【ホンダ新型N-BOX】フルモデルチェンジの価格と燃費や評判は?

ホンダの軽自動車といえば、やはりN-BOXが有名ですね。2011年11月から発売されて背の高いハイト軽自動車として人気を得ました。それからの勢いが止まりません。全国軽自動車連合で販売統計を発表するランキングが常に第1位を獲得。

正直な話、ここまでの人気車ともなりますと、どこでフルモデルチェンジをすればよいか、ホンダは決断できませんよね。しかし、今回新型N-BOXフルモデルチェンジの話が飛び込んできました。

では、新型ホンダN-BOXの発売日特徴評判、気になる価格装備安全性能ライバル車の動向など、お話したいと思います。

Sponsored Links

ホンダ N-BOXの歴史

初代 JF1/2型(2011年 – (全体))

N-BOX(前期型) フロント

image

出典:ウィキペディア・N-BOX

N-BOX+ カスタム(前期型)G・ターボパッケージ

image

出典:ウィキペディア・N-BOX

N-BOX G・Lパッケージ(後期型)

image

出典:ウィキペディア・N-BOX

販売台数 N・N+ タント ミラ
2011年4月~12年3月 47329

(販売開始)

139322 171301
2012年4月~2013年3月 236287

(NO1)★

162782 190490
2013年4月~2014年3月 225900

(NO1)★

180588 164027
2013年4月~2015年3月 188922 214867(NO1) 123007
2015年4月~2016年3月 172614

(NO1)

155768 85326

出典:全国軽自動車協会連合・軽四輪車通称名別新車販売確報

管理人のワンポイント説明

ホンダ・N-BOXのグレードは、3種類あります。N-BOX(2011年~)エアロパーツを装備した「カスタム」の2本立て販売。

N-BOX+(2012年~)では車いす仕様車もお披露目4WD車を全タイプに設定、ただし、N-BOXは福祉車両の指定は受けていませんN-BOX SLASH(2014年~)とマイナーチェンをしています。

軽四輪車新車販売台数No.1獲得を2年連続(★)しています。

新型ホンダN-BOXの発売日

Sponsored Links

販売数でもライバル的な存在のダイハツタントが近くフルモデルチェンジ(2017年の冬辺り)をするらしいとの情報があります。

N-BOXは2011年11月~販売をしてこれといった大きなモデルチェンジをしていません。なぜなら、NO1の称号をもらっているからですね。へたにモデルチェンジをしてしまい、もし評判が悪ければ販売台数を落とす羽目になると考えてしまうのです。

ですが、先手必勝でおそらく2017年の夏辺りで新型N-BOXを出すのではないかと予測しています。ここでモデルチェンジしませんと、いつするのですか?という感じですかね。

新型ホンダN-BOXの特徴

エンジン

パワーユニット 直3DOHC(ターボあり)
トランスミッション CVT(パドルシフトあり)。
駆動方式 2WD・4WD
排気量 658cc
管理人のワンポイント説明

現行車N-BOXのデータです。パドルシフトは、ハンドルの隙間に薄いボタンを付けてそこで押しながら変速するシステムです。レーシングでは当たり前の使われているシステムです。

今のところホンダの軽自動車のハイブリッド車は作られていません。ホンダフィットやフリードがハイブリッド化になっています。

もしかしたら・・・、スズキのエネチャージに対抗してホンダ軽の初ハイブリッド化がN-BOXによって行われるかもしれません

燃費はどのくらい?

各軽自動車の燃費&重量表

名前 ホンダ トヨタ 日産 スズキ ダイハツ
N-BOX 25.6
N+ 24.4
カスタム 25.6
ピクシススペース 27.6
ピクシスエボック 35.2
デイズ 23.6
デイズルークス 22.0
スペーシア 32.0
ワゴンR 33.0
タント 28.0
ムーブ 31.0
重量 950 840 830 790 940

*単位は、JC08燃費のkm/lです。重量はkg。

管理人のワンポイント説明

現行車の軽自動車を集めて、燃費をNシリーズと比べてみました。販売台数がNO1の割には、燃費が低いんですよね。今回の新型N-BOXを出すにあたり、燃費の向上がキモとなります。JC08燃費・25.6km/LからJC08燃費・31.0km/Lへ燃費目標にしています。約6km/Lはかなりハードルをあげましたね。

重量他の軽と比べて若干重いですね。重さはミクロン単位の世界になりつつありますから、少しでも車体が軽くなれば、それだけ燃費もかからなくなりますからね。重量もどのくらい改善できるかですね。

因みに、NBOXとNBOX+との違いは室内スペースが広いか狭いかにあります。Nの方は人が中心で、N+が主に荷物を載せるといった機能的な車のイメージです。

Sponsored Links

次世代プラットフォーム

センタータンクレイアウト

image

広さのひみつは

Hondaの特許技術

「センタータンクレイアウト」。

30L以上もある燃料タンク。通常は後席や荷室の下にあり、そのぶん床が高くなっています。N-BOXは、Hondaの特許技術「センタータンクレイアウト」を採用。燃料タンクをほとんど活用されることのなかった前席の下に置くことで、後席から後ろの段差を大幅に減らし、使える空間を劇的に拡大しています。

