【新型ホンダステップワゴン&スパーダ】ハイブリッドで価格や燃費は?発売日と評判は?

ホンダステップワゴンは、1996年に登場しました。当時は、商用車用のワゴンではなく乗用車で作られた画期的なワゴンだったので、とても人気を得ました。そこから20年と月日が流れて、今ではすっかりとその人気を他車に取られてしまいました。そこで、この状況を打開しようとハイブリッド化の話が進んでいる模様です。

では、新型ホンダステップワゴンの発売日特徴燃費価格内装外装安全性能ライバル車評判などを現時点でわかっている情報をお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

ホンダステップワゴンの歴史

初代 RF1/2型(1996年 – 2001年)

前期型(1996年5月 – 1999年5月)

image

後期型(1999年5月 – 2001年4月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

1996年の5月に発表されたステップワゴン。2.0L 直4 DOHCで、トランスミッションは4速ATでした。当時は商用車ベースで乗用車のワゴンを作りました。とても画期的なことだったので、かなり人気を得ました。乗員は5~8名。4ドア ミニバンです。

2代目 RF3/4/5/6/7/8型(2001年 – 2005年)

前期型(2001年4月 – 2003年6月)

image

スパーダ(2003年6月 – 2005年5月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

2001年に2代目フルモデルチェンジをしました。数々にマイナーチェンジを繰り返しながら、2.0L・ 2.4L 直4 DOHC i-VTECの2種類となりました。トランスミッションは、5速と4速AT。乗員は8名です。4ドア ミニバンです。

3代目 RG1/2/3/4型(2005年 – 2009年)

前期型 (2005年5月 – 2007年10月)

image

後期型(2007年11月 – 2009年10月)

image

スパーダ(2007年11月 – 2009年10月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

3代目です。2005年5月にフルモデルチェンジをしました。エンジンは2代目と同じで4ドア ミニバンから5ドア ミニバンへ変更しています。

トランスミッションは、5速と4速ATにCVTを追加。乗員は、7~8名です。フロントのデザインが丸びを帯びていますね。なだらかなラインになっています。

4代目 RK1/2/3/4/5/6/7型(2009年 – 2015年)

前期型(2009年10月 – 2012年4月)

image

前期型スパーダ(2009年10月 – 2012年4月)

image

後期型スパーダ(2012年4月 – 2015年4月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

4代目です。排気量設定が一つになりました。2.0L 直4 SOHC i-VTECのみです。

トランスミッションもCVT/5速AT2種類のみとなっています。5ドアミニバンで乗員7~8名です。フロントの顔がごつくなっていますね。

5代目 RP1/2/3/4型(2015年 – )

SPADA・Cool Spirit(2015年4月 – 2016年5月)

image

G・EX(2015年4月 – 2016年5月)

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン

管理人のワンポイント説明

5代目は、3年でフルモデルチェンジをしました。1.5L直4DOHCVTECターボへ変更

乗員は7~8名。5ドア・ミニバンでトランスミッションはCVTのみとなりました。エンジンが小さくなりましたから、幾分か車体も小さくなった気がしますね。

私としては、1.5Lターボで7~8人で機敏に走るのかな?と思いますが・・・。馬力がでないような気がしますね。

新型ステップワゴンの発売日

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン スタイリング

実は2015年、5代目が4月にフルモデルチェンジをしています。周期的には、5~6年先なんです。

本当はフルモデルチェンジなんてありえない話なんですが、どうもこの5代目の販売があまり思わしくはないようなんですね。それで、焦ったホンダは水面下で新型を作らないと他社に遅れをとってしまう恐れがあると判断して、密かに新型を作るのではないか?という話なのです。

もし、新型ステップワゴンを出す場合は、今なら2020年の東京オリンピックの前あたりです。

しかし、今各自動車企業は苦戦をしていて売り上げを落としているさなかでもあります。ホンダもしっかりとした戦略を持って新型ステップワゴンを生産・販売をしていかないと廃車・車種統合への道を行く羽目になります。

ですから、今回の新型ステップワゴンは、是が非でも成功させなくてはいけないんですが・・・。さてどうするでしょうか?

