【日産エルグランドハイウェイスター】CM特徴や価格は?ライダーとの違いは?

日産エルグランドハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムは2016年12月19日に発売された特別仕様車です。この「アーバンクロムシリーズ」は、日産エルグランドの価値を更に上げるための特別仕様です。日産の中ではハイウェイスター最上級のミニバンの位置に君臨し、新車として登場してからすでに7年もすぎようとしています。

噂によりますと2018年あたりには、新型が出るという噂もあります。その期間、今ある技術で最高な車をお届けするため出来たシリーズとなります。

では、日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの特徴装備燃費安全性能価格CMなどお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの特徴

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムのCM

出典:You Tube 【エルグランド】TVCM 「羨望」篇 30秒 (2017/01/09 に公開)

ハイウェイスター・アーバンクロムシリーズの歴史

アーバンクロムという名前で特別仕様車が出てきたのが、2014年の12月10日発売の「250 ハイウェイスターアーバンクロム」(7人~8人乗り)・「250 ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム」(7人乗り)・「350ハイウェイスターアーバンクロム」」(7人~8人乗り)「350 ハイウェイスタープレミアムアーバンクロム」」(7人乗り)から始まります。

価格帯387万円~583万円~となっています。

2015年4月16日には、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」(7人~8人乗り)追加されますが、「250 ハイウェイスターアーバンクロム」(7人~8人乗り)は廃止。

代わりにライダーシリーズが特別仕様車として名前が挙がっています。

そして、「250ハイウェイスター S アーバンクロム」(7人~8人乗り)と「350ハイウェイスターアーバンクロム」(7人~8人乗り)のベースにしたのが、今回の日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムとなります。

Sponsored Links

エンジン

エンジン 3.5L 2.5L
パワーユニット V型6気筒 直列4気筒
最高出力 206[28]/6400 125[170]/5600
最大トルク 344[35.1]/4400 245[25.0]/3900
トランスミッション エクストロニックCVT-M6〈6速マニュアルモード付無段変速機〉 同じ
駆動方式 2WD/4WD 2WD/4WD

*最高出力単位:kW[PS]/rpm

*最大トルク単位:N・m[kgf・m]/rpm

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスターのエンジン表です。グレードにハイウェイスターの名前がついています。エンジンの中身は、まったく同じです。排気量は3.5Lと2.5Lがあります。今後の新型ではハイブリッド化するかもしれませんね。

ボディーサイズ

ボデイーサイズ ハイウェイスター 関連 XG
全長 4975 同じ
全幅 1850 同じ
全高 1815 1805
ホイールベース 3000 同じ
室内長 3025 同じ
室内幅 1580 同じ
室内高 1270~85 1285~1300
重量 1930~2050 1930

*単位:mm/kg

管理人のワンポイト説明

日産エルグランドハイウェイスター関連のボデイーサイズ表です。

プラットフォームは、日産・Dプラットフォームを使用。エルグランドではホイールベース3000mm延長。床面の振動を抑える「フロアビード形状」を採用するなどして、大幅に改良されたボディーサイズとなっています。

燃費

燃費 2WD 4WD
2.5L 10.8 10.2
3.5L 9.4 9.0~9.2

*単位:JC08モード・km/L

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの燃費表です。他車も同じ数値です。今のところ、ハイブリッド化という話はないですね。

内装や外装をゴージャスにするにはいいですが、燃費が10km/Lあたりだとけっこう敬遠される可能性があります。新型には、燃費向上を期待したいですね。

とりあえずは、特別仕様車及びマイナーチェンジをしながら、2018年ごろをめどに新型フルモデルチェンジをすると思います。

Sponsored Links

ボディー色

ファントムブラック

ブリリアントホワイトパール

インペリアルアンバー

メタルグレー

ブリリアントシルバー

image

出典:日産エルグランド 共通ボディー色

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムのボディー色です。ボディー色は、全車同じです。あとは、内装のシートが白いのがハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムとなります。

内装

250Highway STAR S White Leather Urban CHROME(2WD)

image

本革巻・木目調コンビステアリング&本革巻シフトノブ

image

出典:日産公式 エルグランドハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム

image

出典:日産公式 エルグランド シート色 プレミアムホワイトレザー

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの内装です。シートは白を選択でプレミアムホワイトレザーといい、しっかりとした縫い目で白を演出。

