【スズキスペーシア&カスタム&Gリミテッド】フルモデルチェンジ燃費・価格は?、発売日・評判は?

スズキ・スペーシアは、スズキアルトの次にくる売上販売台数を誇っている車です。以前は「スズキ・パレット」(2008年~2013年生産終了)と呼ばれていました。

そのスズキ・スペーシアが新型フルモデルチェンジを行うという話が出ています。スズキは燃費不正問題で会社が揺れておりましたが、ようやく落ちつき、開発や生産の平常化になりつつあります。

では、新型スズキ・スペーシアの特徴発売日燃費価格安全装備内装外装などを今、手元にある情報を整理してお話したいと思います。

Sponsored Links

スズキ スペーシアの歴史

スズキ パレット(前身)

初代(MK21S型 2008年 – 2013年)

前期型(2008年1月 – 2009年9月)

image

パレットSW

image

出典:ウィキペディア スズキパレット

管理人のワンポイント説明

まずは、スズキ・スペーシアの歴史を紐解く前に前身であるスズキ・パレットがどのような車だったのかを説明します。実は、パレットはかなり売れていたんだそうです。特にパレットSWの人気がありました。

それなのに、名前をスペーシアの名に変えて販売しはじめた主な理由としては、やはり名前がパレットでは、車の走りや室内空間などのイメージがわかなかったからですね。

中身の型などは変更されてはいませんが、スペーシアの名前ならなんとなくですが室内空間が広く、スマートに走る感じがスペーシアから出てないですか?

Sponsored Links

スズキ スペーシア 初代(MK32S/42S型 2013年 – )

前期型 X (FF)

image

後期型 X

image

前期型 カスタムTS

image

後期型 カスタムXS

image

出典:ウィキペディア スズキスペーシア

管理人のワンポイント説明

スズキの技術進化により、てこ入れされたスペーシアです。外見もパレットとは変わりはしませんね。全車アイドリングストップ(2017年現在:S-エネチャージ)を全車装備

パレットSWの後継車のスペーシア カスタムも販売をはじめました。幾度かのマイナーチェンジをしながら、フルモデルチェンジへの移行を模索している模様です。

新型スズキスペーシアの発売日

スペーシアコンセプト

出典: スズキ公式 企業ニュース

新型スズキスペーシアの発売日は、いったいいつなのか?気になりますよね。

2017年10月27日から東京ビッグサイトで開催の東京モーターショーでスペーシア コンセプトをお披露目することがわかりました。

上記の画像は、スペーシアコンセプトで、市販車ではありません。ということは、市販車用を売るためには少し作り直さなくてはいけませんし、他車の動向も頭に入れながらどのタイミングで生産し、販売するかなどの計算も必要です。

実は、2016年のスズキは燃費不正問題で生産・開発スケジュールを見直している最中でした。

国土交通省の元での再計測をした結果、カタログ燃費よりも高い数字を出してしまい、おとがめなしという結末をむかえました。これでやっと生産や開発が平常運転できるようになりましたが、調査にかかった時間は、スズキにとってかなりの痛手です。

その分開発や生産が遅れていますからね。しかも、いくら白だったとはいえ国土交通省の目も光っています。

そのことを総合して、新型フルモデルチェンジの発売日を考えますと、早くて2017年末~2018年の春までだと推測します。

なお、2016年12月28日グレート・T(ターボ仕様)と「スペーシア・カスタムGSターボ」は、整理され廃止していますが、Gリミテッドは継続販売中です。今回のフルモデルチェンジで、ターボ車が遅れて追加されるかもしれませんね。

Sponsored Links

新型スズキスペーシアの特徴

ボディ―サイズ

現行車スペーシア(G・X)Gリミテッド
全長33953395
全幅14751475
全高1735~17401735~1740
ホイールベース24252425
重量840~910850~900

現行車のボディ―表です。各グレードのサイズは同じです。ただ、重量はエンジンの重さが違うのか若干の差があります。

次世代軽量プラットフォーム「ハーテクト」によって更なる軽量策が今回の新型スズキスペーシアで行なわれます。かなり、効率のよい車体ができるかもしれませんので、楽しみですね。

Sponsored Links

エンジン

現行車スペーシア(G・X)Gリミテッド
パワーユニット水冷4サイクル直列3気筒DOHC水冷4サイクル直列3気筒
最高出力38<52PS>/6,50038<52PS>/6,500
最大トルク63<6.4kg・m>/4,00063<6.4kg・m>/4,000
モーター最高出力1.6<2.2PS>/1,000同じ
モーター最大トルク40<4.1kg・m>/100同じ
トランスミッションインパネシフトCVT同じ
駆動方式2WD・フルタイム4WD同じ

*単位・最高出力(kW/rpm)

*単位・最大トルク(N・m/rpm)

現行車のエンジン表です。見てみますと、もうハイブリッド化していますしS-エネチャージを全車装備しています。

これをさらに進化させるとしたら、スズキソリオに搭載されているストロングハイブリットを利用します。

これによってトヨタ・プリウスの燃費40km/Lに近い数字が出るようです。燃費の話は次でお話します。

ソリオ新型(スズキ)ストロングハイブリッドの燃費や装備は?マイルドとの違いは?

