【トヨタ新型レクサスLS】フルモデルチェンジ価格や燃費は?ミラーレス搭載の評判は?

日本の最高級車として有名なのがトヨタ・レクサスLS。外国車ではメルセデス・ベンツのSクラスやBMW 7シリーズなど肩を並べるレベルまで日本で唯一の誇れる車です。そのトヨタレクサスLSがフルモデルチェンジをする話が出てきました。世界が注目するレクサスLSです。どのような感じとなるのでしょうか

では、トヨタ新型レクサスLS特徴発売日価格燃費内装外装安全性能など、今、わかっている情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

トヨタレクサスLSの歴史

初代 F10型(1989年 – 1994年)

前期型(1989年10月 – 1992年8月)

image

出典:ウィキペディア トヨタ・セルシオ

レクサス・LS(初代)後期型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・レクサスLS

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

代のレクサスLSです。元々、レクサスLSは1989年アメリカで立ち上げた高級ブラント車です。日本ではセルシオという名前で販売開始。

エンジンは4.0L・V8・DOHC。駆動方式はFRでトランスミッションが4速ATです。ほんと高級感漂う車ですね。レクサスLSがトヨタの世界進出の礎を築いたことは、間違いはなさそうです。

2代目 F20型(1994年 – 2000年)

前期型

image

後期型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・レクサスLS

管理人のワンポイント説明

2代目のレクサスLSです。このころは、バブルがはじけた時代です。売上が落ちてしまい、フルモデルチェンジとなりました。

同様にトヨタ・セルシオもフルモデルチェンジをしています。エンジンは4.0L・V8DOHCです。駆動方式はFRでトランスミッションは、4速ATと5速は追加

3代目 F30型(2000年 – 2006年)

前期型

image

後期型

image

出典:ウィキペディア トヨタ・レクサスLS

管理人のワンポイント説明

3代目のレクサスLSです。トヨタ・セルシオは2006年5月に生産終了しました。セルシオの名前は消えましたが、トヨタブランドとしてクラウンマジェスタと名前を改めて引き継ぎます。排気量は4.3Lへ変更

レクサスLSは、そのまま名前が残り4代目とつづきます。エンジンは4.3LV8DOHCで、トランスミッションは6速/5速AT。駆動方式はFRです。

4代目 F40型(2006年 – )

LS460(前期型)

image

LS600h(後期型)2012年10月

image

出典:ウィキペディア トヨタ・レクサスLS

管理人のワンポイント説明

4代目のレクサスLSです。エンジンは4.6LV8/DOHCで、4.3Lからの変更トランスミッションは8速AT(8 Super ECT)で駆動方式はFR / AWDです。

現地点ではレクサスLS600h(L)とLS460(L)ガソリン車のグレードがあります。2007年よりレクサスLS600h(L)はハイブリッド車で4.9Lの変更となっています。

*Lは、ロングボディーサイズの意味

新型トヨタレクサスLSの発売日

新型トヨタレクサスLSの発売日は、気になりますよね。4代目が2006年にフルモデルチェンジをしています。今、現在2016年12月ですので、丸10年あいています。10年の間はマイナーチェンジや特別仕様車など出していました。

実は、2017年1月8日より北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2017があり、正式にそこで発売の発表があります。

2017年1月で発表した場合は、そこから10月前後くらいまでには販売されると推測します。

Sponsored Links

新型トヨタレクサスLSの特徴

プラットフォーム

image

出典:トヨタ公式・LEXUS・プレスリリース

トヨタのプラットフォームといえば、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)が有名ですね。TNGA-Cプラットフォーム・プリウスやC-HRで使われています

レクサスのプレスリリースによりますと新GA-Lプラットフォームという新しいプラットフォームの名前が掲載されています。車の乗り心地や外装のデザイン性を更なる高みへ的な感じでしょうか。

レクサスLSは4.9Lですので大型車の部類に入ります。

しかも、ほぼ10年ぶりのフルモデルチェンジですから、今一番の技術力を集めて最高級車を作ると思われますので、どんな感じになるかは非常に楽しみですね。

エンジン

image

出典:オートックワン・トヨタが新ハイブリッドシステムを開発!プリウス式の弱点を克服し、海外でもHVの普及を図る

*イメージ画像です。

エンジン LS600h/L(4968cc) LS460/L(4608cc)
パワーユニット V型8気筒DOHC 同じ
最高出力 290 [394] /6400 288 [392] / 6400(FR)・272 [370] / 6400(AWD)
最大トルク 520 [53.0] /4000 500 [51.0] / 4100(FR)・477 (48.6) / 4100(AWD)
最高出力 165 [224](モーター) なし
最大トルク 300 [30.6](モーター) なし
トランスミッション 電気式無段変速機 8 Super ECT (スーパーインテリジェント8速オートマチック)
駆動方法 4輪駆動(AWD) 後輪駆動(FR)/4輪駆動(AWD)

*最高出力・単位:kW[PS]/r.p.m.

