【トヨタ新型アクア】燃費、価格や発売日は?プリウス比較と評判は?

トヨタプリウスの弟分のトヨタアクアは2011年から発売して早5年、目立ったフルモデルチェンジもしないまま今日まできました。

アクアの燃費は、5年の間にJC08モード37km/lを樹立。しかもデザイン性もプリウスよりもおしゃれになり、コンパクトカーハイブリッド車として人気は得たトヨタアクア。そのアクアが近いうちにフルモデルチェンジをする話が飛び込んきました。

では、新型トヨタアクアの発売日燃費価格特徴安全性能などをご紹介したいと思います。

Sponsored Links

トヨタアクアの歴史

前期(マイナーチェンジ前)型 フロント(2011年12月 – 2014年11月)

image

出典:ウィキペディア・トヨタアクア

image

出典:ウィキペディア・トヨタアクア

管理人のワンポイント説明

アクアが生まれてまだ5年ほどです。トヨタは、2003年に一度初代プリウスの生産終了しています。その8年後コンパクトハイブリッド車として復活をしました。

エンジンは1.5L直4DOHCの5人乗りのハッチバッグ型です。トヨタブランド最小のハイブリッド専用車を表すFT-CHが元々の形です。2011年の11月には、正式に「アクア」と名前が付けられ12月には日本でも販売が開始されました。

その後、プリウスCの名前で北米・台湾・オセアニア市場へ販売を開始。因みにアクアとプリウスCは、プリウスファミリーとしてカテゴライズしています。

トヨタ新型アクアの発売日

image

出典:トヨタ公式・現行スタイル

2011年発売から5年が過ぎて、もうそろそろフルモデルチェンジの時期がやってきましたが、2016年には新型プリウスSUV「C-HR」は発売予定なので、新型アクアを2016年内の発売はありません

2017年の春ごろには、新型ヴィッツのモデルチェンジという話があります。ということは長いスパンを考えて2017年12月~2018年の春くらいかその間に技術も進歩しますので、最強の新型アクアができそうな予感ですね。

車決算時期2017年の3月あたりか、2018年の3月あたりになると思います。

Sponsored Links

新型トヨタアクアの特徴

エンジン

ハイブリッドシステム:THS II

image

image

image

image

image

image

出典:トヨタ公式・パワーユニット

管理人のワンポイント説明

エンジンの基本は、直4DOHC 1.5L+モーターです。ハイブリッド車です。

実は、ハイブリッドには2つの仕組みがあります。エンジンは発電用で電気モーターのみで走る「シリーズハイブリッド」とエンジンは、もっぱら走行用としてモーターはそれを補助する「パラレルハイブリッド」があります。

この2つのハイブリッドの仕組みを取り得れたのが、「THS II」なのです。これを今度は新型アクアへ搭載します。

特徴としてはエンジンの最適化・熱による効率アップ・モーターの効率を上げる・電気的な弊害を低くするといったことをするためです。

要は、ガソリンが無くなっても電気で走ることができるというわけです。しかも充電バッテリーを加えたら、電気を蓄えることもできます。これはPHV(プラグインハイブリッド)ですね。

新型アクアのバッテリーにはリチウムではなくニッケル水素バッテリーの搭載予定です。コスト削減のためのバッテリー交換です。

燃費はどのくらい

Sponsored Links

新型プリウスJC08・40.8km/Lを出しているので、新型アクアの目標燃費はJC08・42km/l~45km/lあたりを目指しているようです。

目標達成には、やはりハイブリッドの技術向上へ課題が浮き彫りとなります。

他社では、軽自動車で新型ワゴンR搭載のマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)にISG(モーター機能付き発電機)を搭載。軽ワゴン車で最高となるJC08モード32.4km/Lの燃費を出しています。

軽自動車でも燃費向上合戦していますので、車体価格で比較されたら、ひとたまりもありません。新型アクアも燃費のNO1も目指すのはいいですが、他のコスト面も考慮する時期ですね。

