デリカ新型D-5(三菱)初フルモデルチェンジも燃費不正?価格や発売日は?

ミニバンで独自の世界観を持つSUV型オールラウンダーの三菱デリカD-5。現行車はなんと約10年間、その姿が変わらず息の長い車として君臨しています。

今の三菱は風前の灯です。2017年10月現在で15個のリコールを出しています。ホンダのリコールは、1年で5回でも多いくらいなのですが、三菱のリコール数は尋常ではありません。その上、燃費不正も発覚しました。

そんな中唯一稼ぎかしらの車、三菱デリカD-5新型フルモデルチェンジが出るという話をキャッチしました。

では、新型三菱デリカD-5の特徴発売日価格燃費装備安全性能などをお話したいと思います。

Sponsored Links

三菱デリカD-5の歴史

初代(1969年-1976年) デリカコーチ(乗用車用)

初代デリカコーチ (T120C)

image

出典:ウィキペディア 三菱・デリカ

管理人のワンポイント説明

三菱デリカD-5の元は、1968年より名前をデリカとつけてバンとトラックを販売したのが始まりです。やがてそれが乗用車用デリカシリーズとなっていきます。とてもキュートな顔立ちのスタイルですね。

Sponsored Links

2代目(1979年-1986年)・3代目(国内 1986年-1999年、輸出 1986年- ) デリカスターワゴン(乗用車用)

2代目デリカ

image

3代目スターワゴン4WD エクシード ハイルーフ ‘90.9-‘94.4

image

スターワゴン4WD アクティブワールド エアロルーフ’97.11-‘99.11

image

出典:ウィキペディア 三菱・デリカ

管理人のワンポイント説明

3代目のデリカから、よく見かける車ですね。特に色がグリーンでフロントの保護棒のようなものは、とても印象的です。初代や2代目と違って野生的な車ですね。4WDなので、オフロード車向きなんでしょうね。

4代目(1994年-)デリカスペースギア

前期型4WDスーパーエクシード

image

後期型

image

出典:ウィキペディア デリカスペースギア

管理人のワンポイント説明

4代目はかなり大人しいデザインとなりましたね。後期ともなりますと、保護棒が無くなっています。ターボエンジンとグリーンディーゼルで排気量が2.5L~3.0Lでかなり大きい車となっています。トランスミッションは4ATと5MTです。この車なら「走ってる、使いこなしてる」感じが出てて、とてもいいですね。

5代目(2007年-)デリカD:5

Concept-D:5

image

フロント

image

リヤ

image

出典:ウィキペディア 三菱・デリカD:5

管理人のワンポイント説明

2005年、東京モーターショーでアウトランダーやギャランフォルティスの三菱・GSプラットフォームをベースにしたコンセプトカー「Concept-D:5」を発表

ちなみにこのあと三菱・デリカD:2・D:3(2011年~)が販売されます。この2車は、D2が3代目スズキソリオのOEM車でD3が日産バネットのOEM車となります。ですから、三菱デリカD-5は本来のデリカの流れを汲む唯一の車なのです。

Sponsored Links

三菱新型デリカD-5の発売日

image

出典:三菱公式 デリカD-5(現行車) エクステリア

三菱デリカD-5の経歴を見ますとかなりの間があいています。現行車のデリカ-D5の発売が2007年からですので、予想としては10周年記念と言うことで2017年1月に出すのではないかと言われていましたが、フルモデルチェンジの話はありませんでした。

フルモデルチェンジの前に立ちはだかるのは2016年の燃費データ不正問題です。約16年前からなんだそうです。その上、リコールもかなりの数を出しています。この問題をどうするか?ということです。しかも、そのさなか2016年の5月には三菱は、日産から買収を受けます。お互いどんな思惑があるのかわかりませんが、沈みゆく三菱に日産が手を差し伸べたのです。

ですから、総合的に考えますと新型デリカD-5の開発・販売は先延ばしになるのではないかと予測します。日産もからんできますので大幅なフルモデルチェンジがあるかもしれませんね。

