【ミラージュ新型】フルモデルチェンジで燃費や価格は?発売日や評判は?

新型ミツビシミラージュと言えば、セダンやハッチバックやクーペなどいろいろな種類の車を出してきました。中では一番人気だったのミラージュ・クーペですね。惜しいことに2000年にミラージュの名前が終わりました。

12年後、新型ミツビシ・ミラージュは、コンパクト小型車としてタイで生まれ変わり、日本仕様へ販売となりました。何回かの改良とマイナーチェンジし、そろそろ新型ミツビシ・ミラージュのフルモデルチェンジの話が出てきたようです。

では、新型ミツビシ・ミラージュの発売日特徴価格燃費装備内装外装ライバル車評判など、今わかっている情報を元にお話ししたいと思います。

Sponsored Links

ミツビシ・ミラージュの歴史

初代(1978年-1983年)

5ドアハッチバック 1600GT(前期型)

image

3ドアハッチバック(後期型)

image

4ドアセダン(後期型)

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

初代のミツビシ・ミラージュですね。当初は、ハッチバック型のみでしたが、セダンも登場し人気を博しました。

排気量は1.2L/1.4L/1.6L。駆動方式がFF(2WD)。トランスミッションはMT/AT。ハッチバック型はフロント部分が長く見えて、車体がなだらかでとてもスタイリッシュです。

Sponsored Links

2代目(1983年-1992年)

ハッチバック(欧州仕様)

image

ワゴン前期型

image

バン前期型

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

2代目のミツビシ・ミラージュです。ハッチバック型とセダンにつづき、バンやワゴンが追加されます。

排気量が1.3L/1.5L/1.6L/1.8L(ワゴンのみ)ディーゼル。駆動方式はFF(2WD)/4WD。1992年には、バンとワゴンが販売終了。後継車としてリベロワゴン/リベロカーゴへ継承。

3代目(1987年-1991年)

ハッチバック(日本仕様)

image

セダン

image

ハッチバック(欧州仕様)

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

3代目のミツビシ・ミラージュですね。ハッチバック型とセダン。

排気量は1.3L/1.5L/1.6L/1.8L(ディーゼル)。駆動方式はFF/4WD

3代目のCM曲で松任谷由実の楽曲を使い、さらにコンサートのスポンサーまでミツビシが行なった経緯があります。有名人の曲を使ったことでかなり人気も得たと思いますね。

4代目(1991年-1995年)

セダン(日本仕様)

image

ハッチバック(欧州仕様)

image

アスティ(オセアニア仕様)

image

北米仕様クーペ

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

4代目のミツビシ・ミラージュですね。ハッチバック型とセダンとクーペが追加されました。排気量は1.3L/1.5L(MVV付)/1.6L(V6)/1.8L(ディーゼル)。駆動方FF/4WDトランスミッションは、3速AT/4速AT/5速MT

ミラージュと言えば、私のイメージとしてクーペなんです。面長のフロントでかっこよく走っていく姿をよく見かけたことがあります。写真を見る限り、かっこいいですね。

5代目(1995年-2000年)

セダン 1.5VIEサルーン(前期型)

image

ハッチバック(最終モデル)

image

クーペ(北米仕様)

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

5代目のミツビシ・ミラージュですね。ハッチバック型とセダン、クーペが追加されました。1.3L/1.5L MVV/1.5L/1.6L/1.8L V6(セダン用)/1.8Lターボ/2.0Lディーゼルです。駆動方式はFF(2WD)/4WD。トランスミッションは4速AT/5速MTです。

惜しくも2000年2月に製造が終わり、同年5月に販売が終了しました。

6代目(2012年-)

前期型 M(2012年8月 – 2014年12月)

image

後期型 G(2016年1月 – )

image

出典 ウィキペティア ミツビシ・ミラージュ

管理人のワンポイント説明

6代目のミツビシ・ミラージュですね。2011年11月世界戦略車として市販コンパクトカーモデルが「ミラージュ」を発表

小型車としてミラージュの名が復活しました。生産国はタイです。

2012年6月には、日本向けの受注を開始。同年、8月日本仕様を正式に発表と販売を開始。その後、コツコツと一部改良をしながら、2015年末にはマイナーチェンジして、2016年1月から発売を開始。

