新型フリード(ホンダ)とフリード+の違いは?価格・エンジン・特徴は?

ホンダフリードユーザーが待ちに待った新型フリードフルモデルチェンジがいよいよ発売されます。

新型コンパクトミニバンとして、絶賛されたフリードキャッチコピーの「最高にちょうどいいホンダ」どおりの車で特に大家族には、大人気です。

では、ホンダ新型フリードの特徴や価格、エンジンについてフリード+も踏まえて解説していきましょう。

Sponsored Links

フリード新型の発売日は

フリード新型は2016年9月16日に発売されました。

フルモデルチェンジと共に2列シート車フリード+(前身フリードスパイク)も発売。

ちなみに、フリードは6~7人乗りでフリード+は5人乗りです。

Sponsored Links

新型 フリードの特徴について

エンジンの種類

エンジンは、ガソリン車ハイブリッド車とあります。

ガソリン車(フリード&フリード+共通)

ガソリン車フリード&フリード+
エンジン1.5L 直噴 DOHC i-VTEC
最高出力131PS/6,600rpm
最大トルク15.8kg·m/4,600rpm
駆動方式FF(2WD)と4WD

エンジンは、排気量はすべて1.5Lです。かなりコンパクトにまとめています。

しかも、ホンダ独自のi-VTECを取り入れて、走りを強化しています。すごいですね。

DOHCの意味は、ダブルオーバーヘッド・カム方式でシリンダーの上にあるカムシャフトです。
i-VTECは、低回転時と高回転時でバルブの作動が切り替わり燃費を調節してくれるシステムです。

ハイブリッド車(フリード&フリード+共通)

ハイブリッド車フリード&フリード+
エンジンSPORT HYBRID i-DCD
最高出力110ps/6000rpm
最大トルク13.7kgm/5000rpm
モーター出力29.5kgm/1313-2000
モータートルク16.3kgm/0-1313

SPORT HYBRID i-DCDは1.5L i-VTECエンジン+高出力モーターを組み込んだハイブリッド車です。フィットハイブリッドを継承しています。

燃費について

燃費2WD4WD
ハイブリッド26.6~27.225.2
ガソリン車19.017.6

* 単位:JC08モード・km/L

管理人のワンポイント説明

燃費率の高いのはハイブリッド車の27.2km/Lですね。カタログで記載されている数字です。

実燃費は、ハイブリッド車が17.38km/L-18.81km/L、一方ガソリン車は14.98-16.71km/Lなのでかなり差があります。ぜひ参考してみてください。

ハイブリッドの評判は、加速もスムーズで、カーブでもすいすい曲っていくと聞きます。

ただ、若干出だしのアクセルが重く感じるようです。ちょっと踏み込まないとバンと前に出ない感じです。電気系統での操作と人間の操作とのタイムラグ(時間にズレ)があるんでしょう。

個人個人の使い方にもよりますので一概には言えませんが、やはり電気系統の扱いには、十分に気をつけたほうがいいです。車の故障にもなりかねませんから。

Sponsored Links

外装について

ボディサイズ

フリード

出典 ホンダ公式 フリード 外観

ボディ全体は、全長4,265-4,295mm・全幅1,695mm・全高1,710-1,735mm・ホイールベース:2,740mm。ホンダ・フィットを一回り大きくした感じです。

前車の全長から50mmほど長く設計されています。最小回転半径も5.2mで同じとなっています。

全長がすこし長くなったおかげで室内のスペースが広くなり居心地が向上しました。

ボディカラー全9色

・ブルーホライゾンメタリック(全タイプ)

・シトロンドロップ(全タイプ)

・コバルトブルーパール(全タイプ)

・プレミアムディープロッソパール(全タイプ:32,400円)*カラー終了近し

・ホワイトオーキッドパール(全タイプ:32,400円)

・ルナシルバーメタリック(全タイプ)

・モダンスティールメタリック(全タイプ)

