【トヨタ新型車ルーミー】特徴・エンジン・価格・安全装備は?ソリオのライバル車2016年11月発売!

トヨタが、本格的な小型車を作る布石として新型「ルーミー」をダイハツと共同開発します。

トヨタの印象としては、どちらかと言えば普通自動車のイメージがありましたね。

実はトヨタのパッソでは、ダイハツのブーンのOEM車として発売されています。

ダイハツは2016年8月1日付で、トヨタの完全子会社になりました。ダイハツといえば軽自動車から小型車で有名ですね。

では、トヨタ新型「ルーミー」特徴エンジン価格、安全装備は?
気になるライバルのスズキ・ソリノとの比較を解説していきましょう。

Sponsored Links

新型トヨタ「ルーミー」の発売日

image

出典 ウィキペディア:トヨタ・Bb

新型トヨタ「ルーミー」はトヨタのbBやラクティス、パッソ、同列のダイハツのクー(Coo)の後継車とも言われています。

ですから、当然トヨタから「ルーミー」として、ダイハツからは「トール」の名前で販売します。

発売日は、トヨタが2016年、11月9日ダイハツが2016年、11月8日です。ダイハツの方が1日早いですね。

Sponsored Links

トヨタ新型「ルーミー」の特徴

エンジン

・NA

1.0L 直3気筒エンジン

最高出力:69ps/6,000rpm

最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:24.6km/L

・ターボモデル

1.0L 直3気筒ターボエンジン

最高出力:98ps

最大トルク:14.3㎏m

トランスミッション:CVT

JC08モード燃費:21.8km/L

管理人のワンポイント説明

NAは、Natural Aspiration(ナチュラル・アスピレーション)といいます。自然呼気といい、加給機(ターボ・スーパーチャージャー)のように圧縮した空気を送ってエンジンの中を燃焼させることではなく、ごく自然な形でエンジンを燃焼させることをいいます。

ターボは、エンジンの燃焼室へ圧縮した空気を送り込んで、一気にパワーをあげることで走りをよくします。

ボディサイズ

ルーミー Bb ラクティス クー
全長 3750 3795 3995 3800
全幅 1670 1690 1695 1690
全高 1740 1635 1585 1635
ホイール 2500 2540 2550 2540
室内長 2180 1935 1875 1970
室内幅 1480 1420 1420 1420
室内高 1355 1330 1310 1330

*単位はmmです。

管理人のワンポイント説明

ルーミーの高さがダントツですね。長さと幅は、あまり変わらないようです。その点、室内は、かなり頑張って広くとっているようですね。

ホイールベースが、ちょっと小さくなっています。

装備

・安全装備

新型パッソ /ブーンで搭載された「スマートアシストⅡ」の採用の予定です。

「スマートアシストⅡ」には、5つの機能がついています。

1 衝突回避支援ブレーキ機能

2 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

3 車線逸脱警報機能

4 誤発進抑制制御機能

5 先行車発進お知らせ機能

出典:You Tube・【パッソ】毎日乗るクルマに、もっと安心を

管理人のワンポイント説明

「スマートアシストⅡ」の安全装備がつけば、安心ですね、他の標準装備がカタログ確認をしていませんが、トヨタのbBやラクティス、パッソ、同列のダイハツのクーの後継車なので、これらに近い装備がつく可能性があります。

Sponsored Links

ファインブルーマイカメタリック

image

出典:トヨタ・パッソ

プラムブラウンクリスタルマイカ

image

出典:トヨタ・パッソ

ブライトシルバーメタリック

image

出典:トヨタ・パッソ

パールホワイトⅢ

image

出典:トヨタ・パッソ

ブラックマイカメタリック

image

出典:トヨタ・パッソ

レーザーブルークリスタルシャイン

フレッシュグリーンメタリック

マゼンタベリーマイカメタリック

ブリリアントカッパークリスタルマイカ

管理人のワンポイント説明

トヨタ新型ルーミーの画像は、2016年9月時点で出ておりません。

表記されていな色は、特別限定色となる可能性がありますので、色が分る範囲でトヨタのパッソから拝借しました。

また、色の変更があるかもしてませんので、あくまでも参考程度ととしてとどめておいてくださいね。

【新型ダイハツ・トール★トヨタ・ルーミー&タンク】燃費や評判は?CM徹底比較!

【新型ダイハツ・トール★トヨタ・ルーミー&タンク】燃費や評判は?CM徹底比較!
2016年11月9日新型ダイハツ・トールが発売されました。トールの名前の由来は北欧神話に出てくる雷神”THOR”と発音が同じ”TALL”を意...

ルーミー価格

NAモデル

140万円~

ターボモデル

160万円~

管理人のワンポイント説明

1000ccクラスでの値段です。もしかしたら、1200ccクラスも出てくるかもしれません。

あとは、装備ですね。標準装備やグレード別でまた価格が変わってきます。その上オプションまでともなりますと、金額が跳ね上がります。予算を決めて価格を検討してみましょう。

ソリオはライバル車

スズキのソリオはSエネチャージを装備

ソリオは、背の高いコンパクトトールミニバンとして、絶大な支持を得ています。

スズキ独自のSエネチャージを装備して、1.2Lエンジンを採用しているにもかかわらずJC08燃費:27.8km/Lをたたき出しています。

ルーミーでも1.0エンジンでJC08モード燃費:24.6km/Lですから、約3km/Lの差は大きいと思います。

image

出典:SUZUKI・ソリオ

ボデイサイズの比較

ソリオ ルーミー
全長 3710 3750
全幅 1625 1670
全高 1745 1740
ホイールベース 2480 2500
室内長 2515 2180
室内幅 1420 1480
室内高 1360 1355

*単位はmmです。

管理人のワンポイント説明

全長は、40mmほど長いですね。高さが低く設定されているようです。ルーミーの場合は、あくまでも予想数字です。変更があるかもしれませんが、全体的には、ソリオとあまり変わらないですね。

ソリオは、将来的には燃費を30km/Lに伸ばす計画があるんだそうです。しかもハイブリッドですから、ますますソリオの人気が上がるに違いはないですねすね。

今後、トヨタ新型「ルーミー」がどんな性能をお披露目をするか楽しみですね。

【スズキソリオ】新型ストロングハイブリッド、燃費や値段・特徴や発売日は?

【スズキソリオ】新型ストロングハイブリッド、燃費や値段・特徴や発売日は?
スズキワゴンRの兄貴的な存在として、生まれてコンパクトカー・スズキソリオ。サイズと価格が売りでちょっと、軽自動車の扱いに近い車でありましたが...

まとめ

トヨタ新型車「ルーミー」はいかがでしたでしょうか?

発売日が決まっているわりには、情報がやや少な目なのですが、特徴やエンジン・安全装備や価格の情報は水面下では出ています。

少ない情報の中、満身創痍でトヨタが自信を持って売り出そうとしています。

発売されたら、評価など情報をお伝えしたいと思います。

【新型ダイハツ・トール★トヨタ・ルーミー&タンク】燃費や評判は?CM徹底比較!

【新型ダイハツ・トール★トヨタ・ルーミー&タンク】燃費や評判は?CM徹底比較!
2016年11月9日新型ダイハツ・トールが発売されました。トールの名前の由来は北欧神話に出てくる雷神”THOR”と発音が同じ”TALL”を意...
Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links