【マツダフレア】2017年夏新型発売?ワゴンRとの違いや特徴・価格・評価は?

マツダ・フレアは、スズキのワゴンRのOEM供給によってできた車です。2012年にはワゴンRがフルモデルチェンジ。そのあと続けてフレアもチェンジをしました。

今回、スズキがワゴンRのフルモデルチェンジをまた販売する話が出ていますが、2016年6月に国土交通省から燃費の指導を受けてしまい、開発・生産が遅れています。その影響を当然マツダ・フレアも受けます。

では、マツダ・フレア特徴価格・評価やワゴンRとの違いについてOEM供給も踏まえて解説したいと思います。

Sponsored Links

マツダ・フレアの歴史

初代 MJ34S/44S型(2012年-)

前期型 XS

image

出典:ウィキペディア・マツダフレア

後期型 HS

image

出典:ウィキペディア・マツダフレア

ワゴンR(5代目)との比較

image

出典:ウィキペディア・マツダフレア

管理人のワンポイント説明

1994年の10月から、スズキよりワゴンRのOEMの供給を受けて、軽自動車のトールワゴンAZ-ワゴンを販売。18年という長い期間売られた軽自動車なのです。2012年には、名前をフレアに変更して、マツダの軽トールワゴンにフレアシリーズを展開し始めました。比較的若いワゴンですね。

スズキのワゴンRとの比較画像がありますが、会社のエンブレム以外、外観が同じです。因みにフレアの名前の語源は、「才能」という英語の意味です。

OEMの供給を受けてるわりに「才能」と言う名前は、どうなのかな?と思いますが、マツダの思い入れがあるのでしょうね。

新型マツダ・フレアの発売日は?

マツダ・フレアの供給元であるスズキは、本来なら2016年の秋には新型スズキワゴンRが発売をする予定でした。

2016年6月に、国土交通省から燃費・排気ガス試験の数字がおかしいということでペナルティーを受けてしまいその上、スズキのソリオの売れ行きもよく、ワゴンRの開発・生産が遅れることになりました。

【スズキソリオ】新型ストロングハイブリッド、燃費や値段・特徴や発売日は?

スズキは、ワゴンRのフルモデルチェンジを2017年の春くらいに変更をしました。当然、マツダのフレアもOEM配給が遅れるということとなります。春ごろと言いますから、マツダのフレアも早くて夏や秋くらいでですね。

【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?

【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?
スズキワゴンRは、背が高い(トールワゴン)軽自動車として人気を得ました。居心地がよい空間を演出して、トールワゴンという車を一大の流れに押し上...

どの部分が新型なるか?とても気になりますよね。

マツダ・フレア・HSにはエネチャージを搭載しています。エネチャージがさらなる進化を遂げてストロングハイブリイドを搭載予定にしています。これをマツダ的な車にするのか?ですね。フレアの人気も変わってくるかもしれませんね。

1P終了/2P。2ページ目は、マツダ・フレアの特徴、価格、燃費、評判について!

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links