【スズキスペーシア&カスタム&Gリミテッド】フルモデルチェンジ燃費・価格は?、発売日・評判は?

スズキ・スペーシアは、スズキアルトの次にくる売上販売台数を誇っている車です。以前は「スズキ・パレット」(2008年~2013年生産終了)と呼ばれていました。

そのスズキ・スペーシアが新型フルモデルチェンジを行うという話が出ています。今、スズキは燃費不正問題で会社が揺れております。そのさなかで開発や生産が遅れている情報もあります。

では、新型スズキ・スペーシアの特徴発売日燃費価格安全性能内装外装などを今、手元にある情報を整理してお話したいと思います。

Sponsored Links

スズキ スペーシアの歴史

スズキ パレット(前身)

初代(MK21S型 2008年 – 2013年)

前期型(2008年1月 – 2009年9月)

image

パレットSW

image

出典:ウィキペディア スズキパレット

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

まずは、スズキ・スペーシアの歴史を紐解く前に前身であるスズキ・パレットがどのような車だったのかを説明します。実は、パレットはかなり売れていたんだそうです。特にパレットSWが人気がありました。

それなのに、名前をスペーシアの名に変えて販売しはじめた主な理由としては、やはり名前がパレットでは、車の走りや室内空間などのイメージがわかなかったからですね。

スペーシアの名前なら、なんとなくですが室内空間が広く、スマートに走る感じが出てないですか? 中身の型などは変更されてはいません。

スズキ スペーシア 初代(MK32S/42S型 2013年 – )

前期型 X (FF)

image

後期型 X

image

前期型 カスタムTS

image

後期型 カスタムXS

image

出典:ウィキペディア スズキスペーシア

管理人のワンポイント説明

スズキの技術進化により、てこ入れされたスペーシアです。外見もパレットとは変わりはしませんね。全車アイドリングストップ(2016年現在:S-エネチャージ)を全車装備

パレットSWの後継車のスペーシア カスタムも販売をはじめました。幾度かのマイナーチェンジをしながら、フルモデルチェンジへの移行を模索している模様です。

新型スズキスペーシアの発売日

image

出典: スズキ公式 スペーシア

新型スズキスペーシアの発売日はいったいいつなのか?気になりますよね。実は、スズキでは今燃費不正問題で生産・開発スケジュールを見直している最中なのです。

2016年11月時点でこの燃費不正は、国土交通省の元で再計測によりなんとカタログ燃費よりも高い数字を出しましたので、おとがめなしという結果になりましたが、調査にかかった時間はやはり痛いですね。それにいくら白だったとはいえ国土交通省の目を光らせています。

そのことを総合しますと2017年~2018年の間だと言われています。

ただ、新型ワゴンRのフルモデルチェンジと新型スイフトのフルモデルチェンジもこの年に控えてずれ込んでいますので、どこから手をつけていいのか?正直なところスズキ内では調整に追われていると思います。

他車の動向も頭に入れながらどのタイミングで生産し、販売するか?ですからね。

Sponsored Links

新型スズキスペーシアの特徴

プラットフォーム

次世代軽量プラットフォーム

image

image

image

image

image

image

出典:スズキ公式 四輪技術説明会

管理人のワンポイント説明

スズキスペーシアの現行車のプラットフォームは、現行車アルトからの流用です。これは、次世代軽量プラットフォームと言われています。

このプラットフォームの考えでは、部品やボディの軽量化と共用化に重点を置いています。ですから、今回の新型スズキスペーシアでは、ボデイの重量がかなり軽くなる可能性があります。

軽量化!燃費向上?!

