【スバルエクシーガクロスオーバー7】特別仕様車X-BREAKと一部改良は?燃費や評価は?

新型スバルエクシーガ元々ミニバンで販売されていましたが、2015年3月に惜しくも販売が終了してしまいました。同年4月から名を新型スバルエクシーガクロスオーバー7(CROSSOVER7)と替えて新しくクロスオーバーSUV車の7人乗りとして、幅広く車をつかえるようにしました。

では、新型スバルエクシーガCROSSOVER7や特別仕様車X-BREAK特徴ボディーサイズ燃費装備内装外装ライバル車評価など、今わかっている情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

スバルエクシーガの歴史

初代 YA系(2008年-)

前期型

image

エクシーガ/クロスオーバー7

image

出典 ウィキペディア スバルエクシーガ

管理人のワンポイント説明

初代のスバルエクシーガですね。2008年6月より7人乗りのミニバンとして日本で発売されました。排気量は2.0L/2.5L。エンジンは水平対向エンジンとターボ付きです。駆動方式はFF/4WD。トランスミッションは、E-4AT・CVT(リニアトロニック)・E-5AT(ターボ車のみ)。

2015年3月に生産が終了し、4月の販売を終了。2015年4月より、スバルエクシーガCROSSOVER7と名を変えました。ミニバンからクロスオーバーSUV車への変更です。

2016年1月には特別仕様車「Modern Style」を発売。続いて2016年10月には特別仕様車「Active Style」を発売。この「Active Style」の注文受付が2017年1月22日で終わっています。

2017年3月には一部改良マイナーチェンジと特別仕様車「X-BREAK」が注文受付が始まり、4月3日より発売されます。

Sponsored Links

スバルエクシーガCROSSOVER7の特徴

エンジン

エンジン 2.5i Eye
Sight
N・
エクスト
レイル
/2.0L
M・デリカD:5
/2.0L
/2.3L
/2.4L
H・オデッセイ
/2.0L
/2.4L
パワートレイン 水平
対向
4気筒
DOHC
16
バルブ
AVCS
直列
4気筒
DOHC
+モーター
4気筒
DOHC
/SOHC
16
バルブ
ディーゼル
水冷
直列
4気筒
DOHC+
モーター
最高出力 127
[173]
/5600
NA:
108[147]
/6000
NA:
109

125
[148
170~]
/3500

6000
NA/H:
107

140[145~
190]
/6200

6400
最大トルク 235
[24.0]
/4100
NA:
207[21.1]
/4400
NA:
191

360[19.4

36.7]
/1500

4200
NA/H:
175

237[17.8~
24.2]
/4000
最高出力(モーター用) なし 30[41] なし なし
最大トルク(モーター用) なし 160[16.3] なし なし
電池 なし リチウムイオン なし なし
トランスミッション リニア
トロニック
[マニュアルモード付]
エクストロニックCVT INVECS-II
6速
スポーツ
モード
A/T
/
INVECS
-III
CVT
無段変速オートマ
チック[トルクコンバーター付/7スピードモード付]+パドルシフト
(ありなし)
駆動方式 AWD
[常時
全輪
駆動]
2WD/
4WD
2WD/
4WD
2WD/
4WD

*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*SOHC(Single OverHead Camshaft):1本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。今度発売されるのは、スバルエクシーガCROSSOVER7特別仕様車のX-BREAKです。なぜだかActiveStyleは注文受付が終わっています。在庫のみとなりますので、このまま販売終了となるようです。

エンジンについては、すべて初代と同じ。フルモデルチェンジはエンジンの型とボディーの型が変わることを意味しますので、今回は一部改良と特別仕様車でおさまっているようです。

スバルエクシーガCROSSOVER7自体は、2015年~販売開始をしています。ということは本格的なフルモデルチェンジはかなり先となります。周期的には5~6年先ですので、早くて2020年です。

その間は、マイナーチェンジや一部改良・特別仕様車でCROSSOVER7の性能が上がっていくと思われます。

ボディーサイズ

ボディーサイズ 2.5i Eye
Sight
N・
エクスト
レイル
/2.0L
M・デリカ
D:5
/2.0L
/2.3L
/2.4L
H・オデッセイ
/2.0L
/2.4L
全長 4780 4640 4730 4830
全幅 1800 1820 1795 1820
全高 1670 1715 1850