Sponsored Links

新型ステップワゴンの特徴

プラットフォーム

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン ボディ構造モデル

管理人のワンポイント説明

現行車のプラットフォームです。ステップワゴンのプラットフォームは、モデルチェンジするたびに新しく作るようです。これっといった名前はなく、その都度の低床・低重心をベースにして、プラットフォームを考えてるようです。

ホンダにもトヨタのようなTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という理念のようなものを掲げ、プラットフォームを作るといいのですが、一応匹敵するものがあります。

ホンダ・グローバルライトトラックプラットフォームと言います。これは、ホンダの大型ミニバン車用のプラットフォームなんですね。

残念ながら、このプラットフォームは、海外用みたいですね。これを使ってステップワゴンのプラットフォームを考えればけっこう面白いと思うのですが・・・。ここらへんの決まりごとが中途半端な気がします。

エンジン

エンジン 現行車
パワーユニット 1.5L直列4気筒VTEC TURBO
最大出力 110[150]/5500
最大トルク 203[20.7]/1600~5000
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD/4WD
管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。2015年にフルモデルチェンをしています。数えて5代目となります。エンジンを1.5L直列4気筒VTEC TURBOに変更しています。

実は、2011年ホンダフリード(1.5L)にハイブリッドシステムを搭載していますね。フリードはコンパクト車なので、ワゴンではありません。

しかし、ハイブリッドシステムがあるにもかかわらず、なぜ2015年の新型ステップワゴンにはハイブリッドシステムを導入しなかったか?疑問に思います。時代はエコカーになっていますので。よりによって、エンジンをターボ化しただけでは、ただのマイナーチェンジです

ホンダの本気度が試される?!

Sponsored Links

その上、他社では、PHVだのEVだのいかに燃費を向上させるか?と他社では争っています。この競争に勝てるのかという話です。しかも、今度するであろう新型ステップワゴンのエンジンに1.5L直列4気筒VTEC +モーターを載せようと考えているようです。新型が出るのは先ですが、他社では死に物狂いでエンジン開発しています。ホンダのステップワゴンに関しては、エンジン対策が後手に回っているようで気が気ではありません

現に、5代目の販売台数が思いのほかがよくなかったと言いますもしかすると、今度出るであろう新型ステップワゴンの販売がうまくいかなかった場合は、おそらく車種統合されてしまうってことにもなりかねません

一世風靡をした車をもう一度輝きを戻すため、ホンダの開発部がどのくらい心血を注ぐのか?ですね。かなり、インパクトがないと販売台数は伸びないと思いますね。

ボディーサイズ

ボディーサイズ 現行車 4代目
全長 4690~
4735
4690
全幅 1695 1695
全高 1840~
55
1815~30
ホイールべース 2890 2855
室内長 3220 3095
室内幅 1500 1500
室内高 1425 1395
管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズです。4代目と比較しています。5代目のほうがすこし大きくなっていますね。

新型ステップワゴンのボディーサイズは、ハイブリッドシステム導入を考えているのでしたら、多少の数値は上下します。

センタータンクレイアウト(ホンダの特許技術でガソリンタンクが車の真ん中に配置するレイアウト)をすれば、もうすこし室内空間が広くなる気がしますね。

燃費

燃費 JC08モード
現行車 15.0~16.2
4代目 12.6~14.2

*単位:km/L

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。さすがに、2.0Lから1.5Lへダウンサイズターボ化していますので、いくらか燃費の向上はしています。

新型ステップワゴンでは、ハイブリッドシステム化を目標にしています。せめて、JCモード燃費20.0km/L越えをしてほしいものですね。でないと、ステップワゴンが生き残ることは、難しいと思います。コンパクトカーのトヨタのアクアさえ33.8km/Lですからね。かなりの差があります。

ボディー色

ステップワゴン・色

image

出典:ホンダ公式 スタイリング ミルクグラス・パール

ミルクグラス・パール

クリスタルブラック・パール

ホワイトオーキッド・パール

スーパープラチナ・メタリック

モダンスティール・メタルック

コバルトブルー・パール

プレミアムディープロッソ・パール

image

ステップワゴン・SPADA色

image

出典:ホンダ公式 スタイリング スパーダ プレミアムディープロッソ・パール

プレミアムスパイスパープル・パール(SPADA色のみ)

プレミアムパークルブラック・パール(SPADA色のみ)

ホワイトオーキッド・パール

スーパープラチナ・メタリック

モダンスティール・メタルック

コバルトブルー・パール

プレミアムディープロッソ・パール

image

ステップワゴン Modulo X色

image

出典:ホンダ公式 スタイリング Modulo X ホワイトオーキッド・パール

プレミアムスパイスパープル・パール(SPADA・Modulo X色のみ)

プレミアムパークルブラック・パール(SPADA・Modulo X色のみ)

ホワイトオーキッド・パール

image

出典 ホンダ公式 スタイリング カラー

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。けっこうありますね。新型ホンダステップワゴンのボディー色は、変更はなさそうです。あるとすれば、すこし明るい色、例えばコバルトブルー・パールを薄くした感じなどがありますと、全体的にソフトな感じになります。