排気量は1.0L (2015年12月販売終了)/1.2L。トランスミッションはCVT。駆動方式はFFのみ。エンジンは直3です。

2016年8月には、燃費不正問題で当分の間、製造及び販売を中止。ホームページも一時的とはいえ閉鎖に追い込まれるなど、ミツビシはかなりのダメージを追いました。2016年9月、現行車(2016年1月から発売分)の燃費修正をして、やっと製造・販売へ戻りました。

新型ミツビシ・ミラージュの発売日

image

出典 ミツビシ公式 ミラージュ

新型ミツビシ・ミラージュ(日本仕様)のフルモデルチェンジの発売日がとても気になりますよね。

2012年3月、第33回バンコク国際モーターショーで発表されてタイ国内で販売開始されています。2016年8月11日[一般公開は12日(金)から]21日(日)2016インドネシア国際オートショーで2017年版がお披露目されました。

2016年には、ミツビシが燃費不正問題を起こし、製造や販売業務を止められてしまったので、かなり全工程において遅れがあると推測されます。今後リコールなど問題がなければ、周期的に考えますと、2017年8月ごろに新型フルモデルチェンジを出す模様です。

Sponsored Links

新型ミツビシ・ミラージュの特徴

エンジン

エンジン M・
ミラージュ
/1.2L
N・
マーチ
/1.2L
S・
スイフト
/1.2L
パワートレイン 3気筒
12バルブ
DOHC
水冷
直列
3気筒
DOHC
水冷
直列
4気筒
DOHC
16
バルブ
吸排気
VVT
+モーター/
水冷
直列
3気筒
DOHC
/ターボ
最高出力 NA:57
[78]
/6000
NA:
58
[79]
/6000
NA/H:
67[91]
/6000T:
75[102]
/5500
最大トルク NA:
100[10.2]
/4000
NA:
106[10.8]
/4400
NA/H:
118[12.0]
/4400T:
150[15.3]
1700

4500
最高出力(モーター用) なし なし 2.3[3.1]
/1000
最大トルク(モーター用) なし なし 50[5.1]
/100リチウムイオン電池
トランスミッション INVECS
-Ⅲ CVT
[自動無段変速機]
エクストロニック
CVT[無段変速機]
CVT
6AT
5MT
駆動方式 2WD 2WD
/4WD
2WD
/4WD

*最高出力(モーター用)単位:kw[PS]/rpm

*最大トルク(モーター用)単位:N・m[kgf・m]/rpm

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド

*DOHC(Double OverHead Camshaft):2本のカムシャフトとシリンダーヘッドで構成

*12バルブ:一気筒当たり4つの吸排気弁(バルブ)X3気筒

*VVT:可変バルブ(トヨタ技術より)

管理人のワンポイント説明

現行車のエンジン比較表です。スズキ・スイフトがハイブリッドを唯一搭載していますね。NA車と同じ数字ですが、実費だとハイブリッド車の方がすこし数字が上がると思われます。

3台の数字を見てみますとそう変わりません。究極な考えをすれば、NAかハイブリッドかですね。購入予定者が選択することですので、選択肢がたくさんあります。今ではどの車会社でも技術は同じくらいですね。あとは、販売店へいって感触を確かめてみましょう。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジのエンジンは、新開発の1.1リッター直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載するようです。

ボディーサイズ

ボディーサイズ M・
ミラージュ
/
1.2L
N・
マーチ
/
1.2L
S・
スイフト
/
1.2L
全長 3795 3825 3840
全幅 1665 1665 1695
全高 1505 1515 1500

1525
ホイールベース 2450 2450 2450
室内長 1870 1905 1910
室内幅 1390 1370 1425
室内高 1220 1270 1225
重量 900 1215

1305
840

970
乗員 5 5 5

*単位:mm/kg

管理人のワンポイント説明

現行車のボディーサイズ比較表ですね。ここで注目ポイントがあります。

新型ミツビシ・ミラージュの車両の重さが1000kgをきっています。車体が軽い方が燃費が若干でも向上します。これは、評価すべき点ですね。

三菱は過去に燃費不正問題もありますが、車体の軽量化に日夜頑張っています。スズキはすでに1000kgを切っていますので、お互いにしのぎを削って頑張って欲しいです!

