【新型ミツビシRVR】モデルチェンジもリコール大丈夫?新車価格や評価は?

海外では人気のミツビシRVRクロスオーバーSUV車ですね。実は2016年にはビックマイナーをする予定でしたが、2016年6月に燃費を改ざんしていたことがわかり製造・生産がストップした状態になりました。2016年12月で経営陣を一掃して新しく立て直しているようです

そのため、大幅な開発及び生産の遅れが生まれました。その中でミツビシRVRはビックマイナーチェンジを行えなくなり、先へフルモデルチェンジとして計画を大幅に変更する羽目になりましたが、新型ミツビシRVRの生産は行なうと思います。

では、新型ミツビシRVRの特徴発売日燃費装備安全性能新車価格ライバル車評価など今、入ってきている情報を元にお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

ミツビシRVRの歴史

初代(1991年 – 1997年)

三菱・Expo LRV スポーツギア

image

ハイパースポーツギアR

image

Expo LRV USA

image

出典:ウィキペディア ミツビシ RVR

管理人のワンポイント説明

Sponsored Links

ミツビシRVRの初代ですね。元々はトールワゴンで発売されました。1.8L/2.0Lのガソリン車とターボ車です。駆動方式はFFとフルタイム4WD。トランスミッションは4速AT/5速MTです。スポーツギアという名前で人気を博しました。

2代目(1997年 – 2002年)

2代目RVRスポーツギア(前期型、1997年11月 -1999年10月)

image

前期(ノーマル)

image

出典:ウィキペディア ミツビシ RVR

管理人のワンポイント説明

2代目のミツビシRVRです。2代目までがトールワゴンで車種別となっています。カラーリングもそうですがやはりスポーツギアがかっこいいですね。

1.8L/2.0Lのガソリン車とターボ車に2.4Lが追加されています。トランスミッションは変更なし。駆動方式も変更はありません。2002年には惜しまれながら生産が終了しています。

3代目(2010年 – )

フロント(- 2012年10月モデル)

image

欧州仕様:ASX

image

2011年 アウトランダースポーツ

image

出典:ウィキペディア ミツビシ RVR

管理人のワンポイント説明

3代目です。この代からトールワゴンではなくクロスオーバーSUV車へ変わります。自然の中でも街中でも颯爽と走る車です。1.6Lと2.2L追加されています。ガソリン車とターボ車ですね。

駆動方式はFFと電子制御4WDへ変更です。トランスミッションはCVT・6MTです。マイナーチェンジを繰り返しています

新型ミツビシRVRの発売日

mitubisi-rvr

出典:ミツビシ公式 RVR

新型ミツビシRVRの発売日が気になりますよね。実は周期的には2016年にフルモデルチェンジをするはずでした。同年6月には、国が行う燃費走行のデータを改ざんし、それを一部の社員が提出。その2ヵ月後不正が発覚し、三菱車の販売及び停止させれてしまいました。

9月には現行モデルの燃費修正を行いましたが、国からの許可が出ず、燃費基準未達成という烙印をもらうはめになりました

ですから、燃費問題をなんとかしないと開発・生産ができないわけです。計画では2015年度第3四半期の決算発表会にて2017年新型PHEV車の発売と2019年にEV車の新型RVR車を発売すると提言しています。

確かに、燃費改ざんの問題もありますが、遅れても2018年には新型PHEV車の発売までのこぎつけるかもしれません。ミツビシの動向をよく見ておかないといけませんね。

Sponsored Links

新型ミツビシRVRの特徴

プラットフォーム

キャシュカイ+2 後期型 フロント(2010年3月-2014年3月)

image

出典:ウイキペディア 日産キャシュカイ(デュアリス)

出典:You Tube MITSUBISHI Concept XR PHEV

3代目のRVRのプラットフォームは、2代目後期日産キャシュカイ(デュアリス)を元に作られたと言われています。ミツビシと比べますと鼻のフロント部分がでっぱりがあるかないかですね。これを引きつづき利用するか?はたまたMITSUBISHI Concept XR-PHEVというコンセプトカーを元に使うか?ですね。

