トヨタ新型パッソ2017新旧違いは?燃費や内装外装や評価は?

新型トヨタ・パッソは、2016年4月フルモデルチェンジをしました。ダイハツとの共同開発で作られたトヨタのコンパクト車として発売されています。トヨタでは、主に乗用車を作っていましたが、車種の幅を広げるためと新規の顧客を得るために、このトヨタ・パッソを作りました。

では、新型トヨタ・パッソの新旧違い価格燃費内装外装安全性能ライバル車評判など、今わかっている情報を元にお話ししますね。

Sponsored Links

新型トヨタ・パッソの歴史

初代(AC10型 2004年 – 2010年)

前期型(2004年6月-2006年12月)

image

後期型(2006年12月 -2010年2月)

image

出典 ウィキペディア トヨタ・パッソ

管理人のワンポイント説明

初代のトヨタ・パッソです。排気量は1.0L/1.3L。駆動方式がFF/4WD。トランスミッションが4速AT・5速MT[当時のTRD Sports Mのみ]。

姉妹車としてダイハツ・ブーン/ダイハツ・シリオン/スバル・ジャスティ/プロドゥア・マイヴィがあります。先代は、トヨタ・デュエットで2004年生産終了。同年6月にパッソとダイハツ・ブーンの発売で販売が終わりました。

当時の発売開始後の約1か月での受注台数は、月で約7000台の予想がなんと約3.5倍以上の約25000台を超えてしまいました。コンパクトカーでかわいいので、人気が出ました。

Sponsored Links

2代目(AC30型 2010年 – 2016年)

前期型

image

後期型 1.0+Hana

image

出典 ウィキペディア トヨタ・パッソ

管理人のワンポイント説明

2代目のトヨタ・パッソです。排気量は1.0L/1.3L。駆動方式がFF/4WD(1.0Lのみ)。トランスミッションがCVTに変わっています

初代よりかは、すこし丸くなった感じのデザインとなっています。フロント・マスクが、ちょっと平面的でインパクトにかけます。ボディー色は、ピンクなど働く女性に向けた色に仕上がっていますので、ご褒美的な車ならすごくいいですね。ただ、男性が買うとなりますとどうかなと思いますね。セカンドカーならいいかもしれません。

3代目(M700A型 2016年 – )

X”G package”2WD

image

出典 ウィキペディア トヨタ・パッソ

管理人のワンポイント説明

2016年、4月にフルモデルチェンジをして3代目となりました。パッソでは、今のところ6年周期でフルモデルチェンジをしていますね。となりますと4代目は2022年くらいですね。あくまでも推測です。

その間、マイナーチェンジや特別仕様車などで改良していくと思われます。2代目と違い、外装のデザインがよりたくましくスポーティな仕上がりとなっていますね。これなら、男性も買いたいと思うのではないでしょうか。詳しいスペックは、このあとに説明します。

新型トヨタ・パッソの特徴

エンジン

エンジン T・
パッソ
/1.0L
T・
ヴィッツ
/1.0L
/1.3L
/1.5L
H・
フィット
/1.3L
/1.5L
S・
スイフト
/1.2L
パワートレイン NA:
直列
3気筒
DOHC
NA・H(1.5L
/1.3L):
直列
4気筒DOHCNA(1.0L):
直列
3気筒
DOHC
直列
4気筒
DOHC
直列4気筒
DOHC
16バルブ
吸排気VVT
ターボ付
最高出力 51
[69]
/6000
H:
54
[74]
/4800NA:
51~73[69~
99]
/6000
H(1.5L):
81[110]
/6000NA(1.3L):
73[100]
/6000NA(1.5L):
97[132]
/6600
NA+T/H:
67[91]
/6000
最大トルク 92
[9.4]
/4400
H:
111[11.3]
/3600〜4400NA:
92

121
[9.4~12.3]
/4300

4400
H(1.5L):
134[13.7]
/5000NA(1.3L):
119[12.1]
/5000NA(1.5L):
155[15.8]
/4600
NA+T/H:
118[12.0]
/4400
最高出力(馬力・モーター用) なし 45
[61]
22

[29.5]
/1313ー2000

2.3

[3.1]
/1000

最大トルク(回転数モーター用) なし 169

[17.2]

160

[16.3]
/0ー1313

50
[5.1]
/100
トランスミッション CVT H:
電気式
無段
変速機NA:
自動
無段
変速機[Super CVT-i]
H(1.5L):
7速
オートマ
チックNA(1.3L):
5速マニュアル
無段
変速
オートマ
チックNA(1.5L):
6速マニュアル
無段
変速
オートマ
チック
NA:
6AT
5MTH:
CVT
駆動方式 2WD
/4WD
2WD
/4WD
2WD
/4WD
2WD
/4WD
電池 なし ニッケル
水素
電池
リチウム
イオン
リチウム
イオン
個数 なし 20 48 不明