引用元:ホンダ公式・快適空間

管理人のワンポイント説明

ンタータンクレイアウトは、ホンダの特許なんです。タンクを下に入れることによって、室内空間を広げたのです。乗り降りもスムーズにできますし、荷物もたくさん詰めることができます。

特にお子さんが多い家族では、例えばレジャーの際にはほらベビーカーだの、遊び道具だの、物を載せることが多いですよね。ホンダN-BOXが売れた背景には室内が広く使い勝手がよかったからですね。燃費よりも広さでNO1を取ったわけです。

このセンタータンクレイアウトを元に、新型N-BOXの軽量化をどこまで推し進めていくかで、勝敗は決まってくると思います。

Sponsored Links

ボディ―サイズ

N-BOX タント
全長 3395 3395
全幅 1475 1475
全高 1780 1750
ホイールベース 2520 2455
室内長 2180 2200
室内幅 1350 1350
室内高 1400 1365

*単位はmmです。

管理人のワンポイント説明

ホンダ・N-BOX・ダイハツタントは現行車の数字です。若干、N-BOXの方が室内高が35mmと高いです。人気の所以ですね。たかが35mm、されど35mmです

ですが、ダイハツタントも巻き返しをしてきますので、室内のレイアウトをどのようにしていくかで今後の戦いが決まってくるでしょう。

ボディ―色

単色

image

出典:ホンダ公式・N-BOX・カラー

プレミアムベルベットパープル・パール (N-BOX Custom全タイプ)

プレミアムホワイト・パールⅡ (全タイプ)

ルナシルバー・メタリック (N-BOX全タイプ)

クリスタルブラック・パール (全タイプ)

プレミアムディープモカ・パール (N-BOX全タイプ・Cを除く)

プレミアムピンク・パール (N-BOX全タイプ・Cを除く)

プレミアムアイボリー・パール (N-BOX全タイプ・Cを除く)

ブリティッシュグリーン・パール (N-BOX全タイプ・Cを除く)・(N-BOX Custom全タイプ)

シャイニンググレー・メタリック (N-BOX Custom全タイプ)・(カスタム特別仕様車を除く)

ブリリアントスポーティブルー・メタリック (N-BOX Custom全タイプ)・(カスタム特別仕様車を除く)

プレミアムベルベットパープル・パール (N-BOX Custom全タイプ)

プレミアムディープロッソ・パール (N-BOX Custom全タイプ)・(カスタム特別仕様車を除く)

image

出典:ホンダ公式・N-BOX・カラー

2トーンカラー(特別仕様車とパッケージ車用)

image

出典:ホンダ公式・N-BOX・2トーンカラー

ミラノレッド&ブラッグ

プレミアムピンク・パール&パール

プレミアムディープモカ・パール&ホワイト

プレミアムアイボリー・パール&ブラウン

ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ホワイト

プレミアムホワイト・パールⅡ&ブラック

ブリティッシュグリーン・パール&シルバー

ブリリアントスポーティブルー・メタリック&シルバー

プレミアムベルベットパープル・パール&シルバー

ミラノレッド&ブラッグ

image

出典:ホンダ公式・N-BOX・2トーンカラー

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーカラーは全20種類です。2トーンカラーが豊富にありますね。

単色系では、やはりメタリック系パール系が多いですね。一番、印象的なのが、やはりプレミアムベルベットパープル・パール ですね。この色を見ますと走りがよく見えます。あと、プレミアムディープロッソ・パールもいいですね。

車自体は大家族向きなんですが、一瞬車を見たらデザインやカラーは若者向きなんですよね。若い年齢層なら、色に興味を持ちそうですね。今後の新型ホンダN-BOXも、このような形でアピールしていくといいですね。

装備について

内装

image

出典:ホンダ公式・N-BOX

スライドリアシート装着車

image

スライドリアシート非装着車

image

出典:ホンダ公式 荷室・収納

管理人のワンポイント説明

現行車のN-BOXの室内です。広い空間ですね。スライドシートは、タイプ別メーカーオプションとなります。画像を見てみますと、後部座席が前にズレています。センタータンクレイアウトのおかげで、エンジンが真ん中にきています。後部座席を前にスライドしやすく、たくさんの荷物が載せられます。この仕組みで人気を得ましたから、2年連続販売台数NO1もうなずけます。

あとは、これらを活かして、燃費向上だけです。今回の新型N-BOXを開発にあたり、ホンダの技術が試されます。

外装

image

image

image

出典:ホンダ公式・安全装備

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。外装で凝りたいところは上記のようなところですね。ですが、全てタイプ別でしかもメーカーオプションです。標準装備かどうかで分れてきます。