1870
1685

1715
ホイールベース 2750 2705 2850 2900
室内長 2720 2005 2915 2935
室内幅 1510 1535 1505 1625
室内高 1275 1270 1310 1300

1325
重量 1620 1440

1640
1680

1910
1720

1880
乗員 7 7 7~8 7~8

*単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズですね。今度発売されるのは、スバルエクシーガCROSSOVER7特別仕様車のX-BREAKですが、全て同じ数字です。エンジンと同様に据え置きとなります。

スバルエクシーガCROSSOVER7はクロスオーバーSUV車で、エクストレイルやオデッセイではミニバンとして販売されています。この棲み分けがよくわからないんですね。

結局のところ各会社が「これがミニバンだ」といえばそうなるんですよね。ミニバンといえば1BOXカーに近い車だと言われています。いわゆる箱型っぽい意味ですね。

確かに車の形状を見てみますと、エクストレイルやオデッセイは箱型っぽくでおしゃれな外装なんですね。CROSSOVER7とデリカD-5では、ごつごつとし形状をして、フロントマスクやバンパーがしっかりと施されている印象があります。いかにも山道走りますって感じですね。

Sponsored Links

燃費

燃費 2WD AWD[常時
全輪
駆動]
/4WD
スバルエクシーガCROSS
OVER7
/2.5i Eye
Sight
なし NA:
13.2
N・
エクスト
レイル
/2.0L
NA:
16.4H:
20.6
NA:
15.6

16.0H:
20.6
M・デリカD:5
/2.0L
/2.3L
/2.4L
NA:
13.0
NA:
10.6
D:
13.0
H・オデッセイ
/2.0L
/2.4L
NA:
13.4

25.2
H:
26.0
NA:
12.8

13.0
H:
なし

*単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費ですね。スバルエクシーガCROSSOVER7の燃費が13.2km/Lと低いですね。今回は一部改良と特別仕様車を販売しますので、燃費は変わりません

フルモデルチェンジは、早くても2020年ごろです。このころにはハイブリッドやディーゼルといったエンジンが搭載されれば、燃費が向上しますので、今後の展開が楽しみです。

ボディー色

クリスタル・ホワイトパール(32,400円高・消費税8%込)

タングステン・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ダークブルー・パールクォーツブルー・パール

プラチナムグレー・メタリックヴェネチアンレッド・パール(32,400円高・消費税8%込)

image

出典 スバル公式 エクシーガCROSSOVER7 ボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。今回の一部改良ではボディー色の変更があります。ダークブルー・パールからクォーツブルー・パールへ。プラチナムグレー・メタリック→ヴェネチアンレッド・パールへとなっています。4月発売される特別仕様車のX-BREAKも同じ色となります。

装備

内装

image

image

image

出典 スバル公式 エクシーガCROSSOVER7 内装

特別仕様車X-BREAK

image

出典 スバル公式 CROSSOVER 7 X-BREAK

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。2.5i EyeSightではメーカーオプションで上記のようなウルトラスエード/本革シート(タン/ブラック、ブルーグリーンステッチ)を設定できます。すごくかっこいいですね。

4月発売される特別仕様車のX-BREAKでは、特別装備として撥水ファブリック/合成皮革シート(ブラック/ブラック&タン、ブルーグリーンステッチ)となります。

外装

出典 You Tube SUBARU CROSSOVER 7 プロダクトムービー 「Design篇」

特別仕様車X-BREAK

image

出典 スバル公式 CROSSOVER 7 X-BREAK

管理人のワンポイント説明

現行車の外装ですね。4月発売される特別仕様車のX-BREAKでは、CROSSOVER7ロゴ(オレンジ)入りサイドクラッディング/17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)など特別装備がつきます。

やはり、タン色が目立ちますね。これはほんと第一印象はいいですよ。ただし、汚れがついた場合は気になりますよね。その点を気にしないいのであれば、すごくおしゃれで個性的な車ですね。

安全性能

運転支援システム アイサイト(Ver.2)

image

出典 スバル公式 エクシーガCROSSOVER7 安全性能

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能ですね。運転支援システム アイサイト(Ver.2)がついています。今後新型フルモデルチェンジとなった場合は、アイサイトの進化系になる可能性があります