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*スズキの吸排気VVT:可変バルブ

管理人のワンポイント説明

新型パッソのエンジン表です。また、2代目までは1.3Lがありましたが3代目のフルモデルチェンジを機に廃止。2008年~2012年にはパッソ・セッテという1.5Lの7シータースタイリッシュコンパクトを発売しましたが、スライド・ドアがないことや税金などであえなく販売終了。売れ筋である1.0Lのパッソのみが生き残った形となります。

ただ、気にあることがひとつあります。ターボ化とハイブリッド化をしてないことですね。他車では一部ハイブリッドをしています。ダイハツとの共同開発していますから、トヨタのハイブリッドを載せてもいいのではないかと思います。ターボ化ならすくにでもできそうな感じなんですが、、、

その点、スズキは早くからエネチャージを作って、軽から乗用車までエネチャージを改良してハイブリッドまで作っています。

今後の、新型トヨタ・パッソも生き残りをかけて、ターボ化やハイブリッド化という選択もありえますね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ T・パッソ
/1.0L
T・ヴィッツ
/1.0L
/1.3L
/1.5L
H・フィット
/1.3L
/1.5L
S・スイフト
/1.2L
全長 3650

3660
3945 3955 3840
全幅 1665 1695 1695 1695
全高 1525 1500

1530
1525

1550
1500~
1525
ホイールベース 2490 2510 2530 2450
室内長 1975 1920 1935 1910
室内幅 1420 1390 1450 1425
室内高 1270 1240 1280 1225
重量 910

960
970~
1110
970

1200
840~
950
乗員 5 5 5 5

*単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

新型パッソのボディーサイズ表です。他車と比べて、すこしばかりか大きくなっています。2代目のボディーサイズでは、全長3,640-3,650mmX全幅1,665mmx全高1,535mm、ホイールベース2440mm。3代目のボディーサイズは全長が+10mm、全高-10mm、ホイールベースが+50mmと長くなっています。

なぜ、ホイールベースの長さを伸ばしたかといいますと、室内空間を広げるためです。小型車は、あくまでも小型なのでどうしても室内が狭く感じます。そこで、車体のフレーム調整をしながらホイールベースの長さを伸ばしたと思われます。ただ、これだと前後のスペースが狭くなります。

例えば、エンジン室は若干狭くなりますし、荷室もすこしせまくなります。数字から推測しますとゆったりとした乗り心地を提供するボディーサイズとなりますね。

ホイールベースが長くなったとはいえ、5人乗りとしていますので、もしかした思ったよりも室内が狭く感じるかもしれません。

燃費

燃費 2WD 4WD
T・パッソ/1.0L NA:
28.0
NA:
24.4
T・ヴィッツ
/1.0L
/1.3L
/1.5L
NA(1.0L):
21.6

24.0NA(1.3L):
25.0H(1.5L):
34.4
NA
(1.3L):
18.0
H・フィット
/1.3L
/1.5L
NA
(1.3L):
21.8

26.0NA
(1.5L):
19.0

21.8H
(1.5L):
36.4
NA
(1.3L):
20.8NA
(1.5L):
19.0H
(1.5L):
29.0
S・スイフト
/1.2L
NA:
20.0

24.0H:
27.4
NA:
22.8H:
25.4

*単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

新型パッソの燃費表ですね。計測値ではJC08モード・24.4~28.0km/Lです。実燃費では、約14.77~16.25km/L(e燃費調べ)です。約10.0km/Lの差がありますが、数字の変動があります。

なぜならパッソは、小型車ながらに5人乗りです。後部座席に3人が乗りますと後ろが重たくなります(大人の場合)。車体が重い分、ガソリンを消費して燃費を悪くします。

Sponsored Links

ボディー色

基本色

ファインブルーマイカメタリック(D・ブーン基本色)

ダークエメラルドマイカ(D・ブーン基本色)

ファイアークォーツレッドメタリック(D・ブーン基本色)

マゼンタベリーマイカメタリック(D・ブーン基本色)

ブライトシルバーメタリック(D・ブーン基本色)

パウダリーベージュメタリック(D・ブーン基本色)

ブラックマイカメタリック(D・ブーン基本色)

レモンスカッシュクリスタルメタリック(D・ブーン基本色)

ホワイト

ディープブルークリスタルマイカ (メーカーオプション:32,400円)(D・ブーン基本色)

image

出典 トヨタ公式 パッソ ボディー色(基本)