新型アクアに4WDか

E-Four

image

出典:トヨタ公式・燃費・走行性能

管理人のワンポイント説明

アクアのトランスミッションは、CVTで駆動方式は2WDのみでしたが、噂によりますと新型アクアにも4WDが設定されるようです。

実は、4代目の新型プリウスから4WDを設定しています。その流れで、4WDを設定するようです。方式は「E-Four」です。

特に寒冷車仕様では、4WDが威力を発揮します。寒い場所で生活している人たちには、大変ありがたいことですね。

プラットフォーム

image

出典:トヨタ公式・TNGA

1 自然で快適なドライビングポジション

2 意図通りな走り

3 静粛なプライベート空間

4 環境にやさいいだけではなく、走りを楽しくさせる加速感

5 先進の安全・安心

出典:トヨタ公式・TNGA

管理人のワンポイント説明

トヨタが掲げるプラットフォーム「TNGA」の採用で、走行性能をあげようと考えています。

各自動車会社でのエンジンでは開発の行き詰まり感がぬぐえません。みな同じようなハイブリッドシステムで燃費を争っています。

そこで、次なる一手は、やはり車両の軽量化・部品の共用・資材の強化、それらにかかるコスト削減などを考えていかなくてはならなくなりました。その上で走りの質もあげなくてはいけません

それを担うのがプラットフォーム「TNGA」なのです。

ボディ―サイズ

新型アクア
全長 4000
全幅 1695
全高 1425
ホイールベース 2600
最大出力 74PS「モーター61PS」
最大トルク 11.3kgm「モーター17.2kgm」

*単位はmmです。数字は参考程度です。

管理人のワンポイント説明

アクアのボディーサイズは、若干広く大きくなるようです。理由としては、新型ヴィッツと海外市場への配慮からです。

2017年新型ヴィッツはフルモデルチェンジの予定をしています。同じコンパクトカーでしかもハイブリッド車をグレードに加える話まで出ています。同種である新型アクアとしては、どこか変更をしませんと生き残れないですよね。

その上、アクアのアメリカ市場ではあまり人気がなかったのです。大柄のアメリカ人には室内があまりにも狭すぎるのです

アメリカではプリウスCと呼ばれています。アクア自体は小回りも効いて燃費もよいのでその点はうまくいっているのですが、ボディ―サイズの変更してくれという声がたくさん上がりました

ただし、欧州では、アメリカ人と逆でコンパクトカーが大のお気に入りなので、欧州販売されているヴィッツを大きくすることはできないようです。そこのさじ加減が難しいんですね。

アクアのサイズは、プリウスより小さくヴィッツより大きい中位の位置で収めるみたいですね。幸い、新型アクアに使われるプラットフォームTNGAは、この中位のサイズの実現可能のようですので、うまくいくと思います。近い将来、車種の統合が始まるかもしてませんね。

ボディ―色

オリジナル&X-URBAN色

スーパーホワイトⅡ(X-URBANも含む)

ライムホワイトパールクリスタルシャイン (X-URBAN・G’sも含む)

シルバーメタリック (X-URBAN・G’sも含む)

グレーメタリック (X-URBAN・G’sも含む)

ブラックマイカ2 (X-URBAN・G’sも含む)

ディープアメジストマイカメタリック

スーパーレッドⅤ (X-URBAN・G’sも含む)

オレンジパールクリスタルシャイン (X-URBANも含む)

イエロー (X-URBAN・G’sも含む)

フレッシュグリーンマイカメタリック (X-URBANも含む)

ブルーメタリック (X-URBAN・G’sも含む)

クールソーダメタリック (X-URBANも含む)

チェリーパールクリスタルシャイン

パープルメタリック

image

出典:トヨタ公式・アクアボディ―色オリジナル

管理人のワンポイント説明

現行車のアクアでは14色で、G’s・X-URBANは11色です。かなりのカラーバリエーションですね。

特にアクアオリジナル色では、ディープアメジストマイカメタリック 、チェリーパールクリスタルシャイン、パープルメタリックの色が異彩を放ってます。オレンジパールクリスタルシャインは、よく道で見かけます。強烈なオレンジですね。