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジのボディーサイズハッチバックモデルとなる予定なのでほぼ、現行車のサイズと変わらないようですね。

燃費

燃費 2WD 4WD
M・
ミラージュ
/1.2L
NA:
23.8
なし
N・
マーチ
/
1.2L
NA:
21.4
NA:
18.4
S・
スイフト
NA:
20.0~
24.0H:
27.4
NA:
22.8H:
25.4

*単位:JC08モード・km/L

*NA:自然吸気・T:ターボ(過給機)付・H:ハイブリッド

管理人のワンポイント説明

現行車の燃費比較表です。新型ミツビシ・ミラージュの車体が軽量なので、燃費がNAで23.8km/Lあります。1番ですね。

スズキのハイブリッドでも27.4km/Lですが、あくまでもNA車で比較しますと、ほんとミラージュはよい燃費ですね。巷では売れてないらしいという話を聞きます。もしかしたら、車体を軽くして燃費をあげたことが伝わってないのではと思いますね。

やはり2016年のミツビシ燃費不正問題が影響して信頼を落としているのでしょう。いくらいい燃費の数字を出しても誰も見向きもしません。信頼回復にはまだまだ時間がかかるでしょうね。

数字の問題なので、実際車を走らせてみてから自分がいい車だと判断した場合は購入すればいいですし、ミツビシの小型車でしかも名前が「ミラージュ」です。ぜひ、小型車を選ぶ際には、この「ミラージュ」も視野にいれると選択枠も広がると思いますね。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジのエンジンでは1.1Lターボが追加される予定です。おそらく、燃費は同じくらいかすこしは燃費が向上するかもしれませんね。

ボディー色

image

出典 ミツビシ公式 ミラージュ ボディー色 (日本仕様)

タイ仕様のボディー色

ワインレッド

チタニウムグレー

PYRENEES BLACK(ピレネーブラック?)

サンライズオレンジ

セルリアンブルーマイカ

ホワイトパール

image

出典 ミツビシ公式 ミラージュ(タイ仕様)のボディー色

管理人のワンポイント説明

現行車のボディー色です。日本仕様は、全8色ですが、日本ではレッドとクールシルバーが追加されています。タイ仕様では6色ですね。同じ色でもいいはずですが、お国柄もあるんでしょうか。

ちなみに、タイでは生まれた日の曜日には色がついているんだそうです。

月が黄色、火がピンク、水が緑、木がオレンジ、金が青、土が紫という具合です。

レッドがありませんのでタイの人は買わないかもしれませんね。オレンジとブルーは、しっかりと入っています。ワインレッドは赤紫ということで紫という具合にです。

今のところ新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジのボディー色は、不明です。現行車の色を参考にしてくださいね。

装備

内装

image

image

出典 ミツビシ公式 ミラージュ インテリア (日本仕様)

管理人のワンポイント説明

現行車の内装です。新型ミツビシ・ミラージュは、実にシンプルですね。インテリアカラーではブラックとブラック&アイボリーとなっています。飽きの来ない室内となっていますから、けっこう長く乗れそうな感じがします。オーデイオやナビ以外で、基本的なものは標準装備されています。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジでは、内装が一新されるようです。ですが、現行車もかなり洗練されていますので、シートの質や色などバリェーションが増えるのではないでしょうか。

Sponsored Links

外装

出典 You Tube  ミラージュ デザイン (日本仕様)

管理人のワンポイント説明

現行車の外装ですね。見た目セダンですが、デザイン的に丸っこくって小走りに走る車に見えて、とてもチャーミングです。足元は、15インチのホイールを装備。足元からフットワークがいいですね。