PASSO“MODA”とパッソ“X”シリーズ

ファインブルーマイカメタリック(D・ブーン共通色)

ダークエメラルドマイカ(D・ブーン共通色)

ファイアークォーツレッドメタリック(D・ブーン共通色)

マゼンタベリーマイカメタリック(D・ブーン共通色)

ブライトシルバーメタリック(D・ブーン共通色)

パウダリーベージュメタリック(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリック(D・ブーン共通色)

レモンスカッシュクリスタルメタリック(D・ブーン共通色)

ディープブルークリスタルマイカ (メーカーオプション:32,400円)(D・ブーン共通色)

プラムブラウンクリスタルマイカ (メーカーオプション:32,400円)(D・ブーン共通色)

パールホワイトⅢ (メーカーオプション:32,400円)(D・ブーン共通色)

–ここから2トーンカラー———

ブラックマイカメタリック×ファインブルーマイカメタリック (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリックX07×パウダリーベージュメタリック (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリックX07×レモンスカッシュクリスタルメタリック (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

ブラックマイカメタリックX07×ディープブルークリスタルマイカ (メーカーオプション:54,000円)(D・ブーン共通色)

image

出典 トヨタ公式 パッソ “MODA”と“X”シリーズ ボディー色

管理人のワンポイント説明

新型パッソのボディー色です。基本色とMODA用2トーン色の構成となっています。ダイハツ・ブーンは、ホワイト以外は全て同じとなっています。

かなりの量の色ですね。いかに女性を意識しているかわかります。おしゃれに都会的なイメージを持って、色を作成したのでしょう。12色と2トーン7色で、合計19色ありますとかなり迷います。2トーン色はオプション別料金です。色をあまり気にしない人は、基本色でいいと思います

Sponsored Links

装備

内装

3代目新型(MODA“G package”)*オプション

image

X“G package”

image

出典 トヨタ公式 パッソ 内装

旧車(2代目:X)

image

旧車(プラスハナ)

image

image

image

出典 グーネット カタログ トヨタ パッソ(PASSO)プラスハナ

管理人のワンポイント説明

新型パッソの内装です。ベンチシートはすべてのグレードに採用しています。見た目ゴージャス感が上がりましたね。旧車との比較をしてみますと、作りがしっかりしているのがわかります。シートが繋がっていますので、サイドレバーは運転席の足元左となる感じですね。旧車はサイドレバーがハンドルの後ろに付いています。

また新型パッソでは手の込んだカスタムができるようになっています。これは男性でもパッソはスタイリッシュにカスタムができますよ、遊べますよというふれこみでしょう。BMWのミニのようにおしゃれにカスタムができます。

外装

3代目新型パッソ

image

image

パッソ・モーダ

image

image

出典 トヨタ公式 パッソ 外観

旧車パッソ

image

image

出典 グーネット カタログ トヨタ・パッソ X 外装

管理人のワンポイント説明

新型パッソの外装です。旧車と比較しますと、新型の外装はかなりエッジのきいたものになっています。旧車だとどことなくボディーの線がボケていてフロント・マスクが笑っているようにも見えます。

その点、新型パッソのフロント・マスクは、ヘッドランプが横に切れ長なかんじで男前になっています。全体的に横一文字で、キリリとしています。モーダのフロント・グリルでは、しっかりと網目模様でおしゃれになっていますね。これなら、男性の方も一度は、パッソに乗ってみようかと思うのではないでしょうか。

Sponsored Links

安全性能

image

出典 トヨタ公式 パッソ 予防安全

管理人のワンポイント説明

新型パッソの安全性能です。ダイハツからそのまま衝突回避支援システムのスマートアシストⅡ(自動ブレーキ支援システム)を搭載しています。タイプがトールワゴンのダイハツ・トール(1.0L)もスマートアシストⅡなんですよね。なぜだか理由はわかりませんが、ダイハツ・タント(軽)には進化したスマートアシストⅢは搭載されています。

売れ筋である新型パッソならしっかりといい安全装備をつければ、もっと売れるだろうにと思いますね。

新型トヨタ・パッソの価格

価格 2WD 4WD
X”G
package ”
144
万円~
162
万円~
X”L
package
・S ”
131
万円~
149
万円~
X”L
package
125
万円~
142万円~
X”S” 121
万円~
138
万円~
X 115
万円~
132
万円~
MODA
”G
package ”
165
万円~
183
万円~
MODA
”S”
149
万円~
166
万円~
MODA 143
万円~
160
万円~

