【マツダ新型RX-7復活】フルモデルチェンジで価格や燃費は?発売日や評判は?

マツダのスポーツカーとして、有名な車としてRX-7があります。2012年、惜しまれつつ販売が終わりました。その後、沈黙がつづきましたが、2017年東京モーターショーで新型RX-7のお披露目をする話が出てきました。しかも、あのロータリーエンジンも復活するそうです。

最近のマツダは、スカイアクアクティブグリーンディーゼルエンジンなどが人気でブランド力が高くなっています。そこで、スポーツカーであるRX-7が復活させるのですから、期待感がありますよね。

では、マツダ新型RX-7発売日特徴燃費価格装備安全性能ライバル車評判など、今わかってる情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

マツダRX-7の歴史

初代 SA22C(FB3S)型(1978年-1985年)

前期型

image

後期型

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

初代のマツダ・RX-7です。先代はマツダ・サバンナ。エンジンは12A型 水冷 573cc×2ローター。排気量は1.2L、駆動方式はFRです。トランスミッションは3速AT/5速MT

日本使用のみ4人乗りとなっています。サバンナ・RX-7という名前だったそうです。かっこいい鼻の通ったフロントですね。

Sponsored Links

2代目 FC3S/FC3C型(1985年-1992年)

前期型(クーペ)

image

後期型(クーペ)

image

カブリオレ

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

2代目のRX-7です。エンジンは13B-T型 水冷直列654cc×2ローター。排気量は1.3L。駆動方式はFR。トランスミッションは4速AT/5速MT

ガブリオレは、オープンカーですね。これが今後のユーノス・ロードスターの元モデルとなります。

3代目 FD3S型(1991年-2002年)

フロント

image

後期型(スピリットR)

image

出典:ウィキペディア RX-7

管理人のワンポイント説明

3代目のRX-7です。エンジンは13B-REW型 654cc×2 直列2ローター。排気量は1.3L。駆動方式はFRです。トランスミッションは4速AT/5速MT。ぽっちゃり型~ちょっとスリム系にデザインがなっています。

新型マツダRX-7の発売日

image

出典:マツダ公式 RX-VISION 参考画像

マツダ新型RX-7の発売日が、とても気になるところですよね。今のところ、2017年の東京モーターショーでの発表まで待たないとわかりません

実は2017年はマツダにとってとても大事な年でして、ロータリーエンジンが生誕50年を迎えるのです。ですから、そこで発売したいはずです。とはいえ下手な車は作りたくはないと思いますので、2017年末くらいから2018年のかけての発売日が有力ですね。

Sponsored Links

新型マツダRX-7の特徴

プラットフォーム

image

出典:マツダ公式 SKYACTIV TECHNOLOGY

管理人のワンポイント説明

マツダが提唱しているSKYACTIV TECHNOLOGYの一部であるプラットフォームです。これによって、効率的に転用の効くボディを作ります。

新型マツダRX-7では、この独自のプラットフォームで開発し、軽量化とスタイリッシュな車体を目指します

エンジン

出典:You Tube ロータリーエンジンの内部構造をCGで再現

エンジン 旧RX-7/1.3L MAZDA RX-VISION
パワーユニット 水冷直列2ローターICツインターボ SKYACTIV-R(ロータリーエンジン)
最高出力 265[195]/6500 不明
最大トルク 30.0[294]/5000 不明
トランスミッション FR 同じ
駆動方式 5MT:4AT 不明

*最高出力単位:ps[kW]/rpm

*最大トルク:kg・m[N・m]/rpm

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7のエンジンです。新型マツダRX-7ではマツダが提唱しているSKYACTIV TECHNOLOGYでは、SKYACTIV-G(ガソリン)とSKYACTIV-D(ディーゼル)がありますが、さらにSKYACTIV-R(ロータリー)が追加されます。排気量は1.6でターボを組み合わせるという離れ業をする予定です。

因みに、今マツダではMAZDA RX-VISIONというFRスポーツコンセプト車を開発しました。一応、RXと名をうってるので、RX-7か?とも言われています。

ロータリーエンジンを簡単に説明しますと本来のエンジンではピストンの先で燃料を爆発させて動かすのですが、ロータリーでは円形の中で、通称おにぎりと呼ばれる三角形のロータリーの回転運動によって、燃料を爆発させる仕組みです。

メリットとデメリットは?

メリットは、部品も少なく、理論も簡単なのですが、デメリッド燃費が悪いのと、有害物質を出すことです。これらを解決しないことには、ちょっとロータリーエンジンの復活は難しいかと思われます。

マツダは、ディーゼル車の欠点であるエンジン音や振動・排気ガス(音が大きい)を極力押さえて、燃費を向上させた実績もあります。まだ、お披露目には時間がありますのでしっかりとしたロータリーエンジンを作ってもらいたいものですね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ M・RX-7/1.3L MAZDA RX-VISION
全長 4285 4389
全幅 1760 1925
全高 1230 1160
ホイールベース 2425 2700
室内長 1415 不明
室内幅 1425 不明
室内高 1025 不明

*単位:mm

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7のボディーサイズです。MAZDA RX-VISIONはマツダの次世代スポーツカーとして生まれたコンセプトカーです。これをイメージに今度の新型マツダRX-7を開発すると思います。

