スバルプレオプラス新型とミライースの違いは?燃費・価格や評価は?

2017年5月9日、スバルの軽自動車である新型フルモデルチェンジプレオプラス(PLEO+)が発売されました。スバルでは、まだ自社生産で軽自動車を作ったことがありません。

車種を増やすためには軽自動車もほしいところで、ダイハツと手を組み、OEM車としてミライースをベースにプレオプラスを作りました。ちなみに、トヨタ・ピクシムエポックもミライースと同じです。

OEM車とは、A会社の車をB会社の名前で車を売ることです。例えばダイハツが生産し、スバルが販売するという意味です。

では、新型スバル・プレオプラスとダイハツ・ミライースとの違いや、特徴燃費価格評価安全性能など、今わかっている情報を元にお伝えします。

*ピクシムエポックはまだ新型フルモデルチェンジをしていません。
※記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。
Sponsored Links

新型プレオプラスとミライースとの違いについて

エンジン・燃費&実燃費

エンジン S・
プレオ
プラス
D・
ミライース
パワー
トレイン
直列
3気筒
DOHC
12バルブ
水冷
直列
3気筒
12バルブ
DOHC
横置
最高
出力
NA:
36
[49]
/6800
同じ
最大
トルク
NA:
57
[5.8]
/5200
同じ
トランスミッション CVT CVT
駆動方式 2WD
/4WD
2WD
/4WD

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*12バルブ:一気筒当たり4つの吸排気弁(バルブ)X3気筒

燃費

燃費 2WD 4WD
S・
プレオ
プラス
NA:
34.2

35.2
NA:
32.2
D・
ミラ
イース
NA:
34.2

35.2
NA:
32.2

実燃費(旧車)

*数字が変動する可能性があります。

Sponsored Links

実燃費 2WD 4WD 出典
S・
プレオ
プラス
NA:
22.79
(35.5)
NA:
19.77
(32.2)
e燃費調べ2014年7月登録車分
D・
ミラ
イース
NA:
21.05
(35.2)
NA:
20.33
(32.2)
e燃費調べ2014年7月登録車分

*単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気

クールドi-EGR

image

出典 スバル公式 プレオ プラス エンジン

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスのエンジン・燃費&実燃費ですね。ボディーサイズは変わりません

エンジンではダイハツの独自の低燃費技術「i-EGRシステム」を採用。ガソリンを効率よく燃やすようにしました。もちろん、ミライースにも搭載しています。

燃費では、カタログで34.2km/Lと記載。過去のデータ(i-EGRシステム搭載かは不明)ですが、実燃費で22.79km/Lを出しています。かなり燃費がよいことがわかりますね。

ですが、ちょっとカタログと数字との開きがあります。近々に燃費などの数値で実際に走った結果の数字をカタログに記載しようかという流れになりつつあります。

理由は、車のオーナーからカタログの燃費数字と実際に走ったうえでの燃費が違うのではないかと指摘の声が上がってきたことにあります。

また、2016年には三菱自動車が起こした燃費不正問題もあり、ますますカタログの燃費数字に疑いがかかったからでもあります。

今すぐ実燃費記載がなるかどうかはわかりませんが、車を生産・開発をする会社としては、実燃費に近い燃費数字をよりシビアに求められそうですね。購入予定者にとっては、燃費の比較検討がしやすくはなりますね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディー
サイズ
S・
プレオ
プラス
D・
ミライース
全長 3395 3395
全幅 1475 1475
全高 1500

1510
1500

1510
ホイールベース 2455 2455
室内長 2025 1935

2025
室内幅 1345 1345
室内高 1240 1240
重量 2WD:
650

6704WD:
720

740
2WD:
650

6704WD:
720

740
乗員 4 4
最小
回転
半径
4.4 4.4

*単位:mm/kg

image

image

出典 スバル公式 プレオ プラス 樹脂パーツ 軽量高剛性ボディ

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスのボディーサイズです。驚きは、車体の重量が650kg~740kgしかないことです。ダイハツ・ミライースも同じです。

軽自動車では1・2を争う軽さです。初代の車重が730kg – 790kgだったので、樹脂パーツを使うことで-80kgの減量に成功しました。

車体が軽くなればボディーの強度が気になりますが、硬い素材でできたフレームを使用しており、これなら安心して乗れますね。

ボディー色

スバル・プレオプラス

スカイブルー・メタリック (初代より)

レモンスカッシュクリスタル・メタリック〈F、F スマートアシストを除く〉(変更)

