【新型マツダRX-9】ハイブリッド化で価格や燃費は?最新画像や動画は?

マツダ新型RX-7(復活)につづく車として、新型マツダ・RX-9がお目見えします。新開発のロータリーエンジンを搭載。元はマツダ・RX-8の後継車として生まれ変わり世界から注目を浴びているそうです。

では、マツダ新型RX-9の発売日特徴燃費価格装備安全性能画像、動画ライバル車評判など、今わかっている情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

マツダ・RX-9の歴史

マツダ・RX-7(3代目)(1997年1月-2002年8月・生産終了)

image

出典:ウィキペディア マツダ・RX-7

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

マツダ・RX-7です。エンジンは13B-REW型 654cc×2 直列2ローター排気量は1.3Lトランスミッションは4速AT/5速MT駆動方式はFR。丸っこいデザインが特徴ですね。2人~4人乗れるようですが、見た限り2人までような気がします。

【マツダ新型RX-7復活】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日や評判は?

【マツダ新型RX-7復活】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日や評判は?
マツダのスポーツカーとして、有名な車としてRX-7があります。2012年、惜しまれつつ販売が終わりました。その後、沈黙がつづきましたが、20...

マツダ・RX-8 (2003年5月 - 2012年6月・生産終了)

image

出典:ウィキペディア マツダ・RX-8

管理人のワンポイント説明

マツダ・RX-8ですね。エンジンは13B-MSP型 654cc×2、13B-RENESIS水素ロータリー 654cc×2排気量は1.3Lトランスミッションは4速、6速AT / 5速、6速MT。駆動方式はFR

RX-7とどこが違うかといいますと、4人乗りで車体が一回り大きいことですね。そしてエンジンは水素ロータリーを搭載。他社では見られないエンジンを作っています。惜しまれながら2012年に生産・販売終了となりました。陰では新型RX-9や新型RX-7の開発が進んでいたようです。

新型マツダRX-9の発売日

image

出典:マツダ公式 RX-VISION

新型マツダRX-9の発売日がとても気になりますよね。実は2017年は、量産型ロータリーエンジンを搭載した「マツダ・コスモ」が世界初で誕生して50年目の節目となります。ロータリーエンジンの話題を持ってくるにはとてもいい時期なのです。

2017年には、東京モーターショーでプロトタイプをお披露目。何事もなければ、2019年の東京モーターショーで進化した市販モデルをお披露目。

2020年に、マツダ創業100周年と東京オリンピックに合わせて記念車として販売される運びとなっています。

ただ、マツダRX-7の復活も囁かれていますので、RX-7との調整がどのようになるか、優先順位があるのかは定かではありません。しかも、コンセプトモデルが存在しています。名前は、マツダ RX-VISIONです。この車から派生して作るのか、どのような差別化するのか、例えば車体の大きさなども現在のところはわかっていません。

Sponsored Links

新型マツダRX-9の特徴

プラットフォーム

image

出典:マツダ公式 SKYACTIV TECHNOLOGY

新型マツダRX-9のプラットフォームは、SKYACTIV TECHNOLOGYの理念の基づくSKYACTIV-BODY(スカイアクティブ ボディ)を使用するようですね。

要はトヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のようなものです。総合的な観点から車を一からトータル的に作る考えですね。確かにひな形がありますと作りやすいのとコスト削減などメリットがたくさんあります。

ただ、正直同じようなデザインになりそうな感じがします。特にRX-7の復活もあるといいますので、どのようなデザインで差別化をしていくかが今後の課題だと思います。

エンジン

エンジン 旧RX-8/1.3L 日産GT-R/3.8L ホンダ・新型NSX/3.5L ポルシェ718ケイマンS/2.5L
パワーユニット 水冷式直列2ローター V型6気筒 V型6気筒縦置 4気筒?
最高出力 215[158]/7450 419[570]/6800 373[507]/6500-7500 257[350]/6500
最大トルク 22.0[216]/5500 637[65.0]/3300-5800:● 550[56.1]/2000-6000:● 420/1900 – 4500:☆
最高出力(モーター用) なし なし 前:27[37]/4000
後:35[48]/3000
なし
最大トルク(モーター用) なし なし 前:73[7.4]/0-2000
後:148[15.1]/500-2000
なし
トランスミッション 6MT/6AT GR6型デュアルクラッチトランスミッション 9速オートマチック+パドルシフト 6速MT/7速PDK
駆動方式 FR 4WD 4WD(SPORT HYBRID SH-AWD) MR(後輪駆動)

