【新型スズキ・エスクード】マイナーチェンジ・発売日は?装備や安全性能や評判は?

SUV車の先駆者として位置づけされている、新型スズキ・エスクードです。この車が今度マイナーチェンジをする話がでてきました。では、新型スズキ・エスクードの特徴発売日エンジン燃費装備内装外装ライバル車評判など、今わかってる情報をもとにお話したいと思います。

Sponsored Links

スズキ・エスクードの歴史

初代(1988年-1997年)

ハードトップ(豪州仕様)

image

5ドア 2.0(後期型)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

初代のスズキ・エスクードです。1988年、まだそれほどSUV車が人気ではなかった時、排気量1.6L/2.0L/2.5L。エンジンは直4とV6気筒。NAとディーゼル。駆動方式は、パートタイム4WD。トランスミッションは、5MT/4AT/3AT。見た目、スズキ・ジムニーに似ていますね。

Sponsored Links

2代目(1997年-2005年)

ヘリー・ハンセン リミテッド(2000年3月〜2005年4月)

image

3ドア

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

2代目のスズキ・エスクードです。排気量は、1.6L/2.0L/2.5L。直4とV6。ガソリンとディーゼル。駆動方式は、FR/パートタイム4WD。トランスミッションは5M/4AT。中身は、そう変わらないのですが、外観が角ばったものになっています。

3代目(2005年-2017年)

前期型 5ドア

image

XG 5ドア(後期型・日本仕様 7型)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

3代目のスズキ・エスクードです。排気量は、1.6L/2.0L/2.7L(前期2005-2008)・2.4L/3.2L/1.9L(クリーンディーゼル海外用)。トランスミッションは、5MT/5AT/4AT。排気量の変更が著しいです。また、車体のデザインは、前回同様あまりパッとしたものではありません。やはり、初代のデザインがエスクードらしいですね。

4代目(2015年 –)

image

出典 ウィキペディア スズキ・エスクード

管理人のワンポイント説明

4代目のスズキ・エスクードです。4代目から、製造国ハンガリーが変わります排気量1.6Lのみ。直4とクリーンデイーゼル。駆動方法FF/フルタイム4WD。トランスミッションは、6AT/6MT。製造先が変わるとデザインがこうも変わるんですね。すごく、力強くなっています。2016年11月、日本車の仕様を変更しました。FFは、廃止。4WDのみとなります。

新型スズキ・エスクードの発売日

新型スズキ・エスクードは4代目(2015年 –)です。2016年11月にマイナーチェンジ仕様変更しています。そのエスクードが、またマイナーチェンジをするのではないかと話が出ています。海外が主戦場なので欧州での販売が先となります。時期的には、2017年10月。その半年後、国内販売開始が2018年4月という流れになっているようです。

新型フルモデルチェンジの周期は5-6年です。ということは、東京オリンピック2020年あたりになりそうです。あくまでも推測ですが、ハイブリッドへ変更するかもしれません。その間に、マイナーチェンジや特別仕様車を出しながら、新型車を出すと思われます。

Sponsored Links

新型スズキ・エスクードの特徴

エンジン

エンジン S・エスクード/1.6L H・ヴェゼル
/1.5L
S・フォレスター
/2.0L
パワートレイン 直列4気筒
DOHC16バルブVVT
直列4気筒
DOHC
水平
対向
4気筒
DOHC
16バルブ
デュアル
AVCS
最高出力 86
[117]
/6000
H:
97[132]
/6600NA:
96[131]
/6600
109
[148]
/6200
最大トルク 151[15.4]
/4400
H:
156
[15.9]
/4600NA:
155
[15.8]
/4600
196
[20.0]
/4200
最高出力(馬力・モーター用) なし 22[29.5]
/1313
̶2000
なし
最大トルク(回転数モーター用) なし 160[16.3]
/0
̶1313
なし
トランスミッション 6速AT H:
7速オートマ
チック
+パドル
シフトNA:
無段
変速
オートマ
チック[トルクコンバーター付]
リニアトロニック[マニュアルモード付]

6MT

スポーツ
リニア
トロニック
[マニュアル
モード付]

駆動方式 フルタイム4WD FF
4WD
AWD
[常時
全輪
駆動]

*最高出力(馬力・モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(回転数モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

燃費&実燃費

燃費 2WD 4WD 実燃費
(e燃費調べ)
S・エスクード/1.6L なし NA:
17.4
12.04-
13.57
H・ヴェゼル
/1.5L
H:
23.4-27.0NA:
19.8-
20.6
H:
21.6-
23.2NA:
19.0
H:
17.30-
19.22NA:
14.49-
14.85
S・フォレスター
/2.0L
なし リニアトロニック:16.0

6MT:
13.4

スポーツ
リニア
トロニック
13.2

10.60-
12.93

* 単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表と燃費表です。今度行われるマイナーチェンジは、エンジンの1.0L直3ターボに変更という話もあります。これは、SX4・Sクロス1.6Lで、1.0L直3ターボに変更される話からきているようです。エンジンの仕様が変更されるっていうのは、ほぼフルモデルチェンジの域に近いです。ですから、マイナーチェンジっていうよりもビッグマイナーチェンジに近いです。

スズキでは、エンジンのダウンサイジング化を進めていて、確かに税金の面でもかなり有利です。私としてはターボをつけてダウンサイジングしたら、馬力が落ちる気がします。NAエンジンにターボつけて無理やり、発火させるわけですからね。しかも、排気量が小さいのにもかかわらずです。あくまでも噂ですので、エンジンの1.0L直3ターボが実現するかはわかりません。また排気量1.6L据え置きで、ターボ追加する選択もできます。そのくらいの考えで車を作ってくれるといいかと思います。