Sponsored Links

最新情報として、2017年4月21日に一部改良と、特別仕様車「ACTIVE GEAR」を同年4月23日に発売しました。
デリカD-5はデイーゼルを販売していますが、三菱の燃費不正問題を機にディーゼルエンジンの排気ガス審査の基準が厳しくなり、ディーゼルが不適合になってしまいました。その上、フルモデルチェンジの話も立ち消えとなりました。
最近では、欧州がディーゼルエンジンやガソリン車さえも締め出しにかかっている情報もあり、ディーゼルエンジンの対策が急務となりました。ですから、当分のあいだ、D-5のフルモデルチェンジはお預けで、しかも発売予定は2020年以降となる模様なので、かなりの時間がかかると推測します。

三菱新型デリカD-5特別仕様車はACTIVE GEAR(アクティブギア)が追加?価格や装備?

2017年三菱新型デリカD-5は、一部改良と特別仕様車ACTIVE GEAR(アクティブギア)を追加しました。特別仕様車の雰囲気は、より本格...

三菱新型デリカD-5の特徴

プラットフォーム

三菱デリカD-5のプラットフォームには、オリジナル的なものではなく他車からの骨組みを再利用しています。ですから、三菱車にはいろいろなプラットフォームが存在します。ざっと考えても3種類あります。

新型RVRのプラットフォーム

実は、2016年~2017年にかけて、新型RVR発売という情報があります。元々、2013年の東京モーターショーで発表したConsept-XR PHEVが元になっています。

せっかく、プラットフォームを作ったのですから、流用するかもしれませんね。ただし、これも開発が遅れる可能性があります。

新型パジェロのプラットフォーム

新型パジェロフルモデルチェンジは、ちょっと期間をおいて2017年~2018年の間に行われるらしいです。しかも、デリカD-5との共有もあり得るということです。

ただし、パジェロはバランスのよい走りをしますのでデリカのように人をたくさん載せるといった雰囲気ではない車です。その点は、パジェロのプラットフォームにはなりにくいかもしれませんね。

アウトランダーのプラットフォーム

現行車のデリカD-5のプラットフォームは、アウトランダーのプラットフォームで作られています。このプラットフォームがまた古くて20年以上前の代物と言われています。

もし、アウトランダ―のプラットフォームを使うのであれば30年~40年ものの図面で新型デリカD-5を作ることになります。これってすごいですね。アウトランダ―であれば、ボディサイズもトランスミッションも2WDと4WDで、変更がないですね。

ボディーサイズ

新型予想現行車
全長47504730
全幅18001795
全高17601870
ホイール28502850

単位はmm

現行車よりも幾分長いですね。高さが約110mm低くなったことで、車のバランスはどうでしょうね?旧デリカD-5を乗っていた人が新型に乗り込むときに頭を打ちそうな気がします。

あくまでも想像で、身体の感覚的なものですけど。新型がお目見えした時は、ぜひ販売店で確認してみてくださいね。

Sponsored Links

エンジン

4WD クリーンディーゼル車4WD ガソリン車2WD ガソリン車
パワーユニットDOHC 16バルブ・4気筒(コモンレール式DI-D インタークーラーターボチャージャー付)DOHC 16バルブ・4気筒DOHC 16バルブ・4気筒
最高出力109[148]/3500125[170]/6000110[150]/6000
最大トルク360[36.7]/1500~2750226[23.0]/4100191[19.4]/4200
排気量226723591998
トランスミッションINVECS-II 6速スポーツモード A/TINVECS-III CVT・INVECS-III 6速スポーツモードCVTINVECS-III CVT・INVECS-III 6速スポーツモードCVT

現行車のエンジン表です。排気量が2.0L~2.3Lですね。ターボ車関係でディーゼルターボエンジンの改良をするかもしれません。2個の小型ターボを付けるらしいのですが、詳しい情報は入ってきておりません。もし、2個の小型ターボを使い分けることが可能であるなら、幅広い回転数をあげられます。

