【新型スバルレガシィB4】フルモデルチェンジで価格や燃費は ?発売日や評価は?

新型スバル・レガシィB4は、スバルのセダンとしてかなり有名です。2017年2月、シカゴ開催地のオートショーで米国仕様がお披露目されました。と言うことは、いずれ日本仕様として発売されることになりますね。

では、新型スバル・レガシィB4の特徴発売日エンジン装備内装外装安全性能評価など今、わかっている情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

スバル・レガシィB4の歴史

初代 BC/BF系(1989年-1993年)

RSタイプRA(前期型)

image

ツーリングワゴン(後期型)

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

初代のスバル・レガシィですね。セダンとツーリングワゴン(ステーションワゴン)の2種類があります。

1.8L/2.0L/2.0Lターボ/2.2L水平対向4気筒。駆動方式は4WD・FF。トランスミッションは、5速MT/4速AT。スバル独自の水平対向エンジンです。

先代はスバルレオーネです。なんだか名前が「レガシィ」なんですが、どこにでもあるようなセダンとワゴンですね。

Sponsored Links

2代目 BD/BG系(1993年-1998年)

セダン TS

image

ツーリングワゴン ブライトン

image

グランドワゴン/ランカスター(輸出名アウトバック)

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

2代目のスバル・レガシィです。セダン・ワゴンにクロスオーバーSUV車を追加。北米仕様で名前を「アウトバック」。画像を見ますとかなり大きいことがわかります。

日本仕様で1995年8月、「グランドワゴン」として発売をしましたが、やはり車体が大きすぎたのか、あまり売れなかったようです。1.8L/2.0L/2.0Lターボ/2.2L/2.5L水平対向4気筒。駆動方式4WD・FF。トランスミッションは5速MTと4速AT。

3代目 BE/BH系(1998年-2003年)

B4 RSK(前期)

image

ランカスター(前期)

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

3代目のスバル・レガシィです。グレードはそのままでエンジンが変更しました。2.0L/2.0Lシーケンシャルツインターボ・2.5L水平対向4気筒・3.0L水平対向6気筒(海外用エンジン)。駆動方式は4WDのみ。トランスミッションは5速MT/4速AT。

初代と2代目はどことなくよその車と同じような顔立ちでした。やっと、スバルらしい顔立ちになってきましたね。

4代目 BL/BP系(2003年-2009年)

4代目レガシィB42.5GT(前期型・北米仕様)

image

レガシィB4 2.0GT(後期型・日本仕様)

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

4代目のスバル・レガシィですね。この4代目よりボディが大きくなり3ナンバーへ変更となります。排気量は2.0L/2.5L(水平対向4気筒)・3.0L(水平対向6気筒海外仕様)。駆動方式は4WD。トランスミッションは5速MT・6速MTとスポーツシフトE-4速AT・E-5速ATです。

5代目 BM/BR系(2009年-2014年)

B4(前期型)

image

ツーリングワゴン(後期型、2.0GT DIT)

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

5代目のスバル・レガシィです。3ナンバーは健在で海外仕様での売れ行きが好調。排気量2.5L/2.0L。駆動方式4WD。トランスミッションは、リニアトロニックE-5速AT(2.5GT系)6速MT(2.5GT S Package / 前期型のみ)

5代目のツーリングワゴンは生産が終わります。後継車は「レヴォ―グ」となります

6代目 BN/BS系(2014年 – )

B4

image

B4 カナダ仕様車

image

出典 ウィキペディア スバル・レガシィ

管理人のポイント説明

6代目のスバル・レガシィですね。5代目のツーリングワゴンはスバル・レヴォーグへ吸収され、セダンタイプのB4とクロスオーバーSUVタイプのアウトバックのみとなります。排気量は、統一されて2.5L。駆動方式は4WDシンメトリカルAWD)。トランスミッションはリニアトロニック(マニュアルモード付)とシンプルな構成になりました。2016年9月に一部改良しマイナーチェンジをして、新型フルモデルチェンジの準備が整いつつありますね。