ヘッドライトは、明るさを保ちながら省エネのLEDを使用しています。リアももちろんLEDですね。小型車はそこそこの走りとデザイン性、維持がしやすいなどシンプルな構成が一番いいです。特に独身女性には、小回りが効いて運転しやすいし、燃費もいいのでオススメです。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジでは、内装と同じで外装も一新されるようです。くわしいことはまだ不明ですが、現行車でも基本的に外装が揃っています。フロントマスクを変更するか、ヘッドライトの位置を変更するかですね。

安全性能

三菱 e-Assist

出典 You Tube ミラージュ 安全性能

image

image

image

image

出典 ミツビシ公式 ミラージュ 安全性能

管理人のワンポイント説明

現行車の安全性能です。e-Assist(自動ブレーキ)を基礎にして運転をサポートをする形となります。しかも、ほぼ標準装備されていますので、安心して運転ができますね。

ただし、もし運転中危険ゾーンに入ったらブレーキが自動で動きますので、すこし慣れが必要ですね。いくら安全性能があるとはいえ、運転してるのは人です。早めのブレーキで、危険を回避しましょう。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジでの安全性能は不明ですが、e-Assist(自動ブレーキ)は搭載をすると思います

新型ミツビシ・ミラージュの価格

価格 2WD 4WD
M 138
万円~
なし
G 148
万円~
なし
N・マーチ
/
1.2L
115万円

184万円~
155
万円

176
万円~
S・スイフト 134
万円

178万円~
149
万円

194
万円~
管理人のワンポイント説明

現行車の価格比較表ですね。ミラージュは、ちょうど中間的な価格ですね。安全性能が標準装備で、基本的な装備もそろっていて138万円~です。かなりお買い得だと思います。

日産・マーチはアイドリングストップ(自動ブレーキ)がついてる車とついてない車があります。スズキは、セーフティパッケージ車を用意しています。ですから、すこし値段が高くなりますね。その上、ハイブリッド車も販売しています。そう考えますと、新型ミツビシ・ミラージュはかなりお買い得だと思います。

新型ミツビシ・ミラージュフルモデルチェンジでの価格は、あまり変動はなさそうですね。大体の装備がついています。現行車の価格を参考にするといいでしょう。

Sponsored Links

ライバル車について

日産マーチ

image

出典 日産公式 マーチ

管理人のワンポイント説明

4代目日産・マーチですね。2010年~発売されています。ということはそろそろ新型フルモデルチェンジが来てもよさそうですね。周期的には5~6年と言われています。2017年か2018年ごろにお披露目する話が出ています。日産では、EV車も自動運転も市販車を出しています。日産マーチもその仲間入りする可能性もありますね。

【日産新型マーチ】フルモデルチェンジ!発売日、特徴、価格、ライバル車比較!

【日産新型マーチ】フルモデルチェンジ!発売日、特徴、価格、ライバル車比較!
日産マーチと言えば、コンパクトカーで大人気を得た日本の国産車ですね。 人気の理由は、日本の道は狭いところが多く、それに適した車が求めら...

スズキスイフト

image

出典 スズキ公式 スイフト

管理人のワンポイント説明

4代目のスズキ・スイフトですね。2017年1月から4代目フルモデルチェンジしました。スズキお得意のハイブリッドを搭載しています。

しかも、3代目の車体970 – 1080kから840 – 970kgの軽量化に成功。燃費と軽量化の2つを実現した車で燃費も向上しました。価格は、若干高くはなりますが、ハイブリッド搭載なので入門車としてはかなりいいですね。

【新型スズキスイフト&スポーツ】価格や燃費は?2017年発売日は?

【新型スズキスイフト&スポーツ】価格や燃費は?2017年発売日は?
スズキの中で、優等生とも言われるハッチバック型コンパクトカースイフト。なんと世界の販売数が500万台とかなり売れたようですね。国内外からも絶...

ミツビシ・ミラージュの評判

まとめ

新型ミツビシ・ミラージュは、いかがだったでしょうか。

懐かしい名前が復活しましたね。しかも小型車として今また新しく時を刻もうとしています。輝かしい歴史の中に埋もれていたミラージュ。

名前の由来の通り、まさに蜃気楼のように現代によみがえった車です。今後の動向が楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links