Sponsored Links

現行車のスペーシアでは、840gですので、この数字を下回ることになります。ホンダN-BOXでも一番軽い車でも950kg、ダイハツタントでも920kgとかなりの差をつけています

車体が軽くなることで燃費が向上し走りもよくなります。スズキにとってはかなりの攻めていると思います。私としては、こんなに軽くして風に吹かれないかしら?と思いますが、車体が軽くなった分中身が充実してくるのでしょうね。

ボディ―サイズ

現行車 スペーシア(G・X・T) カスタムGS・XSと各ターボ Gリミテッド
全長 3395 3395 3395
全幅 1475 1475 1475
全高 1735~1740 1735~1740 1735~1740
ホイールベース 2425 2425 2425
重量 840~930 870~940 850~900
管理人のワンポイント説明

現行車のボディ―表です。各グレードのサイズは同じですね。ただ、重量はエンジンの重さが違うのか若干の差があります。

次世代軽量プラットフォームによって更なる軽量策が今回の新型スズキスペーシアで行なわれます

ただし、軽自動車の許容範囲ぎりぎりまでになっている模様なので、どこを削ったり伸ばしたり縮めたりするのでしょうか?思案のしどころですね。

エンジン

現行車 スペーシア(G・X・T) カスタムGS・XSと各ターボ Gリミテッド
パワーユニット 水冷4サイクル直列3気筒DOHC 水冷4サイクル直列3気筒/インタークーラーターボ 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力 38~47<52~64PS>/6,500 38~47<52~64PS>/6000~6,500 38<52PS>/6,500
最大トルク 63~95<6.4~9.7kg・m>/4,000 63~95<6.4~9.7kg・m>/3000~4,000 63<6.4kg・m>/4,000
モーター最高出力 1.6<2.2PS>/1,000 同じ 同じ
モーター最大トルク 40<4.1kg・m>/100 同じ 同じ
トランスミッション インパネシフトCVT 同じ 同じ
駆動方式 2WD・フルタイム4WD 同じ 同じ

*単位・最高出力(kW/rpm)

*単位・最大トルク(N・m/rpm)

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。見てみますともうハイブリッド化していますね。S-エネチャージを全車装備しています。

これをさらに進化させるとしたらスズキのソリオの搭載されるだろうと言われていますストロングハイブリットですね。

これによってトヨタ・プリウスの燃費40km/Lに近い数字がが出るようです。燃費の話は次でお話しますね。

燃費について

現行車 スペーシア(G・X・T) カスタムGS・XSと各ターボ Gリミテッド
燃費 25.6~32.0 25.6~30.0 29.0~32.0

タント・N-BOX・ディズルークス燃費表

タント N-BOX ディズルークス
ガソリン 28.0 25.6 22.0
ターボ 26.0 23.8 22.0

*JC08モード単位km/Lです。

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。実は、スズキの軽で燃費が一番いいのがアルトなんですね。アルトは37.0km/Lを出しています。それに比べますとS-エネチャージを搭載している割にはスペーシアの燃費が上がってこないですね。

理由は、ズバリ軽量化ですアルトの重量は、650kg~700kgなのでびっくりです。スペーシアが840kgなので、約190kgアルトも軽いということになります

今回の新型スズキスペーシアがどのくらい軽量化ができるかによって燃費の値も変わってきます。

それによって燃費が大幅に改善することはアルトの軽量化で実証しています。スペーシアの開発部の踏ん張りところでしょうね。

ボディー色

スペーシア・G・Tカラー

クリスタルホワイトパール(ZVH)

シフォンアイボリーメタリック(ZVG)

フレンチミントパールメタリック(ZWB)

イノセントピンクパールメタリック(ZJG)

フィズブルーパールメタリック(ZJH)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

image

出典:スズキ公式 スペーシア・カラーG・T

スペーシア・Xカラー

クリスタルホワイトパール(ZVH)

シフォンアイボリーメタリック(ZVG)

フレンチミントパールメタリック(ZWB)

イノセントピンクパールメタリック(ZJG)

フィズブルーパールメタリック(ZJH)

シルキーシルバーメタリック(Z2S)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

フレンチミントパールメタリック ホワイト2トーンルーフ(2BT)

イノセントピンクパールメタリック ホワイト2トーンルーフ(A1G)

フィズブルーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ(A1H)

image

出典:スズキ公式 スペーシア・カラーX

スペーシア・カスタムGS・XS カラー

クリスタルホワイトパール(ZVH)

アーバンブラウンパールメタリック(ZSF)

ムーンライトバイオレットパールメタリック(ZVJ)

スチールシルバーメタリック(ZVC)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

フェニックスレッドパール(ZLB)

クールカーキパールメタリック(ZVD)

image

出典:スズキ公式 スペーシア・カラーGS・XS/GS・XSターボ

スペーシア・Gリミテッド カラー

ムーンライトバイオレットパールメタリック(ZVJ)

アーバンブラウンパールメタリック(ZSF)

スチールシルバーメタリック(ZVC)

クリスタルホワイトパール(ZVH)

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

フレンチミントパールメタリック(ZWB)

シフォンアイボリーメタリック(ZVG)

image

出典:スズキ公式 スペーシア・カラー Gリミテッド

管理人のワンポイント説明

やはりグレードが上がりますと、色もシブく大人びた都会的カラーが強くなってきますね。

私もカスタムかGリミテッドの方が色合いが好きですね。走りもいいですしね。新型の色は、あまり変わらないとは思いますよ。これだけのバリエーションありますからね。

装備について

内装
スペーシア タント N-BOX デイズルークス
室内長 2215 2200 2180 2235
室内幅 1320 1350 1350 1320
室内高 1375 1365 1400 1400

単位:mm

収納

image

出典:スズキ公式 スペーシア収納スペース

管理人のワンポイント説明

名前がスペースからのスペーシアですから、広さにこだわる可能性がありますね。とはいえ、軽自動車規格の限界が来てますので、わずがに改良するだけになりそうですね。あとは、収納やアクセサリーなどをいかに豊富に充実させるかですね。

外装

image

出典:スズキ公式 Tカラー

管理人のワンポイント説明

全体の軽自動車にいえることですが、このスペーシアも中身は燃費向上したりボディ―がスリムになったりとけっこう努力しています。

なぜか外装で購入予定者にフラれてしまいます。なぜかと言いますとみんな同じに見える外装デザインだからです。

じつにもったいないことですね。ちょっとした外装のおしゃれなデザインを変えるだけようはドレスアップするということ

「他車と同じようなデザインでは、振り向いてくれませんよ」と私は言いたいですね。今回、新型スズキスペーシアが車体がさらに軽くなって外装がおしゃれな感じになったらきっと売れると思います!

安全性能

デュアルカメラブレーキサポート

image

image

出典:スズキ公式 スペーシア・安全装備

誤発進抑制機能

車線逸脱警報機能

ふらつき警報機能

先行車発進お知らせ機能

運転席と助手席にSRSエアバッグを標準装備

エマージェンシーストップシグナル

車両走行安定補助システム

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。でも、これは標準装備ではありませんので、しっかりとカタログなりを読んで販売店で確認してみましょう。すべてメーカーオプションです。

付けますと安全性は高まりますが、値段も上がります。よく考えてから予算を立ててオプションをつけましょうね。

新型スズキスペーシアで何点か標準装備ともなりますとちょっと風向きが変わりますがスズキの都合もありますので、あとは購入予定者が考える価格と性能とのバランスで購入するかで搭載したほうがよさそうです。

新型スズキスペーシアの価格

2WD 4WD
スペーシア・G 127万円~135万円 139万円~147万円
スペーシア・X 138万円~145万円 150万円~157万円
スペーシア・T 149万円~156万円 161万円~168万円
カスタムGS 152万円~160万円 164万円~172万円
カスタムGS・ターボ 160万円~167万円 172万円~180万円
カスタムXS 164万円~171万円 176万円~183万円
カスタムXS・ターボ 171万円~179万円 183万円~191万円
Gリミテッド 139万円~152万円 151万円~164万円

*スペーシア・カスタムの価格が高い方は、デュアルカメラブレーキサポート装着車です。

*Gリミテッドの価格が高い方は、全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車です。

管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。デュアルカメラブレーキサポートと全方位モニター付メモリーナビゲーションがつけている価格もありますね。それだと、7万円から13万円くらい高くなります。