*最大トルク・単位:N・m[kgf・m]/r.p.m.

*最高出力(モーター)・単位:kW[PS]

*最大トルク(モーター)・単位:N・m[kgf・m]

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。4.6Lと4.9Lハイブリッドですね。4.6Lの方が3.5LV6エンジン+ハイブリッドへ変更されるようです。

ハイブリッドシステムはレクサスLC500hで使っていたマルチステージハイブリッドを採用する予定。3.0L V型6気筒ツインターボエンジン追加予定です。

もうひとつ、トヨタのMIRAIで知られるFCV燃料電池を搭載するという話があります。これは2020年のオリンピックまでには登場させるようにとなっているようです。

ボディーサイズ

ボディーサイズ LS600h/L(4968cc) LS460/L(4608cc)
全長 5090/5210 同じ
全幅 1875 同じ
全高 1475 1455~75
ホイールベース 2970/3090 同じ
室内長 2175/2225~95 同じ
室内幅 1600 同じ
室内高 1185 同じ

単位:mm

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズです。新型トヨタレクサスLSのボディーサイズは、新GA-Lプラットフォームによって左右されると思います。

ただし、あまり大きすぎますと日本仕様とのかね合うがありますから、憶測ですがもしかしたら新型レクサスLSでは極端な大型化はしないと思われます。また、新しい情報が入り次第お伝えします。

燃費

燃費 2WD(FR) 4WD(AWD)
LS600h/L(4968cc) なし H:11.6
LS460/L(4608cc) G:8.3~8.4 G:7.7~7.9
メルセデスベンツ Sクラス(S 550 ロング4663cc) H:なしG:10.6 なし
BMW7シリーズ(750i/4394cc) G:9.8 なし
アウディA8(4.0 TFSI/3992 cc) G:10.4 なし

*単位:JC08モードkm/L

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。車体が重いのでいくらハイブリッドとはいえ、そんなに燃費はよくはないですね。JC08モード11.6km/Lです。1.0~1.3Lのガソリン車並みの燃費にあたります

もし4.6Lの方が3.5LV6エンジン+ハイブリッドへ変更ということであれば、いくらか燃費が向上するかもしれません。どのくらいの燃費になるかは今のところ不明です。

他車では、主に外国車となりますが今のところハイブリッド車は出してはいません。トヨタレクサスLSの動向を見てからって感じでしょうか。

ボディー色

LS600h/L・LS460/Lの共通色

image

image

出典:トヨタ公式 LS600h/L・LS460/Lの共通色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。けっこう揃っていますね。やはり高級感を求めればブラックあたりが人気でしょう。いかにも社長や会長の車って感じです。新型レクサスLSのボディー色の変更はそんなにはないと思います。

まさか、オレンジ色のような蛍光色を出す感じではないですからね。茶系統のシブい色なら個人的にはいいと思いますね

装備

内装

image

image

出典:トヨタ公式 レクサスLS・エクステリア

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。革張りのゴージャスな空間、さすがレベルが違いすぎます。ただ、個人的にはすこし遊び心があればいいかなと思います。

新型トヨタレクサスLSでは、品がありながらも柔軟性にとんだ内装デザインをしてみるといいかもしれませんね。

外装

image

image

出典:トヨタ公式 レクサスLS・エクステリア

出典:You Tube Lacking mirrors, BMW i8 gives clear rear views

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。LS600Lの顔とも言われているスピンドルグリルです。これは、外国の自動車メーカー特に高級車でのフロントマスクで利用されているデザインです。これにより世界のブランドへの仲間入りをした感じですね。

FCV燃料電池搭載用の車としてコンセプトーカーLF-FCという車があります。これを元に作ったら外装はとてもかっこいい車となるでしょう。

ミラーレスの車が誕生か?!

Sponsored Links

あと、噂ですが、ミラーレスの車が誕生するかもしれません。もうすでにBMW i8という車で試験的な試運転が行われています。ミラーレスはサイドミラーを使うのではなく、小型なカメラを装着をした電子ミラーを搭載して、映像化にし車内のモニタで映し出すシステムです。

国土交通省が自動車の保安基準を2016年6月より改定。

日本でもバックミラーやサイドミラーの代わりにカメラとモニターでシステムをすれば、一般公道で走れるようになりました。このミラーレスの普及はまだ先のようですが、目玉になりそうな予感です。

安全性能

レクサスLSの安全性能

アドバンスド プリクラッシュセーフティシステム

・衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム(ドライバーモニター付ミリ波レーダー・ステレオカメラフュージョン方式)

