【新型スバルレヴォーグ&STIスポーツ】D型ビッグマイナーチェンジで燃費は?口コミや価格は?

スバルレヴォーグは、レガシィツーリングワゴンの後継車として生まれ2015年にはSTI スポーツ(Sport)最上級のグレードを販売しました。スバルの車はノリにノッている状態ですね。そのスバルレヴォーグが、D型へ年次改良されて、次の年ではフルモデルチェンジの話が出ています。

では、新型スバルレヴォーグの発売日特徴価格燃費装備・安全性能・ライバル車評判、口コミなど今、わかっている情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

スバルレヴォーグの歴史

1.6GT EyeSight(2014~)

image

出典:ウィキペディア スバル・レヴォーグ

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

4代目のインプレッサを元に2013年にお披露目されたレヴォーグです。エンジンは、スバル独自の水平対向エンジンで1.6L/2.0Lのターボ車です。先代はスバルレガシーツーリングワゴンの流れになっています。

まだ、本格的なフルモデルチェンジはなく、ビックマイナーチェンジやマイナーチェンジを何回か繰り返しています

新型スバルレヴォーグの発売日

2014年に発売されたスバルレヴォーグはA型です。2016年6月10日、スバルレヴォーグはC型に改良されています。

なんだかインフルエンザの型みたいです。これはスバル独自の年次改良といいます。1年目は、A型モデルチェンジ。2年目はB型モデルチェンジ、3年目のC型モデルチェンジだけにアルファベットをつけます。

フルモデルチェンジは、大体が周期的に5~6年なので予想としては2019年あたりですね。

まずは2017年スバルレヴォーグはC型からD型へビックマイナーチェンジをした後、2018年ではE型で一部改良を経て、2019年新型フルモデルチェンジ移行するようになっていますね。

Sponsored Links

新型スバルレヴォーグの特徴

プラットフォーム

出典:You Tube 新型インプレッサ:スバルグローバルプラットフォーム 【メリット篇】

出典:You Tube 新型インプレッサ:スバルグローバルプラットフォーム【テクノロジー篇】

管理人のワンポイント説明

プラットフォームの基本は、新型フルモデルチェンジのときにしか変更しません。ビックやマイナーなどは中身が一部変わるだけです。

では、次のプラットフォームは?と言いますと、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を使います。このプラットフォームはすでに新型インプレッサで採用されています。

新しくはないですが、実績を積んて改良していきますので、最新のプラットフォームが出てくるかもしれませんね。スバルの技術は常に進歩しつづけています。

エンジン

エンジン 1.6L/AWD(4WD) 2.0L/AWD(4WD)
パワーユニット 水平対向4気筒直噴ターボ“DIT” 水平対向4気筒直噴ターボ“DIT”
最高出力 125(170)/4800-5600 221(300)/5600
最大トルク 250(25.5)/1800-4800 400(40.8)/2000-4800
トランスミッション リニアトロニック(マニュアルモード付) スポーツリニアトロニック
(マニュアルモード付)
駆動方式 AWD(常時全輪駆動) AWD(常時全輪駆動)
管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン表です。1.6Lと2.0Lのターボ車です。2019年の新型エンジンでは新たに新型のダウンサイジングターボの計画の話が出ています。

まったく新しいエンジンで新型スバルレヴォーグへ搭載し、さらに他の車でも搭載するようですね。

ボディーサイズ

ボディーサイズ レヴォーグ1.6L/2.0L共通 インプレッサ・SPORT1.6L(販売前)/2.0L
全長 4690 4460
全幅 1780 1775
全高 1485~90 1480
ホイールベース 2650 2670
室内長 2005 2085
室内幅 1490 1520
室内高 1205 1200
管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズです。スバル・インプレッサと比較しています。室内は若干インプレッサ室内が大きい感じですね。それと排気量が同じなので無理にレヴォーグを選択しなくてもって考えてしまいます

その点は開発者もわかっていると思いますので、どうしたらインプレッサとの差別化ができるか?