新型スバル・レガシィB4の発売日

新型スバル・レガシィB4の発売日がとても気になりますよね。

2017年、アメリカのシカゴ・オートショーにて、米国仕様の2018年型「レガシィ」(日本名はレガシィB4)お披露目されています。

順調にいけば米国の発売は2017年9月ごろからで、日本の発売は2017年末から2018年の春くらいでしょうね。

Sponsored Links

新型スバル・レガシィB4の特徴

エンジン

エンジン S・B4
/2.5L
M・アテンザ
/2.0L
/2.2L
/2.5L
T・マークX
/2.5L
/3.5L
パワートレイン 水平
対向
4気筒
DOHC
16
バルブ
AVCS
水冷
直列
4気筒
DOHC
16
バルブ
+ターボ
V型
6気筒
DOHC
最高出力 129[175]
/5800
NA:
114
~138[155

188]
/5700~
6000
D/t:
129[175]
/4500
2.5L:
149[203]
/64003.5L:
234[318]
/6400
最大トルク 235[24.0]
/4000
NA:
196~250[20.0~25.5]
/3250~
4000
D/t:
420[42.8]
/2000
2.5L:
243[24.8]
/48003.5L:
380[38.7]
/4800
トランスミッション リニア
トロニック()マニュアルモード付
6EC-AT
/
6MT
スーパー
インテリ
ジェント6速
オートマ
チック
[6 Super ECT]
駆動方式 AWD
(常時
全輪
駆動)
2WD
/
4WD
2WD
/
4WD

*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・D/t:ディーゼルターボ

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*16バルブ:一気筒当たり4つの吸排気弁(バルブ)X4気筒

管理人のポイント説明

現行車のエンジン表です。2017年シカゴでお披露目された米国仕様では、2.5L水平対向4気筒と3.6L水平対向6気筒です。日本では3.6Lは販売されていませんので、今度の新型フルモデルチェンジ・スバル・レガシィB4日本仕様では2.5Lエンジンだけでしょうね。

ボディーサイズ

ボディーサイズ B4
/2.5L
M・アテンザ
/2.0L
/2.2L
/2.5L
T・マークX
/2.5L
/3.5L
全長 4795 4865 4770
全幅 1840 1840 1795
全高 1500 1450 1435

1445
ホイールベース 2750 2830 2850
室内長 2030 1960 1975
室内幅 1545 1550 1500
室内高 1220 1160

1170
1170
重量 1530 1450

1610
1510

1570
乗員 5 5 5

*単位:mm/kg

管理人のポイント説明

現行車のボディーサイズ表です。全体的に各車ともあまり大きさは変わらないようですね。2017年シカゴでお披露目された米国仕様では4802x1840x1500mm(全長×全幅×全高)で全長がすこし長いです。

新型フルモデルチェンジスバル・レガシィB4日本仕様のボディーサイズは、米国仕様の排気量3.6Lが日本で発売されない限り、おそらく数字の変動はないと推測します。

燃費

燃費 AWD
B4
/2.5L
NA:
14.8
M・アテンザ
/2.0L
/2.2L
/2.5L
NA:
16.0~17.4
D/t:
18.2~22.4
T・マークX
/2.5L
/3.5L
NA:
10.0~11.8

*単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・D/t:ディーゼルターボ

管理人のポイント説明

現行車の燃費表です。今のところ各車ハイブリッドへの転換はしてないです。新型フルモデルチェンジの燃費情報は入ってはいませんが、おそらく現状維持か、エンジンとの調整をし燃費向上をするかですね。