クロスオーバーSUV車なのでアイサイトつけてほしい反面やはり自分の力量で運転したいのもあります。7人乗りということで安全性を考えますとアイサイトという安全システムは必要不可欠ですね。

スバルエクシーガCROSSOVER7の価格

価格 2WD AWD(常時全輪
駆動)
スバルエクシーガCROSS
OVER7
/
2.5i Eye
Sight
なし 278万円~
Modern
Style
なし 278万円~
Active
Style
(注文受付終)
なし 276万円~
X-BREAK
(注文受付中)
なし 276万円~
N・エクストレイル
/2.0L
223万円~
330万円~
245万円~
351万円~
M・デリカD:5
/2.0L
/2.3L
/2.4L
240万円~
275万円~
285万円~
429万円~
H・オデッセイ
/2.0L
/2.4L
276万円~
339万円~
301万円~
405万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。各車と比較してみますと、スバルエクシーガCROSSOVER7の価格は丁度中間あたりですね。

あとは、ミニバンかクロスオーバーSUV車の形で決めるかです。乗せる人数も大体が同じです。お時間があれば、各販売店へいって質感を確かめるのが一番いいですね。かっこよさやおしゃれ感などデザイン性と走りを求めるならエクシーガで、大家族や実用的に車を使いたいのであればミニバンですね。

Sponsored Links

ライバル車について

日産 エクストレイル

image

出典 日産公式 エクストレイル

管理人のワンポイント説明

日産のエクストレイルですね。2016年11月、特別仕様車「20Xtt エマージェンシーブレーキパッケージ」を発売していますね。

過去に発売された車をバージョンアップしています。2017年4月3日に一部改良マイナーチェンジと特別仕様車「X-BREAK」が発売しますので、比較対象にするにはちょうどいいのではないでしょうか。

【日産新型エクストレイル】マイナーチェンジでディーゼル復活?価格や評価は?

日産が開発したSUV車のエクストレイルは、売上にも貢献した人気の車です。2013年には、3回目にフルモデルチェンジを行ないました。その日産エ...

三菱 デリカD5

image

出典 ミツビシ公式 デリカD-5

管理人のワンポイント説明

ミツビシデリカD-5ですね。D-5も2016年10月と11月に特別仕様車を出しています。詳しいことは販売店へ聞いてみましょう。日産エクストレイルとの比較できますしね。

しかし、同じ時期に特別仕様車を出すなんて車業界も大変ですね。他車の動向を見ながら、特別仕様車を販売しないといけませんから。購入予定者もしっかりと比較していい車をゲットしましょう。

【三菱新型デリカD-5】初フルモデルチェンジも燃費不正?価格や発売日は?

ミニバンで独自の世界観を持つSUV型オールラウンダーの三菱デリカD-5。現行車はなんと約10年間、その姿が変わらず息の長い車として君臨してい...

ホンダ・オデッセイ

image

出典 ホンダ公式 オデッセイ

管理人のワンポイント説明

ホンダ・オデッセイですね。オデッセイも2016年2月にハイブリッド車を発売でガソリン車と併用で販売されました。

ライバル車の中で唯一ハイブリッド車ですので、やはり燃費が26.0km/Lと一番です。燃費を選ぶかそれとも実用性をとるか・デザイン性かは購入予定者が頭を悩ましながら決める部分ですね^^

新型ホンダオデッセイの価格、燃費や発売日は?【北米2017】

2017年1月9日、アメリカデトロイドモーターショーで、北米仕様の新型オデッセイがお披露目されました。アメリカで絶大なる人気を得て、アメリカ...

スバルエクシーガCROSSOVER7の評判

まとめ

新型スバルエクシーガCROSSOVER7はいかがだったでしょうか。

元は、ミニバンといえかなり洗練されたスタイルとなって新型スバルエクシーガCROSSOVER7で蘇り、今回の一部改良や特別仕様車X-BREAKで新たなる展開を見せています。

今のところ、新型フルモデルチェンジは行ないませんが7人乗りのクロスオーバーSUV車としてさらなる強化をしていくと思われます。これからの新型スバルエクシーガCROSSOVER7の動向が楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links