【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?

スズキワゴンRは、背が高い(トールワゴン)軽自動車として人気を得ました。居心地がよい空間を演出して、トールワゴンという車を一大の流れに押し上げました。販売台数もNO1を取ったことがあります。

スズキワゴンRが、今回気合を入れてフルモデルチェンジをします。

では、新型スズキワゴンR特徴性能エンジン装備発売日などをご紹介していきましょう。

Sponsored Links

スズキワゴンRの歴史

初代 CT21S/51S / CV21S/51S型(1993年 – 1998年)

前期型(1993年9月-1995年9月)

image

出典:グーネット・スズキワゴンR(1993年9月)

1+2ドア(中期型)(1995年10月 – 1997年4月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

5ドア(後期型)(1997年4月 – 1998年10月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

管理人のワイポイント説明

当時、ワゴンRが発売された時は、見た目丈夫な体つきで、高さもあってびっくりしたと思います。しかも軽自動車なので税金も安くそれでいて居心地のよい車なので、人気が出るのもうなずけます。

ちなみに、3枚目の画像のボンネットに口みたいな穴がありますね。

これはエアインテークといいましてそこから入り込んでくる風を通してエンジン内のインタークーラーを冷却します。

いわば、冷却装置です。ターボ車には、冷えたたくさんの空気が必要なんですね。

Sponsored Links

2代目 MC21S/11S/22S/12S型(1998年 – 2003年)

前期、1or2型(1998年10月 – 2000年12月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

後期、4型(2000年12月 – 2003年9月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

管理人のワイポイント説明

少しだけ、丸い形になったような気がしますね。ルーフの両サイドにあった棒は無くなった以外は、外観の変化はないようです。

この期間は、たとえば、内装の高級感アップや最小回転半径を4.6m→4.2mとしたりと、地味にチェンジをしています。1998年には、軽自動車の規格改定にため、全面改良しました。

当時としては、珍しいCVT(無変速機)ミッションを利用しています。スズキと愛知機械工業とが総力をあげて共同開発しました。すごいですね。

3代目 MH21S/22S型(2003年 – 2008年)

前期型 (2003年9月 – 2005年9月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

後期型(2005年9月 – 2008年9月)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

ワゴンRスティングレー(2007年~)

image

出典:ウィキペディア・ワゴンRスティングレー

管理人のワイポイント説明

初代のデザインへ逆戻り感はあります。2007年の2月には、ワゴンRスティングレーの販売をはじめました。フロント部分が丸びを帯びてヘッドライトがイケメンになっていますね。おしゃれなデザインで人気を得ました。

4代目 MH23S型(2008年 – 2012年)

標準

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

MH23S型:スティングレー

image

出典:ウィキペディア・ワゴンRスティングレー

管理人のワイポイント説明

丸みと箱型との間を取ったような外観ですね。ヘッドライトが、キリリと上がっています。とてもシャープな感じのデザインです。

2010年には、インド仕様のワゴンR新型の販売を開始。海外仕様車の足掛かりとしました。

5代目 MH34S/44S型(2012年 – )

前期型 FX

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

後期型 FX

image

出典:ウィキペディア・ワゴンR

後期型:スティングレー

image

出典:ウィキペディア・ワゴンRスティングレー

管理人のワイポイント説明

フロントグリルが、かなりシャープな感じですね。

フロントグリルとはヘッドライトの間にある網目のことをいいます。他の名前はラジエータグリルとも言われています。内側にラジエータがあります。そこから熱が出るのでいわば、熱を逃がすためのものです。

何といっても車の顔ですので、さすがにかっこいい形にしないとお客さんから見てもらえません。とてもいい感じの顔ですね。

スズキ新型ワゴンRの発売日はいつ?

2016年の秋には、発売予定だったのですが、国交省から燃費の測定不正の指摘を受けてしまい、開発・調整・生産と予定が立たなくなりました。それで、2017年春以降に伸びてしまいました。

その上、ワゴンR以外の新型スイフトも発売する予定だったのですが、この計画もすべてダメになりました。

今のスズキは、会社一丸となって新しい基準で新型ワゴンRを生み出そうとしています。

さらなる燃費向上が期待できるかもしれませんね。発売を楽しみにしておきましょう。

Sponsored Links

スズキ新型ワゴンRの特徴

ボディサイズ

サイズ 新型
全長 3395
全幅 1475
全高 1660
ホイールベース 2450

*単位はmmです

管理人のワンポイント説明

ホイールベースは、5代目標準の2,425mmから25mmほど大きくなっています。

あくまでも予想ですが、ホイールベースがもし一回り大きくなったらかなり足元が軽い感じになりますね。

エンジン

R06A型0.66リッター直列3気筒DOHCエンジン+Sエネチャージ(ISGモーター)