*最高出力単位:kW[PS]/rpm

*最大トルク単位:☆N・m /rpm・ ●N・m[kgf・m]/rpm

*最高出力(モーター用)単位:kW[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

管理人のワンポイント説明

旧RX-8のエンジン表です。他社の現行車です。新型マツダRX-9は、RX-8の後継車です。

新世代ロータリーエンジンの「SKYACTIV-R(スカイアクティブ-アール)」が搭載される予定です。このSKYACTIV-Rでは、排気量1.6L(800ccx2)に設定予定。

もしかしたら、RX-7で1.6LでRX-8で2.0L以上で差別化するのではないでしょうか。でないとRX-9を出す意味がないですからね。

ロータリーエンジンが進化?!

Sponsored Links

ロータリーエンジンでは、弱点である低回転でのトルクが低いという欠点をターボチャージャーで解決しようとしているそうです。もしそうなれば、更なるロータリーエンジンの進化が見られますね。

また、RX-8では水素ロータリーエンジンを使っていました。これも試験的に搭載するかもしれません。ガスの出ない車を作るとすればこれは楽しみですね。

他にも、ロータリー+ハイブリッド化やEV車で作るいう話もあります。これは時間的のも難しいのではないかと思われます。まずは、ロータリーエンジンで作ることが先決です。情報が錯綜しています。まずは、モーターショーなどで実物をみるしかないようですね。

ボディーサイズ

ボディーサイズ 旧RX-8/1.3L 日産GT-R/3.8L ホンダ・新型NSX/3.5L ポルシェ718ケイマンS/2.5L
全長 4470 4710 4490 4379
全幅 1770 1895 1940 1801
全高 1340 1370 1215 1295
ホイールベース 2700 2780 2630 2475
室内長 1755 1730 0970 不明
室内幅 1455 1475 1525 不明
室内高 1120 1095 1045 不明
重量 1360 1760 1780 不明

単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

旧RX-8のボディーサイズ表です。他社の現行車です。RX-8は、排気量1.3Lの割には他車とは引けを取らず大きいです。新型マツダRX-9では、1.6Lの排気量と噂がありますので、やはりもう一回り大きくなるのではないかと予測しますね。

燃費

燃費 駆動方式
旧RX-8 G:9.0/FR
日産GT-R/3.8L G:8.8/フルタイム4WD
ホンダ・新型NSX/3.5L H:12.4
4WD/(SPORT HYBRID SH-AWD)
ポルシェ718ケイマンS/2.5L 不明

単位:JC08モード・km/L

単位:RX-8のみ・10モード/10・15モード燃費

管理人のワンポイント説明

旧RX-8の燃費表です。他社の現行車です。旧RX-8では燃費は9.0km/Lですので、新型マツダRX-9では、JC08モード燃費で12~13km/Lあたりでしょうか。ロータリーエンジンですので、未知数なんですよね。

ボディー色

image

image

image

image

出典:グーネット マツダRX-8 ボディー色

管理人のワンポイント説明

旧RX-8の燃費表です。けっこう色があります。今のところ、新型マツダRX-9では、追加とかはない気がしますね。これだけの色があれば十分かなと思います。新しい色とつけるとしたら、個人的には渋めの茶色系が欲しいですね。

装備

内装

image

image

出典:マツダ公式 RX-VISION

管理人のワンポイント説明

新型マツダRX-9のプロトタイプになるのではないかと言われているRX-VISIONの内装です。画像が暗めわかりにくいと思いますが、けっこうしゃれた内装になっています。

新型RX-7との棲み分けは、どうなるかわかりませんが、おそらくシートの色やコックピットのレイアウトが幾分か変わるのではないかと推測します。

外装

出典:You Yube MAZDA RX-VISION 360 VIEW STYLING

管理人のワンポイント説明

マツダ・RX-VISIONの外装になります。なだらかな流線型と本格的なスポーツカーとして推しの強いデザインとなっています。

ただ、これはあくまでもひな形モデルなので、新型マツダRX-9の外装がVISIONに似せてくるのか?わかりません。新型マツダRX-7との兼ね合いもあります。ただ、排気量だけが違うだけでは、両車とも物足りないなと思います。

