【新型スズキカプチーノ復活】価格や発売日は?ダイハツコペンがライバル?

スズキで唯一の軽スポーツカースズキ・カプチーノ。ダイハツコペンやS660の復活に乗せられたのか。まことしやかにカプチーノが復活するのではないかという話が出てきました。バブル崩壊による影響や軽自動車の規格外で生産終了。19年も時が流れてしまい絶版車なったにもかかわらず、今でも根強い人気があります。

では、新型スズキカプチーノ発売日特徴価格燃費装備ライバル車など、今わかってる情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

スズキカプチーノ歴史

初代(1991年10月- 1998年10月)

image

image

出典:ウィキペディア スズキ・カプチーノ

管理人のワンポイント説明

1991年10月~1998年10月の7年間、販売されていたスズキ・カプチーノです。この時代は、他にもマツダ・AZ-1とホンダ・ビートと肩を並べて「ABCトリオ」と呼ばれていました。

2ドアのオープンカー。エンジンは直3 DOHCターボ。排気量は、657cc 。トランスミッションは5速MT / 3速AT。軽のスポーツカーとして人気を得ました。駆動方式はFR。

当時は軽のユーノスロードスターとも言われました。このユーノスロードスターはマツダ・ロードスターに名前を変更。2017年も発売されているロングセラー車となり、かたやスズキ・カプチーノは、販売終了となりました。

Sponsored Links

新型スズキカプチーノの発売日

image

出典 グーネット スズキ・カプチーノ カタログ(参考画像)

実は、2014年のダイハツ・コペン、2015年にはホンダ・S660が復活をしています。スズキがそこに目を付けたのではないかと推測します。

もし、2016年の燃費問題がなければ、20年ぶりの2018年に復活のスズキ・カプチーノを販売する予定だったのではないでしょうか。

スズキ・ワゴンRやソリオといったS-エネチャージを搭載して、燃費を改善し走りを充実にし、そこで準備し堂々とスズキ・カプチーノを販売するはずだったと思います。ですが、2017年1月、今のところスズキ・カプチーノの生産・販売は棚上げ状態のようです。現実的には、売れ筋であるスズキ・スイフトやワゴンRが優先ですよね。

【新型スズキスイフト&スポーツ】価格や燃費は?2017年発売日は?

【新型スズキスイフト&スポーツ】価格や燃費は?2017年発売日は?
スズキの中で、優等生とも言われるハッチバック型コンパクトカースイフト。なんと世界の販売数が500万台とかなり売れたようですね。国内外からも絶...

【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?

【スズキワゴンR】新型フルモデルチェンジの特徴や発売日は?価格や燃費は?
新型スズキワゴンRは、背が高い(トールワゴン)軽自動車として人気を得ました。居心地がよい空間を演出して、トールワゴンという車を一大の流れに押...
スズキの高い技術力の証明?!

2016年のスズキは、踏んだり蹴ったりと大変な時期でした。というのも2016年の5月末に燃費不正問題を起こしてしまい、国交省の定める基準値に違いがあると指摘されたからです。

ただちに対策でもう一度計測し直したところ、なんと基準値よりもよい数字を出してしまいスズキの技術力が高いことを逆に証明してしまいお咎めなしにはなりました。

このためか、2016年の開発・生産の計画を大きく見直し、他の車のフルモデルチェンジのラインなど考えなければならない事態となりました。

ただ、私が思うのはS-エネチャージを作ったスズキです。これを見逃すことは実にもったいないなあと思います。いい車だと思うのであれば多少高くても、購入する人はいます。ましてや他社では軽のスポーツカーを販売してます。時期が来れば、きっと2018年の末かくらいで販売する予感がしますね。

Sponsored Links

新型スズキカプチーノの特徴

プラットフォーム

新型スズキカプチーノのプラットフォームは、新型アルトを流用するのではないかと言われています。

アルトは、全軽自動車の中で重量が650kgしかないんです。ダイハツ・コペンとS660では平均800kgくらいで、アルトの重量の足元にも及びません。

そのままではアルトのプラットフォームは使用しないと思いますので、加工してせめて750kg台くらいの重さにすると燃費も上がっていいと思います。

また、操作性もコペンやS660に優位に立てるのではないかと推測します。しかも、アルトはターボ車でもありますので、かなりの馬力が期待できます。

因みに、アルトのプラットフォームを使用するのであれは、駆動方式のFRからアルトの設定のFFと4WDへ変更しなくていけません。今のところ噂なので正直どうなるかはわかりませんね。

エンジン

エンジン 旧S・カプチーノ D・コペン H・S660
パワーユニット 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置 水冷直列3気筒横置+ターボ
最高出力 64[47]/6500 47[64]/6,400 47[64]/6,000
最大トルク 10.5[103.0]/3500 92[9.4]/3,200 104[10.6]/2,600
トランスミッション 5MT/3AT 5MT/CVT 6MT/CVT
駆動方式 FR 2WD MR

*最高出力単位:ps(kW)/rpm

*最大トルク単位:kg・m(N・m)/rpm

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノのエンジン表です。コペンとS660は現行車です。新型スズキ・カプチーノのエンジンはアルトを使用するような話となっていますが、私としてはぜひ、S-エネチャージを搭載してほしいと願います。