ここの問題を解決しないとスバルレヴォーグが売れなくなる恐れがあります。今度の新型レヴォーグでは、更なる改良が期待されますね。

燃費

燃費 2WD AWD
レヴォーグ1.6L/2.0L なし 13.2~17.6
インプレッサ・SPORT1.6L(販売前)/2.0L 16.0~18.2 15.8~17.0
管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。インプレッサと比較しますとそう変わりはありません新型ダウンサイジングターボの計画がありますので燃費はすこし向上するかもしれませんね。

ボディー色

image

出典 スバル公式 レヴォーグ ボディー色

クリスタルホワイト・パール

スティールブルーグレー・メタリック

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ピュアレッド

ラピスブルー・パール

image

出典:スバル公式 レヴォーグ カラー

STI Sport 限定色:WRブルー・パール

image

出典 スバル公式 レヴォーグ STI Sport 限定色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。ビッグマイナーチェンジでは主にエンジンが変わる可能性が高いので、ボディー色は変更がないと思います。

だだし、新型フルモデルチェンジまでは、マイナー及び、特別仕様車で限定色が出るかもしれません。

装備

内装

image

image

image

出典 スバル公式 レヴォーグ インテリア

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。実にシンプルな内装となっています。新型スバルレヴォーグでは、もっと高級感のある内装になるかもしれませんね。

あくまでも走りを重視した車です。派手さはないですが、細かいところできっちりと表現するのがスバルです。今後に期待しておきましょう。

外装

image

出典:スバル公式 レヴォーグ エクステリア

出典:You Tube LEVORG プロダクトムービー 「デザイン&クオリティ篇」

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。フロントがシャープですね。新型スバルレヴォ―グでは、切れのある外観に仕上がると思います

ビックとマイナーを繰り返しながらしっかりと新型に向けてデザインを考えているはずです。ほんと2019年に行われるであろう新型フルモデルチェンジが楽しみになってきました

安全性能

出典 You Tube LEVORG プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。今はアイサイトver3となっています。順次、アイサイトver4~5へ変えていきます

アイサイトver4新型D型レヴォーグに搭載し、その後、マイナーチェンジを繰り返しながらE型へ移行

アイサイトver5は、おそらく2019年の新型フルモデルチェンジでのレヴォーグに搭載予定です。内容は、全方位衝突回避システムが目玉なのですが、開発が遅れた場合はアイサイトVer5へ続きます。

耳より情報はこれ?!

Sponsored Links

そして、もう一つ耳寄りな情報として日産が出した自動運転システムをスバルでも開発している話があります。

予定としては2020年ですので、新型フルモデルチェンジには間に合いません。

が、完全な自動運転システムを完成させてから、新型レヴォーグを作る手もあります。自動運転はビッグやマイナーではお披露目はしないでしょうから、計算しながらの開発となります。これは、ちょっと注目しておかないといけませんね。

新型スバルレヴォーグの価格

価格 AWD(常時前輪駆動)
1.6GT/
EyeSight
277万円~
1.6GT/
EyeSight S-style
290万円~
1.6GT-S/
EyeSight
305万円~
1.6STI Sport/
EyeSight
348万円~
2.0GT-S/
EyeSight
356万円~
2.0STI Sport/
EyeSight
394万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格表です。新型スバルレヴォーグでは、アイサイトVer4へ変更とエンジンが変わるということなので、若干の価格変更があります。

先に話ですがもし自動運転システムが搭載されれば、価格は、10万~30万円くらい上がるかもしれません。

ライバル車

マツダ・アクセラスポーツ

image

出典 マツダ公式 アクセラスポーツ

【マツダアクセラ&スポーツ&セダン】ディーゼルハイブリッド搭載?自動ブレーキの評価は?

【マツダアクセラ&スポーツ&セダン】ディーゼルハイブリッド搭載?自動ブレーキの評価は?
マツダ・アクセラはマツダ独自の魂動デザインを手掛け、マツダ車の中でも一番ラインがなだらかになっている車となっています。新型CX-5を見比べて...
マツダ・アテンザワゴン

image

出典:マツダ公式 アテンザワゴン

管理人のワンポイント説明

スバルマツダといえば、どちらも玄人好みの車を作るイメージですね。トヨタや日産とはどこか一線を引いていて、走りと安全性を追求している感じがあります。このアクセラとアテンザも同じマツダです。スバルもレヴォーグとインプレッサがあります。ライバル同士ですがいい意味で好敵手ですね。

スバルレヴォーグの口コミ、評判

Sponsored Links

まとめ

新型スバルレヴォーグは、いかがだったでしょうか。

新型フルモデルチェンジには、まだ先ですがビッグマイナーやマイナーチェンジを繰り返しながら常に燃費や装備、外装や内装のてこ入れや安全性能の向上など考えているスバルです。

しかも今度は自動運転システムを搭載する話も出ています。スバルの進歩はとどまることを知らないのでこれから楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links