・ドライバーモニター

プリクラッシュセーフティシステム

・プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)

・後方からの追突に備える、後方プリクラッシュセーフティシステム

Steering Assist

・プリクラッシュセーフティシステムによる操舵回避支援

レーンキーピングアシスト

・車線キープをサポートするレーンキーピングアシスト[LKA]

VDIM

・「走る・曲がる・止まる」を統合制御するVDIM (アクティブステアリング統合制御付)

Intelligent Head-lamp

・夜間にカーブの先を照らし出すインテリジェントAFS

アダプティブハイビームシステム

・夜間の前方視界をサポートするアダプティブハイビームシステム[AHS]

Night View

・夜間に歩行者を検知するナイトビュー (歩行者検知機能付)

Blind Spot Monitor

・見えにくい並走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター[BSM]

DSSS

・道路インフラと協調してリスクを予知するシステム

・高速道路で提供するETC2.0サービス

・一般道で提供するDSSS運転支援機能

レクサスLXの安全性能

Lexus Safety System +

image

出典:トヨタ公式 Lexus Safety System +

管理人のワンポイント説明

レクサスLSにはアドバンスド プリクラッシュセーフティシステム~といろいろと細かい設定があります。

Lexus Safety System +は、レクサスLXに搭載されている予防安全システムで、2017年末までに日本、北米、欧州の全車に設定することが決まっています。2015年より順次投入していますので、新型レスサスLSも2017年中に搭載して販売となると推測できますね。

新型トヨタレクサスLSの価格

価格 2WD(FR) 4WD(AWD)
LS600h
“version L”
なし 1286万円~
LS600h“F SPORT” なし 1272万円~
LS600h
“version C・I package”
なし 1148万円~
LS600h
“version C”
なし 1122万円~
LS600h なし 1081万円~
LS600hL
“EXECUTIVE package (4人乗り)”
なし 1595万円~
LS600hL
“EXECUTIVE package (5人乗り)”
なし 1595万円~
LS460
“version L”
1060万円~ 1112万円~
LS460“F SPORT” 1015 なし
LS460
“version C・I package”
921万円~ 973万円~
LS460
“version C”
896万円~ 947万円~
LS460 854万円~ 906万円~
LS460L
“EXECUTIVE package (4人乗り)”
1297万円~ 1348万円~
LS460L
“EXECUTIVE package (5人乗り)”
1297万円~ 1348万円~
LS460L 1163万円~ 1214万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。今度の新型レスサスLSは、ターボや新しいハイブリッドやFCV燃料電池車などが出るようなので価格は上がると思います。1千万円越えは当たり前ですね。

ですが、購入は無理なかなか難しい方でも、一番今技術革新が進んでいる車なので、チェックはしておいたほうがいいと思います。いずれこれらのシステムが、中型車や小型車へ移動していきますので。

今最新の技術がどのような形でレクサスに投影されるか、価格も目を見張る金額ですがこれから先の車を考える上で、レクサスの今後を見ていきたいと思います。

ライバル車について

メルセデスベンツ Sクラス

image

出典:ヤナセ公式 メルセデスベンツ Sクラス S550 Long

管理人のワンポイント説明

メルセデスベンツ Sクラス(S 550 ロング4663cc)の現行車です。ハイブリッドは搭載されていません。値段は1638万円~です。

S300hとS400hにはハイブリッド搭載です。手は届きませんが見ていて飽きのこないデザインですね。

BMW・7シリーズ

image

出典:グーネット BMW 7シリーズ・750i

管理人のワンポイント説明

現行車のBMW7シリーズ(750i/4394cc)です。V型8気筒DOHCを搭載ハイブリッドはありません

意外と有名な外国車ってハイブリッドを搭載はしてはいませんね。車体が大きくて作りにくいのでしょうか。その点、レクサスLSは、ハイブリッドありFCV燃料電池車を作ろうと考えています。

アウディA8

image

出典:Audi公式 アウディA8

管理人のワンポイント説明

アウディA8(4.0 TFSI/3992 cc)の現行車です。1367万円~ですね。V型8気筒DOHCインタークーラー付バイターボを搭載しています。今のところ、このクラスでのハイブリッドはありません。いずれハイブリッドかEV車になると思います

トヨタレクサスLSの評判

https://twitter.com/Raimu_Royz0501V/status/808357130851926017

Sponsored Links

まとめ

新型トヨタレクサスLSは、いかがだったでしょうか

2017年には新しい安全性能Lexus Safety System +全車投入のため、トヨタのレクサスシリーズは進化します。新しいハイブリッドを筆頭にダウンサイジングターボやFCV燃料電池、そしてミラーレスなど仕掛けるようです。

価格が気になりますが、今後の車の未来を考える上でトヨタのレクサスの動向が楽しみになってきましたね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links