【新型スズキ・エスクード】マイナーチェンジ特徴や変更点は?安全性能や評判は?

SUV車の先駆者として位置づけされている、新型スズキ・エスクードです。この車が今度マイナーチェンジ追加がありました。では、新型スズキ・エスクードの特徴発売日エンジン燃費装備内装外装ライバル車評判など、今わかってる情報をもとにお話したいと思います。

Sponsored Links

スズキ・エスクードの歴史

初代(1988年-1997年)

ハードトップ(豪州仕様)

image

5ドア 2.0(後期型)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

初代のスズキ・エスクードです。1988年、まだそれほどSUV車が人気ではなかった時、排気量1.6L/2.0L/2.5L。エンジンは直4とV6気筒。NAとディーゼル。駆動方式は、パートタイム4WD。トランスミッションは、5MT/4AT/3AT。見た目、スズキ・ジムニーに似ていますね。

Sponsored Links

2代目(1997年-2005年)

ヘリー・ハンセン リミテッド(2000年3月〜2005年4月)

image

3ドア

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

2代目のスズキ・エスクードです。排気量は、1.6L/2.0L/2.5L。直4とV6。ガソリンとディーゼル。駆動方式は、FR/パートタイム4WD。トランスミッションは5M/4AT。中身は、そう変わらないのですが、外観が角ばったものになっています。

3代目(2005年-2017年)

前期型 5ドア

image

XG 5ドア(後期型・日本仕様 7型)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

3代目のスズキ・エスクードです。排気量は、1.6L/2.0L/2.7L(前期2005-2008)・2.4L/3.2L/1.9L(クリーンディーゼル海外用)。トランスミッションは、5MT/5AT/4AT。排気量の変更が著しいです。また、車体のデザインは、前回同様あまりパッとしたものではありません。やはり、初代のデザインがエスクードらしいですね。

4代目(2015年 –)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

4代目のスズキ・エスクードです。4代目から、製造国ハンガリーが変わります排気量1.6Lのみ。直4とクリーンデイーゼル。駆動方法FF/フルタイム4WD。トランスミッションは、6AT/6MT。製造先が変わるとデザインがこうも変わるんですね。すごく、力強くなっています。2016年11月、日本車の仕様を変更しました。FFは、廃止。4WDのみとなります。

新型スズキ・エスクードの発売日

新型スズキ・エスクードは4代目(2015年 –)です。2016年11月にマイナーチェンジ仕様変更しています。そのエスクードが、またマイナーチェンジをするのではないかと話が出ています。現在、2017年7月26日に、エスクードのターボエンジンの追加がありました。

新型フルモデルチェンジの周期は5-6年です。ということは、東京オリンピック2020年あたりになりそうです。あくまでも推測ですが、ハイブリッドへ変更するかもしれません。その間に、マイナーチェンジや特別仕様車を出しながら、新型車を出すと思われます。

Sponsored Links

新型スズキ・エスクードの特徴

エンジン

エンジンS・エスクード

/1.6L

/1.4L(ターボ追加)

H・ヴェゼル
/1.5L
S・フォレスター
/2.0L
パワートレイン1.6L:直列4気筒
DOHC16バルブVVT1.4L(T):直列4気筒直噴ターボ
直列4気筒
DOHC
水平
対向
4気筒
DOHC
16バルブ
デュアル
AVCS直噴ターボDIT
最高出力1.6L:

86
[117]
/6000

1.4L:

100[136]/5500

H:
97[132]
/6600NA:
96[131]
/6600
NA:109
[148]
/6200T:206[280]/5700
最大トルク1.6L:

151[15.4]
/4400

1.4L:210[21.4]

/2100-4000

H:
156
[15.9]
/4600NA:
155
[15.8]
/4600
NA:196
[20.0]
/4200T:350[35.7]/2000-5600
最高出力(馬力・モーター用)なし22[29.5]
/1313
̶2000
なし
最大トルク(回転数モーター用)なし160[16.3]
/0
̶1313
なし
トランスミッション6速ATH:
7速オートマ
チック
+パドル
シフトNA:
無段
変速
オートマ
チック[トルクコンバーター付]
リニアトロニック[マニュアルモード付]