マゼンタベリー・マイカメタリック (変更)

スプラッシュブルー・メタリック〈F、F スマートアシストを除く〉(変更)

プラムブラウンクリスタル・マイカ(21,600円高・消費税8%込)(初代より)

ブラック・マイカメタリック(初代より)

パール・ホワイトⅢ(21,600円高・消費税8%込)(初代より)

ブライトシルバー・メタリック (初代より)

ホワイトⅢ〈F、F スマートアシストのみ〉(変更)

*初代のホワイト/アーバンナイトブルークリスタル・メタリック/コットンアイボリー/ライトローズ・マイカメタリック/シャイニングレッドは廃止

image

出典 スバル公式 プレオプラス

ダイハツ・ミライース

スカイブルーメタリック (全グレード共通) (初代より)

レモンスカッシュクリスタルメタリック (L/L”SAⅢ” B/B”SAⅢ”を除く) (追加)

マゼンタベリーマイカメタリック (B/B”SAⅢ”を除く)(初代より)

スプラッシュブルーメタリック (L/L”SAⅢ” B/B”SAⅢ”を除く) (追加)

プラムブラウンクリスタルマイカ (MO 21,600円)(初代より)

ブラックマイカメタリック (B/B”SAⅢ”を除く) (初代より)

パールホワイトⅢ (MO 21,600円)(初代より)

ブライトシルバーメタリック (全グレード共通)(初代より)

ホワイト (G/G”SAⅢ” X/X”SAⅢ”を除く)(初代より)

image

出典 ダイハツ公式 ミライース ボディー色

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスのボディー色です。ミライースと同じです。どちらかといいますと、初代プレオプラスの色がかなり変更されていますので、ミライースがプレオプラスのボディー色に合わせた感じですね。

車を決める以上にボディー色も気になりますよね。グリーン系がないのがさみしいですね。昔ダイハツ・ミラでしたが濃いグリーン系があり、個人的にはその印象が強いです。

全9色は、結構そろっていますから悩みますよね。

例えば、車を洗車してもあまり気にならない色を考えた場合は、やはりシルバーあたりがおススメです。

装備

内装

スバル プレオプラス

image

image

image

出典 スバル公式 プレオプラス インテリア

ダイハツ・ミライース

image

image

出典 ダイハツ公式 ミライース インテリア

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスの内装です。ミライースも同じです。軽自動車の内装とは思われない、とてもおしゃれなものになっていますね。2トーンカラーとなっています。

メーカーオプションでインテリアパネルが変更できます。自分らしいデザインで内装が作り上げる楽しさがあるのはいいですね。シートカバーもダークグレーやライトグレーに変更できます。標準でもかなり内装が可愛いいく仕上がっていますので、迷うところでもありますね。

Sponsored Links

外装

スバル プレオプラス (フロント 新型車)

image

出典 スバル公式 プレオプラス 外装

スバル プレオプラス (フロント 旧車)

image

出典 グーネット カタログ スバル プレオプラス E(2013年8月)

スバル プレオプラス (リア 新型車)

image

出典 スバル公式 プレオプラス 外装

スバル プレオプラス (リア 旧車)

image

出典 グーネット カタログ スバル プレオプラス E(2013年8月)

ダイハツ・ミライース (新型車)

image

image

出典 ダイハツ公式 ミライース 外観

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスの外装ですね。プレオプラスの方では、旧車の画像も掲載しています。旧車と比べてみますと、新型車の方のフロントマスクのラインにメリハリがあって、とてもすてきな顔立ちとなっています。

旧車の方がフロントマスクがぼやけた感じでいかにも安っぽく見えます。車の顔は大事です!遠くからみても、はっきりとあの車だと思えるような顔立ちがやはりかっこいいですからね。あとは、リアのブレーキランプが旧車がノの字ですが、新型車はコの字となっていてはっきりとさらにわかりやすくなっています。

また、ミライースと同じ顔をしていますが、一点だけ違うところがあります。エンブレムですね。ダイハツのエンブレムよりもやはりスバルのエンブレムはカッコイイです!