これは2013年11月に公開されました。どちらにしても、燃費問題を解消し、信頼を回復することが大切です。プラットフォームもじっくりとそしてしっかりといい車を作ってほしいものですね。

エンジン

エンジン RVR現行車
パワーユニット 1.8L4気筒SOHC
最高出力 102[139]/6000
最大トルク 172[17.5]/4200
トランスミッション INVECS-Ⅲ/6速スポーツモード
駆動方式 2WD/4WD
管理人のワンポイント説明

現行車のエンジンです。何も真新しいところはありません。考えてみれば何もしていないのでそれだけ開発が幅広くできるのではないでしょうか?

噂によりますと、1.1リッター直列3気筒DOHCターボとPHVを開発するのではないか?と言われています。日産もEVの開発に躍起になっていますので、共同開発にはもってこいのはずです。

ボディーサイズ

ボディーサイズ RVR現行車
全長 4295
全幅 1770
全高 1615
ホイールベース 2670
室内長 1865
室内幅 1480
室内高 1260
管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズです。1.8Lのみのサイズなのでもし1.1Lのサイズの場合、若干小さくしないといけません。ですからあまり変更はなさそうです。

燃費

燃費 2WD 4WD
ミツビシ・RVR1.8L 15.4 14.4~8
ホンダ・ヴェゼル/1.5L H:23.6~26.0
G:19.8~20.6
H:21.6~23.2
G:19.0~19.8
マツダ・CX-3/
1.5L
D:23.0~25.0 D:21.0~23.4
トヨタ・C-HR1.8L/1.2L 不明 不明
日産・ジューク1.5L/1.6L・T 14.2~18.0 13.4
管理人のワンポイント説明

現行車の燃費表です。ミツビシ以外ではハイブリッドやターボといった燃費対策をしています。

今回の新型ミツビシRVRでPHVを作るなら、飛躍的に燃費が上がることは間違いと推測します。JC08モード燃費 28.0km/Lで、EV車だとなんと85km/Lにもなるんだそうです。この数字は非現実的ですが、燃費28.0km/Lが可能だと思いますね。

ボディー色

image

出典:MITSUBISHI公式 RVR ボディーカラー

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。2トーンがなかったので、これを新たにカラーとして加えるといいですね。

日産がけっこう派手な色使いしますから、それをRVRのも活かしてほしいものです。

装備

内装

image

出典 MITSUBISHI公式 RVR 内装

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。SUV車なので実にシンプルですね。飽きの来ないデザインとなっています。今度の新型ミツビシRVRは、高品質な感じに仕上がると思いますね。日産のデザイン技術も取り入れるでしょうから、楽しみですね。

外装

image

出典 MITSUBISHI公式 RVR 外観

Mitsubishi XR PHEV II

出典:You Tube Mitsubishi XR PHEV II

Mitsubishi eX Concept SUV – Geneva Motor Show 2016(EV)

出典 You Tube Mitsubishi eX Concept SUV – Geneva Motor Show 2016

管理人のワンポイント説明

現行車の外装です。コンセプト車の案内動画です。プラットフォームで載せていた動画より進歩したものになっていると思われます

かなりかっこいい外観となっています。もし、この型で販売されるのではあればすごく楽しみですね。

安全性能

SRSエアバッグシステム

image

衝突安全強化ボディRISE(ライズ)

image

スーパーワイドHIDヘッドライト(光軸自動調整機構付)<Gに標準装備、Mにパッケージメーカーオプション>

image

エマージェンシーストップシグナルシステム

image

出典 MITSUBISHI公式 RVR 安全装備

電動格納式リモコンドアミラー(サイドアンダーミラー付)

3点式ELR付シートベルト

ヒルスタートアシスト(傾斜を車両が感知し、坂道発進の際に車両のずり下がりを約2秒間抑制)

頸部衝撃低減フロントシート

樹脂フェンダー

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。じつにこれもシンプルです。他車では、ホンダセンシングだのマツダ・プロアクティブ・セーフティなどかっこいい名前があるのですが、ミツビシは今のところ見当たらないですね。

新しい安全性能、ブレーキ?