それか、1.5Lクラスのガソリンエンジンのダウンサイジングターボでマイルドハイブリッドシステム(スズキのハイブリッドシステム)を積むという話が出ていますが、これはおそらく難しいですね。他車のシステムがデリカD-5に入るということはもう別物になってしまうからです。

あとは、新型デリカD-5の4WDシステムはS-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール)を採用予定です。新型アウトランダーに搭載されてるシステムでそれの流用となる見込みです。特にアウトドアや悪路走行で威力を発揮。タイヤの無駄な動きをコントロールし快適な運転をさせてくれます。燃費まで無駄を省くシステムです。

Sponsored Links

燃費について

現行車新型
燃費10.6~13.015.0?

単位:km/L(JC08モード燃費)

この手の車は、排気量も2L以上でボディーが大きく、重さもかなりあります。ですからかなり燃料を使いますので、燃費効率が悪いです。今回の新型デリカD-5は、エンジンの改良をする予定なので、せめて、目標燃費15.0km/Lくらいには向上したいと考えているようです。

実際の実燃費は、ガソリン車で10.59km/L、デイーゼル車で10.86km/Lと2桁ぎりぎりのラインです。ここはやはり、2桁を死守したいです。車体が大きいのでどこまでできるか?それに日産の傘下に入ってしまったので、エンジンの改良と燃費向上もどこまでするのか。

問題は、デイーゼルが不適合となってしまい、ディーゼルエンジンの立ち位置が、すこしあやふやになっています。ここは、対策として思い切って、日産のe-powerを搭載するのも手だと思いますね。

ボディー色

image

出典:三菱公式 デリカD-5 エクステリア ディープシーグリーンマイカ / アイガーグレーメタリック

2トーン
ディープシーグリーンマイカ / アイガーグレーメタリック
アイガーグレーメタリック /ダイヤモンドブラックマイカ
ウォームホワイトパール / スターリングシルバーメタリック
単色
スターリングシルバーメタリック
ウォームホワイトパール
アイガーグレーメタリック
ダイヤモンドブラックマイカ

image

出典:三菱公式 デリカD-5 エクステリア

現行車のボディー色ですね。やはり人気なのが昔からあるディープシーグリーンマイカ / アイガーグレーメタリックではないでしょうか。いかにも山や川、雪道を力強く走りそうですね。

新型デリカD-5のボディー色の変更があるかはわかりませんが、もし、入れてくれるのであればレッドやイエローを入れてほしいなと思います。ちょっと派手にしてもいいのではないかとあくまでも個人的な意見ですが。

Sponsored Links

装備について

内装

image

image

出典:三菱公式 デリカD-5 インテリア

現行車の内装です。さすが、どっしりとしたインテリアですね。アウトドアに特化した車だと言えますね。後ろはゴルフバッグも2個入れています。かなり後ろが広く取れるってことですね。元バンだったので収納はおまかせという感じです。今回の新型デリカD-5では、どうなるでしょうか?楽しみですね。

外装

出典:You Tube 2015 Mitsubishi Concept AR – Exterior Walkaround – 2014 Geneva Motor Show

近未来的なデザインですね。2013年に発表されたコンセプトモデル:MITSUBISHI Concept ARです。これが新型デリカD-5とも言われています。

プラットフォームの方では、3種類候補が上がっていますが、開発部がどれを使うかはわかりません。デザイン的と新しくやりかえるなら、断然こちらの方がいいですね。

ですが、何度も言いますが不正問題で揺れています。へたをすれば、開発に遅れが生じ開発はなしという場合があります。これだけ力のある車が消えるかもしれません。ぜひ、三菱・日産とも頑張って新型デリカD-5も開発してお披露目をしてほしいものです。

安全性能

リブボーンフレーム
RISE(衝突安全強化ボディ)
歩行者保護対策ボディ(おもにフロント部分)
復元性の高い樹脂フェンダー(タイヤの上の部分)
SRSエアバッグシステム(運転席&助手席・運転席足元・側面)
アクティブコーナリング(ACL)後退時連動機能付
デルタウインドウ&サイドアンダーミラー(補助確認装置・三角窓とサイドアンダーミラー)

