【新型CX-8】マツダミニバン撤退?SUV/3列シートでスライドドアや価格、燃費は?

2017年4月28日、マツダ公式から新型CX-8という3列シートSUV車が発売される話が出ました。以前からCX-5をストレッチしてCX-6を作る話が出ていましたし、海外仕様のCX-9を元に縮小して、日本仕様車にする話が憶測として流れていましたが、この情報を払しょくする形で異例の発表となりました。

では、新型マツダCX-8の発売日価格や、3列シートの画像エンジン仕様・ボディ―サイズスライド・ドアの行方、ミニバン撤退の真相など、今わかっている情報を元にお話しします。

Sponsored Links

新型マツダCX-8の発売日

image

出典 マツダ公式 「魂動」デザイン *参考画像

管理人のワンポイント説明

新型マツダCX-8の発売日がとても気になりますよね。マツダ公式のニュースリリースによりますと2017年中に発売へとアナウンスしています。今、現在2017年4月末の情報ではっきりとした形でのお披露目ではありません。これから車つくりに着手する模様です。もちろん、「魂動」デザイン採用です。

4月28日、都内で開いた決算会見でのマツダの小飼雅道社長よる説明

スカイアクティブの全面的な押し出し、CX-5のまたもやデイーゼルエンジンによる海外展開とCX-9の搭載されていた2.5L直噴ガソリンターボ「SKYACTIV-G 2.5T」の搭載車を増やす。3列シートのクロスオーバーSUV車CX-8の日本での投入。

ちまたでは、CX-5を広げてCX-6の3列シート7人乗りを開発か、またはCX-9を改良してCX-6で日本仕様として販売するかなど噂が出ていましたが、それを払しょくするような内容となっています。

マツダ公式からアナウンスされた以上、事実上CX-6の話が消えました。おそらくネットでいろんな噂が立ってしまいマツダにも問い合わせが来たんでしょうね。マツダの意思表示を示しこれだけはっきりしたビジョンをみせるとなりますと、今後の動向がますます気になります。

と言うことは番号的には、6番が欠番になるのですが、もしかしたら違う形でCX-6が出てくる可能性がありますね。たとえば、スライドドアを搭載するとか何か策をうって欠番対策をするかもしれません。

Sponsored Links

新型マツダCX-8の特徴

エンジン

エンジン CX-5 CX-8 CX-9
パワートレイン SKY
ACTIV-G
/2.2
2.0
2.5
SKY
ACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
SKY
ACTIV-G 2.5T
ターボ
DOHC
16バルブ
4気筒
トランスミッション 6EC-AT SKY
ACTIV-DRIVE
[6速
自動変速機]
SKY
ACTIV-DRIVE
[6速
自動
変速機]
駆動方式 2WD
/4WD
CX-9と
同じ?
2WD
/
I-ACTIV AWD
管理人のワンポイント説明

新型CX-8のエンジン2.2Lのクリーンディーゼルエンジンとなります。今のところガソリン車でのお話はないようですね。北米仕様のCX-9はNA+ターボです。CX-5は、ガソリン車(日本仕様)のみとなっています。

マツダが、発売当初からなぜディーゼルにこだわるのか

せっかく新しく新型CX-8を出すのですから、ガソリン車も一緒に出せばと思うのですが、おそらく、マツダが唯一電気自動車以外のエンジンをすべて取り扱っているという自負があるからでしょう。

ガソリン、ターボ、デイーゼル、ハイブリッド、ロータリーなど各種のエンジンを扱っています。中でもデイーゼルエンジンは、マツダの十八番といってもいいですね。排気ガスのカットとエンジン音の低下を実現したことは、マツダの技術力のたまものです。

Sponsored Links

ボディーサイズ

ボディーサイズ CX-5 CX-8 CX-9
全長 4545 4900 5060
全幅 1840 1840 1930
全高 1690 1730 1728
ホイールベース 2700 2930 2930
乗員 5 6-7 7
管理人のワンポイント説明

新型CX-8のボディーサイズも公開されていますね。全長が4900mmでDからEセグメント(全長が約4800mmから約5000mmまで)へ変更しています。

売りは、6~7人乗りの3列シートだということなので全長が長くなったと思われます。北米仕様のCX-9の全長が5060mmでCX-8との差が160mmあります。おそらく、見た目後部座席が狭くかんじるのではないでしょうか。

またホイールベースがCX-9と同じです。室内空間はどんな感じになるかは、実車を見てみないことには今のところわからないですね。

また、マツダ・CX-5の燃費がディーゼル車で18.0km/Lです。新型CX-8は6~7人乗り3列シートと宣言していますのでエンジンの操作性や車体のスリム化が実現すれば、燃費がよくなる可能性があります。

せめてCX-5と同じ数値を出してくれると、CX-5から買い替えができるのではないかと思いますね。

新型マツダCX-8の価格

新型マツダ・CX-8の価格は、300万円~と言われています。CX-5のディーゼル車の価格が277万円~352万円~です。なるべくCX-5の価格に合わせるのではないかと思われますが、CX-8は、6~7人乗り3列シートでやや大型になりますので、車体価格が高くなるのではと推測しています。

Sponsored Links

ミニバンよりもSUVか?ミニバン撤退の真相は?