また、欧州仕様では、1.4L直4ターボスポーティモデルがあるようです。こちらの方が、同じ税金でも馬力がいいような感じがります。こちらをぜひ日本仕様でも活かしてほしいですね。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ S・エスクード
/1.6L
H・ヴェゼル
/1.5L
S・フォレスター
/2.0L
全長 4175 4295-
4305
4595-
4610
全幅 1775 1770-
1790
1795
全高 1610 1605 1715-
1735
ホイールベース 2500 2610 2640
室内長 1960 1930 2095
室内幅 1480 1485 1540
室内高 1265 1265 1280
重量 1210 1270-
1390
1460-
1610
乗員 5 5 5
最小回転半径 5.2 5.3-
5.5
5.3

*単位:mm/kg

ボディー色

ブライトレッド5 ブラック2トーンルーフ

サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

アトランティスターコイズパールメタリック/ブラック2トーンルーフ

ギャラクティックグレーメタリック

コスミックブラックパールメタリック

クールホワイトパール

image

出典 スズキ公式 エスクード ボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズ表とボディー色です。エスクードのボディーサイズは、一番小さくコンパクトにまとまっています。マイナーチェンジでは、サイズの変更はないようです。

ボディー色は、今のままか色を追加する可能性があります。色は、2トーンカラーと単色は、オレンジ色やイエロー色などを追加するといいですね。欧州で生産していますので、やはり固い色がくるかもしれません。せめて、日本仕様では派手な色使いをしてほしいと思いますね。

Sponsored Links

装備

内装

image

image

出典 スズキ公式 エスクード 内装

image

出典 スズキ公式 エスクード 収納

管理人のワンポイント説明

現行車の内装ですね。ちょっと、シンプルすぎるのとなにか足りない内装です。今度のマイナーチェンジではすこしエレガントな雰囲気を出す内装になればいいなと思いますね。内装に関しては、まだ情報が出てきませんが、多少の変更がどこかここかあります。もうすこし、レベルをあげるともっとかっこいい内装になりますね。

外装

image

image

出典 スズキ公式 エスクード 外装

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。マイナーチェンジの変更は、情報があまりまだ入っていませんが、推測ではフロントマスクやグリルあたりになりそうですね。ヘッドライトやバンパーの印象がないので、すこし鋭いものにしますとかっこよくなります。どのようになるか楽しみですね。

Sponsored Links

安全性能

image

出典 スズキ公式 エスクード 安全性能

ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム

image

image

image

出典:スバル公式 エスクード ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム

走行性能

image

出典 スズキ公式 エスクード 走行性能

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能と走行性能です。安全性能は、レーダーブレーキサポートII(ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム)を標準装備しています。上記の4つの機能があります。

走行性能は、ALLGRIPですね。電子制御4WD・4モード走行切替機能・車両運動協調制御システムで四輪制御。安定の走行と優れた馬力を発揮します。やはり走りが重視でその上で安全性能が優秀であれば、走り屋さんには、かなりの魅力ですね。

Sponsored Links

新型スズキ・エスクードの価格

価格 2WD 4WD
S・エスクード
/1.6L
なし 234万円-
H・ヴェゼル
/1.5L
H:227万円ー
277万円-NA:
192万円-
239万円ー
H:
248万円-
288万円-
NA:
213万円-
233万円ー
スバル・フォレスター
/2.0L
なし NA:
241万円ー
312万円ー

*NA:自然吸気・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。ワングレードしかありませんが、234万円~です。他車と比べても同じくらいの金額となっています。だとしたら、どこで車を見るかですね。ブランド名で見るか、好みもありますし予算もあります。今度行なわれるマイナーチェンジでは、エンジンの1.0L直3ターボに変更かという話です。馬力は、どうなるかはわかりませんが、金額的には少し期待はできるでしょう。

ライバル車

ホンダ・ヴェゼル

image

出典 ホンダ公式 ヴェゼル

管理人のワンポイント説明

ホンダ・ヴェゼルですね。1.5Lでハイブリッドを装備。2017年~2018年にかけて、マイナーチェンジが行なわれるようですね。欧州や中国から噂が流れています。

スバル・フォレスター

image

出典 スバル公式 フォレスター

管理人のワンポイント説明

スバル・フォレスターですね。新型フルモデルチェンジの話が出ています。NAガソリン車は2017年末から2018年春。PHVは2019年の発売となると噂があります。デザインもスズキ・エクシードよりも風貌がまさにSUV車の王様という感じですね。車体も一回り大きいですね。

【スバル新型フォレスター】フルモデルチェンジ価格・評判は?発売日・燃費は?

最近の日本では、ミドルサイズのSUV車をよく見かけるようになりました。国内外で今人気なのがSUV車のスバル・フォレスターですね。普通は車体が...

スズキ・エスクードの評判

まとめ

新型スズキ・エスクードは、いかがだったでしょうか シンプルなSUV車ですが、マイナーチェンジにおいてはエンジンの仕様が変わったりするかもしれませんし、内装や外装など、大幅な変更があるようです。

SUV車は、各社にとっては人気車あり稼ぎかしらです。スズキもその流れに遅れないように今後も、進化していくに違いないです。楽しみですね。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links