安全性能

MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)

image

MAZDA i-ACTIVSENSE

出典:You Tube MAZDA i-ACTIVSENSE

ヘッズアップコクピットコンセプト

image

出典:マツダ公式 ヘッズアップコクピットアンドコネクト

image

出典:グーネット マツダ・RX-8 カタログ セーフティ

管理人のワンポイント説明

旧RX-8では、基本的な安全装備ですね。新型マツダRX-9では、MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)の元で安全性能を高めると思われます。トランスミッションは、MTとATなのでたぶんメーカーオプションとして追加されるのではないかと推測します。

マツダRX-9の最新動画や画像は、どんどん公開されてくると思いますので、随時追加していきますね!

新型マツダRX-9の価格

各車 価格
RX-9(推測) 800万円~1000万円~
日産GT-R/3.8L 996万円~1870万円~
ホンダ・新型NSX/3.5L 2370万円~
ポルシェ718ケイマンS/2.5L 6MT:813万円~
7PDK:865万円~
管理人のワンポイント説明

さて、新型マツダRX-9の価格ですが、推定としては800万円~1000万円と噂があります。ライバル日産GT-Rでは1000万円~ですね。

正直1.6Lの排気量なので800万円~はどうかな?と思います。RX-7の価格が500万くらいになるという話があります。1.6Lがどちらになるか?ですね。RX-7のほうが1.6Lぽっいですね。RX-8はせめて2.0Lあたりにならないと800万円いかないと思います。さて、どんな感じで新型マツダRX-9出てくるか?ですね。

ライバル車について

日産GT-R

image

出典:日産公式 GT-R

管理人のワンポイント説明

日産GT-R(6代目)です。先代は日産・スカイラインGT-Rですね。2007年から復活しました。価格が1000万円~。2007年6代目から10年になったので2017年には、もしかしたら、フルモデルチェンジがあるかもしれませんね。

ホンダ・新型NSX

image

出典:ホンダ公式 NSX

管理人のワンポイント説明

ホンダ・新型NSXです。価格は2370万円~。ハイブリッド搭載しています。この車は、もうスポーツカーの王者ですね。日本では限定100台だったのですが、200台ほど受注したそうです。人気、性能ともに王者の貫禄です!

【新型ホンダ・NSX】フルモデルチェンジで最新動画や画像は?価格やライバル車は?

【新型ホンダ・NSX】フルモデルチェンジで最新動画や画像は?価格やライバル車は?
日本の中で、一番のスポーツカーと言えばホンダ・NSXですね。初代だけで2006年惜しくも生産が終わってしまい、それから10年が時が流れました...

ポルシェ718ケイマンS

image

出典:ポルシェ公式 The new 718 Cayman S

管理人のワンポイント説明

ポルシェ718ケイマンSですね。ライバルと言うより比較で掲載しました。ポルシェも世界的有名なスポーツカーですね。価格は800万円~

外国車の外装デザインはほんとすてきですね。このデザインを日本ではなかなか見かけないんですよね。日本車のデザイン性が上がれば、中身はいいものがありますからきっとかっこいい車ができると思います

マツダRX-9の評判

https://twitter.com/17xRemogod/status/810808128908337153

Sponsored Links

まとめ

新型マツダRX-9はいかがだったでしょうか。

ちょっと、新型RX-7とのごちゃまぜとなりそうですが、コンセプトカーのRX-VISIONがあります。この車を元に開発をすると思います。マツダの目標は、ロータリーエンジンの復活です。それと、マツダというブランドの底上げですね。

今のマツダは、スカイアクティブで世界を席巻しています。ガソリン車やクリーンディーゼル車、その上でロータリーエンジンという戦略カードを持つことになります。さらに、電気自動車でも作ったらもう怖いものなしです。

新型RX-9では、今後のマツダの戦略に影響があると思います。これから先のマツダ車の動向が楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links