・クリスタルブラックパール(全タイプ)*カラー終了近し

フリード色

出典:ホンダ公式 フリード ボディー色

管理人のワンポイント説明

ボディカラー全9色でメタリック系とパール系が多いですね。光にあたるとキラキラしています。ただし、車を傷つけないようしないと塗装代がけっこうかかります。

一番人気は、コバルトブルーパールでかっこよくクールな感じで目立ちます。また、汚れや水垢が分りにくい色では、ルナシルバーメタリックがおすすめです。

あとは、私的にはブルーホライゾンメタリックが好きです。CMに出ている色ですから。

CM

出典 You Tube 2016 Honda Freed CM Japan Teaser (ホンダフリード)

内装について

フリード内装

出典 ホンダ公式 フリード 内装

座席は2種類

フリード

フリード6-7

フリード+

フリード5

出典:ホンダ公式 フリード シート

座席は、3列シートと2列シートがあります。

3列シート(フリード):6~7人乗り

2列シート(フリード+):5人乗り

シート色は、フリードで「モカ」「ベージュ」「ブラック」。

フリード+は「ブラック」のみです。

生地はファブリックシート&コンビシートは、共通です。かなり落ち着いた印象を受けます。

Sponsored Links

安全装備(ホンダセンシング)について

出典 You Tube 安全運転支援システム『Honda SENSING』

管理人のワンポイント説明

新型フリードには、独自の安全装置がついています。名前は、ホンダセンシングです。

内容は、衝突軽減ブレーキ・歩行者事故低減ステアリング・アダプティブクルーズコントロール・車線維持支援システム・路外逸脱抑制機能・誤発進抑制機能・先行車発進お知らせ機能など、きめ細かい設定になっています。

ただし、標準装備ではありません。中には、安全装備はいらない人もいますのでメーカーオプションとなっています。

安全運転サポート車とは

2017年5月、経済産業省・国土交通省などが安全運転サポート車の認定を作りました。認定基準は、自動ブレーキがあることです。

内容は、運転者全体向け「セーフティ・サポートカー(サポカー)」と高齢運転者に推奨する「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」[ベーシック・ベーシック+・ワイドと3種類]があります。

ホンダ・フリードも、通称サポカーの認定を受けると思われます。なぜなら、ホンダセンシングを搭載している車があるからです。おそらく、次回のマイナーチェンジあたりに認定をもらうと予測します。

Sponsored Links

価格について

 価格2WD4WD
フリード

HYBRID B/1.5L

6人乗り

 225万円-247万円-
フリードHYBRID G・Honda SENSING

/1.5L

 6人乗り:249万円-

7人乗り:251万円-

 6人乗り:272万円-
フリードHYBRID EX・Honda SENSING

/1.5L

6人乗り

 265万円- なし

 フリード+

HYBRID B/1.5L

5人乗り

 227万円- なし
フリード+

HYBRID G・Honda SENSING

/1.5L

5人乗り

251万円-274万円-
フリード+

HYBRID EX・Honda SENSING

5人乗り

267万円-なし
ガソリン車

フリード B

6人乗り

188万円-209万円-
フリード G198万円-

6人乗り

200万円-

7人乗り

221万円-

6人乗り

フリード G・Honda SENSING210万円-

6人乗り

212万円-

7人乗り

233万円-

6人乗り

フリード+

B

5人乗り

190万円-なし
フリード+

G

5人乗り

200万円-223万円-
フリード+

G・Honda SENSING

5人乗り

212万円-234万円-

新型フルモデルチェンジをした後の価格表です。安全装備のホンダ・センシングを搭載すれは、その分高くなります

また、オプション例えば、両側パワースライドドア(ボタンスイッチで自動開閉可能)メーカーオプションとなります。スライドドアスイッチを搭載したいという場合も金額があがりますので、本当の導入したいのかを検討しましょう。

Sponsored Links

まとめ

フリード新型は、1.5Lで6~7人乗りなので、大家族向きだといえます。

ただし、馬力がすこし足りない点があります。

大家族で、いっしょにロングドライブできるフリード&フリード+。

発展性のある新型フリードを体感してみましょう。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links