スズキワゴンRの兄貴的な存在として、生まれてコンパクトカースズキソリオ。サイズと価格が売りでちょっと、軽自動車の扱いに近い車でありましたが、...

燃費について

現行車スペーシア(G・X)Gリミテッド
燃費29.0~32.029.0~32.0

タント・N-BOX・ディズルークス燃費表

タントN-BOXディズルークス
ガソリン28.024.5-

27.0

22.0
ターボ26.023.822.0

*JC08モード単位km/Lです。

現行車の燃費表です。実は、スズキの軽で燃費が一番いいのがアルトなんですね。アルトは37.0km/Lを出しています。それに比べますとS-エネチャージを搭載している割にはスペーシアの燃費が上がってこないのです。

理由は、ズバリ軽量化ですアルトの重量は、650kg~700kgでかなりの軽量化をしています。スペーシアが840~910kgに対して、約190~210kgアルトが軽いということになります

今回の新型スズキスペーシアがどのくらい車体の軽量化ができるか、それによって燃費の値も変わってきますので、スペーシアの開発部がどんな知恵を出すか踏ん張りところでしょうね。

ボディー色

スペーシア・Gカラー
シフォンアイボリーメタリック
フェニックスレッドパール

アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック
ピュアホワイトパール
シルキーシルバーメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
スペーシアGカラー
出典:スズキ公式 スペーシア・カラーG
スペーシア・Xカラー
シフォンアイボリーメタリック
フェニックスレッドパール
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック
ピュアホワイトパール
シルキーシルバーメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
シフォンアイボリーメタリック ホワイト2トーンルーフ
フェニックスレッドパール ホワイト2トーンルーフ
アーバンブラウンパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
スぺーシアxカラー
出典:スズキ公式 スペーシア・カラーX
スペーシア・Gリミテッド カラー
ムーンライトバイオレットパールメタリック
スチールシルバーメタリック
ピュアホワイトパール
シフォンアイボリーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
スペーシアGリ
出典:スズキ公式 スペーシア・カラー Gリミテッド

Gカラーは単色で、Xカラーは単色と2トーンカラーで構成されています。Gリミテッドでは色もシブく大人びた都会的カラーが強いですが、私はGリミテッドの色合いが好きです。

新型の色は、あまり変わらないとは思いますが色の変更はあると思います。例えば、イエロー系オレンジ系などが入りますと華やかな感じになりますからね。

Sponsored Links

装備について

内装
室内

スペース
運転席

supe-sia
出典 スズキ公式 スペーシア 室内

image

出典:スズキ公式 スペーシア収納スペース

名前がスペースからのスペーシアですので、広さにこだわる可能性があります。とはいえ、軽自動車規格の限界が来てますので、少しだけ改良する感じになりそうです。あとは、収納やアクセサリーなどをいかに豊富で充実させるかです。

新型フルモデルチェンジでは、低床で乗りやすく室内空間も広く、後席両側スライドドアを搭載するようです。新しい軽ハイトワゴンを示すつもりですね。

外装

外装スペーシア

出典:スズキ公式 スペーシア G 外装

全体の軽自動車にいえることですが、このスペーシアも中身は燃費向上のための努力をしたり、ボディ―のスリム化に取り組んだりけっこう頑張っています。

なぜか外装で購入予定者にフラれてしまいます。なぜかと言いますとみんな同じに見える外装デザインだからです。

じつにもったいないことですね。ちょっとした外装のおしゃれなデザインを変えるだけようはドレスアップするということ

「他車と同じようなデザインでは、振り向いてくれませんよ」と私は言いたいです。今回、新型スズキスペーシアの車体がさらに軽くなって、外装がおしゃれな感じになったらきっと売れると思います!