この星のエンブレムをつけているだけで高級感があります。これだけでフロントマスクが引き締まっていますので、不思議ですね。同じ車なら、私はもちろんプレオプラスを購入しますね。

Sponsored Links

安全性能

スマートアシストⅢ (衝突回避支援システム)

出典 You Tube 安全装備 スマートアシストⅢ 新登場 ダイハツ公式

スバル アイサイト(Ver3) (運転支援システム)

出典 You Tube SUBARU IMPREZA/XV プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスの安全性能は、スマートアシストⅢですね。ダイハツ・ミライースも搭載しています。本来ならスバルのアイサイトを載せるべきなんでしょうが、ダイハツからのOEN車なので、そのままスマートアシストⅢとなります。

スバル・アイサイトは運転支援システムと名前で書いています。運転者側に立った安全性能といえます。スマートアシストⅢは衝突回避支援システムで、字のままに車の装備に支援システムが入ってますよって感じでしょうか。

それぞれの内容は同じシステムだと思うのですが。プレオプラスのサイドでは、しっかりとスマートアシストⅢは「※スマートアシストⅢは運転支援システム〈アイサイト〉とはシステムが異なります。」(引用元 スバル公式 スバル スマートアシスト)と明記しています。

スバルのアイサイトは自信があるのかわかりませんが、あくまでも性能が違うことを強調しています。乗る側としては、しっかりと性能が機能してくればいいだけの話ですが、そこがやはりOEN車との扱いが難しいところなんでしょうね。相手の技術や内容を受け入れなければならないのですからね。

あと、最近、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が多発しています。スバルのスマートアシストⅢの注意書き「スマートアシストⅢに頼った運転は絶対に行わないでください」(引用元 スバル公式 スバル スマートアシスト)も強い口調で書かれます。これにはびっくりしました。

特に絶対という言葉は、あまり見なかったのですがスバルが安全の対する運転者の危機感を感じたんでしょう。もちろん、運転する側もしっかりとスマートアシストⅢを使いこなすことも重要ですね。

Sponsored Links

価格

スバル・プレオプラス

グレード 2WD 4WD 旧グレード
F 89.6万円~ 102
万円~
E
F
F
(スマート
アシスト)
96.1
万円~
109
万円~
F
(スマート
アシスト)FA
L
(スマート
アシスト)
109
万円~
122
万円~
L

FA
(スマート
アシスト)

L
(スマート
アシスト)

LA

LA
(スマート
アシスト)

G
(スマート
アシスト)
122
万円~
135
万円~
G
(スマート
アシスト)GA
(スマート
アシスト)

*旧グレードのスマートアシストはⅡです。

ダイハツ・ミライース

グレード 2WD 4WD
B 84.2万円~ 97.2万円~
B”SAⅢ” 90.7
万円~
103
万円~
L 87.4
万円~
100
万円~
L”SAⅢ” 93.9
万円~
106
万円~
X”SAⅢ” 108
万円~
120
万円~
G”SAⅢ” 120
万円~
133
万円~
管理人のワンポイント説明

新型スバル・プレオプラスの価格表です。ダイハツ・ミライースとの価格が同じではありません。わすかですが、スバル・プレオプラスの方が上回っています。おそらく装備がすこしプレオの方が充実しているかもしれません。

なぜなら、2016年4月~2017年ミラシリーズの販売台数が68,148台(全軽自協調べ)、さらにトヨタのピクシスシリーズは、21,100台(全軽自協調べ)で、プレオシリーズでは5684台(全軽自協調べ)とかなりの台数が負けこんでいます。

おそらくこの点を考慮して、装備など標準にして価格設定しているのではないでしょうか。

ダイハツといえば、軽の老舗と見られていますし、トヨタは名前で「あのトヨタが軽?」という感じで購入すると思われますし。スバルと言えば・・・インプレッサやフォレスターの搭載されている水平対向エンジンが有名です。

どちらかといいますと走り専門のスバルとエンブレムの★くらいですね。軽を作る印象がないから売れないのではないでしょうか。私的には、軽の自社生産してみると面白いと思うのですが。どうでしょうねスバルさん。

Sponsored Links

スバル・プレオプラスの評価

まとめ

新型スバル・プレオプラスはいかがだったでしょうか。

ダイハツ・ミライースのOEM車としては、かなり苦戦をしているようです。あまり車の違いもなくほぼ同じ車ですので今回のフルモデルチェンジも、ミライースに負けないくらい売れてほしいですね。スバルのエンブレムはかっこいいですからね。

2017年には、富士重工から名前をスバルに変更しました。スバル独自路線で車業界に新しい風を吹きたいという話もあります。あとは、スバルが軽自動車をどう考えているかです。

いずれ、スバルの自社生産で軽自動車を作れば、かなりの印象が変わると思いますね。開発力があるのですから。ぜひ今後はOEM車に頼らない方向で、ダイハツ・ミライースと競い合ってほしいですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links