販売台数(車種別):ミニバン VS SUV

販売
台数
SUV車 セミキャブ
ワゴン
(ミニバン)
2016

1月

12月
374,593台 823,982台
2015

1月

12月
383,478台 -8,885台 759,155台 +64,827台
2014

1月

12月
374,220台 +9,258台 750,999台 +8,156台
2013

1月

12月
227,532台 +146,688台 770,541台 -19542台

出典:自販連SUV/自販連セミキャブワゴン

*セミキャブワゴンとは、車高の高い3列シートがある車(自販連調べ) ここではミニバンと同じ意味になります。
管理人のワンポイント説明

実は、マツダはミニバンから2017年を最後に撤退する噂が流れています。

今のところ日本ではある程度ミニバンが売れています。マツダではプレマシーやビアンテやMPVですね。

ミニバン撤退の噂の1番の理由は、マツダが「スカイアクティブテクノロジー」と「魂動デザイン」の2つの方向性を示したことからはじまります。これにより、車の全体の性能とデザイン性を高く上げて作ったのがデミオやCX-5やロードスターです。かなり売れました。

2つめの理由は、ミニバンの販売台数が落ちていることです。それを見越してマツダのミニバンを廃止し、SUV車を全面的に推しだす形に舵をきると思っているのではないでしょうか。

この2点から考えますと、早くミニバンから撤退しSUV車を量産したほうがニーズがあると思ってもおかしくはないですね。マツダが「これならいける」とふんだんでしょう。走りとデザイン性を重視した車へと変化しました。車本来の走りを求めていた人にとっては、魅力的な車です。

ですが、プレマシーやビアンテやMPVのユーザーから見れば、とんでもない話です。普通なら「スカイアクティブテクノロジー」と「魂動デザイン」を使ってミニバンを作るのではないかと期待しますよね。

6~7人乗りのミニバンと言えば、今でも人気で日産セレナやエルグランド、ホンダ・フリードやステップワゴン、マツダではプレマシーやビアンテやMPVが販売されています。

販売台数(車種別)からみて2016年には823,982台と売れています。2015年は759,155台だったのですが、+64,827台と増えました。

2016年は、ミニバンの新型車がかなり出ましたからね。その影響もあると思います。きっと新型ミニバンをまた出せば売れるかもしれません。

ただ、フルモデルチェンジの場合は、5~6年期間が必要です。そんなに新型車を出せないのが現状ですね。

ミニバンの各年間の差を計算して足してみますと53,441台の販売台数で、SUV車の年間の差を計算してみますと147,061台も3年のあいだに増えています。両車の差を比べてみますとSUV車の方が、はるかに販売台数の伸び方が大きいことがわかります。

マツダが、自販連のデータをみているかわかりませんが、SUV車の方が売れると判断する数字でミニバンよりもSUV車だと選んでしまい、ミニバンは撤退だと判断することもありえることです。今のところ正式な撤退情報は流れてはいませんが推測できます。

Sponsored Links

ミニバン/スライド・ドアの行方

image

出典 マツダ公式 新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」(6人乗り仕様) *参考画像

管理人のワンポイント説明

今回の新型CX-8では、6~7人乗りの3列シートなんですが、ミニバンの目玉であるスライド・ドアはつきません。なぜならマツダは魂動デザインでのミニバンを考えていないからです。新しくだす車は、すべて魂動デザインで作られています。ミニバンの魂動デザインが見当たらないんですよね。これが、正しいわけではないのですが、今のところ出ていないってことです。

実は、ミニバンがいまだ人気がある理由としてスライド・ドアがあるからなんですね。特に大家族の人に好まれます。スライド・ドアだと乗り降りが楽だという話をよく聞きます。つまり、マツダの考えと一部の購入者と考えに隔たりがあります。マツダは走りとデザイン性を特化しようとしていますからね。

魂動デザインのイメージ的に流線型ですから。やや箱型でないとドアをスライドがうまく作動しません。

画像で見ますと、後ろの窓枠がすでに流線型ですね。観音開きというドアもありますが、実用的ではないですし。

デザインの開発が面倒だということあり、またスライト・ドアのシステムを載せてしまうと後ろが重たくなります。重心がやや後ろにいくかんじですので、走りよりも機能性重視となってしまいます。

マツダがミニバンを撤退したい理由のひとつだと推測できます。

マツダのミニバンからCX-8へオーナーが流れるかは未知数ですが、スライド・ドアに慣れてしまった人たちの気持ちをどのようにしてCX-8に向かわせるか楽しみです。乗り降りしやすい室内空間を作れるかどうかですね。

Sponsored Links

まとめ

マツダ新型CX-8は、いかがだったでしょうか。

マツダから突然の新型発表でびっくりしました。6-7人乗りのSUV車として発売されます。残念ながらスライド・ドアはつきませんが、その分室内空間を広く充実感を与える環境つくりはすると思いますね。ただ、まだ実車のお披露目がありませんので、室内の広さは実際に見てみないとわかりません。

新型CX-8がどうのような形でお披露目となるか、またミニバンのスライド・ドア推しのオーナーさんたちをCX-8へ引き込むことができるか、今後のマツダの動向が楽しみですね。

Sponsored Links

シェアする

フォローする

Sponsored Links