Sponsored Links

しかし、新型ミツビシRVRを作るのであれば、真新しい安全性能を作るのではないか?と思います。

情報としては、e- Assist(イーアシスト)といって、カメラとレーダーを使って検出対象を歩行者や自転車まで拡大させた衝突被害軽減ブレーキ(Forward Collision Mitigation(FCM)と誤発進抑制制御&ブレーキ制御の搭載の話があります。

そして三菱電機と共同開発している先進の予防安全技術を組み合わせた「自動運転技術」も採用する予定だといいます。これなら、他車とすこしは追いつくでしょうが・・・。ミツビシさん油断できませんよ。

新型ミツビシRVRの価格

価格 2WD 4WD
RVR/G 235万円~ 258万円~
RVR/M 205万円~ 228万円~
RVR ROADEST/G 256万円~ 280万円~
RVR ROADEST/M 237万円~ 261万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格です。PHV車やEV車になるのであれば若干の価格が上がることは間違いありません

それだけ開発費もかかっていますので仕方がないと思います。ですから、より良い車を作ってほしいものですね。

ライバル車について

ホンダ・ヴェゼル

image

出典:ホンダ公式 ヴェゼル

管理人のワンポイント説明

ホンダ・ヴェゼルです。1.5Lで安全性能のホンダ・センシングを搭載しています。ミツビシRVRの型が古いのか?かなり差が出ています。他社では、死に物狂いで開発やコスト削減をしています。ミツビシもしっかりとしてほしいですね。

マツダ・CX-3

image

出典:マツダ公式 CX-3

管理人のワンポイント説明

マツダ・CX-3・1.5Lで、スカイアクティブテクノロジーを開発しディーゼルエンジンを新しくしました。燃費とよし・経済的にもよしでかなり人気がある車です。

スタイリングもよしで特に若者には定評があります。ミツビシでは足元にも及ばないでしょうね。マツダのライバルはトヨタのC-HRです。ミツビシさんがんばれってしか言えないですね。

トヨタ・C-HR

image

出典:トヨタ公式 C-HR

管理人のワンポイント説明

2016年末に販売予定のトヨタ・C-HRです。1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ車です。このデザインで1.2Lはとても魅了的ですね。

このレベルを販売されたら右に出る車はないですね。なぜなら、世界のトヨタが作ったSUV車ですからね。ミツビシも相当な追い上げをしないとトヨタのしっぽも見えてこないでしょうね。

日産・ジューク

image

出典:日産公式 ジューク

管理人のワンポイント説明

日産ジュークです。1.5L/1.6L・ターボですね。日産は、自動運転やEVの投入で今、燃えに燃えています。2016年11月、日産ノートで新車販売でなんと30年ぶりに月間首位を獲得。

ジュークではまだEVの投入までのは至ってはないようですが、いずれ全車変更になるのではないでしょうか。ミツビシは、ほんとにうかうかしてられませんね。

また、ミツビシは、2016年10月には日産と提携をしています。日産も思い切ったことをしましたが、たぶん勝算があるのでしょう。ミツビシの名前が消えないようにならなきゃいいですが・・・。

ミツビシRVRの評判

Sponsored Links

まとめ

新型ミツビシRVRはいかがだったでしょうか。

燃費問題やリコールで揺れてるミツビシですが、この新型ミツビシRVRは、起死回生の切り札になることが間違いないと思います。背後には日産が控えています。両社とも共倒れをしたくはありませんからね。あの手この手でRVR車の価値を高めていかないといけません。

新型ミツビシRVRコンパクトSUV車がどのくらい他車に追いつけるか、しっかりと見守っていきたいです。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links