【新型トヨタ・ハイラックスサーフ】4ランナー復活か?燃費・価格や評判は?

新型トヨタ・ハイラックス・サーフは、トヨタ・ハイラックス・ピックアップトラックのSUV車化した車です。しっかりとした走行性能と強固な車体で海外の過酷な環境でも適用できる車です。海外では「4ランナー」として人気があります。

悲しいことに日本では販売が終了していたのですが、昨今SUV車が人気がうなぎのぼりとなって、トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させようという動きが出てきたようです。

では、新型トヨタ・ハイラックス・サーフの日本の発売日特徴価格燃費装備ライバル車評価など、今わかっている情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

新型トヨタ・ハイラックスサーフの歴史

4代目ハイラックス 50/60/70系(1983年-1988年)

image

出典 ウィキペディア トヨタ・ハイラックス

初代 N60系(1983年-1989年)

image

出典 ウィキペディア トヨタハイラックスサーフ

管理人のワンポイント説明

初代のトヨタ・ハイラックスサーフですね。元々、トヨタ・4代目ハイラックスの派生車として生まれました。その後北米用トヨタ・タコマ(ハイラックスの北米仕様)に吸収されます。

このサーフは、日野自動車との共同開発による大型SUV車として「4Runner」(フォーランナー)と名づけて北米など世界に向けて販売した車です。1984年5月には、日本でも販売開始。同年11月にはディーゼルターボを追加。

Sponsored Links

2代目 N130系(1989年-1995年)

2代目ハイラックスサーフ ワゴン 2.4DT SSR-X ワイド 4ドア (中期型)

image

出典 ウィキペディア トヨタハイラックスサーフ

管理人のワンポイント説明

2代目のトヨタ・ハイラックスサーフですね。2ドアから4ドアに変更。駆動方式は4WD。トランスミッションは4AT/5MT。排気量は3.0L。

この車は、トヨタ・ラウンドクルーザーとよく勘違いするんですよね。名前を見て、「ああ、これがハイラックスなんだ」と感心します。この2代目は、個人的によく見かけます。2代目からSUV車として肩書がついています。

3代目N180系(1995年-2002年)

前期型

image

後期型 3.0DT SSR-X

image

2.7スポーツランナー

image

出典 ウィキペディア トヨタハイラックスサーフ

管理人のワンポイント説明

3代目のトヨタ・ハイラックスサーフですね。ガソリン2.7L+ 4AT、日本国内向けモデル初のFR車、「スポーツランナー」を追加。

全体的なデザインとして2代目よりか若干、ラインが丸くなった気がします。ちょっとインパクトにかけるかなと思います。

4代目 N210系(2002年-2009年)

4代目ハイラックスサーフ(前期型、2002年10月 – 2005年7月)

image

出典 ウィキペディア トヨタハイラックスサーフ

SSR-X(2005年8月~2009年)

image

出典 グーネット カタログ トヨタ・ハイラックスサーフ

管理人のワンポイント説明

4代目のハイラックスサーフですね。排気量は3.4L/2.7L/3.0L/4.0L。直4気筒とディーゼルターボ(海外仕様)。駆動方式はFR・4WD。トランスミッションは、4AT-5AT。

2009年、日本ではトヨタラウンドクルーザー・プラドに吸収されて形でハイラックスとサーフの歴史が幕を下ろしました

5代目 N280系(2009年-)

image

出典 ウィキペディア トヨタハイラックスサーフ

管理人のワンポイント説明

5代目のハイラックスサーフですね。5代目からトヨタハイラックスサーフは、日本市場から撤退し名前も完全消滅。海外専用SUV車となって名前も4ランナーとなりました。

日本で売れ行きが悪かったのでしょうか。車を見てみますとかなり大きいことがわかります。ですから、日本の環境よりも海外の広い環境で思いっきり羽ばたいたほうがいいとトヨタが判断したんでしょうね。

新型トヨタ・ハイラックスサーフの発売日

新型トヨタ・ハイラックスサーフの発売日が気になりますよね。実は、北米で名前を「4ランナー」として現在販売されています。

4ランナーは2009年~発売ということで、時期的にはそろそろ新型フルモデルチェンジではないかとささやかれています。日本でも今空前のSUV車です。トヨタも手ごまがあったほうが、売り上げに繋がるかもと計算しているのではないでしょうか。

4ランナー北米の新型フルモデルチェンジは、2017年3月のジュネーブショー、あるいは4月のニューヨークモーターショーでお披露目されるのではないかといわれています

その流れで日本でのトヨタ・ハイラックスサーフの復活が見えてくるかもしれませんね。

もし、日本での発売が決まればモーターショーの後の半年から1年先となります。2017年、8月かといわれていますが、本当にトヨタ・ハイラックスサーフが復活するかはわかりません。

実はトヨタ・ラウンドクルーザー・プラドも新型が出るんではなかろうかといわれています。吸収された車です。2018年ごろだと言われていますので、本当にどうなるか。カテゴリーの棲み分けが決まってはいませんのであくまでも参考程度で考えておいた方がいいかもしれませんね。