最高出力52ps/6500回

転最大トルク6.6kgf.m/4000回転

JC08モード燃費 35.0km/L

出典:スズキ(公式)の次世代テクノロジー S-エネチャージ

R06A型0.66リッター直列3気筒DOHCエンジン+ストロングハイブリッドシステム

JC08モード燃費 40.0km/L

image

出典:スズキ公式・ソリオ

管理人のワンポイント説明

ワゴンRは、Sエネチャージを装着しています。

ストロングハイブリッドとは、もともとスズキソリオの装着されているシステムで、ソリオではマイルドハイブリッドと呼ばれています。予定としては、ワゴンRにこのハイブリッドシステムを装着するようです。名前がストロングハイブリッドに変更予定です。

目標燃費40.0km/Lを設定し、打倒プリウスをもくろんでいる模様です。

ただし、このストロングハイブリッドは、コストが高い代物です。コンパクトカーであるソリオならなんとかコスト回収ができるでしょうが、ワゴンRは軽自動車なので、コスト面での制約があると思います。今の段階では、システムを載せるかどうかは未知数ですね。

プラットフォーム

ワゴンRのプラットフォームは、もともとアルトからのものでした。今回、新型スズキワゴンRを出すにあたり、新規のプラットフォームを作ろうと開発しました。

具体的には、無駄な部品を徹底的にそぎ落とし、質感の向上と車体の軽量化に重点を置きます。

先代モデルよりも、100㎏から150㎏も軽くしたと話があります。お相撲さんクラスです。すごい技術ですね。車体が軽くなった分、燃費が格段とよくなりますし、室内も若干広くなる、走りも軽やかになります。

トランスミッション

2WD・4WDCTV(無変速機)で変更はあまりないようです。現行では、ワゴンR・FXに2WD・4WD/MTがあります。これはおまけのようなものです。

基本的には、やはりエンジンが優先ですね。

装備

image

出典:スズキ公式・ワゴンR/FZの内装

image

出典:スズキ公式・ワゴンR・収納スペース

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。あまりにもシンプル過ぎで、ちょっと物足りなさを感じます。

今回は新型プラットフォームを作っていますので、収納スーペースの数を増やしたりシートを動かして、室内空間をより使いやすくしてくれると思います。

安全装備

・スズキ レーダーブレーキサポート

image

出典:スズキ公式・ワゴンR安全装備

・スズキ デュアルカメラブレーキサポート

image

出典:スズキ公式・ハスラー安全装備

・サイドカーテンエアバック

・誤発進抑制機能(ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避)

・エマージェンシーストップシグナル(光の合図で後続車に急ブレーキを知らせる)

管理人のワンポイント説明

現行車の安全装備を基準に、スズキハスラーで使ってるスズキ デュアルカメラブレーキサポートを導入予定しています。自分の目で確かめながらも、デュアルカメラでさらなる安全確認が取れますね。

ただし、標準装備なのか?オプションなのか?今の段階ではわかりません。今後の新型ワゴンRの動向を確認しておかないといけませんね。

価格はどうなってるか

相場としては、120万~160万円ですね。グレードによっては平均130万円くらいでしょうか。

もし、ストロングハイブリッド搭載であれは、各グレードの値段の上乗せでプラス20万~30万円ほど高くなります。燃費や安全性を考えますと、金額の上乗せは仕方がないと思います。

ただし、他の装備もあります。予算を計算してから交渉してみましょう。

Sponsored Links

新型ワゴンRの特別仕様

image

出典:スズキ公式・ワゴンR・スティングレー

管理人のワンポイント説明

スズキワゴンRには、最高グレードとして”スティングレー”があります。若者をターゲットにした車で洗練された都会的な車です。フルエアロを装備したいわばカスタムモデルですね。

このスタングレーもフルモデルチェンジします。新型ワゴンRで外装や内装がグレードアップすることは、間違いないですね。

価格は、146万円~171万円あたりです。

他車のライバル車は?

ホンダNワゴン

image

出典:ホンダ公式・N-WGN

管理人のワンポイント説明

なんとなく、ホンダもスズキも同じ顔に見えますね。

ホンダN-WGNの燃費が29.4km/Lに対して、スズキワゴンRの方が燃費 35.0km/Lです。圧倒的にワゴンRが有利ですね。

車体価格を見ますと、N-WGN(110万円~)の方が、約10万円ほど安く設定をしています。同じ性能やデザインなら、少しでも安く購入したいですよね。

ホンダは、他にもN-ONEがありますので、さらに比較して車を選択するのもいいですね。

ダイハツ ムーブ

image

出典:ダイハツ公式・ムーブ

2016年9月7日にムーブキャンバスを発売したダイハツもライバル車ですね。

燃費は31.km/LでスズキワゴンRより4.km/L低いですね。価格は110万円~ですので、ホンダN-WGNといい勝負しています。購入予定の人は、燃費を取るか?価格で決めるか?ですね。難しいところです。

まとめ

スズキ新型ワゴンRは、どうでしたか?

特徴や性能・エンジン・装備や燃費・安全性などかなり期待大ですね。その上、ソリオで搭載していたマイルドハイブリッドを投入しようとしてますから、さらなる軽自動車の高みへとまっしぐらです。

今後のスズキ新型ワゴンRの成長が楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links