スズキ・ワゴンRもS-エネチャージですから、せっかくの技術がもったいないです。もちろん、5MTとCVTです。

これは、他車でもまだハイブリッドを搭載しておりませんので、差別化ができるのではないかと思われます。唯一、あの新型ホンダ・NSXだけがハイブリッドを搭載していますので、面白いと思います。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ 旧S・カプチーノ D・コペン H・S660
全長 3295 3395 3395
全幅 1395 1475 1475
全高 1185 1280 1180
ホイール 2060 2230 2285
室内長 835 910 895
室内幅 1180 1250 1215
室内高 1005 1040 1020

*単位:mm

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノのボディーサイズです。コペンとS660は現行車です。現行車の方がほぼ横並びって感じですね。軽自動車規格のぎりぎりのところで作っているのでしょう。

新型スズキ・カプチーノもおそらくぎりぎりのところで、いかにかっこいいボディーを作るか?ですね。

しかも車体が軽くなればその分早くもなりますし燃費もよくなりますから、スズキの腕の見せ所ですね。

燃費

燃費 MR 2WD FR
旧S・カプチーノ なし なし 5MT:20.0
3AT:17.0
D・コペン なし 5MT:22.2
CVT:25.2
なし
H・S660 6MT:21.2
CVT:24.2
なし なし

*D/H:単位:JC08モード・km/L

*S:10モード/10・15モード燃費km/L

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノの燃費表です。コペンとS660は現行車です。全車ガソリン車でターボ車です。新型スズキ・カプチーノが復活するとして考えますとやはりハイブリッド化をすれば、かなり燃費が向上すると思います。

アルトのプラットフォームの使うのであれば重さは650kgなので、ハイブリッドシステムを搭載しても、800kg以上にはいかないと思いますので、他車の燃費に対して圧倒的に有利かと思われます。

ボディー色

image

image

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ ボディーカラー

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノのボディー色です。すこし寂しいですね。3色しかありません。コペンは8色・S660は3色。ブルー系などあってもいいのではないでしょうか。

内装などで色が変えられるようですが、やはりボディー色がたくさんあったほうが選択枠があって面白いですね。今度の新型スズキ・カプチーノでもジブ目の色ですがチョコレート色のような色合いを出してもいいのではないかと思います。

Sponsored Links

装備

内装

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ アメニティ

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ カタログ 内装

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノの内装です。かなり古いですがとてもシンプルな内装で操作性も簡単なようです。なだらかなラインで運転はしやすいと思います。

新型スズキ・カプチーノでは、細かいところでけっこう凝るデザインではないでしょうか。シートも色を変えたりと服を着替えるようなシステムなら、けっこうすてきだと思います。

外装

image

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ ベースグレード(1991年11月)

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ エクステリア

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノの外装です。ものすごくシンプルな外装です。新型スズキ・カプチーノであれば、色を増やす・ヘッドライトやデザインなどの変更はあると思います。

あとは、開閉式のルーフですね。これは、雨漏りとかしやすかったので、これはぜひ改善してもらいたいものです。

安全性能

image

出典:グーネット スズキ・カプチーノ セーフティ

管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノの安全性能です。走るだけですので、本格的な安全性能はありません。スズキではデュアルカメラブレーキサポート(バックミラーにカメラをつけて危険を回避する)があります。メーカーオプションとなりますが、セットとしても販売するのもありですね。

新型スズキカプチーノの価格

価格 MR 2WD FR
旧S・カプチーノ なし なし 145
万円~158万円~
D・コペン なし 185万円~210万円~ なし
H・S660 198万円~218万円~ なし なし
管理人のワンポイント説明

旧スズキ・カプチーノの価格です。160万円代ですね。もし、S-エネチャージを搭載ともなれば、+20万円の180万円~になりますね。若干、価格が高くなることは、肝に銘じておきましょう。

Sponsored Links

ライバル車について

ダイハツ・コペン

image

出典:COPEN 公式 COPEN Robe

管理人のワンポイント説明

現行車のダイハツ・コペンです。コペンは2002年~2012年。約10年間販売されていた軽のスポーツ―カーです。

2年後の2014年にみごとの復活。丸びを帯びた外装~シャープな顔立ちへち変更。根強い人気があります。価格は185万円~。これが復帰したおかげで、スズキが重い腰を上げてスズキ・カプチーノを復活させようかと思ったんでしょうね。

ホンダ・S660

image

出典:ホンダ公式 S660

管理人のワンポイント説明

現行車のホンダ・S660です。1996年1月ホンダ・ビートが販売終了。あえなく生産が終わりました。そのあとを2015年に受けてできたのがS660です。かなりのスパンがあいてしまいましたが、見事復活を遂げました。

理由はやはりダイハツ・コペンの存在でしょうね。コペンと比べてみますとかなりエッジの効いた外装になっています。燃費もいい勝負をしています。さて、この2つの居城を崩すことができるか?新型スズキ・カプチーノの真価が問われますね。

スズキカプチーノの評判

まとめ

新型スズキ・カプチーノはいかがだったでしょうか。

実は、このスズキ・カプチーノは噂だけが先行しています。スズキ公式でも今まだ燃費不正の影響で時間調整に追われている最中です。ですが、いずれ落ち着いたらこのカプチーノの生産はすると思います。理由は簡単でダイハツ・ホンダが販売していますし、車種を増やすことはこれからのスズキの長期戦略を考えてもメリットが大きいですから。

若者の車離れが深刻だ聞きます。まずは、かっこいい車に興味を持ってもらうことが先決だと思います。若者もどこかで心踊るような車を欲しています。スズキ・カプチーノが若者達に支持されることを私も祈っております!

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links