すこしは内容を変えると思いますが、歴代のRX-7に負けないいい車となっています。あとはどう新型RX-7に進化させるかですね。

燃費

燃費 FR
旧M・RX-7/1.3l G:8.1
N・フェアレディZ/3.7L G:9.1
旧T・スープラ G:8.6
H・NSX H:12.4

*単位:F・H JC08モード・km/L

*単位:T・M・10モード/10・15モード燃費km/L

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7の燃費です。新型マツダRX-7の燃費は、エンジンがロータリーなので未知数ですね。なぜかといいますとロータリーエンジンを作ってるのは、マツダだけですので、比較はできません。

比較するとすれば、旧RX-7では8.1km/Lなので、やはりJC08モード・燃費は10.0km/Lはほしいところですね。

ボディー色

image

出典:グーネット マツダRX-7 ボディーカラー

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7の主なボディー色です。MAZDA RX-VISIONでは真っ赤な赤なので、新型マツダRX-7も赤は間違いなく入るでしょう。基本的には、青や黒・白もありますので、そう変化はないように思われます

装備

内装

image

出典:グーネット マツダRX-7 アメニティ

image

出典:マツダ公式 RX-VISION

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7の主な内装です。新型マツダRX-7の内装は、もし、MAZDA RX-VISION(2番の画像)ではあればそれにそった内装なので、やはり高級感やシブく洗練されたあふれるものになりそうですね。

外装

image

出典:グーネット マツダRX-7 エクステリア

出典:You Tube MAZDA RX-VISION 360 VIEW STYLING

管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7の主な外装です。MAZDA RX-VISIONの動画です。デザインがまったく違う次元ですね。ほんと空気抵抗がないような感じの流れで、びゅんびゅん走りそうな車です。一応、コンセプトカーなのでどこまで迫れるか?ですね。

安全性能

image

出典:グーネット マツダRX-7 セーフティ

image

出典:マツダ公式 安全技術 i-ACTIVSENSE

管理人のワンポイント説明

新型マツダRX-7の価格2000年に発売されたマツダRX-7の安全性能です。マツダの最先端の安全性能はi-ACTIVSENSEですね。自動ブレーキがついています。

運転に自信がある人は、基本的な安全性能があればいいのですが、RX-7はスポーツカーで走りを特化した車ですし、危機管理としてはこういった安全対策は必要ですね。

新型マツダRX-7の価格

価格 5MT 4AT
タイプRB/1.3L 294万円~ 314万円~
タイプRB Sパッケージ/1.3L 315万円~ なし
タイプR/1.3L 354万円~ なし
タイプRS/1.3L 384万円~ なし
管理人のワンポイント説明

2000年に発売されたマツダRX-7の価格表です。特別仕様車は含まれていません。排気量が1.3から1.6Lの変更予定なので、若干価格が高くなりそうですね。旧車でも294万円~でもう300万円越えは確かだと推測します。

Sponsored Links

ライバル車について

日産・フェアレディZ

image

出典:Top Speed 日産フェアレディZ 参考画像

管理人のワンポイント説明

日産新型フェアレディZの参考画像です。フロントのVモーショングリルが目立ってますね。これからはこのマスクで日産車だと認識させるようです。なだらかなラインといかにも走りそうな足元ですね。これはかなりの強力なライバルとなりそうです。

 【日産新型フェアレディZ(Z35)&ニスモ&ロードスター】価格・燃費や発売日は?

日産フェアレディZと言えば、日本のみならず海外での人気がありました。実は、一度絶版車としてその雄姿が消えたことがありました。しかし、2008...

トヨタ・新型スープラ

出典:You Tube 次期スープラ!?!? トヨタFT-1 コンセプトの実走行シーン!!

管理人のワンポイント説明

トヨタ・新型スープラのコンセプトカー FT-1です。実際の価格は450万円以上。BMWのターボエンジンの4/6気筒。2.0L/2.5L/3.0L。2.5Lにはトヨタのターボ+ハイブリッドを搭載するようですね。

【トヨタ・スープラ新型】復活&発売日は?価格やturbo搭載で燃費は?

トヨタ・スープラは1980年代の代表的なスポーツカーでした。2002年に排気ガス規制問題で方向転換できず、生産・販売が終わったしまいました。...

ホンダ・新型NSX

image

出典:マツダ公式 NSX

管理人のワンポイント説明

マツダ新型NSXです。2017年2月27日に発売予定で、今日本で受注が始まっています。エンジンは、SPORT HYBRID 駆動方式はSH-AWD 3.5L V6 DOHC ツインターボ+3モーター 9速デュアルクラッチトランスミッション 価格は2370万円~となっています。

この車は、ライバルよりもスポーツカーの王者なので足元にも及ばないかもしれませんね。

マツダRX-7の評判

まとめ

新型マツダRX-7は、いかがだったでしょうか。

最近のマツダって攻めてる感じがものすごくありますね。スカイアクテイブを出してから、ホントにマツダ自身が作りたい車をどのようにしたら、お客さんの喜んで貰えるかを考えている気がします。ディーゼル車では軽油で走れば経済的に安くなるとか他社では考えないことをマツダは率先して車を開発しています。

今回のロータリーエンジンも難しいと言われているそうですが、きっと乗り越えてすばらしいロータリーエンジンを作ると思います。その分、価格は高めになると思いますが、その分、長い目でみれば維持費のコストが下がります。今後のマツダの動向が楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links