【新型トヨタプリウスα】フルモデルチェンジで燃費や価格は?発売日や評価は?

トヨタプリウスαは、セダンプリウスハイブリッドから派生した車です。プリウスという名の一員として5人乗りのステーションワゴンタイプと7人乗りのミニバンタイプが作られたんだそうです。かなりに人気を得ました。

このトヨタプリウスαは、2011年の3代目から生まれて、かれこれ5年目が過ぎようとしています。周期的に言いますともうそろそろフルモデルチェンジに季節ですが、その間、2015年には大元である3代目プリウスが4代目を襲名。

それを受けてか、じわじわとトヨタプリウスαも新型フルモデルチェンジをしたほうがいいのではないかと話が出てきているようです。

では、新型トヨタプリウスαの特徴発売日燃費価格装備安全性能評価ライバル車など今、入っている情報を整理してお伝えします。

Sponsored Links

トヨタプリウスαの歴史

前期型 G”ツーリングセレクション”2011年 –

image

後期型Sツーリングセレクション

image

出典:ウィキペディア トヨタプリウスα

管理人のワンポイント説明

ヨタプリウスαは2011年の1月に北米のモーターシショーでワゴンタイプの車を発表。名前はプリウスV。その後米国仕様で販売されました。

2011年3月には、欧州向けのミニバンタイプ・プリウス+を発表。日本でもプリウス・スペースコンセプトを発表し、4月に発売という段取りでしたが、3月11日は東日本大震災が発生し、部品調達ができなくなり発売延期を余儀なくされました。

2011年5月13日にやっとプリウスαの名前で日本での発売が開始されました。何回かのマイナーチェンジと特別仕様車を得て、2016年11月まで至っています。

新型トヨタプリウスαの発売日

image

出典:トヨタ公式 プリウスα

新型トヨタトプリウスαの発売時期はいつか?とても気になりますよね。2011年生まれで現在2016年の11月です。5年の月日が流れています。来年の2017年の春か・秋ごろではないでしょうか

2016年末には、次期クロスオーバーSUV車「C-HR」の発売が控えています

流れ的にも販売時期をずらさないと工場がパンクしてしまいます。「C-HR」の販売が落ちついたころに、新型トヨタプリウスαが販売されると予想します。

【トヨタ C-HR・SUV車】価格や燃費は?内装やサイズ、ライバル比較は?

大注目のトヨタCーHR! 日本では、今空前のSUVブームが起きています。元々SUV車はアメリカで人気が出てきました。燃費が悪いもかかわ...

新型トヨタトプリウスαの特徴

プラットフォーム

image

出典:トヨタ公式 プリウス (TNGA)

管理人のワンポイント説明

トヨタのプラットフォームといえば、やはりトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)です。軽量化・低重心化・高剛性化・低コスト化をコンセプトにした目標設定ですね。

これにより自由なプラットフォーム作りができるようになりました。今回の新型プリウスαのプラットフォームもこのTNGAで作られて開発されます。

Sponsored Links

エンジン

エンジン プリウスα プリウス プリウスアクア
パワーユニット 1.8L直列4気筒+モーター 1.8L直列4気筒+モーター 1.5L直列4気筒+モーター
最高出力 73[99]/5200 72[98]/5200 54[74]/4800
最大トルク 142[14.5]/4000 142[14.5]/3600 111[11.3]/3600~4400
最高出力 60[82](モーター) 53[72](フロントモーター) 45[61](モーター)
最大トルク 207[21.1](モーター) 163[16.6](フロントモーター) 169[17.2](モーター)
最高出力 なし 5.3[7.2](リアモーター) なし
最大トルク なし 55[5.6](リアモーター) なし
トランスミッション 電気式無段変速機 電気式無段変速機 電気式無段変速機
駆動方式 2WDのみ 2WD/E-Four 2WDのみ

*最高出力単位:kW(PS)/r.p.m

*最大トルク単位:N・m(kgf・m)/r.p.m

*最高出力単位(モーター):kW(PS)

*最大トルク単位(モーター):N・m(kgf・m)

出典:You Tube PRIUSα ハイブリッドシステム 【技術】

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。プリウスにはモーターが2個ついています。プリウスαには搭載されていません

ですから、今回の新型プリウスαに搭載する可能性があります。ただし、モーターを1個増やすのでその分の場所作りが大変です。

また、駆動方式も2WDにE-Fourを追加するのではないかという話があります。これは、機械式の4WDではなく、完全電子制御によるシステムです。つまり、いつでも臨機応変に2WD~E-Fourへ変換ができます。そうすることによって、より安定な運転走行を実現します。その上、燃費向上しますので画期的な仕組みと言えますね。

プリウスアルファーにもPHV搭載?

あと、プリウスαにもPHVが搭載されるのでは?と噂されています。

ワゴン・ミニバン系でPHVともなりますと他車にとってけっこう強力な車となりますね。実際のところ、2016年年末にかけて新型プリウスPHV車が発売予定です。2017年は、トヨタひとり勝ちのような気がしますね。

【新型プリウスPHV】価格や発売日は?燃費、走行距離や充電は?

トヨタ・プリウスは HVの王者として君臨していますが、その上にはモンスター級のヤバいHVが存在します。それが新型トヨタプリウスPHVなのです...