新型スズキスペーシアで、もしSーエネチャージ(標準装備)からストロングハイブリッド(メーカーオプション)へ変更になった場合は、さらに20万円くらいからですね。

安全性能もほとんどメーカーオプションですから、単純計算で考えますとかなりの価格になります。

まずは、新型スズキスペーシアが出てきてから購入するか考えてほうがいいですね。できれば、安全性も高くて燃費も良くて、価格もお手頃な車を買いたいですよね。

ライバル車について

ダイハツ・タント

image

出典:ダイハツ公式 タント

管理人のワンポイント説明

ダイハツ・タントと言えば、室内空間が広くてパワースライドドアがついてるトールワゴン車ですね。

外装的にはものすごく似ていますし、燃費もどっこいどっこいですので、新型スズキのスペーシアの燃費が向上し室内を広げればきっとタントには勝つでしょう。ダイハツは大慌てするでしょうね。

【ダイハツ新型タント&カスタム】価格や燃費は?発売日や評判は?

【ダイハツ新型タント&カスタム】価格や燃費は?発売日や評判は?
ダイハツで大人気の軽ハイトワゴンタント。特に大家族で小さい子供さんいるところでは、とても助かっている車です。しかもお財布にもやさしく低燃費で...

ホンダ・N-BOX

image

出典:ホンダ公式 N-BOX

管理人のワンポイント説明

現行車のN-BOX燃費は25.6km/Lなんですね。この車は室内広くとっていたのでかなり人気があり、なんと販売台数連続2回もNO1を獲得しています。

この車が本格的に燃費対策をしてきたら、スズキのスペーシアが正直勝てるかはわかりません

2017年以降、新型N-BOXが発売される話もあります。スペーシアの意気込みをどれだけ、形にするかで今後の軽自動車争いの優劣が決まってくると思います。

【ホンダ新型N-BOX】フルモデルチェンジの価格と燃費や評判は?

【ホンダ新型N-BOX】フルモデルチェンジの価格と燃費や評判は?
ホンダの軽自動車といえば、やはりN-BOXが有名ですね。2011年11月から発売されて背の高いハイト軽自動車として人気を得ました。それからの...

日産デイズルークス

image

出典:日産公式 デイズルークス

管理人のワンポイント説明

実は、このデイズルークスは三菱と日産が共同開発した車です。2016年4月には、三菱が燃費不正問題があり急きょ販売が中止されました。その後、2016年7月には、めどがたち生産が再開されました。

ここでも不正が・・・ありましたが、幸い燃費だけの問題なのであとは信頼回復に躍起なってくるでしょう。どこの車もそうですが、やはり燃費が命です。デイズルークスも燃費改善には力を入れることでしょう。

スズキスペーシアの評判

https://twitter.com/kuronekokum/status/728473371424362497

管理人のワンポイント説明

いろいろとオプションをつけて自分好みのスペーシアにされています。これはこれでオーナーさんが喜べばスズキも喜びますね。

しっかりとカタログを読んでいるオーナーさんだと感じます。特に燃費を重視。どこから成田まで行ったのが分りませんが、燃費の数字に満足していますね。

新古車で購入ですか!けっこう買い方に慣れていますね。新古車は、登録した車で特に試乗車や展示車で使われていたものです。ほぼ新車に近い中古車ですね。幾分か新車よりも安くなります。実は、私も新古車で買いました!

Sponsored Links

まとめ

新型スズキスペーシアはいかがだったでしょうか

外装も他車と比べて見劣りしていません。あとは、燃費をどこまで押し上げていくかで販売台数も変わってくると思います。特にホンダN-BOXには負けたくないと思います。

スズキも燃費不正問題が白だったとはいえ、開発・生産が遅れ気味です。今後の新型スズキスペーシアがどのようなデザインで、燃費対策をしてくるか楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links