ボディー色

クリスタルホワイト・パール

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ヴェネチアンレッド・パール

ラピスブルー・パール

ダークブルー・パール

image

出典 スバル公式 レガシィB4 ボディー色

管理人のポイント説明

現行車のボディー色ですね。新型フルモデルチェンジ・スバル・レガシィB4では、あまり変化がないように思われます

スバル1番人気のラピスブルー・パールがあります。あとグリーン系がありますと、しっとりとした感じの車になりそうです。

装備

内装

image

image

出典 motor1 2017年シカゴ・オートショー スバル・レガシィB4

管理人のポイント説明

シカゴオートショーでお披露目された新型スバル・レガシィB4です。米国仕様で左ハンドルですね。あとは、運転しやすいようにしっかりと運転席はまとまっています。

あくまでも米国仕様なので、日本仕様ともなりますとまた変わるかもしれません

外装

image

image

出典 motor1 2017年シカゴ・オートショー スバル・レガシィB4

管理人のポイント説明

シカゴオートショーでお披露目された新型スバル・レガシィB4です。米国仕様です。フロント・マスクが若干変わっている感じがします。

ヘッドライトは、ハンドル操作で一緒に動くシステムを採用するようです。ヘッドライトがハンドルを動かすだびにその方向へ動きます。

安全性能

image

出典 スバル公式 レガシィ 安全装備

出典 You Yube LEGACY プロダクトムービー 「アイサイト(ver.3)篇」

管理人のポイント説明

現行車の安全性能ですね。アドバンスドセイフティパッケージとプリクラッシュブレーキ/アクティブレーンキープが搭載されています。新型フルモデルチェンジスバル・レガシィB4では、そう変わらないのではないでしょうか。アイサイトVer3もありますしね。

新型スバル・レガシィB4の価格

価格 AWD
B4/
2.5L
293万円~
B4/2.5L
Limited
315万円~
管理人のポイント説明

現行車の価格です。新型スバル・レガシィの価格は、あまり変わらないという話が出ています。形がセダンなので変えるとしてもフロントマスクやリア・タイヤのホイールなどの形状が変わるだけですので、ほんのすこしだけ価格が変動するかもしれませんね。

300万円前後~ではないでしょうか。

Sponsored Links

ライバル車について

マツダ・アテンザ

image

出典 マツダ公式 アテンザ

管理人のポイント説明

マツダ・アテンザですね。排気量は2.0L(NA)/2.5L(NA)/2.2L(ディーゼル)。駆動方式はFF/4WD。トランスミッションは、6EC-AT/6MT。排気量の選択肢が多いですね。価格は、276万円~400万円~。

マツダは、今ものすごく人気がありますね。やはりスカイアクティブのおかげでしょうか。デザイン性も高くなっています。強力なライバルだといえますね。

トヨタ・マークX

image

出典 トヨタ公式 マークX

管理人のポイント説明

トヨタ・マークXですね。排気量は2.5L/3.5L。駆動方式はFR(エンジンが前で駆動は後)/4WD。トランスミッションは、スーパーインテリジェント6速オートマチックのみです。価格は265万円~385万円~。

マークXもかなり人気のある車で、走りを意識したスポーツセダンです。ちょっと趣が違いますね。

 【新型トヨタマークX・G’s】フルモデルチェンジなしで販売終了?マイナーの燃費や評価は?

【新型トヨタマークX・G's】フルモデルチェンジなしで販売終了?マイナーの燃費や評価は?
新型トヨタ・マークXは、伝統ある車として長年頑張ってきました。2016年11月にはマイナーチェンジをし新たなグレードの250RDS・350R...

スバル・レガシィB4の評判

CM

出典 You Tube SUBARU CM Episode02 父の足音

まとめ

新型スバル・レガシィB4は、いかがだったでしょうか。

2017年2月、シカゴでお披露目された新型スバル・レガシィB4(米国仕様)の姿は、そう変わってはいないように思われます。日本仕様ではどんなふうにして、変わるのかは未知数です。きっと、目に見えないところで進化をしているのではないでしょうか。

車を買うタイミングは、予算とデザイン性と買う人の気持ちですね。実用性もかねたいい車を買うこと。この新型スバル・レガシィB4もそんな気持ちにさせてくれる車だと思いますね。日本仕様がとても楽しみです。

Sponsored Links
コード スニペットをコピー

シェアする

フォローする

Sponsored Links