燃費

燃費 プリウスα(ワゴン) プリウス(セダン) プリウスアクア(セダン)
1.8L 26.2 37.2[34.0] なし
1.5L なし なし 37.0

*JC08モード:km/L

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。プリウスと比べてもやはり燃費は劣っていますね。ですから、PHVのうわさが立つわけです。

もしPHVでなくてもプリウスアクアのようの排気量を1.5Lにすれば、燃費も向上します。車体の差別化と排気量の差別化がうまくいっていますので、新型プリウスαは、やはりアクア級の37.0km/Lの燃費を目標にしてもいいのではないでしょうか。

Sponsored Links

ボディーサイズ

プリウス プリウスα プリウスアクア
全長 4540 4630~45 3995~4030
全幅 1760 1775 1695
全高 1470~75 1575 1455~90
ホイールベース 2700 2780 2550
室内長 2110 1910 2015
室内高 1490 1520 1395
室内高 1195 1220 1175
管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズです。プリウスαのボディ―サイズはステーションワゴンタイプなので、若干大きいですね。新型プリウスαでは、PHVの設定や室内空間の充実でかなりボディーサイズが変更となるようです。どうなるかは、実際のところ見てみないとわかりませんが、大幅な変更があると推測します。

ボディー色

image

出典:トヨタ公式 プリウスα ボディーカラー ダークブルーマイカ

スーパーホワイトⅡ

ホワイトパールクリスタルシャイン

シルバーメタリック

グレーメタリック

アティチュードブラックマイカ

スーパーレッドⅤ

オレンジメタリック

ダークシェリーマイカメタリック

ダークブルーマイカ

image

出典:トヨタ公式 プリウスαカラーチャート

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。主に外観やエンジンシステムの変更が行われるだけなので、新型トヨタプリウスαのボディー色の変更はないと推測します。

もし新しい色を付けるとしたら、ルーフの色をつけて2トーン色になるかもしれませんね。より都会的なスタイリッシュな感じになると思います。

装備(内装&外装)

内装

image

image

出典:トヨタ公式 プリウスα インテリア

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。TNGAのプラットフォームでかなり室内の大きさが変わると思われます。より快適な空間を目指すでしょうから、トヨタの技術力が試されますね。

外装

出典:トヨタ公式 PRIUSα イメージムービー

管理人のワンポイント説明

現行車のイメージ動画です。プリウスと比べるとやはり流れるようなラインですね。いかにもよく走る車って感じがあります。

このイメージを壊さないように外観が作っていくと思います。こまごまとした部品の変更もあるでしょうが、見た目重視です。

新型プリウスαは、他車に負けない運動量とデザイン性を持っています。あとは燃費が上がれば、ワゴン車では敵なしでしょうね。

安全装備

image

出典:You Tube トヨタ公式 【シエンタ】安全機能解説(Toyota Safety Sense C)

出典:You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】

出典:You Tube 【クラウン】機能紹介 / ITS Connect【技術】

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。トヨタにはToyota Safety Sense C・Pがあります。プリウスαの表を見るかぎりToyota Safety Sense Cの名がありません。一部に同じ装備がありますがないものがあります。

ということは、今回の新型プリウスαは、Toyota Safety Sense C・Pかどちらかをパッケージする可能性があります。プリウスにはPを搭載、アクアにはCを搭載しています。

いずれにしても安全性能の統一を図らなくてはいけません。アクアの上を行くなら断然Toyota Safety Sense P搭載ですね。

ITSConnectも搭載?!

また、ITS Connectも搭載されるという話があります。簡単にいいますと車のあたりに周波数760MHz電波を出して、車をコントロールをして運転支援システムです。

車種が違いますので、搭載してもいいんでしょうが・・・。価格が高くなるような気がしますし、プリウスを差し置いていきなりITS Connect・しかもクラウンに搭載をプリウスαに載せるでしょうか?たぶんP止まりだと推測します。

Sponsored Links

新型トヨタトプリウスαの価格

グレード 2WD
S“Lセレクション” 247万円~
S(5人乗り) 262万円~
S(7人乗り) 282万円~
G(5人乗り) 297万円~
G(7人乗り) 317万円~
G“ツーリングセレクション”(5人乗り) 317万円~
S“ツーリングセレクション・Gʼs” 329万円~
G“ツーリングセレクション”(7人乗り) 338万円~
S“ツーリングセレクション・Gʼs” 349万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。最低価格が247万円~ですね。

全車ハイブリッド搭載なので価格的には問題ないようですが、今回の新型プリウスαでは、PHVを搭載だのITS Connectだのと憶測が飛んでいます。もし、これらを付けるとなりますとたとえメーカーオプションでも高くなります。少なく見積もって10万円~20万円ほどになります。

トヨタの技術なので価格が高くなることは仕方がないかなと思いますが、やはり自分の気に入ったプリウスを持ちたいですよね。ですから、しっかりとプリウスを知って、予算を立ててから販売店へ行きましょう

ライバル車について

ホンダシャトル

image

出典 ホンダ公式 ホンダシャトル

管理人のワンポイント説明

プリウスαのライバルは、プリウスでありアクアですが、他車にもホンダシャトルがあります。外観がすこし似ている感じですが、ステーションワゴンのハイブリッドモデルがあります

価格は、1.5L+モーターで最上級で239万円~255万円となっています。

違いは、ホンダシャトルの排気量が1.5Lということで価格が若干安くなっていることですね。ということはプリウスαに1.5Lが出ればけっこうおもしろいと思います。

トヨタトプリウスαの評価

まとめ

新型プリウスαはいかがだったでしょうか?

ハイブリッドの王者のトヨタが他車に遅れを取らないように、セダン系・ステーションワゴン系をラインアップ。価格も燃費も安全装備も抜け目がありません。恐れ入りました。

現行車の走りもスタイリッシュなデザイン。現行車を見れば、今後発売されるであろう新型プリウスαの出来はピカイチだと思います。これからさらにどんな進化をしていくのか楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links