0L
全長 4690 4805 4820
全幅 1780 1840 1810
全高 1490-
1500
1480 1500
ホイールベース 2650 2750 2700
室内長 2005 1930 1980
室内幅 1490 1550 1495
室内高 1205 1170 1185
重量 1540-
1570
1470-
1600
1470-
1480
乗員 5 5 5
最小回転半径 1.6L:
5.42.0L:
5.5
5.5 5.4

*単位:mm/kg

ボディー色

クリスタルホワイト・パール(32,000円)

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラッグ・シリカ

ピュアレッド

ストームグレー・メタリック(追加)

ラピスブルー・パール

WRブルー・パール(1.6/2.0LSTI Sport EyeSightのみ)

image

出典 スバル公式 レヴォーグ ボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズとボディー色です。今回のマイナーチェンジでは、サイズの変更と色の変更はないです。WRブルー・パールは特別色です。インプレッサでも使用されていました、あのワールドラリーの色ですね。ちょっと、グリーン系がありませんので、新型フルモデルチェンジで追加されればいいなと。

Sponsored Links

装備

内装

image

image

出典 スバル公式 レヴォーグ 内装

image

出典 スバル公式 「レヴォーグ」大幅改良モデルを発表

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。マイナーチェンジでの内装がかなり変更されます。ただのマイナーチェンジはなくビッグマイナーに近い感じですね。特に運転席周りのパネル関係が、新しくインチアップしています。より操作性を重視したのでしょう。やはり、こまごまとしたパネルだと使いにくいですからね。

Sponsored Links

外装

image

image

出典 スバル公式 レヴォーグ 外装

image

出典 スバル公式 「レヴォーグ」大幅改良モデルを発表

管理人のワンポイント説明

現行車の外装ですね。マイナーチェンジでの外装も、かなり変更しています。フロントマスク周りと、ランプ系統が変更するようです。*は、一部変更がないグレードもあります。内装と外装でかなりの変更となります。さらなる高みへと磨きがかかり変わっていくようですね。

安全性能

image

出典  スバル公式 「レヴォーグ」大幅改良モデルを発表

LEGACY プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

出典 You Tube LEGACY プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

アイサイト・ツーリングアシスト プロモーションムービー

出典 You Tube アイサイト・ツーリングアシスト プロモーションムービー

走行性能

image

出典 スバル公式 「レヴォーグ」大幅改良モデルを発表

管理人のワンポイント説明

現行車のマイナーチェンジでの、安全性能と走行性能です。スバルには、安全性能として、アイサイトが搭載されています。今のVer3です。4として進化したのが「アイサイト・ツーリングアシスト」です。名前はVer4となるはずだったのが、4=死と思われるかもしれないとということで、アイサイト・ツーリングアシストとなずけたようです。ツーリングですから、ロングドライブで安全に快適な走りを目指すシステムでね。

走行性能もサスペンション(タイヤを支えるバネ)をより柔軟に、ハンドルもより運転しやくす、ブレーキも効きやすいようにするといった内容となっています。安全性能と走行性能が上がるということは、ますます走りに力強さを感じますね。

新型スバル・レヴォーグの価格

価格 4WD
1.6GT
EyeSight
282万円~
1.6GT
EyeSight
S-style
292
万円~
1.6GT-S
EyeSight
307
万円~
1.6STI
Sport
EyeSight
356
万円~
2.0GT-S
EyeSight
361万円~
2.0STI
Sport
EyeSight
405万円~
管理人のワンポイント説明

マイナーチェンジ後の価格表です。販売計画としては、月で2000台です。2016年1月~12月まで販売台数が24,184台。2017年には、まったく30位のランキングに入ってはいません。そこで、てこ入れとしてマイナーチェンジが行われました。内容をみるかぎりかなり充実していますので、売れるのは間違いないですね。

Sponsored Links

ライバル車

マツダ・アテンザ(ワゴン)

image

出典 マツダ公式 アテンザ

管理人のワンポイント説明

マツダ・アテンザですね。2016年8月に一部改良しています。アテンザには、他にもセダンがあります。ガソリン車とディーゼル車です。価格は、ガソリン車だと276万円~。デイーゼル車だと327万円~。車体はレヴォーグよりも一回り大きくなっています。排気量も同じ2.0Lに近いですし、小回りを利かせるならスバル・レヴォーグの方が、いいですね。

マツダアテンザ新型(セダン/ワゴン)はディーゼルハイブリッド化?燃費や装備・評判は?

マツダ・アテンザは、2016年8月25日に一部改良しました。近い将来、新型フルモデルチェンジへの布石だと思われます。マツダは、これからどのよ...

トヨタ アベンシス

image

出典 トヨタ公式 アベンシス

管理人のワンポイント説明

トヨタ アベンシスワゴンです。排気量は2.0Lのみです。アベンシスは、欧州で生まれて、日本へ逆輸入で入ってきている車です。価格は274万円-298万円ーとなっています。3代目が2008年ーですので、そろそろ新型フルモデルチェンジの季節がやってきています。欧州での発表待ちです。日本では2018年以降となりますがハイブリッド搭載という話がでています。強力なライバル車ですね。

【トヨタ新型アベンシス】フルモデルチェンジで価格や燃費は?内装外装やライバル車は?

新型トヨタ・アベンシスという聞きなれない車があります。それもそのはず、この車はイギリス生まれで、日本仕様として逆輸入されている車です。今回、...

スバル・レヴォーグの評判

まとめ

新型スバル・レヴォーグはいかがだったですか。

今回のマイナーチェンジは、かなり強力なものとなっています。安全性能のアイサイトや内装や外装のレベルアップなど、モデルチェンジしたのではないかと思われるくらい完璧なものです。これを軸に新型フルモデルチェンジへの橋渡しとなることは、間違いはないですね。

スバルとマツダは、独自路線を貫いています。日産もEV車のみ作っていく話も出ています。トヨタやホンダは、すこし遅れた感じがあります。今後の各社の展開が楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links