新型パッソの2013年1月~2017年3月までの販売台数

販売台数 自販連調べ
2013年
1月~12月
42,805
2014年
1月~12月
49,770
2015年
1月~12月
45,449
2016年
1月~12月
70,381
2017年
1月~3月
15,795
管理人のワンポイント説明

新型パッソの価格表です。X/X”Lpackage/MODAには、衝突回避支援システムのスマートアシストⅡ(自動ブレーキ支援システム)がついていません。つけるとすれば、メーカーオプションです。

すでにパッケージしている車がありますので、例えば、X“G package”、X“L package・S”、X“S”、MODA“G package”、MODA“S”を選択したほうがいいですね。

XとX”S”の差は10万円分なので、スマアシⅡをつけたい方は、上位車となります。他のも外装や内装のカスタマイズができますのでその分金額が上乗せとなります。販売店へいって、確認してみましょう。

実はトヨタの小型車は、それなりの販売台数を毎年維持をしています。表は2013年からのものですが、4年連続30位以内にランキング入ってますし、2016年では、3代目新型フルモデルチェンジをしたということで、爆発的に売れました。2017年以降もも平均5000台が売れています。ですから、かなり息の長いコンパクトカーだと言えますね。

ライバル車ついて

トヨタ・ヴィッツ

image

出典 トヨタ公式 ヴィッツ

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ヴィッツです。2017年1月にマイナーチェンジをしていますね。排気量は、1.3L/1.0LのNAと1.5Lのハイブリッドとなります。パッソと同じ1.0Lがあります。価格は、ガソリン車118万円~195万円~。ハイブリッド車は181万円~223万円~。

ヴィッツでは、排気量とガソリン・ハイブリッドと選択できますね。ただ排気量が変わりますので注意が必要ですね。あと、安全性能にToyota Safety Sense Cが搭載されているグレードがあります。オプションだと、54000円追加です。1.0LにToyota Safety Sense Cがつけられるのですから、安全性能はやはりトヨタの純正を載せたいところです。

ホンダ・フィット

image

出典 ホンダ公式 フィット

管理人のワンポイント説明

ホンダ・フィットです。価格は、1.5Lハイブリッド車で169万円~222万円~。1.3Lガソリン車では129万円~192万円~。両車とも、パッソ1.0Lよりも排気量がすこし多いです。馬力で考えますと、やはり最低でも1.5Lはほしいところです。その点、パッソは走りを重視というよりもセカンドカーで、おしゃれにお買いものをする感じですね。用途に応じて購入するといいです。

安全性能では、ホンダセンシングは、搭載されてはいません。かわりにシティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ + 誤発進抑制機能)がついています。

【新型ホンダフィット&RS】マイナーチェンジで燃費と不具合は?価格・発売日は?

2016年の現行車ホンダ・フィットは、数えて3代目に当たります。名前をフィット3といいます。けっこう売れ行きもよくホンダの主力車として根強い...

スズキ・スイフト

image

出典 スズキ公式 スイフト

管理人のワンポイント説明

スズキ・スイフトです。価格は、1.2Lガソリン車で134万円~180万円~。1.2Lハイブリッド車で162万円~191万円~

パッソにとっては、ライバルですね。スイフトはハイブリッドを除外しても、デザイン性はかっこいいですし、走りもいいですね。ただ、スイフトの維持費自動車税34,500円で、パッソの維持費自動車税29,500円よりもすこしお高くなります

ハイブリッドのことを考えれば、丸ごと安全性能や装備などパッケージして購入する手もあります。ただし、金額がすこし高くなります。パッソは、ガソリン車のみなので比較しずらいかもしれません。しっかりとした走りをお望みなら、スイフトもありですね。

【新型スズキスイフト&スポーツ】価格や燃費は?2017年発売日は?

スズキの中で、優等生とも言われるハッチバック型コンパクトカースイフト。なんと世界の販売数が500万台とかなり売れたようですね。国内外からも絶...

Sponsored Links

トヨタ・パッソの評判

https://twitter.com/naresaka08/status/859722927431794688

https://twitter.com/nao_team8/status/843839899203645440

まとめ

新型トヨタ・パッソは、いかがだったでしょうか。

トヨタの最小かつ主力小型車として、見栄えも外装も内装もガラリとさらに若者向きの車となっています。特に新社会人や大学生の交通手段にも一役たちそうな車です。なぜなら、維持費も安いですし、コンパクトで運転しやすくそれでいて、おしゃれに出来る車はそうありませんから。

まだ、ターボ化やハイブリッド化はしてはいませんが、改良の余地はたくさんあります。今後のトヨタ・パッソの展開が楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links