6MT

スポーツ
リニア
トロニック
[マニュアル
モード付]

駆動方式フルタイム4WDFF
4WD
AWD
[常時
全輪
駆動]

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド・T(ターボ)

燃費&実燃費

燃費2WD4WD実燃費
(e燃費調べ)
S・エスクード/1.6L

/1.4L(T)

なしNA:
17.4T:16.8
NA:12.04-
13.57T:不明
H・ヴェゼル
/1.5L
H:
23.4-27.0NA:
19.8-
20.6
H:
21.6-
23.2NA:
19.0
H:
17.30-
19.22NA:
14.49-
14.85
S・フォレスター
/2.0L
なしNA/リニアトロニック:16.0

NA/6MT:
13.4

T:スポーツ
リニア
トロニック
13.2

10.60-
12.93

* 単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表と燃費表です。今度行われるマイナーチェンジは、エンジンの1.0L直3ターボに変更という話があります。これは、SX4・Sクロス1.6Lで、1.0L直3ターボに変更される話からきているようです。この予想はみごと外れてしまい、今回は1.4L直4ターボエンジンを追加しました。1.0Lよりかは馬力があるのではないでしょうか。税金では、1.6Lよりも安くできますね。

エンジンの仕様が追加されるっていうのは、ほぼフルモデルチェンジの域に近いです。ですから、マイナーチェンジっていうよりもビッグマイナーチェンジに近いです。

スズキでは、エンジンのダウンサイジング化を進めていて、確かに税金の面でもかなり有利です。私としてはターボをつけてダウンサイジングしたら、馬力が落ちる気がします。NAエンジンにターボつけて無理やり、発火させるわけですからね。しかも、排気量が小さいのにもかかわらずです。数字的にみますと、ターボのほうが高くなっています。走り心地は、実際に乗ってみないとわかりませんが、エンジンの寿命が短いのではと思っています。

燃費は、NA車よりもすこし低いです。ターボでは瞬発力はいいですが、やはり燃費が悪いようですね。いくらダウンサイジング化しても燃費が悪ければ、購入者予定者が敬遠する確率が高いですね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズS・エスクード
/1.6L/1.4L(T)
H・ヴェゼル
/1.5L
S・フォレスター
/2.0L
全長41754295-
4305
4595-
4610
全幅17751770-
1790
1795
全高161016051715-
1735
ホイールベース250026102640
室内長196019302095
室内幅148014851540
室内高126512651280
重量1210-201270-
1390
1460-
1610
乗員555
最小回転半径5.25.3-
5.5
5.3

*単位:mm/kg

ボディー色

ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ

サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

アトランティスターコイズパールメタリック/ブラック2トーンルーフ

ギャラクティックグレーメタリック

コスミックブラックパールメタリック

クールホワイトパール

image

出典 スズキ公式 エスクード ボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズ表とボディー色です。ボディーサイズは、一番小さくコンパクトにまとまっています。マイナーチェンジでは、サイズの変更はありませんでした。

ボディー色は、色を追加する可能性があると推測しましたが、変更はありませんでした。ターボ車も同じ色でした。

新型フルモデルチェンジのでの色は、2トーンカラーと単色は、オレンジ色やイエロー色などを追加するといいですね。欧州で生産していますので、やはり固い色がくるかもしれません。せめて、日本仕様では派手な色使いをしてほしいと思いますね。

Sponsored Links

装備

内装

1.6

image

image

1.4Lターボ

エスクード1.4内装

出典 スズキ公式 エスクード 内装

image

出典 スズキ公式 エスクード 収納

管理人のワンポイント説明

マイナーチェンジ後の内装ですね。ちょっと、1.6Lはそのままに、シンプルすぎるのとなにか足りない内装です。今度のマイナーチェンジ追加された1.4Lの内装は、赤の線でちょっとアクセントをつけています。かっこいい内装になりましたね。