シートバック、シートサイド、アームレストおよびヘッドレストは、人工皮革を使っています。シンプルな感じですが、レザーのニオイはどうなのか?と少し心配になりました。

外装

image

出典:日産公式 エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム

image

出典:日産公式 エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの外装です。ミニバンの最上級的なフロントマスクですね。これは全車共通です。アーバンクロム用の装備も、クロムでしっかりとおしゃれに演出しています。

Sponsored Links

安全性能

image

image

出典:日産エルグランド 安全性能

管理人のワンポイト説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの安全性能です。これも全車共通です。

ハイウェイスターの重量は2000kgくらいあり、7~8人乗りなので、さらに重量がかかります。その点を考えますと安全性能には物足りなさを感じます

システムでコントロールするのはいいのですが、やはり各パーツの強化も必要だと思います。例えば、サスペンション(車軸を支えるバネ)を特別に太くするとか、車体の振動を極力抑える・伝えないように緩衝するとかしますと、もっと安全性能が上がるのではないでしょうか。

システムがしっかりと機能して、その先のパーツがさらに機能して乗っている人たちを安心させるのもいいのではないかと思います。

価格

価格 2WD 4WD
350ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム 533万円~ 562万円~
250ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム 413万円~ 442万円~
管理人のワンポイント説明

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムの価格表です。他にもグレードがあります。321万円~806万円~と価格帯が広いです。今回のハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムは特別仕様車として販売されています。

販売店へいってまずは「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」車はどれですか?と聞いていましょう。実は、日産他社の車と比べてグレードや特別仕様車(期間限定車)が多いのです。中身はそんなに違いはないのですが、特に内装と外装でグレードとの差別化をはかっているようです。

例えば、ハイウェイスターシリーズとライダーシリーズですね。一番高いのがエルグランド・VIPです。日産の車を購入したい人は、必ずどの車のグレードかを調べてみてから、販売店へ行きましょう。

Sponsored Links

ハイウェイスターとライダーとの違い

日産では、2種類のカスタマイズができます。ハイウェイスターシリーズは、スポーティな感じのクロムを多用したフロントグリルが多いですね。

ハイウェイスターの名前がついたのは、1995年8月ラルゴのサブネームとして付きます。当時はオーテックジャパン(日産自動車グループの一社)の特装車として作っていました。その後、1996年から日産の各工場で組み立てられて完成車として送り出されることになりました。

ライダーシリーズは、各種パーツの製造がオーテックジャパンとなります。フロントエンブレムには日産のエンブレムはつきません

本来、ナンバーを取得する際には運輸支局へ車体番号だけを提出するだけなのですが、ライダーは、車体を持ち込んで登録しないとナンバーがもらえません。ですから納車も時間がかかります。

なお、ノート・キューブ・セレナの各ライダーは運輸局が許可を出して免除されています。

日産を購入するときは注意!

日産のグレードは、他社とくらべてかなり複雑になっています。エアロパーツなど取り付けたい購入予定者なら、価格よって変わってきますので十分に検討してほうがいいと思います。

アーバンクロムシリーズは、名のごとく、都会的なクロムつまり上質な質感を持ったパーツのクロムを使用することによってゴージャス感を演出している車です。ハイウェイスターシリーズをベースにしていますので、まさにハイウェイスターの中では最上級の車となります。

【日産新型エルグランド】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日やライバル車比較?

日産エルグランドは、大型ミニバンとしてかなりの人気を得た車です。歴史も古く駆動方式ではFR~FFへと移行し、さらに外観のデザインは高級感がま...

まとめ

日産エルグランド ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム特別仕様車はいかがだったでしょうか。

CMを見た人は日産エルグラントに新型か?と思われれた方も人もいると思います。

CMをよく見てみますと「日産エルグランド」の文字だけが大きく映っていますね。その下に小さくハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロムと英語表記で書いています。特別仕様車とも書いていませんね。

噂ではエルグラントより、後ろから追いかけてくる車が気になるという話を聞きます。

確かに大型ミニバンでガンガン走る姿はかっこいいですね。ですが、実際は、7~8人乗るわけですからあまりスピードが出てもね・・・と思います。それよりも安全はどうなのと思います。たぶん、2018年には新型が出るようです。今後の日産エルグランドがどのように変化していくか楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links