【新型スバル・インプレッサ】価格や発売日は?サイズや燃費や評判は?

スバル・インプレッサといえは、世界的に見ても人気のある車です。日本が世界に向けて誇れる車ブランドの一つです。実はスバルインプレッサには、たくさんの車種があり、特に走りを重視したい人にとってはかなり好評価をあげています。

今回、スバルがまた新型インプレッサを発売するようですね。最先端の技術を駆使したエンジンや安全技術を搭載します。

では、スバルインプレッサの歴史や特徴・燃費・エンジン発売日安全性能価格などを評判とともにご紹介したいと思います。

Sponsored Links

スバルインプレッサの歴史

初代 GC/GF系(1992年-2000年)

セダン(前期型・北米仕様)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

スポーツワゴン(米国仕様・後期型)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

管理人のワンポイント説明

スバルインプレッサ・セダンは、箱型のタクシーのような車のことをいいます。またの名を3ボックスとも言われます。ドアが4枚、エンジン部分とキャビン(室内つまり車の中で「人」が乗るところ)・トランクルーム(荷台)と分けられています。今ではすっかりと姿を見かけなくなりました。

スバルインプレッサ・スポーツワゴンは、要はワゴンの形をした車です。荷台と後部座席を変形をさせて荷物を入れます。各自動車会社によって呼び名が違ってきます。例えば、ハッチバッグですね。実際によくみて確認をしたほうがいいですね。

2代目 GD/GG系(2000年-2007年)

4ドアセダンWRX(前期型・北米仕様)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

スポーツワゴンWRX(中期型・北米仕様)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

WRX STI specC typeRA-R(後期型)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

インプレッサWRC2006

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

管理人のワンポイント説明

インプレッサWRC2006のボデイ色、見覚えはありませんか?スバルの人気が出たのは「世界ラリー選手権」に出たからなんですね。過酷な道をひたすら走りタイムを競う大会です。

インパクトのあるブル―の色でスバルインプレッサの名前を轟かせました。もちろん性能も知らしめました。

2代目たちは、世界ラリー選手権の影響が色濃く出てますね。もう野山をかけめぐる車として海外での人気を得ました。

3代目 GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)

5ドア 20S

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

アネシス 1.5i-L

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

スバル・WRX STI(3代目)

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

管理人のワンポイント説明

わずか4年の間にノーマルモデル・XV・WRX STIと生産しました。生産能力が高いのかすごい早さで生産して販売しています。それだけ人気なんでしょうね。特に欧米に人気です

この車なら長い道や厳しい条件での運転も安心してできるんでしょうね。見た目パワフルですし、デザインも申し分ありません。かっこいいの一言です。

4代目 GP/GJ系(2011年-2016年)

前期型 G4 2.0i AWD

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

後期型 G4 2.0i-S EyeSight

image

出典:ウィキペディア・スバルインプレッサ

管理人のワンポイント説明

4代目を見てみますと、スポーツ的なイメージはなくなり高級車路線へ方向が進んでいる感じを受けますね。フロント部分は、もうトヨタのクラウンクラスですね。どっしりとした風格のある車になっています。

新型スバル・インプレッサの発売日

出典:YouTube 新型インプレッサ TVCM「愛でつくるクルマ」篇30秒

2016年9月より先行予約がはじまりました。2016年10月25日の販売です。

なお、販売は2.0Lモデルのみで16Lモデル2016年末という話があります。

1P終了/2P。次のページでは、新型スバル・インプレッサの価格、サイズ、燃費、評判を解説します!

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links