Sponsored Links

安全装備

デュアルカメラブレーキサポート
2つ(左右)のステレオカメラをバックミラーにつけて、前方の対人・対物車を検知し、危険と察知した場合に警報または自動ブレーキで、衝突回避をサポートするシステムです。
誤発進抑制機能
徐行中(10km/h以下)に、突然前方で障害物や車両など確認した場合、ブレーキを押すところをアクセルを強く踏んでしまいそうになったら、エンジンが自動検知して、急発進・急加速を抑制。警告音で知らせます。
車線逸脱警報機能
車線より車が外れそうになったときに、車線逸脱警報機能がはみ出してると判断したら、警告音がなり運転手に知らせます。*約60km/h~約100km/hで走行中で判断
ふらつき警報機能
車線逸脱警報機能とほぼ、同じシステムですが、例えば、居眠りやよそ見で、自然とふらついてしまうことがあります。つまり車線逸脱まえの1回目の警告となります。ふらつきが激しくなり、車線からはみ出しそうになった場合に車線逸脱警報機能が発動します。
先行車発進お知らせ機能
信号などで停止中、先行車が発進して、自車がその場で停車している場合に「先行車が発進しましたよ」と警告音を出します。

現行車の安全装備で、グレード・XのみでGは、搭載されていません。

新型フルモデルチェンジでは、今のところ、現行車の安全装備でいくのではないでしょうか。理由は、スズキの中では最上級の安全装備だと思うからで、しかもスズキソリオでも搭載されています。

また、スズキの中では、トヨタのセーフティセンスC・Pの安全運転支援システムや「Honda SENSING(ホンダ センシング)」ようなまとまった安全装備は見当たらないので、据え置きの可能性が高いと推測します。

新型スズキスペーシアの価格

2WD4WD
スペーシア・G127万円~139万円~
スペーシア・X145万円~157万円~
Gリミテッド139万円~151万円~

現行車の価格表です。新型スズキスペーシアで、もしSーエネチャージ(Xのみ)からストロングハイブリッド(メーカーオプション)へ変更となった場合はさらに20万円くらいからとなります。

安全装備もほとんどメーカーオプションですから、単純計算で考えますとかなりの価格になります。

まずは、新型スズキスペーシアの販売が始まってから、購入するかどうかを考えたほうがいいです。できれば、安全性も高くて燃費も良くて、価格もお手頃な車を買いたいですよね。

Sponsored Links

ライバル車について

ダイハツ・タント

image

出典:ダイハツ公式 タント

ダイハツ・タントと言えば、室内空間が広くてパワースライドドアがついてるトールワゴン車です。

外装的にはものすごく似ていますし、燃費もどっこいどっこいですので、新型スズキのスペーシアの燃費が向上し室内を広げればきっとタントには勝つでしょう。ダイハツは大慌てするでしょうね。

2016年11月30日に一部改良をしていますので、そろそろ新型フルモデルチェンジの話が出てきそうな気配があります。

【ダイハツ新型タント&カスタム】価格や燃費は?発売日や評判は?

ダイハツで大人気の軽ハイトワゴンタント。特に大家族で小さい子供さんがいるところでは、とても助かっている車です。しかもお財布にもやさしく低燃費...

ホンダ・N-BOX

N-BOX

出典:ホンダ公式 N-BOX

N-BOX燃費は24.5-27.0km/Lで、この車は室内が広く乗り降りもしやすいということでかなり人気があり、なんと販売台数もNO1を獲得しています。

この車が本格的に燃費対策をしてきたら、スズキのスペーシアが正直勝てるかはわかりません

2017年8月31日、新型フルモデルチェンジのN-BOXが発売されました。スペーシアの意気込みをどれだけ、形にするかで今後の軽自動車争いの優劣が決まってくると思います。

【ホンダ新型N-BOX】フルモデルチェンジの価格と燃費や評判は?

ホンダの軽自動車といえば、やはりN-BOXが有名ですね。2011年11月から発売されて背の高いハイト軽自動車として人気を得ました。それからの...

日産デイズルークス

image

出典:日産公式 デイズルークス

実は、このデイズルークスは三菱と日産が共同開発した車です。2016年4月には、三菱が燃費不正問題があり急きょ販売が中止されました。その後、2016年7月には、めどがたち生産が再開されました。

ここでも不正が・・・ありましたが、幸い燃費だけの問題なのであとは信頼回復に躍起なってくるでしょう。どこの車もそうですが、やはり燃費が命です。デイズルークスも燃費改善には力を入れることでしょう。

【日産デイズルークス新型】マイナーチェンジで価格や燃費は?ライバル車比較!

日産デイズ・ルークスは、元々日産デイズから派生した車です。元よりミツビシekシリーズのスペースから出てきたOEM車でもあります。実は、NMK...

スズキスペーシアの評判

まとめ

新型スズキスペーシアはいかがだったでしょうか

外装も他車と比べて見劣りしていませんし、あとは、燃費をどこまで押し上げていくかで販売台数も変わってくると思います。特にホンダN-BOXには負けたくないと考えていますから。

2017年10月27日から東京ビッグサイトで開催の東京モーターショーでスペーシア コンセプトをお披露目します。かわいいデザインとなっていますので、かなり期待したいところです。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links