【スズキソリオ】新型ストロングハイブリッド、燃費や値段・特徴や発売日は?

スズキワゴンRの兄貴的な存在として、生まれてコンパクトカー・スズキソリオ。サイズと価格が売りでちょっと、軽自動車の扱いに近い車でありましたが、今回モデルチェンジされる模様です。

では、新型スズキソリオの特徴燃費装備安全性や期待のストロングハイブリッドとは?を解説していきたいと思います。

Sponsored Links

スズキソリオの歴史

初代 MA61S/MB61S型(1997年-1999年)

前期型(1997年2月 – 1998年5月)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

後期型(1998年5月 – 1999年5月)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

管理人のワイポイント説明

スズキ・ソリオは、元々ワゴンRの小型車仕様です。名前をワゴンRワイドといいました。当初の名前はソリオではなかったんですね。

排気量は、1000ccでガソリン車とターボ車があります。ちょっぴり、大きいお兄さんですね。

2代目 MA63S/MA64S/MA34S型(1999年-2010年)

ワゴンRプラス・欧州仕様車(1999年5月 – 2000年)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

ワゴンRソリオ(2000年12月 – 2005年)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

ソリオ(2005年8月 -2010年)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

管理人のワイポイント説明

2代目から、2年足らずでフルモデルチェンジをし、2000年には名前をワゴンRソリオに改名。排気量も1300ccクラスを追加しました。

軽自動車から小型車への脱皮したかったでしょうね。ただし、外観を見ますと、またワゴンRの名残がありデザインも変化なしってところでしょうか。

因みに、ソリオという名前は「玉座(王座)、王権」を意味するスペイン語なんだそうです。小型車のNO1を目指すという意味で名づけられたかもしれませんね。

3代目 MA15S型(2010年-2015年)

X (前期型)2010年12月 – 2012年6月

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

S(後期型)

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

管理人のワイポイント説明

排気量が1200ccにもかかわらず、どっしりとした風格もあります。丸びを帯びたフロントライン、切れ長のヘッドライド。

さすが、3代目となりますともう軽自動車の感じではなく立派な小型車として貫録があります。2011年3月には、三菱自動車工業のデリカD:2へOEM供給を始めています。

4代目 MA26S/MA36S型(2015年-)

HYBRID MX

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

バンディット HYBRID MV

image

出典:ウィキペディア・スズキソリオ

管理人のワイポイント説明

2015年に、スズキソリオはフルモデルチェンジをしました。その時に新開発のプラットフォームやマイルドハイブリッド(1200ccクラス)初導入

これによって室内長を2,150mm・前後乗員間距離は1,080mm、室内高は1,360mmと広げることに成功しまた、ホイールベースを30mmを広げて最小回転半径を4.8mと小回りをしやすい設計にしました。

新型スズキソリオの発売日

当初、2016年5月ごろだったのですが、11月25日予定変更しています。理由は現行のソリオの販売が絶好調で新型を作るタイミングを失くしてしまったといううれしい誤算がありました。

その上、燃費不正が発覚。余波を受けてつつも対処しながら生産準備に入ってるところだと思います。

▶1P終了/2P。次ページは、新型スズキソリオの特徴、値段、燃費、ライバル車情報!

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links