これだけのラインアップの色なので、新型アクアの色の変更がない感じがあります。もし変更があるとすれば2トーンカラーが出るかもしれません。非常に楽しみですね。

装備について

内装

image

出典:トヨタ公式・室内装備

image

出典:トヨタ公式・室内装備

管理人のワンポイト説明

現行車のアクアの内装です。上記のものは標準装備だと思われます。気になるのが、オーディオセットですね。これらはメーカーオプションです。予算を考えて純正のものを購入するかどうかを実際販売店まで行って、走ったついでに音を聴いてみましょう。

外装

外装は、各グレードの装備においてタイヤの大きさとフロントグリルの色が違います。あとは、ヘッドランプ(ハロゲンかLED)とフォグランプの交換ですね。これは、ディーラーオプションだと思いますので、販売店に行ってみて聞いてみましょう。

安全性能

トヨタセーフティセンスC

image

出典:トヨタ公式・アクア 安全性能

出典:You Tube トヨタ公式 【シエンタ】安全機能解説(Toyota Safety Sense C)

トヨタセーフティセンスP

image

出典:トヨタ公式・最新技術

出典:You Tube 【LAND CRUISER】機能紹介/Toyota Safety Sense P 衝突回避支援パッケージ【技術】

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

昨今の各自動車会社でも、ほぼ同じような安全性能となっています。新型アクアでもトヨタセーフティセンスCからPへと移行するようです。トヨタセーフティセンスPはもともと上級車用・大型車用(クラウン・ラウンドクルーザー)についていた安全性能です。プリウスも仲間になりました。

その流れが一般大衆車へと移行したのです。あくまでも予定です。上級車で実証済みなのでトヨタセーフティセンスPを搭載する日も近いと思います。

新型アクアの価格

グレード別価格

image

出典:トヨタ公式・G’s 色・ライムホワイトパールクリスタルシャイン

image

出典:トヨタ公式・アクア X-URBAN 色・フレッシュグリーンマイカメタリック

グレード 価格
L 180万円~
S 189万円~
G 200~210万円
X-URBAN 210万円~
G’s 240万円~
管理人のワンポイント説明

現行車アクアの値段です。この値段よりも若干高くなりそうな感じもあります。燃費向上合戦の中で、価格競争にも勝たなくてはいけません。

ダイハツの新型ミライース40.0km/L(JC08)と燃費目標を挙げています。軽自動車さえこの燃費が出るようになりましたあとは価格がどのように設定されるか、購入者予定の心を鷲掴みできるかですね。トヨタの正念場ですね。

因みにダイハツはトヨタの子会社となりました。いずれ、トヨタの技術とダイハツの技術が融合した暁には、また新しい車の低燃費・低価格実現で販売されると思います。

ライバル車について

トヨタ・プリウス

image

出典:トヨタ公式・プリウス特別仕様車

管理人のワンポイント説明

トヨタアクアのライバルは、身内でありますトヨタプリウスですね。プリウスの方がお兄ちゃんなので、弟のアクアは兄の使った装備を引き継ぎます。

ですが、トヨタの技術者は手を抜かないでしょうね。新型アクアで更なる低コスト・低燃費が実現してしまえば、またプリウスがアクアの実績を糧にいい車を作るに違いないです。これこそ切磋琢磨ですね。

Sponsored Links

トヨタアクアの評判は?

まとめ

新型トヨタアクア、いかがだったでしょうか?

トヨタアクア車を調べていると、車産業のことがよくわかりますね。どうやったらお客さまに興味を持ってもらうかという目標をもって、日々努力をしています。

燃費向上や安全性能の充実、デザイン性も可能性を秘めています。乗り心地と走りと、あとは購入者がどう乗りこなすかですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links