現行車の安全性能です。新型デリカD-5の安全性能は、まったく情報が上がってきません。かなり頑丈にできていますので、改良はしないのでは?と思います。

もし改良するのであれば一番上のリブボーンフレームを強化するかもしれませんね。デリカD-5は、悪路を走ります。少しでもフレームを強化したいものですね。

もし、フルモデルチェンジで日産と共同開発した場合、日産の安全装備のインテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)が採用れるかもしれません。

新型三菱デリカD-5の価格

新型三菱デリカD-5は、現行車でも最低でも240万円~405万円-となっていますので、今回の新型デリカD-5フルモデルチェンジの値段を考えますと、若干今の値段よりもまた高くなる可能性があります。

未だに、リコールや燃費不正問題で揺れてますし、2017年9月、燃費不正問題の再発防止策実施状況を国土交通省に報告しました。価格は据え置きということに落ち着くのではないかと思います。

Sponsored Links

ライバル車について

日産・セレナ

image

出典:日産公式 セレナ

実は、デリカD-5のライバル車といえる車がないのです。あえていうならばミドルのワゴン・ミニバン系がライバルとなります。

その一番が日産セレナになります。燃費は、ガソリン車で15.0km/L(JC08モード燃費)・ハイブリッド車で17.2km/L(JC08モード燃費)で、デリカD-5は、10.6(ガ)~13.0(デ)km/L(JC08モード燃費)で負けています。今回のフルモデルチェンジで15.0km/L(JC08モード燃費)を出すことができるか?楽しみですね。

最新情報では、2016年7月13日、フルモデルチェンジを実施しました、内容は、「プロパイロット(自動運転技術)」を搭載し、価格は243万円-372万円ーとかなりお高い設定されています。

日産セレナ2016フルモデルチェンジ徹底解説!価格や燃費、色・装備の最新情報

思い起こせば、1991年日産セレナは登場しました。7~8人乗りのミニバンで、大家族や大勢の友達たちがドライブを楽しめるようにと開発された車で...

【日産新型セレナe-POWER&NISMO】発売日や燃費・価格は?ライバル車比較!

2016年11月2日から販売が始まったばかりの日産新型ノートがレンジエクステンダー型EVとなるe-POWERを搭載。さらに日産は追い打ちをか...

ホンダ・ステップワゴン

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

デリカD-5の燃費は、10.6(ガ)~13.0(デ)km/L(JC08モード燃費)ステップワゴンの燃費はガソリン車で15.0~17.0km/L(JC08モード燃費)、ハイブリッド車で、25.0km/L(JC08モード燃費)となります。

もうちょっとデリカD-5の燃費を頑張ってほしい感じなんですが、ほんと特化型の車で我が道を行くタイプの車です。よほどアウトドアが好きな人でないとちょっと手に負えないです。D-5を購入する際は、真剣に考えたほうがいいですね。値段も値段ですしね

最新情報では、2017年9月29日マイナーチェンジを発表し、販売を始めました。今回はハイブリッドを搭載し、ホンダ初のWLTCモードの認可取得しました。WLTCモードは、実燃費に近い数値を出すことに、目標をおいています。

【新型ホンダステップワゴン&スパーダ】ハイブリッドで価格や燃費は?発売日と評判は?

ホンダステップワゴンは、1996年に登場しました。当時は、商用車用のワゴンではなく乗用車で作られた画期的なワゴンだったので、とても人気を得ま...

デリカD-5の評判

まとめ

新型三菱デリカD-5はいかがだったでしょうか?

いろいろと燃費不正やリコールなどの情報が飛び交ってはいますが、デリカD-5は無骨にも生き延びています。今回のフルモデルチェンで新しく生まれ変わることができるか?ですね。デザインも斬新で世界でもめずらしいオフロード用とミニバンの要素を取り入れた車です。

燃費や価格ではちょっと敬遠しそうですが、まぎれもなく魅力的な車です。三菱・日産が今後、どのくらいこの伝統あるデリカD-5を進化させるか見ものです。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links