Sponsored Links

新型トヨタ・ハイラックス・サーフの特徴

プラットフォーム

image

出典 トヨタ公式 プリウス TNGA

日野自動車とトヨタが共同で作ったトラックからきています。日野自動車といえば、トラックやバスを専門に開発・生産している会社でトヨタと提携しています。ダイハツと同様にトヨタの子会社となっています。

ですから、トヨタ・ハイラックス・サーフのプラットフォームは、日野自動車の技術が入っています。

トヨタでは、TNGA(Toyota New Global Architecture)があります。今回もし、新型トヨタ・ハイラックス・サーフを復活させるのであれば、このTNGAを元に作られるのではないでしょうか。いわばトラックTNGA版プラットフォームですね。

要は日野自動車で培ったトラック技術でトヨタの小型SUV車を作るわけです。あくまでも推測ですが、トヨタの技術と日野自動車との合作で作られたサーフです。かなりいい形SUV車ができるのではないでしょうか。

エンジン

エンジン T・
ハイラックス・
サーフ
/2.7L
T・ラウンドクルーザー・プラド
/2.7L(NA)
2.8L(D)
パワートレイン 水冷
直列
4気筒
DOHC
直列
4気筒
DOHC
最高出力 NA:
120
[163]
/5200
NA:
120
[163]
/5200
D:
130
[177]
/3400
最大トルク NA:
246
[25.1]
/3800
NA:
246
[25.1]
/3900
D:
450
[45.9]
/1600

2400
トランスミッション 4AT 6
Super ECT
(6速オートマチック)
駆動方式 FR
/4WD
フルタイム
4WD

*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気 D:ディーゼル

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフのエンジン表ですね。日本仕様のみです。ラウンドクルーザー・プラドと比較していますが、最終的には吸収されています。プラドもSUV車に人気のあやかって新型を出すという話が出ています。

もし、差別化をすれば、ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能性があるかもしれません。同じエンジンを使っても馬力はでない、燃費は悪いとなると販売ができません。プラドとサーフのエンジンの棲み分けをどうするのかが勝負ですね。

ボディーサイズ

ボディーサイズ T・ハイラックス・サーフ
/2.7L
T・ラウンドクルーザー・プラド
/2.7L
(NA)2.8L(D)
全長 4805 4760
全幅 1910 1885
全高 1790

1805
1835

1850
ホイールベース 2790 2790
室内長 1895 1825

2520
室内幅 1515 1565
室内高 1165 1240
重量 1720

1900
2040

2300
乗員 5 5・7

*単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフのボディーサイズ表ですね。サーフの方が若干大きいことがわかります。新型フルモデルチェンジでは、この大きさはキープするのではないかと思います。大型SUV車です。

ただし、これ以上大きくしますと日本では走れなくなります。そこが日本仕様の厳しいところですね。海外仕様なら、土地柄もありますが、車体を大きく作れます。これに比べて日本は、道が狭い上土地も小さいです。だから日本仕様は販売を止めたんですね。それをあえて復活させようとするのですから、ボディーサイズが重要になってきます。

燃費

燃費 FR
(後輪
駆動)
パートタイム4WD
T・ハイラックス・サーフ
/2.7L
/4.0L
NA:
8.9
NA:
8.3

8.9
T・ラウンドクルーザー・プラド
/2.7L
(NA)2.8L(D)
なし NA:
9.0
D:
11.2

11.8

*単位:10モード/10・15モード燃費

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド・D/t:ディーゼルターボ・EV:電気

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフの燃費表ですね。昔の燃費計測です。10モード/10・15モード燃費8.3~8.9km/Lです。

エンジンのところでもいいましたが、ハイブリッド搭載かターボ・海外用ではディーゼルとなる可能となった場合、かなり燃費(JC08モード・km/L)が向上すると思われます

ハイブリッド搭載(特に日本仕様)なら、軽く10.0km/Lは越えるのではないでしょうか。もし新型トヨタ・ハイラックス・サーフを開発・生産するとなれば、新しい技術も必要です。

ボディー色

ボディー色 SSR-
X
Vセレクション
SSR-X SSR-G
image ブラック ブラック ブラック
image ダーク
グレー
マイカ
メタリック
ダーク
グレー
マイカ
メタリック
ダーク
グレー
マイカ
メタリック
image ライトブルーメタリック ライト
ブルー
メタリック
ライト
ブルー
メタリック
image ブロンズマイカメタリック
image ダーク
ブルー
マイカ
ダーク
ブルー
マイカ
image シルバー
メタリック
シルバー
メタリック
image ホワイト
パール
クリスタル
シャイン
(メーカー
オプション)
ホワイト
パール
クリスタル
シャイン
(メーカー
オプション
image ブロンズ
マイカ
メタリック
ブロンズ
マイカ
メタリック