外装

1.6L

エスクード1.6L

1.4L

エスクード1.4

出典 スズキ公式 エスクード 外装

管理人のワンポイント説明

マイナーチェンジ後の外装です。マイナーチェンジの変更は、1.4Lの追加で変更があります。画像を見ても分かるのですが、フロントマスクのデザインが変わっています。1.6Lのフロントマスクは、横線ですが、1.4Lの方は縦線です。

1.4L用では、ルーフレールがついています。これは車の上に物を載せるために棒みたいなものです。見た目実用的なルーフレールではない感じがありますね。おしゃれに載せてるようにも見えます。あとは1.4L専用のアルミホイールやヘッドランプがあります。

Sponsored Links

安全性能

image

出典 スズキ公式 エスクード 安全性能

ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム

image

image

image

出典:スバル公式 エスクード ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム

走行性能

image

出典 スズキ公式 エスクード 走行性能

管理人のワンポイント説明

現行車と追加分の安全性能と走行性能です。安全性能は、レーダーブレーキサポートII(ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム)を標準装備しています。上記の4つの機能があります。

走行性能は、ALLGRIPですね。電子制御4WD・4モード走行切替機能・車両運動協調制御システムで四輪制御。安定の走行と優れた馬力を発揮します。やはり走りが重視でその上で安全性能が優秀であれば、走り屋さんには、かなりの魅力ですね。

Sponsored Links

新型スズキ・エスクードの価格

価格2WD4WD
S・エスクード
/1.6L/1.4L
なし1.6L:

234万円-

1.4L:

258万円-

H・ヴェゼル
/1.5L
H:227万円ー
277万円-NA:
192万円-
239万円ー
H:
248万円-
288万円-
NA:
213万円-
233万円ー
スバル・フォレスター
/2.0L
なしNA:
241万円ー
312万円ー

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車と追加分の価格表です。1.6Lが234万円-、1.4Lが258万円-です。他車と比べても同じくらいの金額となっています。エスクードでは、価格の差が24万ほどですね。馬力で選ぶか、価格で選ぶかですね。特に税金と比較しますと、1.4Lの方が税金が安くつきますが、価格が高いので悩みますよね。あとは、どこで車を見るかですね。ブランド名で見るか、好みもありますし予算もあります。

ライバル車

ホンダ・ヴェゼル

image

出典 ホンダ公式 ヴェゼル

管理人のワンポイント説明

ホンダ・ヴェゼルですね。1.5Lでハイブリッドを装備。2017年~2018年にかけて、マイナーチェンジが行なわれるようですね。欧州や中国から噂が流れています。

ヴェゼル新型(ホンダ)RSマイナーチェンジで価格や燃費は?デザインや評判は?

新型ホンダ・ヴェゼルは、SUV車ではNO1を競う人気車です。今までは、ほんの一部の改良をするだけでしたが、大幅なマイナーチェンジを予定してい...

スバル・フォレスター

image

出典 スバル公式 フォレスター

管理人のワンポイント説明

スバル・フォレスターですね。新型フルモデルチェンジの話が出ています。NAガソリン車は2017年末から2018年春。PHVは2019年の発売となると噂があります。デザインもスズキ・エクシードよりも風貌がまさにSUV車の王様という感じですね。車体も一回り大きいですね。

【スバル新型フォレスター】フルモデルチェンジ価格・評判は?発売日・燃費は?

最近の日本では、ミドルサイズのSUV車をよく見かけるようになりました。国内外で今人気なのがSUV車のスバル・フォレスターですね。普通は車体が...

スズキ・エスクードの評判

まとめ

新型スズキ・エスクードは、いかがだったでしょうか シンプルなSUV車ですが、マイナーチェンジでは、1.4Lターボが追加されました。内装や外装なども変更がありました。

SUV車は、各社にとっては人気車あり稼ぎかしらです。スズキもその流れに遅れないように今後も、進化していくに違いないです。楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links