装備

内装

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン インテリア

image

出典:ホンダ公式 ステップワゴン 室内空間

image

image

出典:ホンダ公式 装備表

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。大人数で入れる空間ですね。プラットフォーム次第ではまだ室内空間を広げることができそうな感じです。装備表ですが、小さい方は、全車標準装備で大きい方がグレード別装備です。

外装

出典:You Tube ホンダ 新型ステップワゴン、「わくわくゲート」「マジックシート」の使い方を解説!

image

image

出典:ホンダ公式 装備表

管理人のワンポイント説明

わくわくゲートがあります。普段は下から上に上げるバックドアですが、なんと家のドアのように横から開けることができます。しかも、両方に兼ねていますので、実に画期的です。

これは次期新型ステップワゴンでも残してくれるといいですね。装備表ですが、小さい方は、全車標準装備で大きい方がグレード別装備です。

安全性能

image

出典:ホンダ公式 Honda SENSING

image

image

出典:ホンダ公式 装備表

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能としてホンダセンシングを搭載しています(一部グレードにはなし)。新型ステップワゴンでは、そのまま搭載でしょうね

日産では、自動運転車が限定ですが販売されています。安全性を高めての実車なんですよね。

新型ステップワゴンの価格

価格表 2WD 4WD
B 228万円~ 254万円~
G(ホンダセンシング付) 261万円~ 284万円~
G・EX(ホンダセンシング付) 283万円~ 304万円~
スパーダ(ホンダセンシング付) 284万円~ 307万円~
スパーダ・Cool Spirit(ホンダセンシング付) 299万円~ 318万円~
モデューロX 366万円~ なし
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。ホンダセンシング付きですが、装備しないこともできるそうです。これにより価格が若干下がります。

あとはオプションですね。メーカーとディーラーがありますので、販売店で聞いてみましょう

ちなみにモデューロXは特別仕様車です。ちょっとスポーティ―な感じの仕上がりです。いわば外見だけマイナーチェンジしてる感じですね。

ライバル車について

ニッサン・セレナ

image

出典:日産公式 セレナ

管理人のワンポイント説明

2016年8月24日に新型セレナを発売しています。2.0Lのハイブリッド車(Sを除く)です。燃費はJC08モードで15.0~17.2km/Lです。ステップワゴンの燃費はJC08モードで15.0~16.2km/Lなので、たぶんセレナの車体が重いから燃費が低いんでしょうね。

なんと2017年の3月にはEV車セレナe-POWERが発売されるという話が出てきています。ホンダは、おちおちとしてはいられませんね。

【日産セレナ2016】フルモデルチェンジ!特徴・スペック・燃費・色・装備・発売日・価格の徹底解説!

【日産セレナ2016】フルモデルチェンジ!特徴・スペック・燃費・色・装備・発売日・価格の徹底解説!
思い起こせば、1991年日産セレナは登場しました。 7~8人乗りのミニバンで、大家族や大勢の友達たちがドライブを楽しめるようにと開発さ...

トヨタ・ヴォクシー

image

出典:トヨタ公式 ヴォクシー

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ヴォクシーですね。1.8Lのハイブリッド車と2.0Lガソリン車です。排気量は、現行車のステップワゴンと比べるとヴォクシーの方が上です。燃費はハイブリッド車でJC08モードで23.8km/Lです。やはり燃費はダントツですね。

トヨタ・エスティマ

image

出典:トヨタ公式 エスティマ

管理人のワンポイント説明

トヨタ・エスティマですね。ロングセラーの天才タマゴで有名なミニバンですね。2.4Lのハイブリッド車とガソリン車です。

排気量は、現行車のステップワゴンが1.5Lなので比較にはならないと思いますが、燃費JC08モードが18.0km/Lといい勝負をしています。エスティマも新型を出すという話もありますね。

ステップワゴンの評判

Sponsored Links

まとめ

新型ホンダステップワゴンは、いかがだったでしょうか?

ステップワゴンって、ハイブリッドではなかったんですね。びっくりしました。新しい車が出れば、先にハイブリッドを搭載しますからどうしても現行車があとになります。名のあるステップワゴンに今頃になって・・・という感じがあります。

大家族でドライブを楽しむ機会を作ってくれた車です。ただ、アピールしていることが一点しかないのも事実です。ほかにもステップワゴンのような車がたくさんあります。それと比較してもどこか物足りない車でもあります。

今度の新型ステップワゴンは、遅らせながらハイブリッド搭載のようです。燃費をあげて、さらに乗りやすい車へと変貌してくことを期待していきましょう。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links