基本グレードが上がるにつれて標準装備になっていますが、その分値段が張ってきます。今自分や家族にどのような車が必要なのか?を検討してみましょう。

安全性能

image

出典:ホンダ公式・性能 安全

・ エマージェンシーストップシグナル (危険を察知し、ハザードランプ高速点滅)

・ VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)

・ ヒルスタートアシスト機能(坂道等での発進時、後ろに下がらない機能)

・ 衝突安全設計ボディ(Honda独自の衝突安全技術「G-CON」を採用)

・ 運転席用i-SRSエアバッグ(早く長く優しく膨らむ感じ)

・ 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)

・ 頚部衝撃緩和フロントシート

ホンダセンシング

出典:You Tube 安全運転支援システム『Honda SENSING』

管理人のワンポイント説明

N-BOXには、あんしんパッケージがあります。あんしんパッケージは、特別仕様車以外は、すべてメーカーオプションになります。これがもし今度の新型N-BOXに標準装備でついたら、けっこういい線で売れるのではないかと思います。

実は、強力な安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載する話も出ていますあんしんパッケージ+ミリ波レーダー × 単眼カメラ の精度の高い検知能力を付けたシステムです。ですが、これもたぶんメーカーオプションになりそうですね。

新型N-BOXでは、せめてあんしんパッケージくらいは標準装備でないと他社の車との差別化が難しいのでは?と思いますね。

私なら、「え!あんしんパッケージ標準でついてるの!」ってびっくりしてすごくお買い得感しちゃいますが・・・。さあ、ホンダさんはどうでるか楽しみですね。

新型ホンダN-BOXの価格

N-BOX 2WD 4WD
C 120万円~ 130万円~
G 130 140
G・Lパッケージ 137万円~ 150万円~
G特別仕様車SS
パッケージ
150万円~ 160万円~
G・ターボLパッケージ 150万円~ 160万円~
G特別仕様車ターボSS
パッケージ
162万円~ 180万円~
G・Lパッケージ2トーンカラースタイル 140万円~ 160万円~
G特別仕様車SS
パッケージ2トーンカラースタイル
150万円~ 160万円~
G・ターボLパッケージ2トーンカラースタイル 150万円~ 170万円~
G特別仕様車SS
ターボパッケージ2トーンカラースタイル
170万円~ 180万円~
2WD 4WD
カスタム・グレードは上記と同じ 150万円~180万円まで 160万円~193万円まで
管理人のワンポイント説明

現行車の値段を表にしました。基本は120万円からですね。これからいろいろと装備をつけてますと、値段が当然上がります。そして、上がれば上がるほど、標準装備になります。ですから、今回の新型N-BOXの購入にあたり、自分または家族にとってどのような装備をつけていくか考える必要があります。

安全装備などはつけておいていいですね。各社の車は、安全装備はかならずといってよいほど車に装備するはずです。大体メーカーオプションです。

交渉次第では、ディーラーあたりで安く込みでつけてくれることもあるでしょうが。販売店もプロですから、足元を見ます。できれば気持ちよく車を購入したいので、購入者予定の人も、いろいろと調べてみて賢くやっていくのがいいですね。

あとは、ディーラーさんと仲良くなることですね。信頼があればすこしは融通が利くかもしれません。

Sponsored Links

ライバル車はタントとワゴンR

ダイハツ タント

image

出典:ダイハツ・タント外観

管理人のワンポイント説明

なんといっても、同じ土俵として立ちはだかるのはやはりダイハツタントです。室内の高さが現行車のN-BOXと比べますと若干低いです。ただでは起きないダイハツです。きっと広い室内を作り上げるに違いないですね。

新型N-BOXが発売されるかもしれない前後に、タントを投入することもありえます。両社とも、しのぎを削っていますね。

スズキ ワゴンR

image

出典:スズキ公式・ワゴンR

管理人のワンポイント説明

トールワゴンのさきがけのワゴンRですね。新型ワゴンRがすでにenエネーチャージというハイブリッドシステムを入れています。燃費はすでにワゴンR・33km/LN-BOX・25.6km/Lで負けています。今後のホンダの燃費向上の課題が浮彫りですね。

N-BOXの評価・評判

管理人のワンポイント説明

代車でNーBOXを乗った感想が載っていました。やはり視界が広く運転しやすかったようですね。エンジンのパワーに驚いています。しかも120km/Lを出しているということは、高速での走りでしょうか。N-BOXに期待感ですね。

ただし、価格を考えますといろいろな装備はつけられない現実もあるんですね。

まとめ

新型ホンダ・N-BOXは、いかがだったでしょうか。

ハイト軽自動車NO1まで上り詰めたN-BOX。次の手はいかなるものであるか楽しみですね。

燃費向上や室内高さを維持しながら、安全性能を高さをさらにアップすることができればいいですね。これからの新型ホンダN-BOXが楽しみです。

因みに、N-BOX SLASH(2014年~)は、新型N-BOXが発売となった暁には、モデルチェンジをしないまま廃版となる予定なんだそうです。

ホンダが、本気で軽自動車の改革に乗り出したということですね。ますます、目が離せませんね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links