出典 グーネット カタログ トヨタ・ハイラックス サーフ ボディーカラー

*SSR-XVセレクションを元にカラーを追加

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフのボディー色です。けっこういろいろな色があります。過去の色使いで最新技術の塗装するのもいいですね。

大型SUV車の部類に入りますから、汚れの目立たない色がいいのではないでしょうか。しかも、キズがつきにくい加工すればかなり色も気にしなくて買いやすくなるのではないかと推測します。ただし、これらの価格は高くなるでしょうね。

装備

内装

image

image

出典 グーネット カタログ トヨタ・ハイラックス サーフ SSR-X

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフの内装です。昔、販売していた車の内装です。かなりシンプルなつくりとなっています。あくまでも機動性と丈夫さをモットーに作られた車です。飽きのないデザインとなっています。もし、新型フルモデルチェンジでのサーフ復活ともなれば、さらに高級感漂う内装となっていくかもしれませんね。

Sponsored Links

外装

SSR-X Vセレクション(2005年8月)

image

image

出典 グーネット カタログ トヨタハイラックス サーフ SSR-X Vセレクション

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフの外装です。トヨタ・ラウンドクルーザー・プラドに似ている感じがあります。サーフの方が若干大きいので外観のシルエットは、都会的というよりもサバンナとかジャングルが似合いそうですね。今回の新型フルモデルチェンジでのサーフでは、これに都会的なデザインが施されるとけっこう日本仕様にはいいかと思います。

安全性能

image

出典 グーネット カタログ トヨタ・ハイラックス・サーフ セーフティ

出典 You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】

管理人のワンポイント説明

トヨタ・ハイラックス・サーフの安全性能ですね。基本的な装備だと言えます。もし、新型フルモデルチェンジでトヨタ・ハイラックス・サーフが復活することになれば、おそらくトヨタ・セ―フティセンスPを搭載するはずです。ラウンドクルーザーでも搭載していますから、これはありだと思いますね。

新型トヨタ・ハイラックス・サーフの価格

価格 FR パート
タイム
4WD
SSR-X
Vセレクション
/2.7L
249
万円~
275万円~
SSR-X
/2.7L
270
万円~
296万円~
SSR
-G
/2.7L
なし 319万円~
SSR-X
/4.0L
なし 328万円~
SSR
-G
/4.0L
なし 350万円~
管理人のワンポイント説明

2005年8月から発売された価格です。4代目ハイラックスサーフの後期型にあたります。トヨタ・セ―フティセンスPを搭載すれば、価格は10万円~20万円~高くなります

他にも日本独自の装備、例えば室内空気清浄機のような装置でもつけたら、また価格がぐんと上がります。

あくまでも推測ですが、装備は、メーカーオプションでいくらでもつけられます。あとは、購入予定者が、装備をどの場所で何をつけるかで金額は変動します。

Sponsored Links

ライバル車について

トヨタ・ランドクルーザー・プラド

image

出典 トヨタ公式 ランドクルーザー・プラド

管理人のワンポイント説明

現行車のトヨタ・ランドクルーザー・プラドです。実は、ハイラックス・サーフはもともとトラックからSUV車へ変わりましたので、極端な話ライバルはいません。あえて、同じトヨタのランドクルーザー・プラドにしてみました。ライバルというよりも兄弟ですね。

プラドはランドクルーザーのコンパクトSUV車になり、サーフはハイラックス・ピックアップトラックを小型化してSUV車に作りかえています。とくにサーフはいったん生産が終了しています。今、空前のSUV車人気なのでてこ入れとしてブランド力のあるハイラックス・サーフをを復活させて、購入予定者の選択枠を増やすためだと思いますね。もちろんプラドより本格的なSUV車としてですが。

【新型ランドクルーザープラド】マイナーチェンジからのPHV化?価格や特徴は?

【新型ランドクルーザープラド】マイナーチェンジからのPHV化?価格や特徴は?
新型ランドクルーザー・プラドは、ランドクルーザーを一回り小さくした車です。今、日本では空前のSUV車が人気でランドクルーザー・プラドも例外で...

トヨタ・ハイラックス・サーフの評判

まとめ

トヨタ・ハイラックス・サーフはいかがだったでしょうか。

日本では、空前のSUV車ブームです。それにあやかりたいのか、とうとう昔のハイラックス・サーフまでひっぱり出してきて、復活をさせようとしています。私としては、各社のSUV車がたくさんあっても魅力的な車でないと売れない気がします。

今回のトヨタ・ハイラックス・サーフの復活のうわさも、どこまでが本当なのかもわかりません。ただ、SUV車の購入予定者には選択の余地が生まれるわけで、かなり値引き合戦となりそうです。

特にトヨタ・ハイラックス・サーフのボディーサイズは、大きいです。駐車場のスペースや近所隣り、屋外立体駐車場へは入れるかを考えないといけません。

魅力的なトヨタ・ハイラックス・サーフです。復活の際は、しっかりと使いこなして本格的なSUV車を楽しみましょう。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links